• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

位相の定義ついて

位相の定義ついて 質問させていただきます。 定義の仕方は参考書等で異なるということは理解していますが、私の持っている参考書には以下のように記載されています。 (定義)-- 集合XとXの部分集合族Oについて、Oが次の条件を満たしている場合、OをX上の位相と呼ぶ (O1) Xおよび空集合0はOの元である (O2) Oの任意の部分集合Т'に対して、Т'の元の和集合がOの元である    すなわち、    ∪{T:T∈Т'}∈O    が成り立つ (O3) Oの任意有限個の元T_1,T_2,・・・,T_nに対してそれらの共通集合がOの元である    すなわち、    ∩{T:i = 1,2,・・・,n}∈O    が成り立つ -- ここで、疑問があります。 (O2)は以下のように言い換えることはできますか? (O2) Oの任意有限個の元T_1,T_2,・・・,T_nに対してそれらの和集合がOの元である    すなわち、    ∪{T:i = 1,2,・・・,n}∈O    が成り立つ (O3)は以下のように言い換えることはできますか? (O3) Oの任意の部分集合Т'に対して、Т'の元の共通集合がOの元である    すなわち、    ∩{T:T∈Т'}∈O    が成り立つ 「Oの任意の部分集合Т'の元」 と 「Oの任意有限個の元T_1,T_2,・・・,T_n」 の違いが良く分かっていないのです。。。 どなたか、良い具体例などを交えて、分かりやすく解説していただけませんか? 教科書だけ読んでいるとうまくイメージできません。。。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数107
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

位相空間を考えるとき,通常,Oは無限集合(Oの要素は無限個ある)です. Oの部分集合T'をとったとき,T'の元の数は有限個の場合も無限個の場合もあり得ます. (O2)はT'の元の個数が有限個,無限個どちらの場合にも適用が許されます. 一方,(O3)は元の個数が有限個の場合にしか適用できません. それでは,なぜ,位相の定義において,(O3)には「有限個の要素に限って適用できる」という((O2)にはない)制限をつけているのか? そもそも,抽象的な位相の定義以前に,直線や平面などの距離空間には「距離から定まる位相」があります. 距離から定まる位相を考える時に,「開集合たち(有限個であろうと無限個であろうと)の和集合はまた開集合になる」「【有限個の】開集合たちの共通部分はまた開集合になる」のは大丈夫ですが,【無限個の】開集合たちの共通部分は開集合になるとは限りません(このことを確かめるのは標準的な演習問題です). もし(O3)を無限個の要素への適用を許す形に強めると,距離から定まる位相(=開集合全体の集まり)が位相の定義をみたさなくなり,使い物にならない定義になってしまいます.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答ありがとうございます。 回答のなかで、疑問点がございますので、確認させてください。 集合Xのの部分集合族Oが何故、無限集合(Oの要素は無限個ある)になるのでしょうか? 有限な集合の部分集合族は必ず有限になるかと理解していますが、間違っていますでしょうか? そもそもXが有限と決め付けて考えているのが間違いでしょうか? #ちなみに、Oは参考書ではTのギリシャ文字みたいな文字です。 #入力できないので、勝手に私がOと書き換えています。

関連するQ&A

  • 集合と位相

    (問)fを集合Xから位相空間(Y,U)への全射とするとき、つぎを証明せよ。 ※Uは位相 (1)T={f^(-1)(V)|V∈U}のときTはX上の位相である (2)Tはfを(X、T)から(Y,U)への連続写像とするX上の最小の位相である。 (1)の答案 (O1)Uは位相なので、Y、φ∈Uである。fは全射なのでX、φ∈Tである。 (O2)Uは位相なので任意のVの和集合はUの元である。fは全射なので、Tの任意の元Sの和集合はTの元である。 (O3)Uは位相なので有限個の任意のVの共通集合はUの元である。fは全射なので、Tの有限個の任意の元SはTの元である。 (2)はまったくてがつけられません。 どなたか詳しい方教えてください。

  • 位相の問題です。

    位相の問題です。 (X,Q)、(X,Q'):位相空間 X×Y={(x,y)|x∈X,y∈Y} Qx×y:=U×V{U∈Q,V∈Q'の形の任意個のX×Yの部分集合の和集合} ここで (X×Y,Qx×y):位相空間になることを示せ。 わかる方いましたらよろしくお願いいたします <(_ _)>

  • ”コンパクト”の定義について。集合、位相

    集合論における、”コンパクト”の定義について質問です。 言い回しの違いがあるにせよ、以下の2種類があるようですが どちらが正しいのでしょうか? (その1) コンパクトであるとは、位相空間Xの任意の開被覆が、必ずXの有限被覆を部分集合として含むことである。 (その2) ある集合Aを、有限個の開集合の和で覆えるときにコンパクトという。 個人的には、(その1)の定義が正しいとおもっています。 ”位相空間”であることが、前提条件でないと 話が進まない気がしています。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

>集合Xのの部分集合族Oが何故、無限集合(Oの要素は無限個ある)になることは理解できました。 本当に分かってますか? 無限集合の部分集合族は無限とは限らないし, 無限集合の部分集合族で位相をなすもので有限なものだってあります. 定義は定義としてありのままに理解しましょう. 位相の定義に部分集合族Oが有限だとか無限だとか書いてないのは 必要ないからです. >では、【無限個の】開集合たちの共通部分が開集合になるとは限らないということを具体的に説明していただけませんか? こういうのは自分で考えるのが勉強なんですが。。。 シンプルなものを一個だけ 実数Rに「普通の位相」を入れて 開区間の族{U_i=(-1/i, 1/i)}(iは自然数)を考える. この族の共通部分は開集合?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>実数Rに「普通の位相」を入れて0 >開区間の族{U_i=(-1/i, 1/i)}(iは自然数)を考える. >この族の共通部分は開集合? {0}なので閉集合ですね。 開集合、閉集合の定義を理解することから勉強しなおしたら、位相の定義に納得できました。 あ、納得するのではなく、定義は定義としてありのままに理解することができました。ですかね。 ありがとうございます。

  • 回答No.2
  • alice_44
  • ベストアンサー率44% (2109/4758)

> そもそも X が有限と決め付けて考えているのが間違いでしょうか? それは、確かに間違いでしょうね。 実数の位相とか、どうするんですか? ところで、(O3) を、以下のように言い換えることはできます。 (O3') Oの任意の2元 T_1, T_2 に対して、それらの共通集合が O の元である。    すなわち、T_1 ∩ T_2 ∈ O が成り立つ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 集合Xのの部分集合族Oが何故、無限集合(Oの要素は無限個ある)になることは理解できました。 また、(O3) の言い換えも理解できました。 では、【無限個の】開集合たちの共通部分が開集合になるとは限らないということを具体的に説明していただけませんか?

関連するQ&A

  • 位相

    数学科2年のものです。 位相空間についての授業が始まったのですが、演習問題で、わからない問題があります。 初歩的な問題かもしれませんが、どなたか解答お願いします。 集合S={1,2,3,4}に部分集合族Lを L={Φ、{1}、{1,2}{1,3}{1,2,3}、S} により与える。Sの部分集合{1,2,4}をTとおく。 (1)(S,L)は位相空間であることを示せ。 (2)位相空間(S、L)においてTの内部を求めよ。 (3)位相空間(S、L)においてTの閉包、境界を求めよ。 特に(1)の位相空間の定義の、「Lに属する任意個の和集合がLに属すること」の確認の仕方に自信がないので、お願いします。

  • 位相空間の定義に関する疑問

    位相空間の定義: 集合Sが次の条件を充たす集合族をもつとき「位相空間」とよぶ 1. 空集合と、S自体がその集合族に属する 2. 集合族に属する集合の交わりが集合族に属する 3. 集合族に属する無限個の集合の和集合が集合族に属する というのがありますが、1番目の条件は当然として、2番目と3番目の条件で、どうして2は有限個の集合の交わりで定義され、3だけが無限個の集合の和集合で定義されているのかわかりません。例えば、2の条件を「集合族に属する無限個の集合の交わりが集合族に属する」と書き換えるのはどうしてだめなんでしょうか?(具体的に、ちょうど良い例などが浮かばずに困っています。)

  • 位相についてのご質問です。

    位相について質問です。 「集合Sの部分集合族Kが (1)O(空集合)、SがKに含まれる (2)集合A,BがKに含まれるならAとBの共通集合もKに含まれる。 (3)任意のKの元Fmに対してFmの全和集合もKに含まれる。 以上を満たす時,KはSに位相を与えるといい(S,K)を位相空間という。 そして、Kの元を開集合といいKを開集合系という。」 このKの元を開集合といいという所からさっぱり分かりません。 どこがどう開集合なんですか? 例えばS={1,2,3}とすればK={O,{1},{2},{3},{1,2},{1,3},{2,3},{1,2,3}} となってこれは(1)から(3)を満たすので(S,K)は位相空間でKの元は開集合にもなってないと思うのですが。

  • 位相空間

    位相初心者です。次の問題がよく分かりません。 問.実数直線R1の位相をTとする。   BをTに各無理数についてそれだけを元とするRの部分集合を   すべてつけ加えたRの部分集合族     B=T ∪ {{x}:x∈P}   とする。このBにおいて生成されたR上の位相T_Mに対して、   位相空間(R,T_M)をMで表す。     このMについて、次を求めよ。(証明付きで。)  (1) i(Q)、i(P) (iは内部を表す。)  (2) Qの閉包、Pの閉包 (1)は、Qは有理数全体の集合だから、Qに含まれるMの開集合全体の 和集合は、Φ となる。 (2)も同様に、Qを含むMの閉集合全体の共通集合はQである。 こんな感じでいいのでしょうか。もっと適当な証明があれば、 教えてください。

  • 集合 和集合 共通集合 わかりません

    集合 和集合 共通集合 わかりません {A_λ:λ∈Λ}を集合Xの部分集合族とするとき、 (1)いずれかのA_λの元であるXの元全体の集合を部分集合族A_λの和集合といい ∪{A_λ:λ∈Λ}であらわす (2)すべてのA_λの元であるXの元全体の集合を部分集合族A_λの共通集合といい ∩{A_λ:λ∈Λ}であらわす とあるのですが、よくわかりません。 どなたか分かりやすく解説してください。

  • 位相数学についてです。

    位相数学についての質問です。 Rの有界閉集合が、有限個の閉区間の和集合である。ということは必ず成り立つのでしょうか?証明も反証も浮かびません。 よろしくお願いします。

  • 直積位相定義が2個の直積の場合に合致してるか?

    直積位相の定義についての質問です。 [定義ア]位相空間(X_λ,T_λ) (λ∈Λ(Λは任意の添数集合))と射影fが与えられていて,直積集合P:=ΠX_λとおく。 この時,X_λ⊃{f_λ^-1(t_λ)∈2^P;t_λ∈T_λ}=:S_λをf_λによって誘導される(X_λ,T_λ)の位相と呼ぶ。 次に和集合B:=∪S_λと置き, この時,このBから生成される位相{U∈2^P;∀x∈U,∃b∈B such that x∈b⊂U} を直積集合Pの直積位相と呼ぶ。 が直積位相の定義だと思います。 [定義イ]2個の直積(X_1,T_1)×(X_2,T_2)の場合の直積位相は{∪[g∈G]g ;G⊂T_1×T_2}と載ってました。 [定義ウ]集合Xの部分集合族Bが以下の条件を満たすときBをXの開基という (1)BはXを被覆する (2)任意のb1,b2∈Bおよび任意のx∈b1∩b2に対して、あるb∈Bが存在して、x∈b⊂b1∩b2となる。 [定義エ] Bを集合Xの開基とする時,{U∈2^X;∀x∈U,∃b∈B such that x∈b⊂U}をBによって生成される位相という。 そこで定義アの直積位相定義が2個の直積の場合に定義イと合致してるか調べています。 まずS_1={f_1^-1(t_1);t_1∈T_1},S_2={f_2^-1(t_2);t_2∈T_2}でB:=S_1∪S_2と置く。 そしてこのBによって生成される位相は{U∈2^(X_1×X_2);∀x∈U,∃b∈B such that x∈b⊂U}:=L これが{∪[g∈G]g;G⊂T_1×T_2}:=Mに一致してるか吟味してみます。 (i) L⊂Mを示す。 ∀U∈Lを採ると,∀x∈Uに対してx∈b⊂Uなるb∈Bが存在する。 Bの定義よりb={f_1^-1(t_1),f_2^-1(t_2)}という集合になっています。 そこで結局の所,Uは常にbを含んでいなければならない訳ですからU=∪[b∈B']b (但しB'⊂B)…(1)となっていますよね。 所でBの元達はというとB:=S_1∪S_2な訳ですから(1)は U={(t_1×x_2)∪(x_1×t_2);x_1⊂X_1,x_2⊂X_2}という形になってますよね。 ここでx_1やx_2は必ずしもT_1やT_2の元とは限らないわけですよね。 なのでこのUは∪[g∈G]g;G⊂T_1×T_2には含まれませんよね。 どうすればLとMが合致しますでしょうか? それとも直積位相は2個の直積集合の場合と3個以上の直積集合の場合とでのそれぞれ直積位相の概念は異なるのでしょうか?

  • 位相空間について

    次の問題がわかりません。。 実数の集合Rにおいて、次の部分集合族Oを考える。 まずR,φ∈Oである。 U≠R,φのとき、U∈O⇔U=R-A(A:有限集合)と定義する。 (1)Oが開集合系であることを示せ (2)写像f:(R,O)→(R,O) f(x)=x^2は連続であることを示せ。 (3)写像g:(R,O)→(R,O) g(x)=sin x は連続ではないことを示せ。 (1)については ()R、φ∈Oは定義よりOK ()U1、U2∈O⇒U1∩U2∈Oは無限集合の積集合は無限集合 ()Wλ∈O⇒∪Wλ∈Oは無限集合の和集合は無限集合 な感じでよろしいでしょうか? (2)はf(x)に値域が0≦f(x)≦∞であるから任意のU∈Oに対してf‐1(U)は無限集合 (3)はg(x)の値域が-1≦g(x)≦1であるから任意のW∈Oに対してg‐1(W)は有限集合 みたいな感じでよろしいのでしょうか? 解答や書き方がわからなくて困ってます・・・

  • もう1問部分集合族です

    Xを実数全体の集合とし、Xの部分集合An={x∈X:-1/n<x<1/n}とする。このとき、Xの部分集合族{An:n∈N}について、次の集合を求めよ。 (1)∪{An:n∈N} (2)∩{An:n∈N} *定義 ・いずれかのAλの元である Xの元全体の集合を、部分集合族{Aλ:λ∈Λ}の和集合といい ∪{Aλ:λ∈Λ} で表す。 ・すべてのAλの元であるXの元全体の集合を、部分集合族{Aλ:λ∈Λ}の共通集合といい ∩{Aλ:λ∈Λ} で表す。

  • 部分集合族の問題です

    Xを実数全体の集合とし、Xの部分集合An={x∈X:n<x}とする。このとき、Xの部分集合族{An:n∈N}について、次の集合を求めよ。 (1)∪{An:n∈N} (2)∩{An:n∈N} *定義 ・いずれかのAλの元であるXの元全体の 集合を、部分集合族{Aλ:λ∈Λ}の和集合といい ∪{Aλ:λ∈Λ} で表す。 ・すべてのAλの元であるXの元全体の集合を、部分集合族{Aλ:λ∈Λ}の共通集合といい ∩{Aλ:λ∈Λ} で表す。 ヒントだけでもいいのでお願いします。