• ベストアンサー
  • 困ってます

標準報酬月額について

標準報酬月額について 随時改定により、月額の社会保険料の額が下がりました。 たとえば、昨年の冬と今年の冬の賞与が同額と仮定したならば、 月額の社会保険料と同じく、賞与の社会保険料の天引額も 結果的に下がるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数327
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • jfk26
  • ベストアンサー率68% (3287/4771)

>随時改定により、月額の社会保険料の額が下がりました。 ということは給与が下がったので保健料が下がったということですね。 >たとえば、昨年の冬と今年の冬の賞与が同額と仮定したならば、 月額の社会保険料と同じく、賞与の社会保険料の天引額も 結果的に下がるのでしょうか? 保険料は基になる金額に保険料率を掛けた金額です。 ですから保険料率の改定がなければ同じです。 標準報酬月額が下がったのは保険料率は同じですが基になる給与の金額が下がったためとすれば、賞与は保険料は同じで基になる金額である昨年の冬と今年の冬の賞与が同額ならば保険料は同じです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 随時の標準報酬月額の有効

    お世話になります。 随時改定による標準報酬月額はいつから有効になるのですか。 例え、9月の給与支払には本俸月額の変動があって、12月最初に随時改定を行いました。随時改定による標準報酬月額は12月分の社会保険料から有効されるのですか又は1月分のからでしょうか。 12月分の社会保険料控除は1月の給与からでありますね。 よろしくお願いいたします。 日本語の学生 純

  • 標準報酬月額の随時改定について

    サラリーマンの給与にかかる社会保険料の標準報酬月額の随時改定について質問です。標準報酬月額の定時改定の後、本年10月から手当の関係で、固定的賃金が下がり、1等級が低くなった場合、随時改定が出来るのでしょうか?(保険料も下がる)それとも、2等級以上開きがなければ出来ないのでしょうか?その場合、次の定時改定まで、実際の標準報酬月額等級より、多く保険料を納めなければならないのでしょうか?ご教示下さい。

  • 標準報酬月額の算定について

    社会保険料の標準報酬月額は5月から7月までの平均報酬額をその年の10月1日から適用ですが次のようなケースの場合どのように処理するのでしょうか。9月1日から30日までの1ヶ月間だけ報酬が大幅に下がり9月末日で退職した場合標準報酬月額の随時改定を申請することが出来るでしょうか。またその場合の標準報酬月額の算定方法はどうするのでしょうか教えてください。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • simotani
  • ベストアンサー率36% (1847/4994)

料率自体は年々上がる傾向にはある為一般的には昨年より賞与保険料率は上がる筈ですが、 政府管掌から協会けんぽになり、都道府県別料率に変更された為、一部横這い又は下がる地域は有り得ます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

賞与からの社会保険料の天引額は、標準報酬月額とは全く関係ありません。 賞与からの天引額は、賞与額から千円未満の端数を切り捨てた金額に次の料率を掛けて算出します。 健康保険 介護保険2号被保険者に該当しない場合 4.66%        介護保険2号被保険者に該当する場合 5.41%  但し、都道府県により若干異なります。上記は東京都の例です。 厚生年金保険 8.029% なお、これらの料率自体は毎月の給料から天引きされるものと同じです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 標準報酬月額の随時改定について

    いつもお世話になっております。 標準報酬月額の随時改定についてなのですが、 よく社会保険料を下げる方法として、 定時決定(4月、5月、6月)に合わせて、 その該当月の残業を減らして、標準報酬月額を下げる というものがあるかと思います。 もし、それで、残業を減らすのではなく、休んで(月に4日×3ヶ月(残業0時間))、休まなかった通常の等級に比べて、3等級下がって標準報酬月額を下げたとして、 それ以降の月を通常通り出勤して(残業0時間だっとして)、3等級上がった場合、 随時改定の対象となって、随時改定されてしまうのでしょうか? 残業代は非固定賃金なので、随時改定の対象外という情報はあったのですが、 このような場合は、随時改定の3条件の中の固定的賃金の変動に該当してしまうのでしょうか? それとも、該当せず、随時改定はされないのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 標準報酬月額 随時改定にいて

    1月から6月に保険料が改定した場合8月、7月~12月に改定した場合は翌年の8月まで保険継続するようですが、その後はどうなるのでしょうか? 例えば6月から標準報酬月額が10万から20万に改定になった人は8月までは20万の社会保険料を支払う事になると思いますが、9月からはどうするのでしょうか?標準報酬月額は20万のまま継続するのでしょうか?それともそれ以前の4~6月の定時決定の標準報酬月額が新たな9月からの等級となるのでしょうか?

  • 標準報酬月額について

     社会保険料計算のもととなる標準報酬月額は、4・5・6月の給料の総額を3で割って算出するものだと本で知りました。  この、「給料の総額」の中には有給休暇のときに支給された額も含むのでしょうか?教えてください!

  • 随時改定における「従前の標準報酬月額」とは、いつ?

    随時改定における「従前の標準報酬月額」とは、いつの標準報酬なのでしょうか? 例えば8月に固定的給与の増額があった場合、11月の随時改定になりますが、 「従前の標準報酬月額」は 1.固定的給与変動直前の7月の標準報酬月額 2.随時改定直前の10月の標準報酬月額 のどちらかと思いますが、いつが正しいのでしょうか?

  • 資格取得時標準報酬月額。これでいいでしょうか?

     職場に下の条件で臨時に来てもらっている人(Aさん)がいます。いま、そのAさんから社会保険料のことで質問攻めにあっておりまして、是非みなさんに教えていただきたいと思います。  労働期間は4/15~8/31(更新、延長はしません)。土日祝休み。給与は出勤1日につき10,000円。毎月10日締め20日支払。  資格取得時の報酬月額は、標準的な1ヶ月の出勤日数が21日ほどなので、21日×10,000円+1ヶ月分の通勤手当で算出しまして(標準報酬月額は22万円になりました)、保険料は毎月天引きしてます。  で、Aさんの言い分は4/15~5/10分と8/11~8/31分(つまり最初と最後の給与)は期間が短く標準報酬月額並の収入は得られないのだから丸々1ヶ月働いた月と同額の社会保険料が天引きされるのはおかしい。実際に得る金額で保険料を計算すべきだということです。  質問は2点です。  1.資格取得時の報酬月額の算出方法はこれで妥当だったでしょうか?  2.Aさんの言い分に対して、社会保険料は日割りの制度がないこと、収入に大きく変動があっても、3ヶ月連続しなければいけないこと(随時改定)を説明しましたが、これでよかったでしょうか?  Aさんはまだ納得されておらず、また来週話し合いをすることになっているので、その前に以上2点について教えてください。よろしくお願いします。    

  • 社会保険料の標準報酬月額について

    社会保険料の標準報酬月額の計算方法についてどなたか教えてください。 社会保険料の算出の基礎となる標準報酬月額は、毎年4月~6月の3ヶ月間の給与の平均値であり、一時的に支払われるものはそこから除かれると聞いています。残業量は毎月残業実績によって変化しますが、除かれる対象にはならないとも聞いています。 実は、会社の間違いで未払いになっていた残業料が、過去に遡って4月に支払われることになったのですが、その額が私の場合200万円近くになります。もしこの額を含めて計算されたら社会保険料がとんでもない額になってしまいます。人事部に確認するとそうなってしまうとの回答でしたが、本当にそうなのでしょうか? どうしても納得がいきません。なんとか良い対応策があれば教えてください。よろしくお願いいたします。

  • 標準報酬に餞別金は含まれますか?

    6月10日付けで退職しました。 社会保険料は通常4月~6月の3ヶ月の期間の標準報酬で翌年の社会保険料の改定が入ると思いますが、 今月の給料の中に餞別金という形で、未払い賞与分が入金されている場合、これも標準報酬として算出されるのでしょうか? (給与明細上には餞別金と載っています。) 誰かお分かりの方いらっしゃいましたら 教えてください。 よろしくお願いいたします。

  • 標準報酬月額が本給よりも高いのはなぜでしょうか?

    11月度の給与明細の中に別紙で、”12月から社会保険料変更のお知らせ”があり、 そこには、「月額変更届による標準報酬月額変更のため社会保険料が変更」とありました。 私(正社員)の本給は260,000円で、これに対して12月からの標準報酬月額が300,000円と本給を超えてしまうのはどうしてなのでしょうか? 給与明細には本給以外の手当て(役職、特別、通勤費、残業)はありません。 賞与は3カ月おき(2・5・8・11月)に100,000円支給されます。 関係していそうなことは、8月の昇給なのですが、 8月に3ヶ月さかのぼっての昇給が決まり、合計335,000円が支給されました。 (本給260,000円(昇給前は235,000円)と、5・6・7月分の差額75,000円(25,000円×3か月分)の合計335,000円) 8月時点の標準報酬月額は、昇給前と同じく240,000円のままでしたが、10月に260,000円に上がっています。 色々調べて標準報酬月額を計算してみても、300,000円にはならないのですが、何が原因でしょうか?こういうことに詳しくないので、お門違いな質問でしたらすみません。。 よろしくお願いいたします。

  • 標準報酬月額の随時改定について

    派遣社員(時給制)なのですが、8月から部署が変わり給料に変動が生じました。(以前より下がりました)標準報酬月額が4、5、6月の報酬の平均額で決定した直後に給料が変わったのですが、未だに社会保険料と厚生年金が以前の額のままなので、疑問に思い、随時改定を申請して頂くよう会社に聞きました。(普通は会社の方で気付きでやってくれるものだと思うのですが・・・?)インターネット等で調べたところ2等級以上の差が生じているので対象になるかと思い、会社に聞いたところ、時給制の場合は月に20日以上の勤務日数がないと対象にならないとの事でした。ちなみに、9、10、11月の平均月額で決定するので、10月が19日しか勤務日数がなかったとの事です。勤務日数が20日以上ない場合は、随時改定する事は不可能なのでしょうか?このような場合は、どうしたら良いのかご存知の方いらっしゃいましたら、教えて下さい。宜しくお願い致します。 (私は全く知識がありませんので・・・インターネットで少し調べた位です・・・)

  • 社会保険料「標準報酬月額」

    社会保険料の「標準報酬月額」ですが、その年の4~6月の3カ月間に支給した給与および通勤手当などの諸手当の総額の平均が、計算基準になると聞きました。 当方来年の4月~7月で起業を考えております。 決算月は、2年間の消費税免税を有効利用する為、設立月の前月にする予定です。 すると決算賞与や半期賞与が4月~6月に発生する予定があり、 社会保険料の「標準報酬月額」に該当してしまいます。 4月~6月に決算月を設定することって社会保険料負担から考えるとメリットないですよね。 何か、良い方法ありますかね? 例えば、 4月末決算-決算賞与 6月-定期賞与 とかにすると「標準報酬月額」が大きくなっちゃうので… 逃げ道あればと思いまして。 宜しく御願いします。