• 締切済み
  • 暇なときにでも

400万台クラブ以外は本当に消えるのか?

世界の自動車業界で生産台数が400万台に満たないメーカーは生き残れないと言われてますよね。 それを聞いてか、世界中のメーカーがいわゆる400万台クラブを形成して、もはや世界の自動車メーカーは9グループにまで収束しました。 その中で生産台数が400万台に満たないのが、ホンダ、BMW、プジョーシトロエン。 よりによっていい車を作っているメーカーばかりが残りましたが、これらの企業は無理やりにでも1人でやっていくのか、それともやはりどこかに吸収されて400万台クラブ説は正しかったということになるんでしょうか。 予想をお聞かせください。 それにしてももしホンダが消えたらついに日本の自動車メーカーはトヨタ1社に・・・

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.5

うーん、まず・・・・・ ホンダというところは、自動車会社ではないのでは? ポルシェもそうですが、元々が技術屋さんですから、 利益に合わないとすれば、いつでも自動車製造部門なんて、 縮小してしまうつもりだと思います。 なにしろ「ホンダ技研」のままなのですから・・・ BMWに関しては、ドライバーズ・カーとしての価値が すでに世界的に認識されていますから、大丈夫でしょう。 プジョーとシトロエンに限っては、以前からサーブとか アルファロメオなどと、技術提携を繰り返していましたから、 正直に言って難しいでしょうね・・・・・ ちなみに国内の自動車企業が吸収されたとしても、 すでに高い技術力があるので、無くなる事はないでしょう。 むしろ吸収する企業も、日本車としてのバリューを 有効に利用した方が、利益を産むはずですから、 多分、名前はそのまま残っていくと思います。 むしろ資本参加されることによって、より高度な製品を 妥協することなく、開発出来るようになるでしょうから、 一般消費者から見れば、有益なのではないでしょうか? 「名よりも、実」とは言われますが、すでに「名は実」 として認知されてしまっていれば、「名を変える」 というリスクを、あえて犯さないと思われます。 もちろん、「名を汚す」行為をしなければ、という 大前提があってのことですが・・・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ホンダは自動車屋ではないとの話はいろいろなところで出てきますね。 海外では完全にMotorsを名乗ってるんですけどね。 ただ、収益の大部分を自動車に頼っているホンダが自動車部門縮小となると企業の終焉を意味しているような気がするんですけど。 収益悪化で自動車部門の縮小なんてしますかね。 アシモくんだけ売ってればいい時代が来れば話は別ですが。 それにしてもBMWは皆さん平気だと言い本当に強いメーカーですね。 逆にプジョーは危険信号ですか。 また名前は残ると言うことには賛成ですね。 ただ、今は資本提携ですが将来は完全に吸収され1つの企業になるところも出てくると思います。 そうなれば日本メーカーといえる要素は完全に消えるわけですから名前だけ残ってもどうなんだって気はしますね。 海外では民族資本であるという要素が意外と重要視され外国車というだけで買わない人もいます。 日本もそうなるかは分かりませんが、トヨタとホンダ、それに吸収する側に立つ可能性がある日産にはがんばってもらいたいものです。

  • 回答No.4
  • embrace
  • ベストアンサー率36% (101/276)

よくそんな失礼な回答ができますね。じゃあ言いましょう。400万台クラブ生存不可ジンクスは妄想ですよ。台数ではなく、今そのメーカーが何に苦しんでいるか、どこと戦っているから苦しいのかが現実問題、関わってくると思うのですが? 全く同じ性格の会社ではない限り、台数が原因による生存、非生存が同等の確率とは思えません。 スポーツ、ラグジュアリー、フォーマル、ファミリー何に強いメーカーかによっても生き残り方は変るでしょ?ラグジュアリー感がその他2メーカーと一線を画すホンダはまた生き残るための方法も異なり、何が原因でここまでの経営危機に陥っているかもまた異なるはずです。私はその中でホンダに対する意見を言っているだけですが? >それを聞いてか、世界中のメーカーがいわゆる400万台クラブを形成して、もはや世界の自動車メーカーは9グループにまで収束しました。 別に400万台を基準に危機感をつのらせて、合併、吸収をしているわけではないと思います。 >これらの企業は無理やりにでも1人でやっていくのか 上層部の方との会話を挙げておいたはずです。 >よりによっていい車をつくっている それは人によって概念が違う。 >それともやはりどこかに吸収されて400万台クラブ説は正しかったということになるんでしょうか。 吸収はされません、吸収の必要があるほどの危機がくればホンダはどことも組まず、みずから潰れる道を選びます。 >予想をお聞かせください。 予想というか、もはや関係者と話した内容 >それにしてももしホンダが消えたらついに日本の自動車メーカーはトヨタ1社に・・・ じゃあ、日産やマツダの車が売れたら輸入車の統計で算出されるんですか? ただ。外国資本が入らずどこの傘下にも入らずやっていくのは、当面、ホンダとトヨタでしょう。 で、03オデッセイがこけたホンダが近年、経営危機に陥り、それからズルズル右肩下がりに落ちていって潰れる と予想します。 失礼かもしれませんが、予想ですので^^

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

別に言い争いをするつもりはないので、気分を害されたなら謝ります。 そこでなんですが、どうやら私の言っていることを分かっていただいていないようなので詳しく説明しますと。 コストダウンは単純に会社の規模が大きければ大きいほど有利ですね。 また近い将来自動車はすべて燃料電池車に切り替えなければならない日が来ます。 その時にまだ燃料電池車開発できてませんじゃ困るわけです。 つまり燃料電池車の開発にはタイムリミットがあるって事なんです。 制限時間内にそれを達成するには巨額の開発費や人員が必要です。 これらの要因を考えると生産規模400万台以下のメーカーは生き残れないだろうというのが400万台クラブという話です。 例えばポルシェは今どこの傘下にも入らずやっていますが、ブランド力があるので車が売れないからという理由で潰れはしないでしょう。 ただどう考えても規模が小さすぎてポルシェ単独で燃料電池車の開発は出来ません。 つまりポルシェは将来どこかの傘下に入るのか、潰れるのか、電池の部分だけ買うのか等いずれかの道を選ばなければなりません。 それでも吸収もされず、潰れもしなかったら400万台クラブ説は間違っていた事になりますね。 またこれがホンダやプジョーなら大衆車を作っているわけですからコストダウンや生産の柔軟性(世界中で売れるメーカーの方が有利)の話も絡んできますね。 そこで、#1、#3の方々はともに総生産台数よりも。 「総生産台数/プラットフォーム数が大きい会社が有利」 「「販売額」ではなく「収益率」が物を言う」 との予想をしてくださいました。 対してembraceさんは、ホンダはシートが硬いだの、次はトヨタがモビリオ潰しをしてくるだの、次期オデッセイがこけるだの。 的が400万台クラブからずれている事にもうお気づきだと思います。 まあ、もし400万台クラブ説が正しかったときにはホンダは吸収されるのではなく潰れる道を選ぶということだけは言って頂きましたが。 迷惑でなければそこら辺を踏まえてもう一度回答いただければ幸いです。

  • 回答No.3

#3です 収益率の話は、そういった意味ではないです 同じプラットフォームで作ったFITをいくら売っても未来は無いです #1の方も言われてますが 対抗馬が現れてはすぐ消えてしまいますから 所詮は薄利多売戦略は経費のかかる日本車には限界です そうではなくて、1台あたりの利潤が高いものを 付加価値をつけて売る事が重要です たとえばNSXがセルシオの2/3でも売れれば大満足な訳です そういった意味で庶民派のメーカーが どうやって高級品を自社のイメージ(ホンダならスポーツ)を崩さずに売り込めるだけのブランドを作るかが鍵になります (たとえばロータス社が超高級セダン作っても「は?」ってなりますよね)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

という事は単純に販売台数が多ければ良い訳ではなく、1台あたりの利潤が大きい車をたくさん売ることが出来た企業が生き残るという事ですね。 またそういう車を買ってもらえるだけの魅力もメーカー側は身に着けないといけないと。 そういう意味ではFITしか売れていない今のホンダはこのままじゃまずいって事ですね。 また400万台クラブに入っていても日産もマーチ、キューブしか売れておらずこちらもまずい。 逆に販売台数では一番少ないBMWは高級車主体なので問題なし。 400万台クラブで1兆円の利益を上げたトヨタも大丈夫。 なんだか400万台クラブとは本当に無意味な存在のようですね。 世界中のメーカーがこぞって資本提携等を行ったの一体なんだったのか。 なんとも皮肉な現実ですね。

  • 回答No.2

これから企業が成り立っていくかは 「販売額」ではなく「収益率」が物を言うと思います 1万の利益のものを1000個売る 100万の利益のものを10個売る 後者の方がリスクや経費の面で絶対的に有利ですよね だからトヨタもレクサスに力入れてるわけで・・・ その説から言うとまずBMWは大丈夫でしょう 問題はホンダやプジョーなどのいわゆる庶民派メーカーですが これらは価格競争してもいつかは負けると思うので 1・ネームバリューを早期に確立する 2・斬新なアイデア・技術で他の追従を許さない 3・細々とやっていく ですかね 個人的にはホンダもプジョーも好きなんで 2で残ってほしいと思いますけど(^^;

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

#1の方も言っておられましたが、収益率という事で考えるとやはり総生産台数よりプラットフォームあたり何台売るかがカギになってきそうですね。 そういう意味では、シビックとアコード(fitも入るのかな)といった少ないプラットフォームで250万台売るホンダは単独で生き残れる可能性が十分ありますね。 逆に10も20もプラットフォームがあるビッグ3は悲惨な状況のようで、やはり生産台数だけでは語れないようですね。 ただ、重要なことを忘れていたんですが最大の問題として燃料電池車への完全移行が小さな会社に出来るのかってことですね。 いくら赤字続きでもでかい会社にはそれなりの開発資金がありますから燃料電池車も作れるでしょうが、小さい会社が単独でやるのはかなりきついのではないかと。 そこら辺は単独でやってる以上BMWですら危ういのかなあとは思いますが、どうなんでしょうね。 ホンダも試験車両の政府への導入までは行けたようですが、市販量産車の開発まで行う余裕があるのか気がかりです。

  • 回答No.1
  • E-DC2
  • ベストアンサー率22% (131/595)

こんばんは。 400万台クラブは、数年前に話題に上りましたが、現実には400万台だから生き残れるという保証はないですし、その逆もまた然りのようです。 というのは、米3大メーカのうちの1つ以上は10年後にはなくなるという予想もありますし、BMWあたりには現在不安はありません。 要は、効率の良いクルマ作りをするか、ブランドで売るか、ということでしょう。 私としては、売れる車を出来るだけ少ないプラットフォームで作れば残っていけると考えています。 言い換えれば、総生産台数/プラットフォーム数が大きい会社が有利なのではないでしょうか。 また、日本での民族系クルマメーカは、多分、トヨタとあと1-2社くらいになるのではないでしょうか。(日産の逆買収も考えてです) では。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

私もそう思うんですよね。 数の理論がひっくり返ったことなんて何度もあるわけですし。 むしろ無理やり資本提携等で形だけビックになったメーカーの方が危ない気がしますけどね。 ただ、頭のいい人たちが考えた事なんだろうからそうなるのかなあと思い質問してみました。 それと日産の逆買収ですか。 今のままいけばあるのかな。 そうなる前にゴーン氏がルノーに戻ってまた立場が逆転するかもしれませんが。

関連するQ&A

  • 400万台クラブとは?

    今卒業論文を書いているところなんですが、特にダイムラー・クライスラーの合併について研究しています。そこでいろいろな論文を読んでいると「400万台クラブ」入りが、これからグローバル企業として生き残るために絶対不可欠である、とありました。なぜ、どのようなところが「絶対不可欠」と言われるのでしょうか?そして絶対不可欠と何人かの学者は言っていますが、本田技研工業(年間生産台数約250万台)は今後も業務提携をしない、と言っています。 知っている方がいらっしゃれば、是非教えて下さい。よろしくお願いします。

  • プジョーとシトロエンの関係は?

    プジョー・シトロエングループとという言い方を聞いたことがあります。 グループってどうゆう関係なのでしょうか? どちらが大きく販売台数が多いのでしょうか? ルノーはどうかんでしょうか? フランスにはジョー・シトロエン・ルノーの3社しかないのですか? 世界の自動車会社の関係図みたいなのがあれば教えてください。

  • トヨタ燃料電池車(ミライ)について

    この前新聞を読んでいたら、燃料電池自動車ミライの1日の生産台数がなんと3台しか作れないとの事でした。 今後も燃料電池自動車は大量生産が難しいらしく、1日の生産台数はあまり変わらないとの事でした。 こんなんでミライが普及されるのでしょうか? 燃料電池自動車専用のラインを作って生産台数を上げていかないとまずいのではないでしょうか? トヨタは1日3台しか生産できないにもかかわらず トヨタの燃料電池自動車の特許を無償で提供なんてしています。 これで他メーカーが燃料電池自動車専用ラインを作り、トヨタの技術を真似て大量生産でもしたら トヨタは燃料電池自動車のシェアを簡単に奪われて赤っ恥をくらうのではないのでしょうか? トヨタは大量生産できてから特許を無償で公開した方が良かったのではないのでしょうか? また今年から来年にかけてホンダも燃料電池自動車を販売するらしいですが ホンダも1日3台程度の生産なのでしょうか? 他国の自動車メーカーがトヨタの特許を拝見して、大量生産でもしたら、 トヨタやホンダの燃料電池自動車はシェアを簡単に奪われてしまいそうなのでしすが 皆さんはどう思いますか? ご回答でもご意見でも構いません。 よろしくお願いします。

  • フランス車一番、NO1メーカーは?

    フランス車一番、NO1メーカーは? プジョー、ルノー、シトロエン、他ブガッティ?などありますが、日本で言うトヨタのような定番のメーカーはどれでしょうか? フランス本国での売り上げ、評価、走ってる台数、などの実際のデータもそうですがうわさ、イメージでもかまいません。 日本でもトヨタ好き本田好き日産好きっていろんな人いますが向こうでもあるはずですよね。そんな評価も知ってるかたお願いします。 僕個人のイメージですがプジョー=若者、市民、ルノー=ちょっと高級な日産?、シトロエン=こだわり派、その他メーカーはトラックとかスーパーカーのイメージもってます。

  • オイルフィルターからOリング

    車はシトロエンC3の現行車 エンジンはプジョーとシトロエンとミニ(このエンジンはプジョーとBMWの共同開発というのをネットで見ましたプジョーとシトロエンはグループ会社?傘下? ミニに使われているのはBMW傘下なので)に使われている1.6Lのノンターボですミニは知りませんが プジョーシトロエンはターボが付いているかいないかで ほとんどこのエンジンだったと思います  ここから本題なんですが 自分でオイルとオイルフィルターの交換をしたときにオイルフィルターのカバーから 直径2CMぐらいのOリングが2つに割れた状態で出てきました  (日本車と違いエンジン下ではなくボンネットを開けてエンジンの右側から斜めに出ている感じです 形状も日本車のオイルフィルターは一体型ですが シトロエンはフィルターとカバーは別でカバーはねじ込み式 それを外してフィルターを外す という感じです) メーカーに電話しても ディーラーを通してくれと言われ ディーラーにいえばエンジンの取り扱い図?を持ってこられてそんなOリングは使ってないのでわからないと言われました  ちなみにリコールの窓口ではおなじような不具合が多く上がってこないと難しいと言われました どこか相談できる国の機関はないでしょうか

  • 日本車はコースティング機能を採用しない?

    Porscheが採用して以来、BMWなどのドイツ製高性能車にも採用が拡大するコースティング機能ですが、世界最大の自動車販売量を誇るトヨタや、革新的な自動車を開発したことで有名なホンダなどの日本メーカの自動車ではコースティング機能が採用されていないようです。 Porscheをはじめとして、BMWなどの一流自動車メーカーが次々に拡大採用を続けるコースティング機能は燃費の節約、CO2排出量の削減に同時に効果的と思うのですが、世界一の販売台数を誇るトヨタや、過去に革新的技術開発に取り組んだ実績のあるホンダがコースティング機能を採用しないのはなぜでしょうか? 特別な技術的な理由があるのか、ただ最新技術の採用に後れを取っているだけなのか知りたくて質問させていただきます。 自動車の低燃費化技術や、トヨタ、ホンダの内部事情に精通した自動車専門家の方よりアドバイスをいただければありがたいです。

  • 計算式の質問です。

    トヨタの自動車生産台数とシェア(数量)がわかっています。 そこから母数である世界自動車生産台数を求める式を教えてください。

  • 日本車のデザインの謎について

    日本車のメーカーは 車種によってさまざまな特徴と個性がひきたっています。 つまり消費者ニーズを的確にうまく捉えて商品化しているから 全世界で人気ナンバーワンなのだと思います。 一方でヨーロッパ車は、ベンツにしろBMW、ワーゲン プジョー シトロエン アウディなどはどの車種も一目で統一したデザインでアイデンティティが感じられます。 日本のメーカーは、なぜヨーロッパメーカーのように一目でみて すぐに 「あ!これはトヨタだ、 これは日産車」だと わかるようなデザインをしないのでしょうか? 誠実な回答よろしくお願いします。

  • 自動車1台が製造される日数(生産工程)

    一般的に自動車1台が生産工程で、どれくらいの日数で製造されるのかを教えていただきたいです。 また、トヨタ・ホンダについての生産日数についても教えていただけると大変うれしいです。 よろしくお願いします。

  • 商用車は生産財?

    商用車メーカーの競争は厳しいものがあります。 乗用車メーカーと商用車メーカーとの違いを教えて下さい。 商用車は生産財ですか?だとしたら乗用車は何財? ○○財の意味も簡単に教えて下さい。 詳しいHPもあれば教えて下さい。 フランスではプジョー、シトロエンなどがブランドだけ変えて同じ商用車を販売していますね。(商用車は儲からないんでしょうね)