• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

バイワイヤリング接続について

バイワイヤリング接続について いつも本当にお世話になっております。 オーディオ(特にスピーカー)の設置環境の見直しを行っています。 見直し方法等は、他の質問にてアドバイスいただき、実践しているところです。 (昨日は結局、部屋の大掛かりな模様替えをしました 笑) 今回の質問は、さらに根本的なところです。 素人質問で申し訳御座いません。 私が中古で購入したプリメイン PMA-2000 と、スピーカー CDM1 には+-各々2箇所の接続が可能です。購入時のニワカ知識で「バイワイヤリング接続」という言葉は知っていました。また、当サイトの他の質問を参照し、その仕組みとメリット、デメリットも何となく理解しました。 今回、模様替えの関係でスピーカーケーブルを購入しました。(詳しい名前は忘れてしましましたが、2500円/m) 切ってみると驚いたことに赤2本と白2本の計4本に分かれていました。(買うまで気づかなかった事は素人と思い、笑って下さい。) もしかして・・・バイワイヤリングできちゃう????? という嬉しい?状態です。 ここからが本題です 接続方法 アンプにも+端子2箇所、-端子2箇所があります。上から、LEFT + , - , + , -です。右も同様です。 スピーカーの端子には、ヘアピンのような金属が+同士、-同士で差し込まれています。(これがショートジャンパー??) このヘアピンのようなものを取り外し、アンプの+2箇所とスピーカーの+2箇所を赤同士で接続すれば合っているのでしょうか? それとも、そもそも4本に分かれているケ―ブルを、赤同士、白同士で束ね、アンプ、スピーカーともシングルで繋ぐべきなのでしょうか?そして、ヘアピンのようなものは取ってはいけないのでしょうか? 素人質問ですが、どうぞ宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数5731
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

>> 処分品で、500/m // 至れり尽くせり、ですね。 ただ、水を差すようで恐縮ですが、ことケーブルに関しては「高いから良い」という法則は成り立たないので、「高いのを買えば良くなるかも...」という期待は持たない方が良いと思います。アンプやCDプレーヤーの場合、少なくとも価格に見合った物量が投入されていることが多いですが... とはいえ、某L社(海外)は、某O社(海外)の$500のユニバーサルプレーヤーにカバーを被せて$3500で売っていたりするので、まあ、何というか、つまりそーゆーことです(ちなみに、某G社(海外)は、某P社(国内)の2万円程度のユニバーサルプレーヤーの中身を改造して、豪華なケースに入れて140万円で売っていましたが、これは紛いなりにも改造品なので、まあ許せる人もいるでしょう。L社の場合は、カバーを外したらO社製品が市販品のままの状態で出てきているので、さすがに非道すぎますね)。 閑話休題。 >> こういうケーブルもあるのでしょうか // 少なくありません。そのようなケーブルは、スターカッド型という構造のケーブルで、ほんらいは「赤2本ずつ、白2本ずつ、まとめて赤白各1本」という使い方をします。 これより単純なもので、赤1本・白1本をネジネジに絡ませたものがあり、ツイストペア型といいます。 さらに単純なのは、ただ単に平行に並べただけの(平型電源コードのような)ものです。 ツイストペア(スターカッドも)にするメリットは、1つはインダクタンス成分の低減、もう1つはノイズ耐性の向上、そして輻射ノイズの低減、です。他方、デメリットとして、キャパシタンス成分が増加します。その他、いろいろな要素を考慮して、ケーブルは作られています。 プロの現場では10m単位、100m単位で引き回す上に、照明装置などの電源と同居しているのでかなり違いが出ます。しかし、家庭用のスピーカーケーブルとして使う限り、長くても10m程度しか引き回さないはずなので、ツイストペアやスターカッド「でなければ困る」という事態は、ちょっと考えにくいでしょう。 ちなみに、スピーカーケーブルを延ばすよりはラインケーブルを長くした方が、理論上は、音質面で有利です。 スターカッド型のケーブルを分解、というか赤白1本ずつで2ペアとして使っても、バイワイヤリングで使う限り、特に問題ありません。バイワイヤリングは、「1台のアンプから、ツイーターとウーファーに別々に配線する」という方法なので、プラスとマイナスさえ間違わなければ良いからです。 ただし、本来の使い方からすると導体の断面積が半分に減るので、メーカーが意図した音にはならない可能性が高いでしょう。 他方、バイアンプの場合には、「2台のアンプで、ツイーターとウーファーを別々に駆動する」という方法なので、「高音側アンプのプラスと低音側アンプのマイナス」という配線は厳禁です。したがって、この場合にスターカッド用のケーブルを使うのは、誤配線の危険が高いので、良くありません。 >> 間違って繋ぐ場合(アンプ背面Aの+ → スピーカーツイーター+。アンプ背面Bの+ → スピーカーウーファー+)に // それが正しい配線だと思うのですが...?(高音・低音は、A・Bのどちらでも構いません) 高音側と低音側でプラス、マイナスが入れ替わるのは、良くありません。スピーカーやアンプが故障する可能性がないとはいえず(ほとんどないと思いますが)、そうでなくとも音質面では大きなデメリットがあります。技術的な話は省略しますが、ウーファーとツイーターの繋がりが悪くなります。 なちみに、シングル接続時の「たすきがけ」に関しては、「音質が良くなる理由」は見いだし難いでしょう。もちろん、聞いて良ければ結果オーライですが、科学的に見て良くなる理由を説明することはできないと思うので、再現性はない、ということになります。 シングル接続時に、アンプから、先に高音側に繋ぐのか、低音側に繋ぐのか、という議論もありますが、これもあまり要領を得ません。試してみて結果オーライ、ということになるでしょう。 バイワイヤリングやバイアンプ駆動に関しては、科学的なレベルでも(人間の識別可能な違いかは別にして)説明できないではない、という感じですが...(理屈の上では、シングルよりバイワイヤの方が優れているといえるでしょう。ただ、「好みに合うかどうか」は、もちろん別問題です)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

度重ね、有難うございました。 先程まで、あれやこれやと試してみました。 導線をねじってはほぐしを繰り返しすぎ、抜けが多くなって再度皮むき・・・。 スピーカー側を先に接続し、アンプの配線を試してみたら、組合せによってウーファー、ツイーターの鳴りからどちらがどちらなのかを見つけることができました。 しかし、最終的に自分が納得できたのはシングル接続でした。 理由は何となくです・・・笑 ただ、本当に何となくですが女性ボーカルのR&Bを聞いたら?聞きながら配線したら、 伴奏は伴奏、声は声と役割がはっきり聞こえた・・・気がします。 現在はCDP→光→借り物DAC→アンプで聞いているため、聞き比べにはアンプのダイヤルでCDとAUXをガチガチ変更しています。 つい先程、突然曲の低音が思いっきりこもるようになってしまいました。 何だか嫌な予感が・・・。壊してしまった??? 本日は忘れて寝ます。明日、起きたら直っていますように・・・。 ご回答、有難うございました。

関連するQ&A

  • バイワイヤリング接続?

    先日、AVアンプと5.1chスピーカーをついに購入したのですが、バイワイヤリング接続?とかいうしくみがわからず、とりあえず普通にスピーカーとアンプを2本で接続しています。アンプの方もスピーカーA+Bというそれらしい出力があり、どうも4本で接続すると音が格段に良くなるといった説明があるのですが、。 なんかこのバイワイヤリングによる接続をしてないのは損しているような気がしてなりません。しかしアンプには12Ω以下はだめと書いてあり、スピーカーは6Ωなのです。 どなたか詳しい方、よろしくお願いいたします。 ちなみにAVアンプはYAMAHA DSP-A5、スピーカーはDENON SC-T555SAです。

  • バイワイヤリング接続について

    素人的な質問ですみません。 バイワイヤリング接続って今までアンプが2つないとできないものだと思い込んできましたが違うんでしょうか? 普通のミニコンポでもスピーカーさえ対応していればバイワイヤリング接続ってできるんですか?

  • バイワイヤリング接続

    バイワイヤリング接続したくてアンプ側の一端子に 線を2本差し込むんですがこの2本は練り合わせたようが良いのでしょうか?それともそのまま2本普通に差し込むだけで良いのでしょうか?

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • nijjin
  • ベストアンサー率26% (4102/15208)

>まだ試していない組み合わせがありますので、この配線を基準に色々試してみたいと思います。 オーディオは聴いて見るまで分からないものですから色々と試行錯誤するしかないです。 何より聴くのは自分ですから自分が一番いいと思う音意外はどんなに評価の良いものでも 自分がいいと思わなければNGの世界です。 良い結果が出るように色々と頑張ってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難う御座います。 頑張ります!

  • 回答No.4
  • hideo3
  • ベストアンサー率38% (20/52)

K-863様  御購入になられたケーブルは、本来、バイワイヤリング様に設計されたケーブルではなく、4心の対角にある導体を端末でショートして使用する、専門的には”重信回線”という使い方を意図しているはずです。 バイワイヤリング用に設計されたものでしたら、4心の絶縁体の色を区別できるよう変えてある筈です。  御購入になられたケーブルでも、先に御回答された方々が示されたように使用は出来ますが、プラスマイナスの位相が狂わないように注意する等の配慮が必要です。  ちょっと専門的に成りますが、4心のケーブルは隣接した2心を使った場合と、上記した重信回線で使用した場合では、ケーブルの減衰量は変わりがありません。但し、音質的には、導体抵抗が支配的か、静電容量が支配的か、の違いが有りますので違ってきます。4心ケーブルをお使いの方は、ちょっと試してみると面白いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

hideo3様 ご回答有難う御座いました。 早速、スピーカー側の配線を変更してみました。 これまではアンプA側の各端子に重信接続し、スピーカー側は各色事に4箇所へ配線していました。 ケーブルを5cm程切断し、スピーカー側で赤2本、白2本を各々束ねてジャンパー接続。(上下) その後、アンプから出ているケーブルをスピーカーウーファーへ接続(下側)してみました。 昨日、あれ?アンプ壊しちゃった?と思った低音の抜けが解消できました。 面白くなって、片方のスピーカーのみの配線を変えては、アンプのBLANCEにて左右を聞き比べ、また配線し直して・・・。 これまであまり「音質の違い」が感じることができなかった私ですが、この配線変更では音質の違いが分かりました。(単純に、これまで如何に適当に繋いでいたかが原因だと思いますが・・・) 特に低音のこもり、抜け。そして高音?ボーカルの部分で違いがあったように思います。 結局、現在はアンプはAで赤2本、白2本を各々束ねて+-端子へ。 スピーカー側も各色で束ねた物をウーファー部へ。ツイーターとウーファーはケーブルで上下を繋ぎ、何とか納得の領域に・・・。 まだ試していない組み合わせがありますので、この配線を基準に色々試してみたいと思います。 貼っていただいたリンク、大変参考になりました。 有難う御座いました。

  • 回答No.2
  • nijjin
  • ベストアンサー率26% (4102/15208)

そのケーブルは同色系が2組ありませんか? その手の4芯ケーブルは同系色2本づつ使うのが基本となっています。 (赤、薄赤で+、白、薄白で-といった具合) 中には色が4つとも違うのもありますが基本は同じです。 バイワイヤリングは本来はアンプ2台を必要とします。 もしくは1台でA、Bの出力が独立したアンプ(内部で2つのステレオアンプがある状態)か バイワイヤリング接続が考慮された構造になっているアンプが必要です。 PMA-2000自体はバイワイヤリング対応となっているようですので対応した作りになっているので問題ないようです。 スピーカーのショートバー(あるいはケーブル)を外しA、BをそれぞれHiとLoどちらかに接続します。 (出力AをスピーカーのHiのLRに、BをLoにといいった具合) 必ずスピーカーのHi、Loを結んでいる導体を外してください。 そうしないとバイワイヤリングにはなりませんので。 http://www.audio-heritage.jp/DENON/amp/pma-2000.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有難う御座いました。 リンクまで貼っていただき、有難う御座います。 先程、再確認しましたが、やはり赤、白を区別する色の違いや、それに変わる印も見当たりませんでした。 残念ですがシングルで繋いでみようと思います。 シングルで繋ぐ場合、「たすきがけ」(スピーカー部)がいいと聞きましたが、 これは何故なのでしょう・・・。 ってやってみれば!という諸先輩方の声が聞こえてきそうです 笑 有難う御座いました。

  • 回答No.1

2500円/mですか...ずいぶん高価なケーブルですね。 繋ぎ方は、添付画像の通り、[A]から1組、[B]から1組、です。 スピーカーケーブルが4芯とのことなので、たぶん4通りに色分けされているはずですが、もし2本の赤と2本の白といった具合で組み合わせが判然としなければ、右側のように、アンプ側は1つにまとめてしまっても構いません。 スピーカー側のショートバー(ジャンパー)は外します。これを外さないと、バイワイヤリングの意味がなくなります。 ちなみに、これまで使っていたスピーカーケーブルを併用することも可能です。たとえば、今回購入したケーブルをスターカッドで使って(アンプ側、スピーカー側ともに赤2本、白2本でまとめてしまう)ウーファーに繋ぎ、これまでのケーブルでツイーター側を配線する、などです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

Yorkminster 師匠!って勝手に申し訳御座いません。 2500/mのケーブル、確かに高価です。普段の私の金銭感覚なら買いません。 しかし、いつものショップの処分品で、500/mで売ってくれました。 先程、ケーブル内の配線の色を確認しましたが、やはり赤、白の2本です。 また、よくある赤に黒線のような判別できるものがありませんでした。 (こういうケーブルもあるのでしょうか) このままでは、どの赤とどの赤かが、入り口 出口で判断つきませんよね。 っということで、アドバイスいただいた通り、アンプへ1本にまとめました。 因みになのですが、このように判別できないものを、間違って繋ぐ場合 (アンプ背面Aの+ → スピーカーツイーター+。アンプ背面Bの+ → スピーカーウーファー+) に、音質の変化は出てしまうのでしょうか。 (やってみれば・・・っと言われてしまいますね) 有難う御座いました。

関連するQ&A

  • スピーカーのバイアンプ接続とバイワイヤリング接続

    AV初心者ですので基本的な質問ですみません。 バイアンプ接続対応のエントリークラスのAVアンプ(ONKYO TX-SA606X)を所有しています。 それでスピーカーを捜しているのですが、スピーカーの表記にはバイワイヤリング対応は謳っていてもバイアンプ対応を謳っているものがありません。 KEF iQ3 ONKYO D-508E など・・・ それで教えて欲しいのですが、 1.バイワイヤリング対応のスピーカーは、アンプ側が対応していればバイアンプ接続できるということでしょうか? 2.音的にはそれぞれ何か変化はあるんでしょうか?(例えば高音が綺麗とか・・)    a) 1本のスピーカーケーブル→スピーカー(接続プレートのまま)    b) 2本のスピーカーケーブル→スピーカー(バイワイヤリング)    c) 2本のスピーカーケーブル→スピーカー(バイアンプ) 3.上記3パターンの場合、どれがお勧めなんでしょうか? すみませんがよろしくお願いします。

  • バイワイヤリング接続で

    今バイワイヤリング接続のスピーカーを使っています。 2組接続する部分がありますが1組しか使っていません。 ここで質問なんですが、 もう1組端子が余っているのでAVアンプのスピーカーにもしたいと思ってます。 音楽鑑賞のアンプのケーブルは下につないで AVアンプのケーブルは上につなぐとゆう感じです。 片方使ってるときは片方OFFにしないといけないのは分かってるんですが こうゆう使い方って音質がおちるんでしょうか?

  • バイワイヤリング非対応のスピーカーと対応のアンプに接続する時・・

    表題の通りなのですがバイワイヤリング非対応のスピーカーと バイワイヤリング対応のアンプがあります。 これをバイワイヤリングでつなぐことは可能でしょうか? やはりシングルワイヤリングでしか接続はできませんでしょうか? またもし可能でしたら接続方法がわかりましたらお教え下さい。 オーディオにはまだまだ初心者で稚拙な質問かもしれませんが スピーカーケーブルが余っていることと アンプ側にあるスピーカー端子の「AとB」の2組両方を使いたいと思い 投稿させて頂きました。 皆様のご意見をお待ちしております。

  • バイワイヤリングのケーブル

    いつもお世話になります。 バイワイヤリング接続のことですが、20年ほど前に購入したスピーカーケーブルがあります。 この度、バイワイヤリングできるスピーカーが手に入り試してみようと思うのですが、1つのスピーカーに2本のケーブルが必要ですよね? 手持ちのケーブルは、短い為半分に切り計4本にすることが出来ません。 20年前の物なので、購入は困難です。 そこで、新たに安価なケーブルを2本購入し、既存のケーブルと混同して使用するという事は可能でしょうか? よろしくお願いします。

  • 擬似的にバイワイヤリング接続

    今使っているアンプはバイワヤリング接続に対応してないんですが、スピーカーは対応してます。 そこで擬似的にバイワイヤリング接続をしたいと思うのですが、アンプが25W+25Wでちょっと非力なんです。 これでも擬似的にバイワイヤリング接続にすれば通常よりは音質がよくなると思いますか?

  • バイワイヤリングスピーカーのΩ数は?

    現在、YAMAHAの古いアンプA-9 http://www.audio-heritage.jp/YAMAHA/amp/a-9.html のスピーカー端子Aに高音部8Ω、低音部6Ωのスピーカーをバイワイヤリング接続をしていますが、Ω数はこれで問題ないのでしょうか?端子A、端子Bに分けて接続する方が良いのでしょうか? また、A端子のみでバイワイヤリング接続をしている今の状態のまま、B端子に6Ωのスピーカーを追加しても大丈夫でしょうか? 間違った接続をしてアンプに負担をかけたくないのです。 どなたかご存知の方、ご教授ください。宜しくお願いします。

  • バイワイヤリングについて

    マランツのPM5004というアンプを購入予定なのですが、バイワイヤリング接続させるためにスピーカーA・Bを同時に鳴らせるでしょうか?

  • バイワイヤリング接続について

     いつもお世話になっています。現在5.1ChのAVアンプ(スピーカのフロントA+B端子付)をもっていますが、取扱い説明書にバイワイヤリング接続の方法について、説明書きがありました。  簡単な紹介や方式など読めば、それなりに内容や接続方法はよくわかるのですが、このような方式のスピーカをあまり店でみたことがありません。私が、知らないだけかもしれませんが、ネットでみれば、中古品は出ているようです。  これから、この接続に対応したスピーカを試しに導入しようと検討しているのですが(一概にいえるものではないとは思いますが)この方式のスピーカの変更による音の良し悪しやメリットやデメリットや通常の1系統のスピーカに比べての普及率や個人で使用している方(メーカーなどおすすめかどうか)、いろんなご意見を伺いたいと思うので、よろしくお願いします。

  • これでバイワイヤ接続…出来る?出来ない?

    B&W 686と言うバイワイヤリング対応?のスピーカーを使っていて、 これをケンウッドR-K801-Nと言うアンプ内蔵のレシーバーで鳴らしてます。 バイワイヤリングの効果については賛否両論あるようですが、 ちょっと興味あるので出来るなら試しにやってみようかと思ってます。 が、このシステムでバイワイヤリングは不可能なんでしょうか? 未だにバイワイヤリングの構築方法を完全には理解してないんですが…(^o^;) スピーカーケーブルは、カナレの4S6・4S6G・4S8あたりを使おうかと思ってます。 できるかどうか?と、出来るなら接続方法を教えて頂ければと思います。 「バイワイヤなんて効果ないから、素人がやっても無駄!」とか 「バイワイヤしたかったら、システムを再構築しろ!」みたいな厳しい指摘も歓迎です(笑) それと、もし出来ない場合。 スピーカー側の端子はHi/Loはどっちに繋ぐべきなのでしょうか? よくわからなかったので、Lo側に繋いでいるのですが…

  • バイワイヤリング の意味を教えてください

    2ways 、あるいは、3ways といったオーディオスピーカー装置で、そのボックスの裏側にある接続ターミナルについて、“バイワイヤリング” という言葉をよく聞きますが、“バイワイヤリング” の接続とはどういう接続を意味するのでしょうか? バイワイヤリング というからには、かたや、シングルワイヤリング と呼ぶ接続もあるのでしょうか?