• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

平面のベクトル方程式でわからないことが。。。。

平面のベクトル方程式でわからないことが。。。。 3点A(1,-1,0)B(3,1,2)C(3,3,0)を通る平面の方程式を求めよ という問題で、求める法線ベクトルをnベクトル=(a,b,c)とすると、 nベクトルとABベクトルは垂直だからnベクトル×ABベクトル=0 ゆえに2a+2b+2c=0(1) nベクトルとACベクトルも垂直であるから nベクトル×ACベクトル=0ゆえに 2a+4b=0・・・(2) (1)と(2)よりnベクトル=b(-2,1,1) nベクトルは0ベクトルではない。ゆえにb=0ではない ゆえに求める平面は点A(1.-1,0)を通りnベクトル(-2,1,1)に垂直は平面であるので 2x-y-z-3=0である。 という解説があったのですが、 [(1)と(2)よりnベクトル=b(-2,1,1) nベクトルは0ベクトルではない。ゆえにb=0ではない ゆえに求める平面は点A(1.-1,0)を通りnベクトル(-2,1,1)に垂直は平面である。] の部分がわかりません。 まず、 「(1)と(2)よりnベクトル=b(-2,1,1)」という式は理解できます。 「nベクトルは0ベクトルではない。ゆえにb=0ではない」・・・これもわかります。 「ゆえに求める平面は点A(1.-1,0)を通りnベクトル(-2,1,1)に垂直は平面である。]・・・ これが理解できません。nベクトル=b(-2,1,1)なのに、なんでbが消えているんでようか? それと「ゆえに」とありますが、前文の「nベクトルは0ベクトルではない。ゆえにb=0ではない」 とこのことは関係があるのでしょうか? もしかして、「3点A,B,Cが一直線上にあるときACベクトル=KABベクトルとなる実数Kがある」 という基本事項がありますが、nベクトル=b(-2,1,1)もその形なので、(-2,1,1)と垂直といえるってことですか?そのために、bが0だとこの式が成り立たないので、b=0ではないってことを いっているんでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数593
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

こんばんわ。 b≠ 0であることは、平面が平面として存在するために必要な条件ですね。 このまま bを消さなくても、平面の方程式を求めることができます。 以下で bを消さない場合の解答(の書き方)を記しておきます。 ----------------------------------------- (1)と(2)より n→の成分は b* (-2, 1, 1)(b:定数)と表される。 n→は 0→ではないから、b≠ 0である。 法線ベクトル:n→= (-2b, b, b)(b≠ 0)より、この平面の方程式は -2bx+ by+ bz+ d= 0 と表される。 そして、この平面は点A(1, -1, 0)を通るから -2b- b+ 0+ d= 0 d= 3b 求める平面の方程式は、 -2bx+ by+ bz+ 3b= 0 -2x+ y+ z+ 3= 0(∵ b≠ 0) ----------------------------------------- ベクトルの大きさだけを握っている bの値には関係ないことがわかると思います。 あくまでも「方向=成分の値の比」だけが重要なので、b= 1とおいても構わないということになります。 ベクトルの定数倍は「平行」という意味になりますね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

別の解答までおしえていただきありがとうございました。 おかげで理解が深まりました。

関連するQ&A

  • ベクトルの問題の解答(解き方)をお願いします。

    ベクトルの問題の解答(解き方)をお願いします。 (1)|a|=5,|b|=3,|a+b|=7 (1)ベクトルaとbの作る角度 (2)3a-2b (2)3点A(6,1,8),B(2,-1,4),C(-4,6,3) (1)ベクトルABとベクトルACが、あるベクトルnと垂直になる場合、ベクトルnを求めよ (2)点A,B,Cを通る平面の方程式

  • 平面の方程式を求める問題です。

    2点(2,0,5)(0,3,-1)を通りyz平面に垂直な平面を求める問題です。 この平面の法線ベクトルはyz平面に垂直であることから(0,a,b)で表せる。 2点から求められる平面上のベクトル(2,-3,6)は(0,a,b)と垂直に交わるので-3a+6b=0 というところまでは導いたのですが、この他に条件式が思い浮かびません。 ご回答よろしくお願いします。

  • 平面

    点(-1,1,2)を通り平面2x-y+3z-2=0に直交する平面の方程式は? 図もよくわかりません 1.x-y-z+4=0, 2.3x-9y+z+8=0 , 3.x-y-z-5=0 , 4.3x-9y-z+14=0 5. 3x+9y+z-8=0 から選ぶ問題です 法線ベクトルが(2, -1, 3)はどこの式から判断するのですか? 2x-y+3zからですか? ベクトルの範囲を調べたのですがどのように求めるかわかりません。 おしえてください おねがしいます

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#118938

 点A(1.-1,0)を通りnベクトル(-2,1,1)に垂直 ⇒2x-y-z-3=0  点A(1.-1,0)を通りb(-2,1,1)に垂直(b≠0)⇒bが消えて2x-y-z-3=0 b=0としたら 平面の方程式は無数にあって矛盾。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そいういうことですね。よくわかりました。ありがとうございました。

  • 回答No.1
noname#185706

>nベクトル=b(-2,1,1)なのに、なんでbが消えているんでようか? いまの場合、法線ベクトルは方向だけが問題で、大きさは 0 以外なら何であってもかまいません。そもそも、その大きさ(よって b の値)は求められません。よって簡単のために b = 1 としたのでしょう。 >「ゆえに」とありますが、前文の「nベクトルは0ベクトルではない。ゆえにb=0ではない」とこのことは関係があるのでしょうか? nベクトルは0ベクトルではない → b=0 ではない → b=1 としてもよい という流れでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど!!そういうことか!!わかりやすい説明ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 平面の方程式の決定

    法線ベクトルの絡む問題の理解ができず困っています。 分数表示があるので、HTMLでは見づらいと思い、添付ファイルのほうに問題と解答を載せています。 そもそもベクトル方程式自体の理解があまりできていないのですが、解答にある通り、「直線mの方向ベクトル→u=(2,3,4)は…」とありますが、この法線ベクトルの求め方がわかりません。 →uが平面βの法線ベクトルになっているということはわかるのですが、なぜ→uの成分までわかるのでしょうか。 基礎的な問題ですが、解説お願いいたします。

  • ベクトルの問題がわかりません。基本問題ですが・・・

    ベクトルの問題がわかりません。基本問題ですが・・・ xy平面上に2点A(3,1)B(1.2)があり、これらの位置ベクトルをそれぞれ、→a,→bとする。 このとき、次の各問に答えよ。 (1)ベクトル方程式 →p=→a+s(3→a-4→b) , →p=→b+t(2→a-3→b) (s,tは媒介変数) が表す2直線の交点の座標を求めよ。 (2)点Aを通り→bを方向ベクトルとする直線と、点Bを通り→aを法線ベクトルとする直線の交点の座標を求めよ。 (3)ベクトル方程式 |→p-→a|=5 が表す円をCとする。点Bを通り→aを方向ベクトルとする直線とCとの2つの交点の座標を求めよ。 わかりにくくてすいません

  • 平面と法線ベクトルについて

    3点A(0,1,1)、B(6、-1、-1)、C(-3、-1,1)を通る平面の法線ベクトルを求めると 平面ABCの法線ベクトルをn↑=(a,b,c)とすると AB↑⊥n↑よりAB↑・n↑=0↑よって6a-3b-2c=0 AC↑⊥n↑よりAC↑・n↑=0↑よって-3a-2b=0 n↑=a/2(2,-3,9)となりますが AB↑⊥n↑、BC↑⊥n↑として解いたらいけない理由を教えて頂けませんか BCも平面内にあるのにどうしてでしょうか

  • ベクトル 空間における平面上の位置ベクトル

    こんばんは、公式??の内容みたいなことについて、質問です。 空間におけるベクトルABベクトル、ACベクトルは(AB、ACベクトル≠0ベクトル、 ABベクトル平行ではない)を満たし、三点A,B,Cを通る平面をHとする。 このとき、点PがH上にある⇔OPベクトル=OAベクトル +αABベクトル+βACベクトル と表される・ とありますが、どうして、ABベクトルや、ACベクトルはα、βを使って表しているのに、OAベクトルはそのままなのですか?? すみません、ベクトルが苦手で、低レベルな質問ですが、回答お願いします…

  • 平面の方程式

    原点O点と点P(2a+2b+4,4b+4,-a+3b+11)との距離の最小を求めよ。 という問題で、 OPの長さを求めて、a,bの最小値を求める方法ではなく、 平面の方程式ax+by+cz+d=0(外積、法線ベクトル等)を利用して解け。 と授業で言われましたが、わかりません。 よろしくお願いします。

  • ベクトルで困ってます

    座標空間内に4点A(1.2.3)B(3.-1.2)C(2.-3.-1)D(1.2.-3)があり、 3点ABCを含む平面をαとします。点Dを通り平面αに垂直な直線とαとの交点をHとする。 ①2つのベクトル↑AB↑ACの両方に垂直なベクトルを1つ求めよ ②点Hの座標を求めよ ③点Hを中心とする半径4の平面α上の円と直線ACとの交点をそれぞれP.Qとするとき 三角形HPQの面積を求めよ という問題がわかりません どなたか解説していただきたいです 答えは①(1.1.-1)②(-1.0.-1)③24√5/7です。 どうかお願いします

  • 平面ベクトルの方程式について

    教科書の練習問題ですが、以下のような式のときはどのように平面の方程式を求めたらいいのか教えてください。 次の2直線を含む平面の方程式は? x-1    y+2    z+3 ---  =  ---  =  ---  3     4     -5 x+1    y     z-1 ---  =  ---  =  ---  3     4     -5 この二つの方程式の方向ベクトルは(3.4.-5)であるのですが、それと解法とはかんけいがあるのでしょうか? とき方を教えてください。 答えは、13x - y + 7z=-6  となります。

  • 平面とベクトル

    空間内の3点O(0,0,0),A(2,1,-2),B(-2,3,-2)を通る平面πと 点P(5c、c+1、c-1}を考える。 (1)点Pが平面π上にあるように、定数cの値を求めて下さい。 (2)平面πに垂直な大きさが1のベクトル(単位ベクトル)eの成分表示を求めて下さい。 (3)Pは平面πにないとします。 点Pを通り平面πに垂直な直線lと平面π都の交点Hの座標を、 eを用いて表してください。 (4)Pは平面πにないとします。 平面πに関して点Pと対称な点Qの座標を、eを用いて表してください。 難しい問題みたいです…。 解ける方がいらっしゃいましたら、 解説お願いしますm(__)m

  • 平面上の方程式のついて

    こんな問題がありました。 ※↓AB=ベクトルABとさせてください。 問題 ↓OA=↓a、↓OB=↓b、┃↓a┃=┃↓b┃=1、↓a・↓b=Kのとき、線分OAの垂直二等分線の方程式を、媒介変数tと、↓a、↓b、Kを使って表す。 この問題の解説に、点Bから、線分OAに垂線をBHとするとあり、 ∠AOB=θとすると、K=cosθとなり、ここまでは、わかります。 次に、┃↓a┃=1であるから、 ↓OH=(cosθ)↓a=K↓aとなっています。 ここが、わかりません。 答えとしては、↓BH=↓OH-↓OB=K↓a-↓b よって、二等分線上を、点Pとして、 答え:↓p=1/2↓a+t(k↓a-↓b)となっています。 ↓OH=(cosθ)↓a=K↓aは↓OH=(cosθ)┃↓b┃と書いてはダメなのが分かりません。と、言うより、なんで↓aが出てくるんですか? もし、↓OH=k↓bと書くと、何か、まずいんでしょうか? それから、、┃↓a┃=┃↓b┃=↓a=↓bってことでしょうか? 申し訳ないですが、解説していただきたいです。よろしくお願いいたします。

  • ベクトル方程式

    いま、ベクトル方程式を勉強しているのですが、図に 疑問があります。 ベクトルAP=tベクトルABより、ベクトルp-ベクトルa=t(ベクトルb-ベクトルa) ベクトルp=(1-t)ベクトルa+tベクトルb なぜ、tベクトルAP=ベクトルABではないのですか? PがBより外にあったり、tが分数なら納得いくのですが 同じような疑問なんですがA(1、2) B(3、5)を通る直線があり、求める直線上に点P(x、y)をとると ベクトルAP=tベクトルABとありましたが、これはtベクトルAP=ベクトルABではダメなのですか? 教えてください。 お願いします。