• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

歩道について。

歩道について。 本来自転車などの軽車両は、車道を走るのが基本です。 歩道走行可能な場所では、交通事情によって歩道を走らざるを得ない場合もあります。 しかし。 歩道の始め・終わりには必ずと言っていいほどの段差があります。 所によってはヒドイ段差も。 コレについての質問ですが。 もっと車道とツライチな設置・施工は出来ないのでしょうか。 今の技術力をすれば、不可能な事では無いと思うのですが。 地盤沈下等の対策で、どうしても段差をつけなければならないのでしょうか。 それとも役所に自転車に対しての配慮が無いだけなのでしょうか。 (運転技術でクリアすれば良い・・・云々の話はひとまず置いて。)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数437
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
noname#189285
noname#189285

道路設計技術者です。 >もっと車道とツライチな設置・施工は出来ないのでしょうか。 可能です。と言うより、新規建設の場所においては、従来の段差あり(マウンドアップタイプ)では無く、ほんの少し(5cm)だけ段差がある(セミフラットタイプ)で設計施行する区間が大半です。これは、自転車に配慮しているというよりも、バリアフリーの観点から車いすやベビーカーに配慮しているのですが、結果的には自転車の走行も行いやすくなっているハズです。国土交通省の公式ページでこれに関する内容の記載を見つけたので以下にURLを示します。 http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha04/06/060825_.html なお、既出の回答にもありますように、完全にフラットとするタイプは、車道の排水が歩道に流れるようになり歩行者にとって好ましくないので、一般的には行いません。5cmだけ歩道を上げ、歩道と車道の境界に街渠工と呼ばれる皿型のコンクリートを敷設し車道の排水をここで食い止め歩道には行かないようにします。 なお、セミフラットにした場合でも、歩道と車道の境界に、上記の皿型と併設して、従来の段差あり歩道と同じ高さの縁石を設けて、敢えて「突起」を作ります。これは、クルマが歩道に突っ込む可能性を低減したり、また突っ込んだ場合の速度の低減を期待するものです。 なお、既往の道路にはマウンドアップ(段差あり)タイプが多いのは、バリアフリー以前に建設された道路が圧倒的に多い為です。 以上が「道路設計技術者」としての回答となります。 >それとも役所に自転車に対しての配慮が無いだけなのでしょうか? ここからは技術者としてでは無く、一般人として道路を使用する者としての意見です。 役所の人の考え方は知らないですが、個人的に思うのは、歩道が自転車にとって「走りやす過ぎる」状態となるのは、歩行者の立場からすれば困る面もあります。何故なら自転車の速度が上がりすぎて歩行者にとっては危険だからです。現に、現在でもマウンドアップとは言え、途中に乗り入れ等が無く長い区間が凹凸の無い区間が多数存在しますが、そういう区間では歩道上なのに自転車で猛スピードで走っている人を散見します。歩道を歩く歩行者から見れば、非常に危険極まりないと思います。現に自転車対歩行者の衝突事故で歩行者が死亡するケースも少なからずあります。 「自転車は車道が原則」と言っても、車道の大型車交通量が多く恐怖を感じたり、マナーの悪い路上駐車の為にまともに走行できない区間も多々あります(と言うか都会ではそういう場所のほうが多いように感じます)ので、自転車が歩道上を走行すること自体には私は反対しません。と言うか逆に賛成したいぐらいです。昔の「狭い歩道」の区間ならいざ知らず、現在では外観は単なる歩道でも位置づけ的には「自転車歩行者道」として広い幅員で整備されている歩道も多いので、そこを自転車が積極的に利用しないのは勿体無いです。また道路交通法の改正により、以前は道路標識で通行可とされている区間しか「建前上」は自転車は走行できなかったですが、現在では標識が無くても「車道または交通の状況から見て、やむを得ない場合」は走行できるとされています。 http://www.gov-online.go.jp/pr/media/paper/kijishita/images/ph378b.pdf (PDFです) ようは、「自転車が歩道を走る権利」を大幅に大きくした訳です。なので、本来なら自転車が走りやすい構造とし、車道走行に危険を感じる場合は積極的に歩道を走って欲しいと個人的には思いますが、その際は権利とセットで必ず生じる義務である「歩道では、すぐに停止できる速度で、歩行者の通行を妨げる場合は一時停止しなければなりません」ということを皆が実施することが大前提になると思います。 最低でも私が住む地域で散見する「歩道を疾走する自転車」の頻度を考えた場合、「まだまだ自転車がこの程度のモラル(=最弱者である「徒歩」の延長線上の意識レベルであり「車両を運転している」という認識が希薄)なら、歩道は段差を無くした分は、スポット型植樹を左右交互に配置したり、開口部ではポールを設けたりして、多少走りにくくして走行速度を落として欲しい」と個人的には思います。 せっかく歩道があるのに、歩道上であっても小さな子供を安心して歩かすことの出来ない現状は、やはり「少しおかしいかな?」と率直に思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

非常に主旨が発揮としたご意見です。 正にその通りだと思いますね。 基本歩道は歩行者の為の物。 自転車といえど軽車両ですから。 しかし、実際は昔から歩行者と自転車は歩道を走る物なんて風潮がありました。 車側から見ても、その様な認識をもって運転している人が非常に思います。 政府の広報機構も、最近になって、自転車は車道を走るもの。 なんて、セリフを口にするようになりましたが、そのためのインフラが全く整備されていない状況ですね。 いずれにせよ、まだまだそういったマナーの浸透は時間がかかりそうですね。 ご回答ありがとうございました。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

No2さんの回答の通りです。私は視覚障碍者で、白杖を使って外出します。中途失明で、見えている頃は、自転車道楽に、どっぷりと浸かって、最後は店を持ったりもしました。こんな私ですから、自転車乗り、障碍者両方の立場がわかります。あの2cmの段差は、白杖を使う私たちにとっては、命を守ってくれる2cmなのです。フラットな歩道部分で、自分が歩道にいるのか車道にでてしまったのか、解らなくなることがあります。ロードバイクや、クロスバイクの方々、済みませんがほんの少し体重移動で、乗り越えてください。 白杖を持った人の脇を擦り抜ける時、良く整備されたロードバイクは、殆ど音がしないので、我々はなかなか気づきません。直前にベルをチンチンと、2回ほど鳴らしてくださると、大変たすかります。白杖がスポークの中に入ったりすると、お互いに怪我をする事になりますから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

何事でもそうですが、自分がその立場になって見ないと中々理解できない事が多々ありますね。 まさにその一つなのではないでしょうか。 今回はこの様な質問をして、非常に得る物がありました。 ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.3
  • 660700
  • ベストアンサー率40% (4/10)

私もツライチにしたほうがいいと思っていましたが、 車道の排水が歩道に流れてきてしまうのが問題ですね。 でもこうも考えるのですよ。 余計な予算を使う、 典型的かつ悪質な公共事業の予算水増しの手段ではないかと。 もちろん良い公共事業もありますよね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

公共事業に関しては、ヒドイ部分もあるようですね。 いままで見過ごしてきた私達にも責任の一巻はあるように思えます。 もちろん書かれているように、真摯に取り組み人々の役に立っている公共事業も、たくさんあるのですが。 どこの世界でも腐った一握りの人間によって、全体が大きな不利益をこうむる事がありますので。 ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.2
  • char2nd
  • ベストアンサー率34% (2685/7757)

 歩道の形式には、マウントアップ、セミフラットタイプ、フラットタイプの3種類があり、都市部ではほとんどがマウントアップかセミフラットタイプです。フラットタイプは郊外の地方道路などによく見られます。  従来はマウントアップとよばれる、車道と歩道とが15~20cmほどの段差があるタイプが主流でしたが、これだと民地側への車両乗り入れ部で歩道が波打つような形状となってしまい、車いすや乳母車などの通行に支障があるため、最近はセミフラットタイプという車道と歩道の段差を5cm程度に抑えた形式が多く採用されています。  この歩道と車道の段差は、車両が歩道に乗り上げるのを防ぐだけでなく、車道側の雨水排水が歩道側に流入しないようにするための機能も果たしています。そのため、歩車道境界部には縁石と一体となった側溝や等を布設します。  交差点や取付道路部などにも歩車道境界部には段差が設けられています。この場合の段差は2cm程度とされています。この数値の根拠は、車いす利用者が乗り入れできるぎりぎりの高さであり、同時に視覚障害者が杖や靴裏の感覚で歩車道境界を認識できるぎ限界の高さでもあります。これ以上高くなると車いすでは容易に乗り上げることが出来なくなり、逆に低くすると視覚障害者が認識しにくくなって危険です。これは実際に両方の障害者による実験の結果から導き出されたものです。もちろん、路面排水も考慮されており、信号待ちをしている歩行者の足下に水たまりが出来ないようにしています(最近は透水性舗装などで対応もしていますが)。  健常者が運転する自転車のことはこの場合配慮されていません。車いすで乗り入れできるのであれば、自転車も問題ないはずです。同じように交通弱者である視覚障害者への配慮も重要な要素です。視覚障害者用誘導ブロック(いわゆる点字ブロック)が目立つ色になっているのもそのためです。  ちなみに、都市部の新規道路でフラットタイプが採用されないのは、車道の排水が歩道側に流出してしまうので歩行者が歩きにくいということと、交差点などで歩車道境界が不明確になるので視覚障害者にとって危険、という理由からです。地方部の道路は歩行者の通行が少ないので、これらの問題は小さいと判断されます。点字ブロックが設けられていないのもそのためです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

非常に詳しい説明でした。 場所によっては、乗り入れ部に明らかにずさんな施工をしている歩道もあり、??な部分があった物ですから。 なるほど、大前提として、そのようないきさつがあるのですね。 納得が行くような気がします。 一方向だけの見方をするつもりは毛頭ありませんが、こういった詳細を拝見させていただくと、もっと物事を知る、もしくは疑問を持てば知ろうとする姿勢も大事だなぁと改めて実感しました。 ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.1

配慮がないだけです。 自転車が社会的にあまり認知されていなかった結果、コストがかかる 工法がとられてこなかったに過ぎません。 自転車も法的には車道を走るのが原則なのですから、危険を感じない ケースでは、堂々と車道を走ればいいのではないでしょうか。自転車 に乗っていた10年前からそのように考えていたので、同じく段差が 気になった私は、ママチャリで車道を走っていました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やはり配慮がないのでしょうか。 私も基本は車道走行です。 実際の話、車道の方が遥かに気持ちよく走っていられます。 その時乗っている自転車の種類によっても違いますけれどね。  場合によっては危険を避ける為に歩道を走らざるを得ない時があります。 そんな時に歩道への乗り入れする部分の車道との段差が非常に気になる物ですから。 現況では歩道歩行者との兼ね合いもあり、魑魅魍魎の住む世界?なので、出来るだけ走りたくありませんが。 ご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 歩道と車道の境目の段差

    最近、子供を自転車で送り迎えするようになって気が付いたのですが、交差点などで歩道と車道の境目が、アスファルトからコンクリートのブロックに切り替えてあって、段差がついていますよね? あれは、何か理由があってのことなのでしょうか? 昔はアスファルトで、そのままなだらかになっていたように思います。 歩道が狭くて人とすれ違えなくて車道に下り、再び歩道に上がろうとしたときなど、この段差のせいでかなり角度をつけて入らないと乗り上がりきれず、こけそうになることがよくあります。 自転車ですから、乗り心地も悪いですよね。 ベビーカーや、お年寄りもこの段差は邪魔なのではないでしょうか? もうひとつ、自転車はそもそも歩道を走ってもいいものなのでしょうか? 車道が狭くて自転車が走れるスペースがない場合は歩道を走っているのですが・・・。

  • 自転車の歩道走行?

    最近自転車で歩道を走ればいいという話をよく聞きます。 自転車は法で軽車両で基本車道走行なのに、 政府も車道走行を推進してるのに、 安易に捕まらないからとか、 ルック車でスピード出ないからとか、 くだらない自分が世界の中心のような屁理屈並べてひねくれ正当化、 そんなヤツが我が物顔で自転車歩道走行してるのってどう?

  • 歩道を走る自転車

    自転車は軽車両なので歩道走行可の標識が無い限りは 車道の走行だと思うのですが 普通に歩道を自転車が走行し何度も(身体に)当て逃げされたり 女子高校生に注意すると反省(謝罪)もなく笑って逃げて行きました。 こんな感じな危険な目に遭ってます 自転車は歩行者通行妨害とかいうものに当たるのでしょうか? 歩道走行・逆走の罰則とかあるのでしょうか? あと怪我が無い場合の 当て逃げをされた場合は警察に言うっても無駄なのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 暴走自転車 : どうして日本の歩道には段差が無いの?

    歩道を暴走する自転車による被害者が年々増加しているようです。  警察や自治体も事実上の 「無法地帯」 にしていて、歩行者は自分で自分の身を守らなければいけない、とても危険な社会になっています。 実はヨーロッパを旅行した時に気がついたのですが、歩道に結構段差がありました。 車道より数十センチ高くなっていて、歩道に上がるのにスロープはついていません。  そのため、仮に日本のように警察が自転車に対して歩道を走っても良いという 「お墨付き」 を与えているとしても、交差点で段差を超えるたびに自転車を降りて、ヨイショと歩道まで上げなければいかないため、極めて歩道が走りにくい状態になっています。 そのため、法律面は別としても、ヨーロッパでは歩道を走る自転車は見あたりません。 必ず車道を走っています。 そして歩道は極めて安全な状態になっています。 ところで日本の歩道は? と見ると、同じく車道より数十センチ高くなっていますが、車道から緩いスロープを付けて、自転車が滑らかに上り下り出来るようになっています。 そのため自転車が高速で歩道を突っ走る事が可能な形になっています。 なぜですか? 最初は車椅子の人の利便性を考えたのかな? と思ったのですが、「それなら、あれだけ障害者の人権を優先する欧米で、なぜ歩道に段差を付けているのか?」 という疑問が出ます。 やはり日本の道路管理者は 「歩行者の安全なんてクソクラエ、自転車が最優先だ」 と考えているのでしょうか?

  • 普通の自転車に乗ってた時は車道から歩道に入る時の段差を超える時は、前輪

    普通の自転車に乗ってた時は車道から歩道に入る時の段差を超える時は、前輪を軽く浮かせてタイヤに衝撃を与えないように乗っていました。 なぜならパンクしやすくなるからです(以前段差を気にせず走っていたら、パンクしまくった)。 でも片輪だけでもサスペンションがついてるマウンテンバイクなら、一般道路くらいのこのような歩道の段差位なら、前輪を浮かせることもしなく、そのまま乗り上げても大丈夫なんですか?

  • 歩道から自転車を追放するのは、もう無理?

    タイトルどおりなのですが、本来、自転車は軽車両として車道を走行しなければいけないはずです。 それが「自転車の安全目的」という事で、ほとんどの町の歩道や混雑する商店街を自転車が暴走するようになっていると思います。 もう昔のように「自動車と同じように車道を走行する事」とするのは無理なのでしょうか? 町の歩道の実態を見てほしいのですが、歩道の幅の半分は違法(?)駐輪の自転車で占められています。 残った半分の狭い部分を歩行者が利用しているのですが、そこへ後方からベルで威嚇したり、聞こえよがしにキーキーとブレーキを鳴らしながら暴走する自転車が追い越していきます。 これで事故が起こらない方がおかしいです。 テレビなどで「マナー心」に訴えるようなCMが流されていますが、そもそも歩行者優先になっているはずの歩道を我が物顔で走行するような自転車たちに効果があるわけがありません。 地元も警察のHPに書き込んだ事があるのですが、その後、何の変化もありません。 歩行者は諦めるしか方法は無いのでしょうか?

  • 歩道車道を行ったり来たりできて、とにかく速く漕ぐのが軽い自転車がほしい

    歩道車道を行ったり来たりできて、とにかく速く漕ぐのが軽い自転車がほしいです。 予算は10万以内。 ロードレーサーでは歩道は気楽に走れなそうなので、ルイガノLGS-RSR2がいいと思ったんですが、これはロードよりのクロスですか? エスケープR3を持っていますが(これははっきりいって速くない)これより圧倒的に速く走れますでしょうか? また歩道とかも走れる段差に比較的に強いロードレーサーがあれば、教えてください。

  • 自転車で車道の左側を走行中、併設されている歩道で舗装工事が行われていま

    自転車で車道の左側を走行中、併設されている歩道で舗装工事が行われていました。 その際に歩行者の迂回路として車道の左端がポールで遮られて、仮設の歩道として確保されていました。 自転車の原則は車道の左側を走行との事ですが、その場合は、仮設の歩道を徐行、仮設の歩道のさらに車道側を走行、のどちらが正しいのでしょうか? 昨日の事ですが、上記のような状況に遭遇し、後方確認をしてから仮設の歩道のさらに車道側を走行しようとしたところ、警備員に強引に停められて仮設の歩道を徐行しました。 原付(軽車両)なら絶対ありえないような…と考え、私は少し不満を感じたので警備員にどちらが正しいのか質問してみました。 しかし本人も詳しくはわかっていない様子で、とにかくこちらの指示に従ってくれ、とにかく困る、事故があったらこちらの責任になる?の一点張りでした。 ちなみに歩道に自転車通行可の標識はありませんでした。 それではよろしくお願いします。

  • 歩道へ乗り上げての駐車等について

    駐車設備のないドラッグストアーの前面道路に歩道があり、 明らかに車道と区別するため、段差もあります。 しかし、その店舗の前後には車道と歩道の間に、ガードレールの設置がなく、段差もやや低くなっており、 乗り上げる格好で駐車が可能になっています。 店舗の前後以外では交差点や駐車場へ侵入する箇所以外は、ガードレールがあります。 どう見ても店の前に乗り上げて駐車出来るような構造ですが、 その道路は駐車禁止で、 歩道に駐車してある車のせいで、自転車はともかく歩行者も車道を通ることになります。 このような構造では、一時的であっても歩道を駐車させるスペースとして認められているのでしょか? 同じ道路で、ある会社も荷物を車に乗せるため、歩道をふさぎ、道路に対してトラックが垂直に駐車させ、歩道の全面と、車道の一部をふさぎ、 そこを通るときは、車道に大きくずれてしか歩行出来ず、常に車道を走る車に注意をする必要があります。 トラックの駐車時間は20分以上に達することもあります。 荷物の積み下ろしではそのような道路の使用は認められるのでしょうか? その会社には駐車スペースがあるのですが、社用車が駐車してあり、トラックがその駐車スペースに侵入することは出来ないようになっています。 また違う道路の住宅では、1階部分に一部に駐車スペースがあるのですが、 車長が長く、車の前輪付近から前が常に歩道にはみ出して駐車しています。 ギリギリ一杯後ろを詰めて駐車してあるのですが、 歩道の半分をふさいぐ程度で、歩くには狭いながらもスペースがあります。 駐車場として認めらられているのでしょうか? これらが違法駐車ならば、当然改善してもらいたいのですが、 警察に通報するにはどうすれば良いのでしょうか? まさか110番通報するわけにはいかないと思いますので。 詳しい方、ご回答よろしくお願いします。

  • 自転車は車道を走るべきか

      自転車の運転に関する警視庁の指導によると、「自転車は、車道が原則、歩道は例外」であるとはっきりと指導しています。 http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/bicycle/five_rule01.htm 以前よりこれについては疑問に思っていましたので、ここで質問します。 これは歩道と車道が平行して走る一般道路において、自転車は軽車両なので歩道ではなく車道を走りなさいとの指導と捉えます。 また車道のみが走る一般道路(環七や環八の陸橋など)においても、自転車は軽車両なので車道を走りなさいとの指導と捉えます。 そしてもし自転車が間違って歩道を走り、通行人と接触したなら、これは軽車両が歩道を走ったとする道路交通法違反に問われると捉えます。 しかしながら現実の問題として、いわゆるママチャリなどの圧倒的多数の自転車は車道ではなく歩道を走っており、警察官はこれを見ても誰も注意することはありません。 なぜ警察官は歩道を走るママチャリを注意しないのでしょうか。 またママチャリが一般道路の車道を走ると一般自動車の進行妨害になることが普通であり、実際タクシーなどは直ぐにクラクションを鳴らして自転車が車道から出るように警告します。 このようなタクシーの行為は道路交通法違反ではないのでしょうか。   もちろんサイクリングスポーツ車などは自動車と平行して車道を走っているものもたまに見られます。 ただしサイクリングスポーツ車も車道のみが走る一般道路(環七や環八の陸橋など)を走るのはあまり見たことがありません。 警視庁の指導はこのような場合も自転車は軽車両なので車道を走りなさいと指導しているのでしょうか。 以上、かねてより疑問に感じていたこと、白黒はっきりさせたいので教えて下さい。