• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

和訳の添削をお願いします。

和訳の添削をお願いします。 英語が苦手なうえに、経済学の知識がないため、非常に苦戦しています。 日本語として不自然な部分や間違った訳し方をしている箇所があれば訂正をお願いします。 本文) 『Exchange control risk』 This is a type of country risk whereby investors face uncertain real rates of risks of the imposition of a tax on the interest element during the holding period. This risk may be greater or less for domestic as compared to foreign bonds. 『Default risk』 Another, more serious, country risk is ‘default risk’ whereby a government refuses to pay the interest and sometimes the principal on bonds issued by them and denominated in a foreign currency because a government will not default on bonds issued in its own currency because in that case it could always print the money to redeem the bonds. 『Political risk』 This risk covers an extremely broad range of scenarios, but basically refers to the danger that investors face because the political environment in a country could cause them to lose part or all of their investment including returns due; or, find costly restrictions imposed on how they may manipulate their investments. 訳) 『為替介入リスク』 カントリーリスクは、投資家が債権所有期間に利率要素に対する税金の強制のリスクの不確かな本当の割合と向き合う一種のリスクです。このリスクは、外債と比較して国内より大きいかもしれないか、より少ないかもしれません。 『デフォルトリスク』 もうひとつ、より深刻なカントリーリスクの場合、それが債券を修復する金を常に印刷することができたので政府がそれ自身の通貨で出される債権を履行するので、政府がこれらによって出されて、外貨で発行される債権に関して利率と時々主債務者に支払うことを拒否するのが『デフォルトリスク』です。 『政治的リスク』 このリスクはシナリオ大部分を占めていますが、国の政治環境が投資家に与えられるべき収益を含む彼らの投資の一部または全体を失わせることがありえたので、基本的に、投資家が直面する危険に言及します;または、高くつく規制が彼らがどのように彼らの投資を操るかもしれないかについて負わされるのかを発見する。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数59
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#202629
noname#202629

1)不確定ではあるが、実際に付きまとう、(債券の)利息に掛かる税率に対するリスク 2) whereby a government refuses to pay the interest and sometimes the principal on bonds issued by them and denominated in a foreign currency 政府は利息と、時には、政府が外貨建てで発行した債券の元金(額面価格=principal)の支払いをも拒む。 because a government will not default on bonds issued in its own currency because in that case it could always print the money to redeem the bonds. と言うのも政府は自国の通貨で発行した債券を不履行にすることなどありえない、何故なら、必要であれば、債務を償却するために、いつでも自国の通貨の供給を増やすことができるから(外貨建てを不履行にするに掛かる記述) ・・・redeem = 添付辞書の5番と6番(償還・償却) http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=redeem&dtype=1&dname=1na&stype=0&pagenum=1&index=059591000 3)or,(investors)find costly restrictions imposed on how ’scenarios’ may manipulate investors' investments. 最後の文章は上記の意味と考えて、直訳をした後に、意訳・翻訳(誰が読んでも解かる訳)すればよい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変勉強になりました! 回答ありがとうございます!

関連するQ&A

  • 和訳の添削をお願いします。

    和訳の添削をお願いします。 前回(http://okwave.jp/qa/q6223480.html)いただいたアドバイスを参考にもう一度訳し直してみました。再添削をお願いします。 『Exchange control risk』 This is a type of country risk whereby investors face uncertain real rates of risks of the imposition of a tax on the interest element during the holding period. This risk may be greater or less for domestic as compared to foreign bonds. 『為替介入リスク』 カントリーリスクは、投資家が債権所有期間に不確定ではあるが、実際に付きまとう、利息に掛かる税率に対するリスク です。このリスクは、外債と比較して国内より大きいかもしれないか、より少ないかもしれません。 『Default risk』 Another, more serious, country risk is ‘default risk’ whereby a government refuses to pay the interest and sometimes the principal on bonds issued by them and denominated in a foreign currency because a government will not default on bonds issued in its own currency because in that case it could always print the money to redeem the bonds. 『デフォルトリスク』 もうひとつ、より深刻なカントリーリスクの場合、政府は自国の通貨で発行した債券を不履行にすることなどありえない、何故なら、必要であれば、債務を償却するために、いつでも自国の通貨の供給を増やすことができるので、政府は利息と、時には、政府が外貨建てで発行した債券の元金の支払いをも拒むのが『デフォルトリスク』です。 『Political risk』 This risk covers an extremely broad range of scenarios, but basically refers to the danger that investors face because the political environment in a country could cause them to lose part or all of their investment including returns due; or, find costly restrictions imposed on how they may manipulate their investments. 『政治的リスク』 このリスクはシナリオ?の大部分を占めていますが、国の政治環境が投資家に与えられるべき収益を含む彼らの投資の一部または全体を失わせることがありえたので、基本的に投資家が直面する危険に言及します;または、投資家が彼らがどのように彼らの投資を操るかについて負わされる、コストの高い規制を負わされるのかを見つけます。

  • 和訳の添削をお願いします。

    和訳の添削をお願いします。 経済学の内容のため、うまく訳せず困っています。 日本語として不自然な部分や間違った訳し方をしている箇所があれば訂正をお願いします。 本文) 1. There must be perceived differences in risks between domestic and foreign bonds the essence of a risky asset being that its expected real rate of return is uncertain. Either domestic bonds are viewed as relatively risky compared to foreign bonds, or vice-versa. If the two bonds were equally risky then with perfect capital mobility they must be perfect substitutes. 2. There has to be risk-aversion on the part of economic agents to the perceived differences in risk-the principle of risk-aversion is that investors will only be prepared to take on increased risk if there is a sufficient increase in expected real returns to compensate. If investors were not risk-averse then they would not expect a higher return on relatively risky bonds. 訳) 1、危険資産の本質が予測される実質収益率が不明確であるという点にあるので、国内外の債券の間のリスクの差を理解しなければなりません。外債またはその逆と比較して比較的危険であるように、どちらの国内の債券でも見られます。2つの債券が等しく危険であるならば、完全に流動的で、これらは完全な代替品であるにちがいありません。 2、危険を避けようとする経済主体が、リスクの違いを受け入れなければなりません。リスク回避の原則は、期待される本当の収益の十分な増加が補償するためにあるならば、投資家が増加したリスクを引き受ける用意ができているだけであるということです。投資家がリスクを避けようとしないならば、彼らは比較的危険な債券のより高い収益に期待しないでしょう。

  • 和訳の添削をお願いします。

    和訳の添削をお願いします。 経済学の内容のため、うまく訳せず困っています。 日本語として不自然な部分や間違った訳し方をしている箇所があれば訂正をお願いします。 本文) The expected rate of return on domestic bonds may be higher. (a positive risk premium) or lower (a negative risk premium) when compared to foreign bonds. For example, if domestic bonds are regarded as more risky than foreign bonds and if the domestic interest rate is 10%, the foreign interest rate 6% and the expected rate of depreciation of the domestic currency is only 3%, then there is a 1% risk premium on the domestic currency. Foreign assets have an expected yield of 9%, the 6% interest and 3% expected appreciation of the foreign currency, which is lower than the 10% yield on domestic bonds. The 1% positive risk premium on the domestic currency is a negative 1% risk premium on the foreign currency. An issue that we need to briefly examine concerns what types of risk may cause the emergence of a risk premium? 訳)外債と比較したとき、国内の債券に関する期待される利益率はより高い(ポジティブなリスクプレミアム)か、下がるかもしれません(ネガティブなリスクプレミアム)。 たとえば、国内の債券が外債よりリスクが高いと考えられていて、国内の金利が10%、6%外国の金利と国内の通貨の下落の期待される率であるかどうかがわずか3%であるならば、国内通貨の1%がリスクプレミアムです。外国の資産は9%、6%の利子と外貨の3%の期待される値上がりの産出高を持ちます。そして、それは国内の債権の10%の利回りより低いです。国内の通貨の1%のポジティブなリスクプレミアムは、外貨のネガティブな1%のリスクプレミアムです。 要するに我々が調べる必要がある問題は、リスクのタイプがリスクプレミアムの出現をもたらすかもしれないということに関することです

  • 和訳の添削をお願いします。

    和訳の添削をお願いします。 経済学の内容のため、うまく訳せず困っています。 日本語として不自然な部分や間違った訳し方をしている箇所があれば訂正をお願いします。 The distinguishing feature of the portfolio balance model is that investors no longer regard domestic and foreign bonds as perfect substitutes. This being the case the expected returns on the two assets no longer have to be equal. In other words, the uncovered interest parity condition which was a key condition in the monetary models generally no longer holds. For example, if investors are risk-averse and regard domestic bonds as being relatively risky as compared to foreign bonds, they will require a higher expected return on domestic bonds than foreign bonds. This additional expected return on the relatively risky as compared to the less risky bonds is known as the ‘risk premium’. ポートフォリオバランスモデルの際立った特徴は、投資家が国内と国外の債券を完全な代わりともはや考えないということです。これは2つの資産の期待予想される収益がもはや等しい必要がないという場合です。言い換えると、一般に金融モデルの鍵となる無担保の金利学は、もはや保ちません。例えば、投資家がリスクを避けて国内の債券を外債と比較して比較的危険であると考えるならば、彼らは外債より高い国内の絆の期待される収益を必要とします。これに加えてリスクの少ない債券と比べてよりリスクの高い債券の予想される収益は「リスクプレミアム」として知られています。

  • 和訳の添削をお願いします。

    和訳の添削をお願いします。 経済学の内容のため、うまく訳せず困っています。 日本語として不自然な部分や間違った訳し方をしている箇所があれば訂正をお願いします。 本文) When analysing risk, economists make some postulates about economic agents. Investors are assumed to be rational in that they wish to maximize their expected utility which is a positive function of expected real returns and a negative function of the perceived level of risk. The basis of investors’ portfolio decisions is choosing an optimum combination of expected rate of return and risk given their risk-return preferences (degree of risk-aversion). The less risk-averse investors are, the more they will be prepared to take on risk. Conversely, the more risk-averse they are the less risk they will be prepared to take on. 和訳) 危険を分析するとき、経済学者は経済主体について、いくつかの仮定を作ります。彼らが予想される本当の収益のポジティブな作用とリスクの認められたレベルの否定的な機能である彼らの期待される有用性を最大にしたいという点で、投資家は合理的であるとされます。投資家のポートフォリオ決定の基礎は、彼らの危険復帰選好(リスク回避の程度)があれば、予想される利益率とリスクの最適の組合せを選んでいます。リスクを避けようとする投資家がより少ないほど、彼らはより、リスクを引き受ける準備をします。逆に言えば、彼らがより多くのリスクを避けようとするほど、彼らはより少ない危険引き受ける準備ができています。

  • 和訳の添削をお願いします。

    和訳の添削をお願いします。 経済学の内容のため、うまく訳せず困っています。 日本語として不自然な部分や間違った訳し方をしている箇所があれば訂正をお願いします。 (原文) The monetary models of exchange rate determination make the crucial assumption that domestic and foreign bonds are perfect substitutes. This implies that the expected yields on domestic and foreign bonds are equalized. In effect, apart from their currency of denomination domestic and foreign bonds are regarded by international investors as the same. However, the portfolio balance model is distinguished from the monetary models because it allows for the possibility that international investors may regard domestic and foreign bonds as having different characteristics other than their currency of denomination. In particular, they might for various reasons regard one of the bonds as being more risky than the other. This being the case they will generally require a higher expected return on the bond that is considered more risky to compensate for the additional risk it entails. Allowing for domestic and foreign bonds to have different characteristics is potentially very important because operations that influence the exchange rate affect the composition of domestic and foreign bonds in agents’ portfolios in different ways. In this chapter we use the portfolio balance model to examine three operations that are commonly used to influence the rate (和訳) 為替相場の決定の金融モデルは、国内外の債券が完全な代わりであるという重要な仮定をします。これは、国内外の債券の予想される利回りが等しくされることを意味します。 実質的に、デノミ時での通貨は別として、国内外の債券は、国際的な投資家によって、同じことと考えてられています。しかしながら、それが国際的投資家が国内外の債券をデノミ時での通貨以外の異なる特徴を持つと考えるかもしれないという可能性を考慮に入れるので、ポートフォリオバランスモデルは金融モデルと区別されます。 特に、これらはいろいろな理由のために債券のうちの1つを他より危険であると考えるかもしれません。この場合、それが伴う更なる危険を補償するためにより危険であると思われる債権のより高く期待される収益を必要とします。国内外の債券には異なる特徴があるのを考慮することは、為替相場に影響する事業がエージェントのポートフォリオで国内外の債券の構成に影響を及ぼすので、非常に重要です。この章では、影響の度合いに一般に用いられる3つの活動を調べるために、ポートフォリオバランスモデルを使います

  • 和訳の添削をお願いします。

    和訳の添削をお願いします。 経済学の内容のため、うまく訳せず困っています。 日本語として不自然な部分や間違った訳し方をしている箇所があれば訂正をお願いします。 本文) In the first instance we need to define a risky asset. The definition of a risky asset is that its expected real rate of return is uncertain. In other words, economic agents for various reasons cannot be sure what the value of the return in terms of purchasing power will be. Typically risks fall into one of two main categories, ‘currency risk’ and ‘country risks’. Currency risks arise because domestic and foreign bonds are denominated in different currencies, while country risks arise because they are issued by countries with different legal jurisdictions and different political regimes. 和訳) 第一に、我々は危険な資産を定める必要があります。危険な資産の定義は、その期待される本当の利益率が不確かであるということです。言い換えると、様々な理由のための経済主体は、購買力に関する復帰の価値が何であるかについてよくわかるはずがありません。 一般的に、リスクは『為替リスク』と『カントリーリスク』の2つの主要なカテゴリーのうちの1つに落ちます。彼らが異なる法律管区と異なる政治体制とともに国によって出されるのでカントリーリスクが起こる間、国内と国外の債券が異なる通貨で命名されるので、為替リスクは起こります。

  • 和訳の添削をお願いします。

    和訳の添削をお願いします。 経済学の内容のため、うまく訳せず困っています。 日本語として不自然な部分や間違った訳し方をしている箇所があれば訂正をお願いします。 文中の「PPP」は「購買力平価(purchasing power parity)」だと思って訳しているのですが、これも間違っていれば訂正をお願いします。この文章はInflation riskを説明しています。 本文) This risk occurs because the inflation rates in the domestic and foreign economies are uncertain. If PPP were to hold continuously, the real rate of return on the domestic bonds is given by the nominal interest rate less the expected domestic inflation rate. If the latter is uncertain then so will be the real return on the asset considered. Similarly, the expected real less the expected foreign bonds is given the nominal foreign interest rate less the expected foreign inflation rate , if the latter is also subject to uncertainty then so will be the real return on foreign bonds. If PPP holds continuously and the expected domestic price inflation rate rises, this reduces the expected real rate of return on domestic bonds but does not increase the expected real rate on foreign bonds because the currency will depreciate by the same amount as the expected inflation rate. The risk of holding a domestic bond can therefore be represented as a positive function of the variance in the domestic inflation rate while the risk of holding a foreign bond can be represented as a positive function of the variance of the foreign inflation rate. A greater variance of the expected domestic inflation rate raises the relative riskiness of domestic as compared to foreign bonds and vice-versa. 訳) 国内外の経済のインフレ率が不確かであるので、この危険は起こります。購買力平価が連続的に保つことになっているならば、国内のボンドに関する実際の利益率は名目金利によって期待される国内のインフレ率をより与えられません。後者が不確かかどうかは、考慮される資産の本当の収益です。同様に実際に期待されない外債よりも名目の外国の金利を与え、後者がそれから不確実性も受けて、それが外債の本当の収益であるならば期待される外国のインフレ率です。 購買力平価が連続的に保つ、そして、期待される国内の価格インフレ率が上がるならば、通貨が期待されるインフレ率と同じ量下がるので、これは国内の債権に関して期待される本当の利益率を減らすが、外債の上で期待される本当の率は上昇しません。外債を持つリスクが外国のインフレ率の相違のプラスの作用として表すことができる間、国内の債権を持つリスクはしたがって、国内のインフレ率の相違のプラスの作用として表されることができます。期待される国内のインフレ率のより大きな変化は、外債とその逆と比較して国内の相対的なリスクを上げます。

  • 和訳の添削をお願いします。

    和訳の添削をお願いします。 経済学の内容なので上手く訳せずに困っています。 日本語として不自然な部分や間違った訳し方をしている箇所があれば訂正をお願いします。 文中の「PPP」は「購買力平価(purchasing power parity)」と解釈して訳しています。 If PPP holds continuously, then inflation risk would be the sole currency risk facing international investors. However, we saw that the overwhelming weight of empirical evidence since the advent of floating exchange rates rejects the use of PPP as a valid approximation of short-run exchange rate determination. This being the case, then one has to take into account deviations from PPP when calculating the expected real rate of return on domestic and foreign bonds during the holding period. While the expected real rate of return on domestic bonds is given by the nominal interest rate minus the expected rate of inflation, the expected rate of return from holding foreign bonds is now given by the foreign interest rate less the expected rate of inflation plus the expected deviation of the exchange rate from PPP. もし購買力平価が連続的に保つならば、インフレーションリスクは国際的投資家と向き合っている唯一の為替リスクであるでしょう。しかし、我々は変動為替レートの出現から経験的な証拠の圧倒的重みが比較的短期間為替相場の決定に有効な近いものとして、購買力平価の使用を避けるのを見てきました。現状維持の期間に国内外の債権に関して期待される本当の利益率を計算するとき、このケース、そして1であることは購買力平価からの逸脱を考慮しなければなりません。国内の絆に関する期待される本当の利益率が名目金利から予想インフレーションを引いた割合によって与えられ、現状維持の外債からの予想される利益率は現在の購買力平価から為替相場の期待される逸脱をプラスして外国の金利によってインフレーションの期待される率が与えられません。

  • 和訳の添削をお願いします。

    和訳の添削をお願いします。 経済学の内容なので上手く訳せずに困っています。日本語として不自然な部分や間違った訳し方をしている箇所があれば訂正をお願いします。 前回の質問(http://okwave.jp/qa/q6221307.html)の後半部分になります。 For simplicity, let us assume that inflation and domestic and foreign interest rates are equal and exchange rates are initially at PPP. In this there is an expected appreciation of the foreign currency implying an increased expected return from holding foreign bonds. The expected real rate of return on domestic bond is, however, unaffected by such deviation from PPP causes a risk specific to foreign bonds given by the variance of the expected deviation from PPP. That is, fluctuations in the exchange rate that cause deviations from PPP constitute a risk specific to foreign investments which is called ‘exchange risk’. Exchange rate changes only cause exchange risk to the extent that they represent deviations from PPP. If exchange rate change rate ensure that PPP holds, then they do not constitute exchange risk. Theoretically, therefore, exchange rate fluctuations are an incorrect measure of exchange risk. It is fluctuations of the exchange rate around PPP that constitutes exchange risk. 単純化して、まず最初に購買力平価の為替相場で、インフレーションと国内と国外の金利が等しいと仮定します。これに、保有期間中の外債からさらに戻ることを予想されることを意味している外貨の期待される認識があります。しかし国内の債権に関する期待される実際の利益率は、購買力平価からの偏差が、予想される偏差の相違によって与えられる外債特有のリスクを引き起こすようなものに影響を受けません。つまり、購買力平価からの偏差を引き起こす対外投資に特有のリスクを構成する為替相場の変動が、『交換リスク』です。これらが購買力平価からの偏差を表すまで、為替相場変化は交換リスクを引き起こすだけです。為替相場変化率が購買力平価を確実に所有するならば、これらは交換リスクを構成しません。よって理論的には、為替変動リスクは交換リスクの誤った測定で、交換リスクを構成する、購買力平価のあたりの為替相場の変動です。