• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

位相空間への全射について

位相空間への全射について 位相空間と写像について学習している者です。 質問させていただきます。 -- 集合Xから位相空間(Y,μ)への全射fがあるとき、 Т = {(1/f)(U)|U∈μ}とおくとき、ТがX上の位相であることを証明せよ。 ※(1/f)はfの逆関数を示します。 -- これを証明したいのですが、道筋が見えません。。。 ご教授よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数89
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

>で良いですかね? > >(1)'はТの任意の部分集合Т'に対して、Т'の元の和集合がТの元である >というふうに言ったほうがよいですか?というか、言わないといけないですか? > >このあたりの、位相の定義の理解が若干甘いような自覚があります。。。 そうですね.甘いです. 初学者といっているのですから 妙な省略はせずに,きちんとすべて書きましょう. 省略しすぎです. きちんと位相の定義の条件にしたがって丁寧に書きましょう. そもそも「有限・無限」に無頓着なのはダメです. 位相の初歩の授業のテストの答案だと思って私が採点するなら 10点のうち5点はいかない点数にします. 致命的なのは「有限・無限」が間違っていること. 厳しい先生なら0点でもおかしくありません.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

Тの任意無限個の元T_1,T_2,・・・,T_nに対してそれらの共通集合がТの元である ですね。位相の定義は。 もう一度、開集合や閉集合、そして、位相の定義を厳密に理解することからじっくり勉強しなおしてから、証明はつくりなおします。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 位相空間と写像について学習している者です。

    位相空間と写像について学習している者です。 位相空間における閉包の概念等の理解に苦しんでいます。。。 では、質問させていただきます。 位相空間(X,Т)の二つの部分集合A,Bについて、 cl(A∩B) ⊂ cl(A)∩cl(B) ※cl(X)で集合Xの閉包(closure)を表すとします。 を証明したいのですが、過程が分かりません。 以下で、証明できていますか? x∈cl(A∩B) ⇒ x∈cl(A) かつ x∈cl(B) ⇒ x∈cl(A)∩cl(B) x∈cl(A) かつ x∈cl(B)にたどり着くまでの過程が足りない気がしています。 ご教授よろしくお願いいたします。

  • 「 f を集合 X から 位相空間(Y、U)への全射とするとき、以下を

    「 f を集合 X から 位相空間(Y、U)への全射とするとき、以下を示せ。 1.T={ f^-1(u)|uはUに含まれる}とおくとき、TはX上の位相である。 2.Tは f を(X、T)から(Y、U)への連続写像とするX上の最小の位相である。」 という問題についての質問です。 まず、1番は 位相の三つの条件を一つずつチェックして行けば良いので、大体はわかったのですが、 最も基本的な条件である、「Tが空集合とX自身を含む」というのが示せませんでした。これはどのようにして示すのでしょうか? それから、2番について、連続写像であることは f の定義の仕方から明らかだと思うのですが、 「最小の位相である」という部分はどのようにして示せばよいのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 商空間における全射について

    商空間の定義で出てくる、『全射』がよくわかりません。 内田伏一著、集合と位相の96ページに、定義として、 (X,O)を位相空間とし、f:X→Yを集合XからYへの全射とする。集合Yの部分集合族O(f)を O(f)={H∈B(Y)|f^(-1)(H)∈O} によって定義する。 とあるのですが、ここでf^(-1)の逆写像の存在を認めていますよね?しかし、fは全単射ではなく、全射としか仮定がついていないのに、この逆写像は存在することにしてしまっていいのでしょうか?? すごく初歩的なことかもしれませんが、アドバイスお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

iは添え字です. 厳密には∩,∪につけるのですが 煩雑になるので省くことも多いです. 本当に教科書にのってませんか? 他の書籍は見ましたか? 逆像の性質のもっとも基本的なもので, 写像と位相空間の組合わせではきわめて多用されます. というか。。。無意識に使われます. あなたが教科書から「見つけた式」の一般形です. これがどういう形になるのかを予想して証明すればいいのです. あとは「位相の定義」にしたがって きちんと書けば終わりです. == f(∩U_i)と∩f(U_i), f(∪U_i)と∪f(U_i) の関係も基本です.知らなければ考えるか調べておきましょう. そうすると位相関係で「逆像」で定義するものが そこそこ存在するのがなぜかなんとなくわかります.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

何度も回答ありがとうございます。 教科書みなおしたら載っていました。 というか、記載の仕方が違っていたので気がつきませんでした。 で、だいたいは理解できてきました。 f^{-1}(∩ U_i) = ∩f^{-1}(U_i) ・・・ (1) f^{-1}(∪ U_i) = ∪f^{-1}(U_i) ・・・ (2) ここから、位相の定義を導くのですね。 ∪ U_iも∩ U_iも、μの元になるので、 f^{-1}(∪ U_i)も、f^{-1}(∩ U_i)もТの元になる つまり、 Тの任意有限個の元T_1,T_2,・・・,T_nに対してそれらの共通集合がТの元である ・・・ (1)' Тの任意有限個の元T_1,T_2,・・・,T_nに対してそれらの和集合がТの元である ・・・ (2)' ということが言えるので、ТはX上の位相である。 で良いですかね? (1)'はТの任意の部分集合Т'に対して、Т'の元の和集合がТの元である というふうに言ったほうがよいですか?というか、言わないといけないですか? このあたりの、位相の定義の理解が若干甘いような自覚があります。。。

  • 回答No.2

f^{-1}(∪ U_i) f^{-1}(∩ U_i) がそれぞれどうなるか知りませんか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

コメントありがとうございます。 > f^{-1}(∪ U_i) > f^{-1}(∩ U_i) > がそれぞれどうなるか知りませんか? すいません。教科書確認しましたが、載っていません。 ということで、知りません。 というか、_iは何を表していますか? 別途、教科書を見直していたら、 f^{-1}(A ∩ B) = f^{-1}(A) ∩ f^{-1}(B) f^{-1}(A ∪ B) = f^{-1}(A) ∪ f^{-1}(B) あたりの定義が使えそうかと思いましたが、見当はずれでしょうか?

  • 回答No.1

「位相の定義」と 「逆像」「集合の合併」「集合の共通部分」の性質を使うだけです. 集合の基礎を教科書で見直しましょう. なお,逆写像は f^{-1} とかくのが普通であり 逆数のような 1/f なんてものは誤解を招くだけです. なお,``^''は上付き添え字を示す標準的な記法です.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 > なお,逆写像は f^{-1} とかくのが普通であり > 逆数のような 1/f なんてものは誤解を招くだけです. > なお,``^''は上付き添え字を示す標準的な記法です. ご指摘ありがとうございます。 以後、そのように表記します。 で、証明方法なのですが、 fが全射より、 f^{-1} (Y) = X また、 f^{-1} (0) = 0 よって、 ТはXよび、空集合0を含む という位相の定義の第一条件は示せるのですが、あと二つが示せないのです。。。 もう少し、具体的にヒントをもらえませんか?

関連するQ&A

  • 位相空間の同相について

    位相空間(X,Ox)と(Y,Oy)で、全単射f:X→Yに対して、fおよび逆写像f^(-1)がともに連続であるときfを位相写像といい、f:X→Yなる位相写像が存在するとき、(X,Ox)と(Y,Oy)は同相(同位相)であるというのでした。 位相空間(X,Ox)に対し、直積空間X×Xに適当な位相O’を入れたとき、 (X×X , O')と元の位相空間(X,Ox)は同相ではないと思うのですが、証明はどのようにしたらいいでしょうか。 位相写像が存在しない、ということを言えばいいと思いますが、存在しない、ということをどのように示したらいいのかがわかりません。 よろしくお願いします。

  • 位相空間の問題についてです。

    位相空間の問題についてです。 (1)開写像だが閉写像ではなく、連続でもない (2)閉写像だが開写像ではなく、連続でもない (3)開写像でも閉写像でも連続でもない (1)~(3)それぞれの条件を満たす位相の写像の例はそれぞれどんなものがありますか。もし写像が存在しない場合は、その証明を記して頂けると助かります。

  • 位相空間で困ってます!

    独学で位相空間を勉強していますが、さっぱり分かりません。 参考書を読んでも、何がなんだか分からなくなってしまってる状態です。 まったく分からない相手に教えると思って、教えてくださるとありがたいです。 否定の線―が上に書けなかったので見にくいですが、よろしくお願いします。 位相空間(X,T)とする。 自然数の集合N={1,2,3…}を添字集合とするXの部分集合族{An:n∊N}を考える。 An={1/n}⊂Rとおくとき、 U{An:n∊N}〈←Anの上だけに―があります〉 と U{An:n∊N}〈←上すべてに―があります〉 とは等しいかどうかを述べ、証明せよ。

  • 有限集合からなる位相空間における写像の連続性

    ある位相空間Xから別の位相空間Yへの写像fが連続であるとは、Yの任意の開集合Oの逆像f^-1(O)が開集合であると定義されていると思いますが、この定義に従うと、有限集合に位相を入れた位相空間Xからの別の位相空間Yへの写像は、位相空間Xの集合が全部開集合となり、必ず連続になるのでしょうか。

  • 位相空間

    位相空間(X,T)の2つの部分集合A,Bについて (1) (A∩B)_ ⊂ A_∩B_    ※『_』は閉集合 この証明の方法を詳しく教えて下さい! 両辺は=(イコール)にはならないのでしょうか?? (2) Aが開集合のとき A∩B_ ⊂(A∩B)_ この証明方法も詳しく教えて下さい。お願いします。  

  • (X,U)を位相空間,A⊂Xとします.

    (X,U)を位相空間,A⊂Xとします. このとき, 「Aが閉集合 ⇒ A=A'」 の証明が分かりません. A'はAの閉包(A∪{Aの集積点})です. {Aの集積点}∩Aの補集合≠Φ になることを示せばいけそうなのですが出来ません.Aの補集合の元はAの集積点でないことを背理法示そうと思ったのですが上手くいきませんでした.また,Aが閉集合だという条件もどこで使えばいいのか….そもそも証明の仕方が違うのでしょうか? よろしくお願いいたします.

  • 集合と位相

    (問)fを集合Xから位相空間(Y,U)への全射とするとき、つぎを証明せよ。 ※Uは位相 (1)T={f^(-1)(V)|V∈U}のときTはX上の位相である (2)Tはfを(X、T)から(Y,U)への連続写像とするX上の最小の位相である。 (1)の答案 Yの任意の部分集合Bに対して、全射より f^(-1)(i(B))⊂i(f^(-1)(B)) になるので、fは連続写像である(手持ちのテキストにより)。よって題意がなりたつ。 (2)はまったくてがつけられません。 どなたか詳しい方教えてください。

  • 位相空間

    位相初心者です。次の問題がよく分かりません。 問.実数直線R1の位相をTとする。   BをTに各無理数についてそれだけを元とするRの部分集合を   すべてつけ加えたRの部分集合族     B=T ∪ {{x}:x∈P}   とする。このBにおいて生成されたR上の位相T_Mに対して、   位相空間(R,T_M)をMで表す。     このMについて、次を求めよ。(証明付きで。)  (1) i(Q)、i(P) (iは内部を表す。)  (2) Qの閉包、Pの閉包 (1)は、Qは有理数全体の集合だから、Qに含まれるMの開集合全体の 和集合は、Φ となる。 (2)も同様に、Qを含むMの閉集合全体の共通集合はQである。 こんな感じでいいのでしょうか。もっと適当な証明があれば、 教えてください。

  • 位相空間の問題です.

    位相空間の問題です. Xを位相空間としたとき,X上の点列x_nが収束することの定義について (1)∀N:xの近傍,∃n_0 s.t. n>n_0⇒x_n∈N (2)∀N:xの開近傍,∃n_0 s.t. n>n_0⇒x_n∈N (1),(2)が同値であることを証明せよという問題なのですが、どなたか解説お願いします。

  • 位相空間における連続写像の条件について

    (X,T),(Y,U)を位相空間とし、fをXからYへの写像とする。 このとき、Xの部分集合Aに対し、f(cl(A))⊂cl(f(A))ならば、 fが(X,T)から(Y,U)への連続写像であるといえますか? ※cl(A)はAの閉包を示す。