• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

和訳の添削をお願いします。

和訳の添削をお願いします。 経済学の内容なので上手く訳せずに困っています。日本語として不自然な部分や間違った訳し方をしている箇所があれば訂正をお願いします。 前回の質問(http://okwave.jp/qa/q6221307.html)の後半部分になります。 For simplicity, let us assume that inflation and domestic and foreign interest rates are equal and exchange rates are initially at PPP. In this there is an expected appreciation of the foreign currency implying an increased expected return from holding foreign bonds. The expected real rate of return on domestic bond is, however, unaffected by such deviation from PPP causes a risk specific to foreign bonds given by the variance of the expected deviation from PPP. That is, fluctuations in the exchange rate that cause deviations from PPP constitute a risk specific to foreign investments which is called ‘exchange risk’. Exchange rate changes only cause exchange risk to the extent that they represent deviations from PPP. If exchange rate change rate ensure that PPP holds, then they do not constitute exchange risk. Theoretically, therefore, exchange rate fluctuations are an incorrect measure of exchange risk. It is fluctuations of the exchange rate around PPP that constitutes exchange risk. 単純化して、まず最初に購買力平価の為替相場で、インフレーションと国内と国外の金利が等しいと仮定します。これに、保有期間中の外債からさらに戻ることを予想されることを意味している外貨の期待される認識があります。しかし国内の債権に関する期待される実際の利益率は、購買力平価からの偏差が、予想される偏差の相違によって与えられる外債特有のリスクを引き起こすようなものに影響を受けません。つまり、購買力平価からの偏差を引き起こす対外投資に特有のリスクを構成する為替相場の変動が、『交換リスク』です。これらが購買力平価からの偏差を表すまで、為替相場変化は交換リスクを引き起こすだけです。為替相場変化率が購買力平価を確実に所有するならば、これらは交換リスクを構成しません。よって理論的には、為替変動リスクは交換リスクの誤った測定で、交換リスクを構成する、購買力平価のあたりの為替相場の変動です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数73
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • sayshe
  • ベストアンサー率77% (4555/5903)

(訳) 話を簡単にするために、インフレと国内外の金利が等しく、為替レートが初めは購買力平価にあると仮定しよう。 この場合、外債を保有することにより増加した期待収益を暗示する外貨の予想される通貨高が発生する。 しかしながら、国内債に対する実質予想収益率が購買力平価からのこのようなかい離によって影響されないことが購買力平価からの予想されるかい離の変化によってもたらされる外債特有のリスクを引き起こす。すなわち、購買力平価からのかい離を引き起こす為替レートの変化が「為替リスク」と呼ばれる対外投資特有のリスクを構成する。 為替レート変化はそれらが購買力平価からのかい離を表すという程度しか為替リスクを引き起こさない。もし 為替レート変化率が、購買力平価が持続するのを保証するのであれば、それらは為替リスクを構成しない。 それゆえ、理論的には、為替レートの変動は為替リスクの不正確な物差しなのである。購買力平価周辺の為替レートの変動こそ為替リスクを構成するものなのである。 <注> The expected real rate of return on domestic bond is, however, unaffected by such deviation from PPP..... は The fact that the expected real rate of return on domestic bond is, however, unaffected by such deviation from PPP.....とならないと文法的に causes の主語がなくなりおかしいと思うのですが。 また If exchange rate change rate ensure that PPP holds, の部分も If exchange rate change rates ensure..... か If exchange rate change rate ensures..... でなければ文法的にはおかしいように思えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いつも丁寧な訳を載せていただき、本当にありがとうございます。 ご指摘の部分については、もう一度確認してみます。

関連するQ&A

  • 和訳の添削をお願いします。

    和訳の添削をお願いします。 経済学の内容なので上手く訳せずに困っています。 日本語として不自然な部分や間違った訳し方をしている箇所があれば訂正をお願いします。 文中の「PPP」は「購買力平価(purchasing power parity)」と解釈して訳しています。 If PPP holds continuously, then inflation risk would be the sole currency risk facing international investors. However, we saw that the overwhelming weight of empirical evidence since the advent of floating exchange rates rejects the use of PPP as a valid approximation of short-run exchange rate determination. This being the case, then one has to take into account deviations from PPP when calculating the expected real rate of return on domestic and foreign bonds during the holding period. While the expected real rate of return on domestic bonds is given by the nominal interest rate minus the expected rate of inflation, the expected rate of return from holding foreign bonds is now given by the foreign interest rate less the expected rate of inflation plus the expected deviation of the exchange rate from PPP. もし購買力平価が連続的に保つならば、インフレーションリスクは国際的投資家と向き合っている唯一の為替リスクであるでしょう。しかし、我々は変動為替レートの出現から経験的な証拠の圧倒的重みが比較的短期間為替相場の決定に有効な近いものとして、購買力平価の使用を避けるのを見てきました。現状維持の期間に国内外の債権に関して期待される本当の利益率を計算するとき、このケース、そして1であることは購買力平価からの逸脱を考慮しなければなりません。国内の絆に関する期待される本当の利益率が名目金利から予想インフレーションを引いた割合によって与えられ、現状維持の外債からの予想される利益率は現在の購買力平価から為替相場の期待される逸脱をプラスして外国の金利によってインフレーションの期待される率が与えられません。

  • 和訳の添削をお願いします。

    和訳の添削をお願いします。 経済学の内容のため、うまく訳せず困っています。 日本語として不自然な部分や間違った訳し方をしている箇所があれば訂正をお願いします。 文中の「PPP」は「購買力平価(purchasing power parity)」だと思って訳しているのですが、これも間違っていれば訂正をお願いします。この文章はInflation riskを説明しています。 本文) This risk occurs because the inflation rates in the domestic and foreign economies are uncertain. If PPP were to hold continuously, the real rate of return on the domestic bonds is given by the nominal interest rate less the expected domestic inflation rate. If the latter is uncertain then so will be the real return on the asset considered. Similarly, the expected real less the expected foreign bonds is given the nominal foreign interest rate less the expected foreign inflation rate , if the latter is also subject to uncertainty then so will be the real return on foreign bonds. If PPP holds continuously and the expected domestic price inflation rate rises, this reduces the expected real rate of return on domestic bonds but does not increase the expected real rate on foreign bonds because the currency will depreciate by the same amount as the expected inflation rate. The risk of holding a domestic bond can therefore be represented as a positive function of the variance in the domestic inflation rate while the risk of holding a foreign bond can be represented as a positive function of the variance of the foreign inflation rate. A greater variance of the expected domestic inflation rate raises the relative riskiness of domestic as compared to foreign bonds and vice-versa. 訳) 国内外の経済のインフレ率が不確かであるので、この危険は起こります。購買力平価が連続的に保つことになっているならば、国内のボンドに関する実際の利益率は名目金利によって期待される国内のインフレ率をより与えられません。後者が不確かかどうかは、考慮される資産の本当の収益です。同様に実際に期待されない外債よりも名目の外国の金利を与え、後者がそれから不確実性も受けて、それが外債の本当の収益であるならば期待される外国のインフレ率です。 購買力平価が連続的に保つ、そして、期待される国内の価格インフレ率が上がるならば、通貨が期待されるインフレ率と同じ量下がるので、これは国内の債権に関して期待される本当の利益率を減らすが、外債の上で期待される本当の率は上昇しません。外債を持つリスクが外国のインフレ率の相違のプラスの作用として表すことができる間、国内の債権を持つリスクはしたがって、国内のインフレ率の相違のプラスの作用として表されることができます。期待される国内のインフレ率のより大きな変化は、外債とその逆と比較して国内の相対的なリスクを上げます。

  • 和訳の添削をお願いします。

    和訳の添削をお願いします。 経済学の内容のため、うまく訳せず困っています。 日本語として不自然な部分や間違った訳し方をしている箇所があれば訂正をお願いします。 In the monetary models the only thing that matters for the exchange rate is money supply in relation to money demand, the source of money creation being unimportant. This means that in such models there is no difference in the exchange rate and interest rate effects of an An expansionary a foreign exchange operation(FXO) or an open market operation(OMO) that change the money supply by like amounts. The reason being, that in the monetary models there is no distinction between domestic and foreign bonds. Within the context of the monetary models a sterilized foreign exchange operation(SFXO) will have no exchange rate of interest rate effects because it leaves money supply unchanged and is merely the exchange of domestic for foreign bonds which are perfect substitutes. 訳)金融モデルにおいて、為替相場のために重要である唯一のものは金銭要求に関するマネーサプライです。そして、金銭の発生源は重要でありません。これは、おおよその総計のマネーサプライを交換するFXOかOXOの為替相場と金利効果の違いがないことを意味します。その理由は国内外の債券に区別がないからです。それがマネーサプライを不変のままにして、単に完全な代わりである国外の債券のための国内の交換だけであるので、金融モデルの前後関係の範囲内で、SFXOは金利効果の為替相場を持ちません。

  • 和訳の添削をお願いします。

    和訳の添削をお願いします。 経済学の内容のため、うまく訳せず困っています。 日本語として不自然な部分や間違った訳し方をしている箇所があれば訂正をお願いします。 本文) The expected rate of return on domestic bonds may be higher. (a positive risk premium) or lower (a negative risk premium) when compared to foreign bonds. For example, if domestic bonds are regarded as more risky than foreign bonds and if the domestic interest rate is 10%, the foreign interest rate 6% and the expected rate of depreciation of the domestic currency is only 3%, then there is a 1% risk premium on the domestic currency. Foreign assets have an expected yield of 9%, the 6% interest and 3% expected appreciation of the foreign currency, which is lower than the 10% yield on domestic bonds. The 1% positive risk premium on the domestic currency is a negative 1% risk premium on the foreign currency. An issue that we need to briefly examine concerns what types of risk may cause the emergence of a risk premium? 訳)外債と比較したとき、国内の債券に関する期待される利益率はより高い(ポジティブなリスクプレミアム)か、下がるかもしれません(ネガティブなリスクプレミアム)。 たとえば、国内の債券が外債よりリスクが高いと考えられていて、国内の金利が10%、6%外国の金利と国内の通貨の下落の期待される率であるかどうかがわずか3%であるならば、国内通貨の1%がリスクプレミアムです。外国の資産は9%、6%の利子と外貨の3%の期待される値上がりの産出高を持ちます。そして、それは国内の債権の10%の利回りより低いです。国内の通貨の1%のポジティブなリスクプレミアムは、外貨のネガティブな1%のリスクプレミアムです。 要するに我々が調べる必要がある問題は、リスクのタイプがリスクプレミアムの出現をもたらすかもしれないということに関することです

  • 購買力平価って?なんのため?どんな時つかう?

    経済の本よんでて、以下がイマイチよくわかりませんでした。 購買力平価は、従来の現実レートよりかなり円安だったが、最近は両者が接近してきた。 一ドル 90年 189円 95年 175 00年 154 04年 133 購買力平価とは、物価基準のレートという事ですか?為替と関係なく? 購買力平価が接近してきたとは、自由競争がすすみ、コメとかの保護貿易が減ってきた?ということですか? 購買力平価って、重要な指数なんですか?どんな時に参考にするんですか?海外の投資とか考えるときですか? ご教授ねがいます。

  • 和訳の添削をお願いします。

    和訳の添削をお願いします。 経済学の内容のため、うまく訳せず困っています。 日本語として不自然な部分や間違った訳し方をしている箇所があれば訂正をお願いします。 (原文) The monetary models of exchange rate determination make the crucial assumption that domestic and foreign bonds are perfect substitutes. This implies that the expected yields on domestic and foreign bonds are equalized. In effect, apart from their currency of denomination domestic and foreign bonds are regarded by international investors as the same. However, the portfolio balance model is distinguished from the monetary models because it allows for the possibility that international investors may regard domestic and foreign bonds as having different characteristics other than their currency of denomination. In particular, they might for various reasons regard one of the bonds as being more risky than the other. This being the case they will generally require a higher expected return on the bond that is considered more risky to compensate for the additional risk it entails. Allowing for domestic and foreign bonds to have different characteristics is potentially very important because operations that influence the exchange rate affect the composition of domestic and foreign bonds in agents’ portfolios in different ways. In this chapter we use the portfolio balance model to examine three operations that are commonly used to influence the rate (和訳) 為替相場の決定の金融モデルは、国内外の債券が完全な代わりであるという重要な仮定をします。これは、国内外の債券の予想される利回りが等しくされることを意味します。 実質的に、デノミ時での通貨は別として、国内外の債券は、国際的な投資家によって、同じことと考えてられています。しかしながら、それが国際的投資家が国内外の債券をデノミ時での通貨以外の異なる特徴を持つと考えるかもしれないという可能性を考慮に入れるので、ポートフォリオバランスモデルは金融モデルと区別されます。 特に、これらはいろいろな理由のために債券のうちの1つを他より危険であると考えるかもしれません。この場合、それが伴う更なる危険を補償するためにより危険であると思われる債権のより高く期待される収益を必要とします。国内外の債券には異なる特徴があるのを考慮することは、為替相場に影響する事業がエージェントのポートフォリオで国内外の債券の構成に影響を及ぼすので、非常に重要です。この章では、影響の度合いに一般に用いられる3つの活動を調べるために、ポートフォリオバランスモデルを使います

  • 世界各国の実質実効為替レートについて

    一ヶ月前ほどWBSで、世界の実質実効為替相場について話していたのですが、世界の実質実効為替相場(real effective exchange rate)を検索しても、日本のものしか出てきません。 どなたか世界のできるだけ新しい実質実効為替相場を乗せてるサイトを教えてください。

  • トルコの為替の要因について

    勝間和代さんによると、為替の動く要因は 通貨発行量、購買力平価などのようですが、 トルコリラの通貨発行量、購買力平価(日本と比較)や こうした情報が乗っているサイト、本などをご存知の方、 教えてください。

  • 和訳の添削をお願いします

    【原文】 To the extent that there is only a partial pass-through effect on the price of imports in the short run, the effect will be to dampen the size and complicate the dynamics and timing of the J-curve effect. This is because imports will not rise in price as much as suggested by the devaluation, which will tend to reduce import expenditure compared to complete pass-through in the very short run. However, as the exchange rate depreciation is increasingly passed on over time, this will tend to raise import expenditure so prolonging the initial deterioration of the J-curve. 【和訳】 短期間における、輸入価格に対する部分的な為替転嫁効果の範囲で、その影響は規模を弱め、Jカーブ効果の成長とタイミングを難しくすることになっています。これは輸入が平価切り下げによっても提示された価格で上がらないからです。そして、ごく短期間に完全な為替転嫁効果と比べて、輸入支出を減らす傾向があります。 しかしながら、時間がたち、為替相場の下落がひどくなると、輸入支出を増加させ、Jカーブ効果の最初の悪化を引き延ばす傾向があります。 間違った訳し方、解釈をしている点があればご指摘お願いします。 また、自分で訳すとどうしても日本語としてこなれない感?があります。自然な文章に直していただけると助かります。

  • 和訳の添削をお願いします。

    和訳の添削をお願いします。 前回(http://okwave.jp/qa/q6223480.html)いただいたアドバイスを参考にもう一度訳し直してみました。再添削をお願いします。 『Exchange control risk』 This is a type of country risk whereby investors face uncertain real rates of risks of the imposition of a tax on the interest element during the holding period. This risk may be greater or less for domestic as compared to foreign bonds. 『為替介入リスク』 カントリーリスクは、投資家が債権所有期間に不確定ではあるが、実際に付きまとう、利息に掛かる税率に対するリスク です。このリスクは、外債と比較して国内より大きいかもしれないか、より少ないかもしれません。 『Default risk』 Another, more serious, country risk is ‘default risk’ whereby a government refuses to pay the interest and sometimes the principal on bonds issued by them and denominated in a foreign currency because a government will not default on bonds issued in its own currency because in that case it could always print the money to redeem the bonds. 『デフォルトリスク』 もうひとつ、より深刻なカントリーリスクの場合、政府は自国の通貨で発行した債券を不履行にすることなどありえない、何故なら、必要であれば、債務を償却するために、いつでも自国の通貨の供給を増やすことができるので、政府は利息と、時には、政府が外貨建てで発行した債券の元金の支払いをも拒むのが『デフォルトリスク』です。 『Political risk』 This risk covers an extremely broad range of scenarios, but basically refers to the danger that investors face because the political environment in a country could cause them to lose part or all of their investment including returns due; or, find costly restrictions imposed on how they may manipulate their investments. 『政治的リスク』 このリスクはシナリオ?の大部分を占めていますが、国の政治環境が投資家に与えられるべき収益を含む彼らの投資の一部または全体を失わせることがありえたので、基本的に投資家が直面する危険に言及します;または、投資家が彼らがどのように彼らの投資を操るかについて負わされる、コストの高い規制を負わされるのかを見つけます。