• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

オイラーの公式 e^JKX=cosKX+JsinKXを利用して次の問い

オイラーの公式 e^JKX=cosKX+JsinKXを利用して次の問いに答えなさい。 問「cos3X+cos2XをsinX、cosXの関数で表しなさい」という問題があります。 答えは3cos^2XsinX-sin^3X+cos^2X-sin^2Xです。 なのですが、どうやってこの答えに辿りつくのかわからないです。 途中の計算式とできればちょっとした解説も交えて教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数428
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • alice_44
  • ベストアンサー率44% (2109/4758)

みんな、オイラー等式が好きだねえ。 複素 exp の全体像が凡そ解って使うのならよいのだけれど、 複素関数論抜きで、どこかで読んだ公式として使うのなら、 あまり感心しない気もする。 高校範囲の、実三角関数だけを使った解も書いとく。 加法定理より、 cos(2x) = cos(x+x) = (cos x)(cos x) - (sin x)(sin x). sin(2x) = sin(x+x) = (sin x)(cos x) + (cos x)(sin x). cos(3x) = cos(2x+x) = (cos 2x)(cos x) - (sin 2x)(sin x)     = { (cos x)^2 - (sin x)^2 }(cos x) - { 2(sin x)(cos x) }(sin x). 倍角公式と三倍角公式が既知であれば、これを導く手間さえ無い。 あとは、cos(3x) + cos(2x) へ上記を代入すれば終わり。 できた cos x と sin x の式を、整理したければ整理してもよいし。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ピタゴラスの定理 とオイラーの公式の関係

    sin^2x+cos^2x=1はピタゴラスの定理の一例だと思いますが、この式をcos^2x-(isinx)^2と変形して(cosx+isinx)(cosx-sinx)=1としてみるとオイラーの公式の右辺と同じ項が出てきますが、ピタゴラスの定理とオイラーの公式の間には何か関係があるのでしょうか。

  • 最大値と最小値の求めかた

    0≦x≦πにおいて、関数f(x)=sin2x+a(sinx+cosx)の最大値、最小値を求める問題です。 aは正の定数とします。 f'(x)=2cos2x+a(cosx-sinx) =2(cos^2x -sin^2x)+a(cosx-sinx) =2(cos-sinx)(cosx+sinx)+a(cosx-sinx) =(cosx-sinx)(2cosx+2sinx+a) までは分かりました。 sinx+cosx=√2sin(x+45) sinx-cosx=√2sin(x-45) ですが、 ・cosx-sinxはどのように考えればいいのですか? (2cosx+2sinx+a) は(2√2sin(x+1/4π)+a)と表すことはできましたが cosx-sinxがわかりません。 この後どのように考えればいいのでしょうか?

  • ピタゴラスの定理とオイラーの公式の関係(?)

    sin^2x+cos^2x=1という公式を cos^2=1-sin^2xと変形し、虚数単位を用いて cos^2x=1+(isinx)^2とすると cosxを斜辺とするピタゴラスの定理(?)のようになりますが、これはオイラーの公式 e^(ix)=cosx+isinx と何か関係があることなのでしょうか。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4

オイラーの公式 cos3x=(e^i3x+e^(-i3x))/2 cos2x=(e^i2x+e^(-i2x))/2 を最大限活かすと 2(cos3x+cos2x) ={exp(i3x)+exp(-i3x)} + {exp(i2x)+exp(-i2x)} ={exp(ix)+exp(-ix)}^3 + {exp(ix)+exp(-ix)}^2 - 3exp(2ix)exp(-ix) - 3exp(ix)exp(-2ix) - 2exp(ix)exp(-ix) =2^3*(cosx)3 + 2^2(cosx)^2 -3(exp(ix) + exp(-ix)) - 2 =8cos^3x + 4cos^2x -6cox -2 したがって cos3x+cos2x = 4cos^3x + 2cos^2x -3cox -1 という簡単な形に成ります。 No.2の回答は sin^2x = 1 - cos^2x と置けば上の式に還元されます。 質問者が回答として挙げている式 3cos^2xsinx - sin^3cos^2x -sin^2x は cos^2x = 1 - sin^2x とおくと = 1 + 3sinx - 2sin^2x - 4sin^3x となります。 問題の趣旨はオイラーの公式を活用することでしょうが、 答えは間違っているか中途半端です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#121794

なんで虚数がJって書くのか分からないが、 cos3x=(e^i3x+e^(-i3x))/2 cos2x=(e^i2x+e^(-i2x))/2 で分かる?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

 cos3X+cos2Xは 3cos^2XsinX-sin^3X+cos^2X-sin^2X にならないと思います。  問題か解答に誤りはありませんか? cos3X+cos2X ={exp(i3x)+exp(-j3x)}/2 + {exp(i2x)+exp(-j2x)}/2 =(1/2) {(cosX+jsinX)^3+(cosX-jsinX)^3 +(cosX+jsinX)^2+{(cosX-jsinX)^2} =(1/2) {(cosX)^3-3cosX(sinX)^2+(cosX)^2-(sinX)^2}  ちなみに、この式はcosの倍角・3倍角の公式からも簡単に導かれます。  なお、答えが 3cos^2XsinX-sin^3X+cos^2X-sin^2X となるのは 問題が sin3X+cos2X のときだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • alice_44
  • ベストアンサー率44% (2109/4758)

その問題を解くのに必要なのは、単なる n 倍角公式です。 n が大きくなると不案内かもしれませんが、その際は、 加法定理を繰り返し使って、n 倍角公式を自作すればよい。 高校教程の範囲で、十分できることです。 オイラーの等式と二項定理を使っても、n 倍角公式を作る ことができますが、複素指数関数を使うことになるので、 背景知識は遥かに複雑になります。簡単なことは簡単に!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 微分

    問題を解いたのですが、自分の答えがあっているか不安なので、間違っているか教えてくれませんか? 問1 次の導関数を求めよ。 (1) y=(sinx + x^2)^(4/3) (2) y={(e^2x + 1)^(1/2)}/e^(-x) 問2 次の導関数を求めよ。    (3) y=arccos2x/sinx 問3 次の極値を求めよ。    (4) y=x+2sinx (0≦x≦2π) (5) y=x^(1/2)-logx 自分の解答   (1) y'=(4/3)(cosx+x^2)(sinx+x^2)^(1/3) (2) y'={(e^2x +1)^(1/2)+(e^2x +1}/(e^-x)(e^2x +1)^(1/2) (3) y'=-[{2sinx/(1-4x^2)}+cosx・arccos2x]/sin^2 x (4) 自信がないので全部書きます。     y'=1+2cosx=0 よってcosx=-1/2 x=2π/3 増減表を書くと     x 2π …4π/3… 2π/3 … 0      y +  - + z /極大 \ 極小 /  (/は右上の矢印のことです)     よって極大値は y=4π/3-√3 極小値は y=2π/3+√3 ここで、疑問なのですが、極大値より極小値のほうが値が大きいと思うのですが、これでいいのでしょうか?    (5) y'=0より、x=4となる     増減表を書くと     x 0 …  4  …       y - + z \ 極小 /  (/は右上, \は右下の矢印のことです)     よって極小値は y=2-2log2 このような解答になりましたがどうでしょうか?        

  • 微分

    問題を解いたのですが、自分の答えがあっているか不安なので、間違っているか教えてくれませんか? 問1 次の導関数を求めよ。 (1) y=(sinx + x^2)^(4/3) (2) y={(e^2x + 1)^(1/2)}/e^(-x) 問2 次の導関数を求めよ。    (3) y=arccos2x/sinx 問3 次の極値を求めよ。    (4) y=x+2sinx (0≦x≦2π) (5) y=x^(1/2)-logx 自分の解答   (1) y'=(4/3)(cosx+x^2)(sinx+x^2)^(1/3) (2) y'={(e^2x +1)^(1/2)+(e^2x +1}/(e^-x)(e^2x +1)^(1/2) (3) y'=-[{2sinx/(1-4x^2)}+cosx・arccos2x]/sin^2 x (4) 自信がないので全部書きます。     y'=1+2cosx=0 よってcosx=-1/2 x=2π/3 増減表を書くと     x 2π …4π/3… 2π/3 … 0      y     +      -       +     z /極大 \ 極小 /  (/は右上の矢印のことです)     よって極大値は y=4π/3-√3 極小値は y=2π/3+√3 ここで、疑問なのですが、極大値より極小値のほうが値が大きいと思うのですが、これでいいのでしょうか?    (5) y'=0より、x=4となる     増減表を書くと     x 0 …  4  …       y    -    +     z \ 極小 /  (/は右上, \は右下の矢印のことです)     よって極小値は y=2-2log2 このような解答になりましたがどうでしょうか?        

  • 三角関数

    問(1)方程式を解く 0≦x<2πの時 cos2x=cosx cos2x=cosx cos2x-cosx=0 cos(2x-x)=0 cosx=0 ∴x=0,π/2,3π/2 だと思ったのですが、答えが違います。どこが間違っているのでしょうか? 問(2)不等式を解く 3√3sinx+cos2x-4<0 これはどうやっていいか全くわかりません。先ずsinかcosかどちらかにそろえると思うのですが… 問(3)最大値、最小値を求める。 0≦x<πの時 y=cos^2x+sinx y=cos^2x+sinx =1-sin^2x+sinx (sinx=tとおき) =-t^2+t-1 =-(t^2-t)-1 =-(t-1/2)^2+5/4 と最大値が5/4とはわかるのですが最小値はどうやって求めたらいいのでしょうか?与式に0orπを代入するのですか? 問(4)最大値、最小値を求める 0≦x<π/2の時 y=cos^2-4cosxsinx-3sin^2x これは因数分解できないと思うのですが、どうすればいいのでしょう。-4cosxsinxのところがどうしても整理できないのですが(sin,cosどちらかにそろえること) どれか一つでもいいのでよろしくお願いします。

  • オイラーの公式による加法定理の証明は循環論法?

    三角関数の加法定理は、大抵 ・単位円上の2点で余弦定理 ・オイラーの公式 を使って証明されると思います また、オイラーの公式による証明は通常テイラー展開が用いられると思います、そしてテイラー展開をするにはsinとcosのn次導関数を求める必要があります ここで、問題なのですが (sinx)'=cosx の導出は lim[h→0] {sin(x+h)-sinx}/x =lim[h→0] 2cos(x+2h)sin(h/2)/h 和→積の公式…* =cosx として通常行うと思います しかし、*の公式(の導出)では三角関数の加法定理を用いています これは循環論法に当たるのではないでしょうか? 皆さんはどう思いますでしょうか? また、もし循環論法ならどこを改善すればいいでしょうか?

  • 導関数の微分について

    y= cos(3x+2) dy/dx = (dy/du) (du/dx)より     = -sin(3x+2) ・3 = -3sin(3x+2) と計算してここまではいいのですが y= 1/sinx 答えは -cosx/sin^2x となっていましたがなぜでしょう y = sinx^-1として dy/dx = (dy/du)(du/dx) = (cosx^-1) (-sinx^-2) =-1/(cosx・sin^2x) ではどうしていけないのでしょうか。

  • 三角関数の微分

    三角関数の微分が解けません。 三角関数の法則を利用して答えは纏めた形になるのですが、上手く纏める方法が思いつきません。 1. y=sin^2xcos^3(2x) y'=2sinxcosx*cos^3(2x)+sin^2x*(-6)cos^2xsinx Ans:y'=sin2xcos^2(2x)*{1-8sin^2(x)} 2sinxcosxを2倍角の公式を利用したりして纏めましたが答えにたどり着けません。 また、 2. y=sinx/1+tan^2(x) y'=cosx{1+tan^2(x)}-sinx*2tanx{1/cos^2(x)} Ans:y'=cosx{1-3sin^2(x)} 纏め方について助言お願いします。

  • 微分による不等式の証明

    x>0のとき sinx + cosx > 1+x-x^2 が成り立つことを証明したいのですが・・。 まず、f(x)=sinx + cosx -(1+x-x^2)とおいて f(x)'=cosx-sin-1+2x f(x)''=-sinx-cosx+2 となってしまい、答えに詰まってしまいました。 sinx+cosx=2ってあるんでしょうか?

  • Σ[n=1..∞]1/n^4=π^4/90を求める際,どの正規直交関数系を使えばいいのかの選択基準は?

    こんにちは。 [問]f(x)=x^2(x∈[-π,π])のフーリエ級数を求め,それを使ってΣ[n=1..∞]1/n^4=π^4/90を示せ。 [解] f(x)(=x^2)π^2/3+4Σ[k=1..∞](-1)^kcos(kx)/k^2=π^2/3-4cosx+cos(2x)-4/9cos(3x)+… これを正規直交関数{u_k(x)}={1/√2,cosx/√π,sinx/√π,cos(2x)/√π,sin(2x)/√π,…}を使って書き直すと 1/√(2π)・√(2π)・π^2/3+cosx/√π(-4√π)+sinx/√x・0+cos(2x)/√π・1+sin(2x)/√π・0+cos(3x)/√π・(-4√π/9)+… …(1) 従って,a_0=√(2π)/3,a_1=-4√π,a_4=0,a_5=-4√π/9,… 従って(1)は Σ[k=0..∞]a_k^2=a_0^2+a_1^2+a_3^2+a_5^2+…=2π^5/9+16π+π+16π/81+…=2π^5/9+16Σ[k=1..∞]1/k^4 …(2) 一方,∥f(x)∥^2=∫[π..-π](f(x))^2dx=∫[-π..π]x^4dx=2π^5/5 …(3) (2)と(3)をParsevalの等式「∥f(x)∥^2=Σ[k=0..∞]a_k^2」に代入して2π^5/5=2π^5/9+16πΣ[k=1..∞]1/k^4 ∴Σ[n=1..∞]1/n^4=π^4/90 の問題についてですが正規直交関数は色々あると思いますがこの問題では特に {u_k(x)}={1/√2,cosx/√π,sinx/√π,cos(2x)/√π,sin(2x)/√π,…} を使えばいい事とどのようにして知る得るのでしょうか?

  • 合成関数の問題(微分)

    問 次の関数を微分しなさい。 1)cos(3x+4) 2)sin2xcos3x 3)x^2cosx

  • 微分

    次の関数を微分しなさい。 1.y=2x√(x^2+1) 2.y=x/√(1-x^2) 3.y=√(1-x)/√(1+x) 4.y=x^2 sin(x+1) 5.y=sinx cos^2(x) 6.y=sin√(x^2-x+1) 7.y=sin^4(x) cos4x 8.y=√(1+cos^2(x)) 9.y=cosx/(1-sinx) 10.y=(tanx+(1/tanx)) 簡単な説明でも結構です。(○○の公式を使って・・みたいな) 非難や愚痴だけはごめんです。