• ベストアンサー
  • 困ってます

模倣品の対策

模倣品の対策 質問:A A社が、(1)という商品を製造販売しているとしまして、海外で同じ商品を他社が製造販売していたときに差し止め請求、損害賠償などのアクションを起こすことは可能でしょうか?(特許や意匠の権利がない場合) 質問:B または、日本で特許または意匠を取得しているが、海外で権利をとってなくても、海外で他社に対し差し止め請求、損害賠償などをおこすことは可能なのでしょうか? 日本と製造販売されている国での権利を取得してないと、何もできないと考えたほうが宜しいでしょうか? 質問A,Bの状態にて、海外で他社の製造販売を阻止したいのですが、何か方法はありますでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数125
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • tetsumyi
  • ベストアンサー率28% (1393/4959)

質問:A 権利が無いのですから模倣されても何もできません。 質問:B 国内特許の場合は海外で他社が模倣したとしても何もできません。 その商品が国内に持ち込まれて販売された場合は輸入業者に対して輸入差し止め、または特許使用料を支払うように交渉できます。 ただ、模倣の仕方が特許請求の範囲に抵触するかどうか争うことになることもあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有難うございました。 海外では権利がないと、何もできないのですね。 日本での権利がありますので、持ち込まれた場合のみ輸入差し止めや特許使用料を支払うように交渉できるのですね。 ご丁寧に有難うございました。

関連するQ&A

  • 特許は、海外で販売可能?国内で模倣品を防げる?

    日本の特許出願しただけの製品の話です。 出願請求はしていません。 複数質問すみません。 1つでもご回答いただけると幸いです。 1 この状態で、国内の模倣品の販売を防ぐことはできるのでしょうか? 2 出願請求は、模倣品が発生してから行うことが一般的(多い)なのでしょうか?特に個人の場合。 3-1 日本の特許出願してから1年の優先権主張期間、 もしくは、国際出願をして30ヶ月以内に、 海外で模倣品が作られて海外で販売された場合、特許の出願者はどういう流れで行動するのが一般的でしょうか? まず、日本の特許の審査請求をしてから、 優先権期間内にPCTルートで国際出願をして、 模倣品を製造したA国の特許出願、模倣品が売られているB国の特許出願を行うのでしょうか? その後、A国、B国で審査請求をし、特許権を取得して、損害賠償請求をするのでしょうか? 3-2 海外で模倣品が作られ、日本で売られていた場合、 特許出願をした者は、どういう流れで対処するのでしょうか。 審査請求をし、特許権を取得完了してから、 日本での販売停止請求、製造者・販売者への損害賠償請求を行うのでしょうか? 4 国際出願をするまでの優先権期間内や、PCT出願したあとの30ヶ月内であれば、 出願者が優先で特許権を取得できる可能性があるので、 実質的に各国での模倣品を防げるということでしょうか? 5 日本で特許出願をしてある製品を、日本で販売、海外へ販売や、海外で販売をする場合、 何か問題がありますか? 日本で特許出願をしてある製品を製造し、C国、D国で売った場合で、 もしC国のCさんの特許を侵害している場合、 C国では販売できないが、D国では販売できるということでしょうか? Cさんが、日本とD国の特許を取っていない限り、Cさんは権利を主張できない。と思うのですが。 6 模倣品が、海外で製造・販売されていて、日本の個人が購入し、日本に輸入する場合、 日本の特許権保有者は、海外の販売業者の日本への販売停止、損害賠償請求できるのでしょうか?

  • 特許の権利について

    特許の知識が不足しておりますのでご質問させていただきます。 例えば、 A社が2010,4,1に商品・機能(a)の特許の権利が得られたとして、以前にB社が2008,4,1からA社と類似する商品・機能(a)を販売してたことがわかった場合、A社の権利(技術)は以前から公に知られていたことになり、B社または他の者が抗議すれば権利が取り下げになるのでしょうか? A社が先出願なので取り下げにはならないのでしょうか?B社は権利がない状態です。 A社の権利が取り下げにならず生き続ける場合、A社が権利を取得した2010,4,1以降にB社が販売した類似商品(a)に関しまして、B社は差し止め請求または損害賠償などを申しでることは可能になるのでしょうか? 説明下手で申し訳ありませんが、詳しい方ご回答いただけると幸いです。

  • 中国サイトで模倣品を日本へ販売

    商品Aが有ります。 以下の状況で 中国サイトにおいて 日本への販売を中止することはできるでしょうか? 当方は  日本でAの意匠権を所有  中国でAの意匠権なし 中国の会社CKが中国でAを製造,販売 CKが中国サイトで日本へ販売  よろしく御願い致します。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

質問Aについて  差止め請求、損害賠償請求をすることが出来ません。(海外の国内法の適用になります) 質問Bについて  日本で特許権や意匠権が取れていても、当該国で権利が取れていないのであれば、差止め請求、賠償請求をすることが出来ません。 仰るとおり、真似されたくない国において特許権などを取得しなければなりません。 競争に勝つしかないのではないでしょうか。 老婆心で伺います。 外国で他社の製造販売を阻止したいと考えられているその商品は、特許権や実用新案権、意匠権などが取れるほどの創作性を有しているでしょうか。 特許権、実案権や意匠権などを取得できる程度の創作性を有していないのであれば、他社を排除しようと考えること自体に無理がありそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有難うございました。 各国ごとに権利がないと、難しいようですね・・。 今後、新たな発明ができましたら真似されそうな国へ出願しておきます。 有難うございました。

関連するQ&A

  • 特許権侵害訴訟

    特許権者が特許権を侵害している相手である製造業者と販売店に対して差止、損害賠償請求をしたとします。判決は別々に行なわれるのでしょうか? また、違った判決(侵害、非侵害)が出ることもあるのでしょうか?

  • パテントトロールが損害賠償請求をしたときに関する質問です。

    パテントトロールが損害賠償請求をしたときに関する質問です。 パテントトロールは、他人の特許を購入し、特許権利の侵害をしている相手に対して損害賠償請求をする、ということを主な目的として活動している団体や人を指すと理解してます。 このパテントトロール、通常は自身では製品を開発していないケースがほとんどかと思います。となると、彼らが主張する損害賠償請求額というのは、いったい何を基準に決まるのでしょうか? そもそも製品開発なんてする意思もないはずなので、損害もへったくれもないと思うのですが。 パテントトロールではなく、製品開発をマジメに行っている企業が、自分の特許権利の侵害に対して損害賠償請求をする、というケースなら納得できるのですが。 パテントトロールのやり方が私自身、どうにも腑に落ちないのでこのような質問をさせて頂きました。

  • 米国侵害事件を紹介してほしいです

    米国の特許権の損害賠償事件の事例を調べております。しかし、私は英語が読めないため、探すのに苦労しております。日本語で書かれている本やHP等を教えて欲しいです。 <事例の条件> ・10年以内の、米国の機械系の特許侵害事件であること。 ・損害賠償額が1億円以上のもの。 また、米国の意匠の事件で損害賠償額が高額のものも紹介していただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

  • 勝手に代金を差し引く購入者

    あるコレクターズアイテム商品Aを販売しました。購入者は法律関係とのことです。 発送前に不具合があることに気付いたので、コンディションのよい同商品を用意して発送することになっておりましたが、 その際に納期が2週間ほど遅れたことで、別の商品Bを購入したときに 履行遅滞で債務不履行の損害賠償金を請求すると言って、勝手に請求額を引いた代金を振り込んできました。 質問は3点です。 (1)損害賠償金としては商品Aの十数%程度ですが、妥当な算出でしょうか? (2)こちらの対応が違法なことになるのか、つまり損害賠償金請求に該当することなのでしょうか? (3)この購入者の損害賠償金請求自体は法律的に正当な行為なのでしょうか? (それなら納期が遅れたら何でも損害賠償金請求?という疑問)

  • 他社が類似商品で特許を取得してしまいました。

    他社に、当社が販売する商品の類似商品を製作され、特許まで取られてしまっているとわかりました。 当社の類似商品を新聞広告で発見し、書面にて異議を申し立てたところ、特許取得済みとの文章が届いた次第です。 今、ネットで法律関係について調べ始めたところです。 特許関係について無料で相談できる場所もあるようですが、まずは疑問に思うことを皆様に質問させていただき、問題点の整理や解決へ向けての足がかりにさせていただければと思っております。 勉強を始めたばかりなのでわからないことばかりですので、質問内容以外のことであっても、お気づきの点がございましたらご教授いただければ幸いです。 皆様のお知恵をお貸しいただけないでしょうか。 商品については、当社では意匠権のみ保有しております。 (当時、弁理士に相談したところ特許も実用新案も取得できないだろうと言われたため) 意匠は、商品そのものではなく、特徴的で汎用性のある部位(売りとなる部分です)のみ登録してあり、実際にその部位を使用して多岐に渡る商品開発をしております。その中の一つの商品が今回の案件と該当します。 類似商品については、当社が販売している商品と機能は全くの同一。見た目も10人中10人が同一商品か類似商品だと認めるほど似ています。 そこで、下記の点について困惑している次第です。 ・当社が数年前から発売している商品とほぼ同じ商品で特許が取得されました。 意匠登録の部分がほんの少し(四角が台形っぽく)変更されているだけで特許が取得できるとは到底理解できません。 特許に新しさがない、ということで取下げの要求ができないものでしょうか。 また逆に、現在、当社が販売している商品が相手の特許に該当すると判断をされてしまうこともあるのでしょうか。 ・意匠の部分は商品上、非常に重要なため、取引相手や競合他社には意匠を理由に使用を許してきませんでした。 万一、特許の取下げができなかった場合、それ以外の業者も少しずつ形を変えて権利を主張することが考えられます。 意匠権を盾に、特許の取下げは主張できないものでしょうか。 ・最悪の場合、意匠権にて使用料を請求することはできないのでしょうか。 以上、長くなりましたがよろしくお願いいたします。

  • 利用発明として後願出願が可能でしょうか?

    A社の特許公開済みの『○○製品の製造方法』で製造されたB製品を B製品を購入するにあたりA社と契約を結び購入し そのB製品を利用して、C製品を開発/発売したいとD社が考えているとします。 B製品を購入しC製品を販売することは特許法上合法だと思いますが、 1)D社が競合する他社に対してC製品発売後に模倣品を販売されることを牽制したいこと 2)A社の『○○製品の製造方法』で製造されたモノの効果、効用を製品販売時に広告等で宣伝をしたいこと の2つを考えていた場合に C製品をモノの発明として出願及び権利化が可能かどうか?検討したとします。 この場合にA社の許諾があれば、権利化の部分は除いたとしても出願は可能なのでしょうか? (D社の考えとして、権利化は無理でもとりあえず特許出願をしておき 一定期間でもC製品の模倣品が他社から販売されるのを牽制したいと考えているとします。) 新規性の部分では抵触し拒絶されると思うのですが 進歩性の部分ではどうなのでしょう? 又、A社の『○○製品の製造方法』もE社のモノの発明で出願/公開されている先行技術を利用した特許だった場合はどうなるのでしょうか? この時点でA社及びE社の特許は公開されていますが、特許査定されていないとします。 素人なので、説明が不十分かと思いますが 教えて頂きたいです。

  • 審査請求していない発明の特許性

    たとえば、Aさんがあるアイデアを思いついてそれを商品化しようと考えていた時に、特許を調べていると、そのアイデアが特許出願されていたとします。ただし、出願後に審査請求はしておらずその期限が切れているとします。 この場合、Aさんはそのアイデアを商品化して販売して利益を得た時に、特許権の侵害となるのでしょうか?また、損害賠償みたいなものを払わないといけないのでしょうか? それとも、審査を合格して登録されていない特許には、特許権は全くないのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 特許の侵害に当たる場合の損害の請求について

    現在ある方から、海外のアイデアグッズを仕入れています。その商品は実用新案を出願済みなのですが、最近調べたところその商品の特徴に類似している物を公開特許の中で見つけました。皆さんにお伺いしたいのはこの場合 にもし、特許の考案者が損害の請求をする場合には、製造しているメーカー(中国です)と、それを日本国内で販売しているいくつかの問屋、そしてそれを直接、消費者に販売している小売店、これらのなかで、損害の請求に応じなければいけないのは、誰になるのでしょうか?。特許の事はあまり詳しくないのですが、このまま問屋さんや、消費者に販売を続けていいのかどうかをしりたいのです、もし私にも損害の請求が来るようであれば、この商品については取り扱わないようにしたいと考えています。わかりづらい文章で申し訳ないのですがよろしくお願いいたします。

  • 商品の製造、販売について

    私は、健康器具の製造と販売を考えているのですが お客様より、器具の不良等による損害賠償を請求された場合 それに対応する様な保険は有るのでしょうか。 又、商品完成後、何かの機関等により 検査を受けなければならないのでしょうか 教えてください。

  • 平成10年改正前の特許法102条の問題点

    平成10年改正以前の特許法102条1項と2項の問題点はどんな物が考えられるでしょうか? 問題点があったから平成10年改正で現行特許法102条1項が追加されたのだと思いますが、この問題点として一つ考えられるのは、 旧特許法102条1項では、権利者が特許を実施していない場合には損害が発生しているという事は有り得ないため、適用ができない点があったと思うのですが、これ以外でもなにか問題点が有るのでしょうか? 旧特許法102条2項については、特許権侵害を理由とする損害賠償請求訴訟において、最低限の損害賠償額として実施料相当額が規定されていたが、平成10年の改正以前は権利者の権利が属する業界での相場や国有特許の実施料を参考にして実施料相当額の算定を行っていたので、もし侵害者の侵害行為が発覚して損害賠償責任を負う場合になっても、まっとうにライセンス契約を受けたものと同じだけの実施料を払えばよいという結果になり、侵害を助長しかねないという見解があった事があげられますが、この旧特許法102条2項についてもこれ以外に問題点があったのでしょうか? できたら平成10年改正時に現行特許法102条1項がもうけられた経緯と合わせて教えていただきたいのです。 またはこの本を見ればわかるだろうという教科書などございましたら教えていただけるとありがたいです。 宜しくお願いします。