• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

太陽系の惑星が消失したら、地球はどうなりますか?

太陽系の惑星が消失したら、地球はどうなりますか? 表題のとおりですが、条件として、 ●消失するのは、土星 ●土星の輪、衛星も消失 ●土星、またその輪、衛星を構成していた物質も、土星のあった空間に   存在しなくなる。 ※ダークマターやダークエネルギーは考慮せず。 とします。 ちょっと想像すると、惑星が消失することにより、各惑星の公転軌道/速度、 太陽からの距離等がかわりそうな気がします。 →地球が助かっても(消失から逃れても)、気候変動が起きて、やがて   生物はいなくなるのでは?と思ってしまいます。 なぜ、この様な質問をしたのかは、某SF映画(またか!?)で気になって 仕方が無かったのです。 恐れ入りますが、ヒマなときにでも、ご意見をお聞かせください。 お手数ですが、ご回答の程宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数605
  • ありがとう数15

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
  • sanori
  • ベストアンサー率48% (5664/11798)

こんにちは。 だいたいの計算でよいと思いますので、太陽系の惑星の軌道は円軌道で、どれも同じ平面内だとします。 地球と他の惑星とが最も接近するのは、地球から太陽を見たときにその惑星が真後ろに来て一直線になった場合です。 その惑星の地球へ重力は、その惑星の質量を距離の2乗で割った値に比例します。 以下に、太陽からの引力や月からの引力と比較した計算結果を示します。 元の数値データは、手元の宇宙図鑑から拾ってきました。 【地球が受ける引力】(太陽からの重力=1 とする) 太陽1 月0.005507617 ----------------------- 水星0.000000444 金星0.000032050 地球- 火星0.000001216 木星0.000054557 土星0.000003956 天王星0.000000133 海王星0.000000062 【地球が受ける引力】(月からの重力=1 とする) 太陽182 月1 ----------------------- 水星0.000081 金星0.005819 地球- 火星0.000221 木星0.009906 土星0.000718 天王星0.000024 海王星0.000011 というわけで、惑星の中で最も地球への影響が大きい木星でも、その影響の大きさは月の100分の1ぐらいです。 ちなみに、蚊の体重の人間の体重に対する割合が、0.00004 ぐらいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有難うございます。 目、目が!?計算式が霞んで見えない!!  というのは冗談で、 >木星でも、その影響の大きさは月の100分の1ぐらいです ということは、土星ではなく木星が消失したら軌道がかわるのかな?なんて思ってみたり。 ただ、ごく単純な計算式(計算結果)にしていただいて、この値ですから、 実際にはもっと複雑かつ、小さな値になるんでしょうね。 やっぱり ANo.3 の「お礼」に書いた様な何万年単位なら影響もあるんでしょうね。 有難うございました。

関連するQ&A

  • 太陽系の惑星はどうして?

    太陽系の惑星は、地球も、火星も、土星も、太陽の周りを一定の周期で 回っているのですが、なぜなのでしょうか?なぜ太陽の周りを軌道を外れずに 規則的に回っているのでしょうか?そこにはどのような力が作用して、そうなっているのでしょうか?

  • 太陽系の惑星

    太陽系の惑星は常に人工衛星によって監視されてるんですか?

  • 惑星、衛星の軌道について・・。

    太陽系の惑星は、太陽の周りを長い間、回っていますが、これは、単に、偶然に太陽系が 誕生する時に軌道に乗ったものが、惑星となっているのでしょうか? 地球を回る人工衛星は、かなり綿密な計算の上で軌道に乗せているのだと思うのですが、 偶然にも、太陽を回る軌道に惑星が乗る言う事は、奇跡に近いほど確率が小さいものなの でしょうか? 地球の衛星である月は、毎年、約4センチずつ地球から離れていると聞きましたが、 これは、単に、お互いの距離に見合う引力より、月の公転速度による遠心力の方が、 わずかに強い、と言う事でしょうか? ご回答ありがとう、よろしくお願いいたします。

その他の回答 (8)

  • 回答No.9
  • df49849
  • ベストアンサー率53% (14/26)

土星が地球に与える影響だけを議論しても意味がありません。 土星が木星を動かし、その結果地球が動いたりします。 ですから、土星が地球に与える重力だけを考えても意味が無いです。 だから、シュミレーションとかしないと分かんない。 土星の内側にある惑星は太陽に近づく 土星の外側にある惑星は太陽から遠ざかる > ここからはカン 地球の気温は上昇して、海が干上がる。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有難うございます。 >土星が地球に与える影響だけを議論しても意味がありません。 なせ、こんな質問をしたかといいますと、質問にある通り、某東京都知事が 発案?した移動性のブラックホール(これの存在自体が天文物理で怪しいし、 形もおかしい)が、土星を飲み込んでしまうのですが、地球を飲み込む寸前で、 破壊(蒸発?)されてしまい、地球侵略(別次元宇宙侵略?)に失敗します。 ブラックホールが破壊(蒸発)されたあとに、地球に残った人たちが、安堵 しているのですが、「冥王星と土星、無くなってるやん!?地球の公転軌道が 変わるんちゃうの?」と思ったからです。 で、とりあえず、「土星が消失したら」としたわけです。 >だから、シュミレーションとかしないと分かんない。 勿論そうだとおもいます。 >地球の気温は上昇して、海が干上がる。 なるほど。やはり何がしかの形(非常に微力ではありますが)で、土星の潮汐力 が太陽系全体に影響を及ぼすと考えられる(シミュレーションできないので、 みなさんのご回答もカンだとおもいますが)ということですね。 有難うございました。

  • 回答No.8

大惑星は太陽系外からの小天体を引き付けるために内惑星への衝突の危険性を下げているという説があるようです。 そうであれば、土星や木星が無くなると隕石で地球が滅びる確率が高まります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有難うございます。 >大惑星は太陽系外からの小天体を引き付けるために内惑星への衝突の危険性を下げて >いるという説があるようです。 ANo.7 さんと同じ視点ですね。了解いたしました! 有難うございました。

  • 回答No.7

 違った面から回答します。  彗星や小惑星が楕円軌道で太陽を回っていて、太陽に接近する時や離れる時に地球の軌道付近を通過する場合があります。太陽系外から接近する天体もあるかもしれません。  そのような天体に対して、木星や土星のような大きな惑星があると重力に引かれて衛星になったり、衝突したりして地球へ接近する事を防いでいるそうです。  土星が無くなるという事は地球へ接近する天体が増えますから、衝突による被害が懸念されます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有難うございます。 >土星が無くなるという事は地球へ接近する天体が増えますから、衝突による被害が懸念されます。 なるほど。 ついこの前も、木星に小惑星が衝突しましたね(たしか)。 それがもし、地球であったなら…、しかも衝突対象、しかも質量の大きい土星がなくなると、 確かに言われるとおり、小惑星/小天体の衝突のが増えることによる地球の消失(もしくは 生命体の消失)は、十分考えられますね。 有難うございました。

  • 回答No.5
  • srafp
  • ベストアンサー率56% (2185/3855)

質問文からは離れますが、科学雑誌ニュートンの2010年9月号だったと思いますが、立ち読みしたところ、最近の研究では「若し太陽系に巨大惑星(木星や土星)が3つ以上有ったら、太陽系惑星の各軌道はめちゃくちゃに乱れる。むしろ、現在の太陽系の各惑星が描いている軌道の方が稀有」とのことでした。 他の回答者の方は博識なので素人考えは馬鹿にされてしまうと思いますが、土星消滅による地球への影響は大きいのかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 >「若し太陽系に巨大惑星(木星や土星)が3つ以上有ったら、太陽系惑星の各軌道はめちゃくちゃ >に乱れる。むしろ、現在の太陽系の各惑星が描いている軌道の方が稀有」 なるほど。 3つ以上あったら、そうかもしれませんね。3つに分かれるほど太陽系にガスが存在し、ガス円盤の 回転が速かったら、この様な太陽系はできなかったでしょうね。 なにかの文献で(もう忘れちゃいましたが)「天の川銀河でも、人間の様な生命体が存在する惑星 は存在しない。」と聞いたこと(読んだこと)があります。 それほど微妙なバランスで生命(人間)が存在できるのでしょうね。 有難うございました。

  • 回答No.4
  • -___
  • ベストアンサー率68% (193/283)

ニール・F・カミンズ (Neil F. Comins) が、月が無かった場合に地球はどんな姿になっていたかなどを真面目に書いており、日本でも本が出版されてます。参考にどうぞ。 『もしも月がなかったら ありえたかもしれない地球への10の旅』 What If the Moon Didn't Exist? http://www.tokyo-shoseki.co.jp/books/4487761131/ 『もしも月が2つあったなら ありえたかもしれない地球への10の旅 Part2』 What If the Earth Had Two Moons? (2010) http://www.tokyo-shoseki.co.jp/books/4487804949/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございます。 >ニール・F・カミンズ (Neil F. Comins) が、月が無かった場合に地球は >どんな姿になっていたかなどを真面目に書いており、日本でも本が出版されてます。参考にどうぞ。 ありがとうございます。 なかなか専門書籍?を買う機会が無いので、どこか大型書店で立ち読みして(!?)参考にさせて頂きます。 有難うございました。

  • 回答No.3
  • pasocom
  • ベストアンサー率41% (3584/8636)

「水金地火木土天海」はご存じですね。 昔から「水金地火木土」は知られていました。18世紀に天王星が発見され、その軌道を詳細に計算したところ「若干の」ゆらぎ(摂動といいます)があるとわかりました。その原因はその外側にある惑星だろうと想像されました。 これを元に計算された軌道を調べた結果、19世紀(1846年)に海王星が発見されました。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E7%8E%8B%E6%98%9F#.E6.B5.B7.E7.8E.8B.E6.98.9F.E3.81.AE.E8.A6.B3.E6.B8.AC.E3.81.A8.E6.8E.A2.E6.9F.BB これで一段落、と思われたのですが、海王星の軌道を詳細に観測した結果、やはり微妙なゆらぎがある、ということがわかりました。 海王星発見の時と全く同じようにして研究者が観測した結果、20世紀(1930年)になってついに冥王星が発見されたのです。 このようにある惑星(たとえば地球)の軌道というのはその外側に回っている惑星の重力によって、ほんの微妙な量だけゆらぎが生じます。 ですので、全くの想像ですが、もし木星とか土星とかの惑星が消滅した場合には、その重力の影響が無くなるので地球軌道に非常に微少ですが影響が出ることは確かです。 ただしその影響はしろうとが天体望遠鏡で観測しても判明しないほどの微少な影響です。決して地球が消滅するとかではありません。気候変動などは絶対起きません。 かつて「惑星直列」とかで気候が大変動するなどと騒がれた時期がありましたが、結局そのようなこともありませんでした。科学的に考えれば当たり前のことです。 地球以外の全ての惑星が消滅しても我々の生活にはなんら影響ないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>「水金地火木土天海」はご存じですね。 このあたりは、さすがのアホのわたしでも知っています(冥王星が準惑星になったとかも^^;) >もし木星とか土星とかの惑星が消滅した場合には、その重力の影響が無くなるので地球軌道に >非常に微少ですが影響が出ることは確かです。 確かにわずかではありますが、影響はあるでしょうね。月ほどの潮汐力はなさげですが。 >決して地球が消滅するとかではありません。気候変動などは絶対起きません。 ここですわ。土星が消失して「軌道が変わる」とすれば、多少なりとも気温に影響は あるんじゃないかな~と。人間による気候変動の方が重大かもですが…。 長期間の視点(何万年)では気候変動があるかもしれませんね。まぁその頃には、他の 影響で(それこそ人間による気候変動)で変わっているかもしれませんね。 >かつて「惑星直列」とかで気候が大変動するなどと騒がれた時期がありましたが、 >結局そのようなこともありませんでした。科学的に考えれば当たり前のことです。 あれもアホな話で、雑誌やメディアでは、さもキレイに直列する様なイラストや CGで説明してましたね。実際には、何度か忘れましたが、公転角度内に惑星が集まる だけで、キレイに直列するわけじゃないのに(各惑星の公転角度もちがうし…)。 >地球以外の全ての惑星が消滅しても我々の生活にはなんら影響ないでしょう。 大有りです。観測する対象がなくなって寂しい宇宙(太陽系)になるでしょう^^; まぁこのへんに興味の無い人にはなんら影響ないでしょうけどね。 有難うございました。

  • 回答No.2
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

惑星の「公転軌道」「公転速度」「太陽からの距離」って, 全部連動してるから実質 1つなんだけど.... さておき, (少なくとも当面は) それほどの影響はないんじゃないですかね. 地球に対する重力の影響は太陽が最大でついで月, その次に大きいのが木星だけど太陽の 1/10,000 もありません. もうちょっというと, 月の近地点距離が 360,000 km くらい, 遠地点距離が 400,000 km くらいだから「月の (地球からの) 距離の違いによる重力の変化」は木星の地球に対する重力の変化を十分に隠すことができます. 土星は木星より小さく木星より遠いので, 当然その (地球に対する) 重力の影響は木星よりさらに小さくなります.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早々のご回答有難うございます。 >惑星の「公転軌道」「公転速度」「太陽からの距離」って, 全部連動してるから実質 1つなんだけど.... すんません。天文物理(関係ないか^^;)なんてさっぱりな私には考えもつかないことでした。 >それほどの影響はないんじゃないですかね. ふむふむ。「遠すぎる」「軽すぎる」(土星は水に浮く?)ので影響は皆無、ということ ですね。 軌道を変えるには、月ぐらい無くならないとダメってことですね(軽いが、近くにあって 潮汐力の影響がある)。解釈が間違っていたらスミマセン。 有難うございました。

  • 回答No.1
  • ymt3
  • ベストアンサー率18% (253/1379)

太陽に吸い込まれて燃えちゃいますね(^^;

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早々のご回答、有難うございます。 >太陽に吸い込まれて燃えちゃいますね(^^; 燃えちゃいますか。 ということは、土星の内側(水星~木星)の惑星が、土星の質量 によって外側に引っ張られていたが、その力がなくなってしまった ために、公転が太陽側に渦巻いて?行き、やがて太陽に沈んでしまう、 ということですね。 ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 太陽系の惑星や衛星のプリュームテクトニクスについて

    今、プリュームテクトニクスについて調べているんですが、太陽系の地球以外の惑星や衛星にもプリュームテクトニクスはあるのでしょうか?教えてください。

  • 太陽系の惑星の軌道

    先日テレビで実際の惑星間の距離を縮小して説明していました。よく目にする太陽系の図は惑星の並び方は正しいですが、惑星間の距離が正確にあらわされていないとおもいました。あまりにも惑星間の距離に差が有るため見やすくまとめてあるのだと思いました。 そこで気が付いたのが惑星の軌道の角度です。 太陽系の図を横から見ると惑星が一直線に並んでいて皆平行な軌道が書かれています。 私が思うには惑星の軌道は平行ではなくそれぞれの軌道に角度が有るような気がするのですが? もう一つ惑星の軌道は円ではなく楕円軌道のように思えるのですが? 私の考え間違ってますか? 正確な惑星の軌道が図で紹介されているサイトが有りましたら教えて下さい。

  • 太陽系についてご質問致します。

    太陽系は太陽が中心でその周りを水星、金星、地球、火星、木星・・・・と惑星が公転してるわけですよね、これらの惑星が太陽を軸にして公転させる力(エネルギー)は何なのでしょうか?ようするにどういう作用が働いて好転してるのでしょうか?                             お願いします。

  • 太陽系惑星について

     現在、太陽系の惑星は、水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星まで見つかっていますが、その後の惑星はもうないのですか。見つかる可能性は、ないのですか。

  • 地球はなぜあるのでしょうか

     地球があるのは当たり前というのが通説でしたが、系外惑星の観測が始まってからは、地球のような惑星が地球のような軌道を公転している惑星系が1つも見つからないというジレンマが起こっていますよね。  惑星系が恒星に近過ぎるのが問題になっているようですが、木星や土星のような惑星がほぼ同じぐらいの軌道を公転している例があるのに、地球型惑星は恒星に異常に近過ぎて、熱で溶けている惑星がほとんどのようです。  地球軌道には木星しか出来ないというのが通説になりつつあるようですが、なぜ地球があるのでしょうか。ガスや氷が異常に少なかったからだと説明されていますが、原始太陽が変光星でない限りは、そんな現象は起こらないはずですし、太陽が変光星だったら、大昔に変光が続いていた証拠が隕石などに見つかっているはずですが、何も発見されていませんよね。  現在までに500に達する個数の系外惑星が見つかっていますが、地球そっくりの惑星は1つも見つかっていないようです。太陽のような恒星、木星や土星のような惑星は珍しいものではないのに、地球のような惑星となると極端に発見が難しくなるのは、なぜなのでしょうか。  もちろん、観測限界に近い大きさだという問題があるのはわかりますが、地球よりも少し大きい惑星だったら数多く見つかっていますから、地球軌道ぐらいの位置に地球よりも少し大きいぐらいの惑星があっても良いはずですが、1つも見つからないのは何か原因があるのでしょうか。  太陽のような恒星の場合、すぐ近くに木星ぐらいの大きさの巨大惑星があるはずなのが、それが存在しないのは太陽が中性子星でないと説明出来ないとも言いますし、太陽のような恒星ならば、惑星の順番が逆でないと説明出来ないとも聞きます。  地球が出来る為に太陽系はずいぶん異常現象が多く起こっているように見えますが、地球があるのは、そんなに珍しい現象なのでしょうか。

  • 宇宙・太陽系の惑星について・・

    こんばんは! 「宇宙はつねに(徐々に)広がり続けているから、 宇宙に果てはない。」 と聞きました。これは本当なんでしょうか? それと、こんな話も聞きました。 「今は宇宙は広がっていっているが、いつかは 逆に宇宙は縮まっていく。」 この説を信じる人たちはいるのでしょうか? もしくは、これは学会などで認められているのですか? あと、宇宙が縮まっていくと、 地球などの惑星はつぶれてしまうのでは? もし地球などの太陽系の惑星が全てつぶれてしまっても、 また惑星(地球や太陽のような)は できるのでしょうか?? 教えてください!

  • 太陽系の惑星の風速

    太陽系の惑星の風速 太陽系の惑星の説明で時速何千キロといわれる風が吹いていると言われ、さらに大気のほとんどが水素だったり濃硫酸だったりしますが、これらの環境下で地球から探査機などを投下することは可能なのでしょうか? やはり濃硫酸の場合地上に落下する前に溶けるのでしょうか?

  • 太陽系の天体図

    太陽系の惑星は地球以外は1年で太陽のまわりを回ってないそうですがそうすると地球から見える太陽系の惑星の天体図は毎年違って見えるってことなんですね?

  • 太陽系惑星の公転について

    太陽系惑星の公転について 一般に知られている太陽系の模型といっていいのでしょうか、太陽の周りを回る惑星は、基本的には同一平面の同心円上を回っているように思います 同心円である(楕円でも)のは、ケプラーの面積速度一定の法則でよかったでしょうか、これで納得出来ます 一方、同一平面上で回っているのはまったく別の話なのでしょうが、これにはなにか理由があるのでしょうか 別に地球の公転している平面に対して火星の公転する平面が垂直であってもよいのではないか、さらに言えば多くの惑星が同一平面上に公転しているのは理由があるのかな、ということです 天文学は詳しくないのですが、少し気になったので質問させていただいた次第です 知っている方がいらっしゃいましたら教えてくださいm(_ _)m

  • 第2の地球 太陽系の領域

    SF小説などで地球に住めなくなり人類は別の惑星へ移住・・・みたいな ものがよくあります。とても興味があります。 (1)現実問題、地球と似たような条件の惑星って確認されているのでしょうか?このまま温暖化問題やその他の障害が続くと単純計算で地球はどのくらい年月で生物が住めなくなりますか? (2)銀河系の中に太陽系がありますよね?どこまでが太陽系の領域でそこから先はどうなっているんですか?同じような恒星系が確認されているのでしょうか?太陽系のお隣さんから銀河系中心部にかけての確認されてる恒星や惑星の名前と位置を教えて下さい!