-PR-
解決済み

時間割作りについて

  • 暇なときにでも
  • 質問No.62473
  • 閲覧数206
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 88% (22/25)

gooで皆様にアドバイスをいただいて、奇跡的(!)に建築系の大学に
入れました。ありがとうございました。

今時間割を考えているのですが、
将来建築関係(設計)の仕事に就く場合、第2外国語は何をとるべきでしょうか?
ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ロシア語、ポーランド語、
ハンガリー語、中国語、朝鮮語、インドネシア語、アイヌ語、ラテン語、古代ギリシア語、アラビア語・・・から選べます。
大学を出たor在学中の人の話では、第2外国語をモノにするのは難しいそうなので、
何か一筋でやるより文化を学ぶ講座で広く浅くいろいろな言語をやってみた方がいいのか・・・
また、専門科目以外の講座は楽しそうなものから難しそうなものまでいろいろですが、
自分の興味のあるものばかりで単位を取っていって良いものなのでしょうか?
自分の興味だと芸術系ばかりになってしまいそうで・・・
理系らしく物理学とかとっとくべきなのか悩んでます。

長くなってしまいましたがよろしくお願いします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル8

ベストアンサー率 31% (18/57)

まず最初に、私の意見はあまり参考にならないと思いますというのを、お伝えした上でアドバイスいたします。
私は第2外国語を取る必要性はなかったのですが、ドイツ語を取りました。理由は、もともと数学や物理はドイツで盛んだったため、という理由です。しかし、実際にはそのような文献にあたったためしはなく、まず間違えなく論文は英語です。そして、今でもドイツ語が分かるかというと、分かるわけありません。おっしゃる通り、第2外国語はモノにならないのでは?
さて、専門科目以外の講座についてですが、なるべくたくさんとることをお勧めします。今年一年生ということなので、あまり偏った講座より、基本的な講座をとった方が良いかなと言う気がします。やはり理系の大学に行ったのですから、理系の基本は習得しておいた方が・・・
就職のときにも面接がありますが、恐らく建築関係の質問に答えられるのは当然で、例えば「ガウスの定理を言ってみて?」と言われたらどうします?
将来のことを考えるのは難しいかもしれませんが、大学院への進学や就職のことを考えて、選んでみてください。
あくまでも、専門科目(建築)はできて当然です。それ以外で自分を出せた方が良いかと。
お礼コメント
tomsa

お礼率 88% (22/25)

なるほど、先のことも考えることは重要ですね。
卒業単位にこだわらず、時間の許す限り
幅広くいろいろな講座をとってみることにします。
大学は自分で時間割をつくれるのが、楽しいし
時間の使い方を自由にできるのでうれしいけれど、
責任も自分持ちなんだなあと実感しています。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-04-15 21:06:03
関連するQ&A
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 57% (1002/1731)

まずは,入学おめでとうございます! さて,理工系の学問は,現代ではだいたい英語で用が足りると思います。(もちろん,「ドイツのゴシック建築の歴史を研究したい!」といった,文化圏や地域を絞りこんだ具体的なテーマがあれば別です。) ですので,個人の興味で趣味的に選んでもよいのではないでしょうか。 第2外国語は(というか英語も含めて外国語は)モノにしようと思ったらそれなりの努力が必要でしょう。 実際, ...続きを読む
まずは,入学おめでとうございます!
さて,理工系の学問は,現代ではだいたい英語で用が足りると思います。(もちろん,「ドイツのゴシック建築の歴史を研究したい!」といった,文化圏や地域を絞りこんだ具体的なテーマがあれば別です。)
ですので,個人の興味で趣味的に選んでもよいのではないでしょうか。

第2外国語は(というか英語も含めて外国語は)モノにしようと思ったらそれなりの努力が必要でしょう。
実際,自分の場合第2はドイツ語,第3は朝鮮語でしたが,モノになったかと聞かれたら首をかしげてしまいます。まあ現地に行って看板を読みながら辞書片手に一人で出歩ける,程度ですかね。
ただ,だからといって「2外はモノにならない」と一般化するのはためらわれます。どうしても必要になったら,死に物狂いで勉強すればそれなりに身につくのではないでしょうか。
あまりモノにしようなどと思わずに,おっしゃるように「文化を学ぶ」という感覚で,気軽にさらっとやってみるのもいいのではないでしょうか。何というか,少し視野が広がるというか,心にゆとりができる気がします。
最初からモノにしようと思っていると,それができなかったときに挫折感がありますが,いつでもやめられると思って始めると,かえってその言語や文化が気になってしまってなかなかやめられなかったりしてね。

下記のページにも第2外国語に関するいろいろなアドバイスがありますので,もしまだでしたらご覧いただくと参考になろうかと思います。
お礼コメント
tomsa

お礼率 88% (22/25)

とりあえずフランス語とドイツ語に気軽な講座があるので
とってみることにしました。
今いろいろやってみて自分に合う言語や文化がわかってから
しっかり勉強しようと思っても遅くないですもんね!
親身な回答、どうもありがとうございました。
投稿日時 - 2001-04-15 20:54:43


このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
学校での出来事、同じようなことあった!あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ