• ベストアンサー
  • 困ってます

なぜ、アメリカ経済は回復しないのか

なぜ、アメリカ経済は回復しないのか アメリカはオバマ大統領が選挙のときに減税や様ざまな公共投資を約束した。 経済を回復させると約束した。圧倒的な支持を得て大統領に当選した。 アメリカ経済が立ち直ると皆が期待した。しかし経済はよくなっていない。 日本から見ると円高が進んでいる。なぜ、アメリカ経済は景気回復しないのですか。 分かりません。教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数149
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
  • Kunfu
  • ベストアンサー率38% (164/424)

昨年第4四半期の成長率が5.7%と一旦回復したかに見えたものの、2010年第1四半期で同3.9%と落ちてきて直近では0%と見込まれています。 失業率は一向に回復せず、失業保険の新規申請件数が今年8月の第2週に50万件(1週間で)を超えました。 二番底懸念が深まっています。 回復の遅れは、企業が投資に慎重になっていること、個人消費が控えられていることの2つの理由からです。 その原因は、今年でブッシュ減税が終わり増税となること、金融規制が強化されること、新しい健康保険制度ができることなどにより、企業が投資の様子見に入っているからです。 また、消費が伸びないのは、オバマ大統領の公約に反し失業率が下がらないからです。 個人消費に関しては、もう一つサブプライム以来住宅の売りが多く価格が下がっているのも原因です。 アメリカのオバマ民主党と日本の民主党は似たところがあって、低所得者層に人気の出る政策をとりたがります。 「アメリカは金持ち優遇を見直して、課税を強化する。」と日本の民主党も金持ちの負担を増やすと言っています。 これは人気取りですが、可処分所得の多い金持ちの課税を強化することは高価格商品の消費に与える影響が大きく、アメリカの消費が伸びないまた別の理由です。 オバマも菅さんもこんな時期に財政の健全化を言い出しています。 さらに、どっちも雇用が大事と言っているわりには、やっている政策がどっちを向いているのかわからい状態です。 ただ、アメリカのファンダメンタルズは日本より強いので、オバマが増税をやめて規制緩和をし、住宅市場の整理がつけば投資と消費が回復していくと思われます。 11月の中間選挙では共和党の圧勝が予想されており、オバマは逆境に立つことになります。 そうなると、年明けには政策の見直しを迫られることになりそうです。 日本の与党もアメリカ政府の半分も賢ければ、見直しをできるかなあ? 否そこまでまともではないでしょう・・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答を頂きありがとうございました。新聞などで、オバマ政権になったのにアメリカの景気が回復せず、失業率も高いと聞いています。それらが日本に波及して円高が進み日本の景気回復も遅れているのではないかと思っています。でも私には、はっきり分かりません。丁寧な回答に感謝しております。ありがとうございました。

その他の回答 (5)

  • 回答No.5
  • sotom
  • ベストアンサー率15% (698/4470)

戦争していないからでしょ?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答を頂きありがとうございました。新聞などで、オバマ政権になったのにアメリカの景気が回復せず、失業率も高いと聞いています。それらが日本に波及して円高が進み日本の景気回復も遅れているのではないかと思っています。でも私には、はっきり分かりません。丁寧な回答に感謝しております。ありがとうございました。

  • 回答No.4

一応、回復はしていますね~、一応。FRBはそう発表していますし、多くの指標はリーマンショック以前の水準へ戻っています。ただバブル絶頂期の水準に達するには時間がかかるでしょう。今後、2番底へ向かうことが避けられれれば回復基調は続くと思われます。 といっても、実体経済ではなく、お札をバンバン刷りまくってバブル期に生み出された莫大な借金を帳消しになるようFRBが仕向けているというのが実態ではあるでしょうね。事実上の米国徳政令ですね。 お札をバンバン刷りまくって、数字上の帳尻があえばそれで経済はなんとかなると考えているのがFRBであり、金融関係の市場関係者でしょうね。 大量のお札が供給されていますから、ドル安になるのは当たり前の事です。またEUも大量のお札を刷っていますので、やはりユーロ安になるのもという当然です。第二次世界大戦前も米国のバブル崩壊後に各国の通貨安競争が起こりそれが結局市場へ中長期で悪影響となり世界戦争の礎になったという、最悪の状況を生みました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答を頂きありがとうございました。新聞などで、オバマ政権になったのにアメリカの景気が回復せず、失業率も高いと聞いています。それらが日本に波及して円高が進み日本の景気回復も遅れているのではないかと思っています。でも私には、はっきり分かりません。丁寧な回答に感謝しております。ありがとうございました。

  • 回答No.3

一応、回復はしていますね~、一応。FRBはそう発表していますし、多くの指標はリーマンショック以前の水準へ戻っています。ただバブル絶頂期の水準に達するには時間がかかるでしょう。今後、2番底へ といっても、実体経済ではなく、お札をバンバン刷りまくってバブル期に生み出された莫大な借金を帳消しになるようFRBが仕向けているというのが実態ではあるでしょうね。事実上の米国徳政令ですね。 お札をバンバン刷りまくって、数字上の帳尻があえばそれで経済はなんとかなると考えているのがFRBであり、金融関係の市場関係者でしょうね。 大量のお札が供給されていますから、ドル安になるのは当たり前の事です。またEUも大量のお札を刷っていますので、やはりユーロ安になるのもという当然です。第二次世界大戦前も米国のバブル崩壊後に各国の通貨安競争が起こりそれが結局市場へ中長期で悪影響となり世界戦争の礎になったという、最悪の状況を生みました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答を頂きありがとうございました。新聞などで、オバマ政権になったのにアメリカの景気が回復せず、失業率も高いと聞いています。それらが日本に波及して円高が進み日本の景気回復も遅れているのではないかと思っています。でも私には、はっきり分かりません。丁寧な回答に感謝しております。ありがとうございました。

  • 回答No.2
  • bardfish
  • ベストアンサー率28% (4754/16757)

マネーゲームで儲けている奴らがアメリカ経済を握っているから。 「物を作って売る」という基本を疎かにした実態のない経済では儲かるのは極々一部の要領のいい人だけ。 これは日本経済でも同じこと。 生産拠点を海外に移したのでは国内需要を高めて経済活動を活発にさせるなんて無理。 工場で働く人が商品を買ってくれるお客様にもなる以上、工場を閉鎖して海外に移してしまったのでは企業は自分で自分の首を絞めているのと同じこと。 下請けを切るのも同じことですよね。 景気回復のために税金を投入するのではなく、企業が国内で生産するためにメリットとなるような政策をとった方が無駄がなくていいと思うんですけどねぇ… だからといって経団連がいっていることを鵜呑みにしてはいけません。 「金が金を生む」時代は終わったのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答を頂きありがとうございました。新聞などで、オバマ政権になったのにアメリカの景気が回復せず、失業率も高いと聞いています。それらが日本に波及して円高が進み日本の景気回復も遅れているのではないかと思っています。でも私には、はっきり分かりません。丁寧な回答に感謝しております。ありがとうございました。

  • 回答No.1

売るべき物が無くなって来ているからでしょうね

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答を頂きありがとうございました。新聞などで、オバマ政権になったのにアメリカの景気が回復せず、失業率も高いと聞いています。それらが日本に波及して円高が進み日本の景気回復も遅れているのではないかと思っています。でも私には、はっきり分かりません。丁寧な回答に感謝しております。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • アメリカ経済・日本経済はどの状況?

    全く経済が分らないのでお聞きします。 現在、アメリカ経済、日本経済は、それぞれ 次のどの範囲に入りますか。 (1)不況~景気回復期 (2)景気回復~好景気 (3)好景気~景気後退 (4)景気後退~不況

  • アメリカではドル高、株高、景気回復、日本はなぜ?

    日本は、円安になると株高になり、経済学者、評論家、政治家 が景気好況への指標として良いことであると、解説、コメントしています。 一方アメリカはドル高になり株高になり、景気回復として経済学者、評論家、政治家 が良いことであると解説したりコメントしています。 単純に考えて通貨価値が上がって景気が良くなる方が当然よいと思うのですが、なぜ日本は円高、株高、景気回復へとの動きがなく、またそれを目指す経済学者、評論家、政治家からの発言がないのでしょうか?

  • アメリカの景気回復

    テロ事件の後、アメリカは景気回復のために金利を下げているが、金利の引き下げはなぜ景気回復に役に立つのですか?教えてください。ありがとうございます。

  • 給付金で景気回復?

    給付金で景気回復の一助にという話がありますが、そもそも公共投資をするにしてもですが、景気回復効果があるというのは、まちがいなのではないでしょうか? 「花見酒の経済」という話があります。酒を売りに行った二人が、互いに金をやり取りして商品の酒をすべて飲んでしまい、売り上げ金はゼロで商品も無くしてしまった、というような話。 さて、小野善康氏の「不況のメカニズム」という本には、ケインズ流の「穴を掘って埋めるだけでも景気回復効果がある」というのは間違いだと書いてありました。 一方、給付金の話では、盛んに使って欲しいなどと総理大臣が言っていますし、新聞などでも、普通に「財政出動で景気回復」と書いていますが、 それは私には、1億人で「花見酒」をすることのように、思われます。 本当のところ、どうなのでしょうか、最近の経済論などを教えて下さい。

  • 日本経済が回復するっていうことはありうるのでしょうか?

    経済は全くど素人のため、 頭の悪い質問であるかもしれませんが、 ご勘弁ください。 今の世界大恐慌は、 アメリカが原因のようですが、 今、日本も景気対策、雇用対策という話を 聞きますが、 日本だけが、先に経済が回復するっていうことは ありうるのでしょうか? 順番として、アメリカ自身がどうにかしないと 日本の経済というか景気がよくなるということは ないですよね? 今、ニュースを見ると、 景気回復、雇用対策のために、 なんとかしろみたいなのを 政治家にさかんに言ってますが、 いくら日本の政治家なり、官僚なりが、 なんらかの対策を取っても、 経済の中心というか、世界の中心のアメリカが どうにかならないと無理ですよね? そこらへんのところで、 もしよかったらお話をお聞かせ下さい。 よろしくお願いします。

  • 米国経済の景気回復について

    1990年代前半の米国経済の景気回復とその要因について教えてください。

  • 景気の回復について

    今日本経済はいざなぎ越えで戦後最長の景気回復期といわれていますが 一方で従業員の賃金は上がってなく実感のない景気回復と言われています。 ちなみに私は景気回復の実感がありません。 みなさんは景気回復の実感がおありで賃金はどのように変化したのでしょうか。 また今何か言いたいことはあるでしょうか。 皆さんの率直な意見をお願いします。

  • 今と今後の景気について

    2002年からの長期的な景気回復期は、終わりを告げたのでしょうか? 成長率も-12.7%で円高、製造業、車会社や大手家電会社も赤字が目立って来て、実感なき景気回復どころか景気は後退する一方に見えるのですが…。 対外直接投資が増えていた日本の製造業は、世界的な経済危機で売り上げが伸び悩み、さらに円高で輸出も減るというダブルパンチ、そこで非正規社員を減らし、ついには正規社員をも切ろうとしています。 また原油価格の下落にも関わらず、他の物価は下がる気配なし。スタグフレーションが来てしまったのですか? これらに効く対策はなんでしょうか?公共投資でしょうか?減税?金融政策? 不景気は続き消費者の財布のヒモは固くしまるばかり、こんなにも遅れた定額給付金が効果があるとは思えません。

  • アメリカのやり方で経済回復はできないの?

    最近ふと思ってた事があるんですけど。 今不景気なんですよね? それに教育問題、少年犯罪等色々と問題抱えていますよね。 そこで私は考えたんですけど経済回復をするとしてアメリカのやり方をすべて真似する事ができないんですか? 教育面もアメリカのやり方を真似てはいけないの? 簡単な事を言ってすいません。 早く景気良くなって欲しいなと思っています。

  • 景気回復

    いつになったら景気回復になるんですかね? (リーマン問題、サブプライムローン問題、雇用問題、株式の下落等) また近いうちに総選挙がありますが、与党、野党それぞれ勝った場合、日本経済はどうなる?