TOEICに意義あり!!

TOEICに意義あり!! 多くの日本企業は英語のレベルを見るのにTOEICの点数を参考にしています。 私は以前、IEL...

nostalgia_past さんからの 回答

  • 2010/09/26 08:43
  • 回答No.16
nostalgia_past

ベストアンサー率 38% (8/21)

あ、三回目になった。ごめん。

ひょっとして質問者さん、
なんだかもう、嫌になって回答を見に来てないかもしれないけど一応投稿。

アイエルツ(IELTS)よくわからないから調べたけど、
ブリティッシュカウンシルがやってる『留学者向け』の資格ですよね。

だったら、ビジネス英語力をためすTOEICとは比較できないですよね。

アイエルツと比較できるのって、トイックよりトイフルですよね。

就職組で、スピーキング・ライティングためしたかったら、
アイエルツよりTOEICのSWテストのほうがいいですよね。

私、アイエルツは関係ないわσ(^^;)
お礼コメント
noname#131584
すみません、質問をほったらかしにしていました。
TOEICとTOEFULのように、IELTSは留学向きとビジネス向きの二つがあります。
TOEICとTOEFULはアメリカで知名度があり、IELTSはヨーロッパ・オセアニアで知名度があると聞きました。
投稿日時:2010/10/07 19:15
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
  • 次にどの英語力を目指すべきか 英語

    英語の勉強を本格的に行って2年。当初は560点だった英語が、現在は865にまで到達しました。 これまでの勉強法として、TOEIC中心に始めてから最近では、リーディングはJapan timesをリスニングはアメリカのドラマを英語のサブスクリプトで見たり、NHKworldnewsを見たりしています。 TOEICの内訳は、リスニング425、リーディング440でこのときのリーディングはかなり手ごたえがあったのでいいのですが、リスニングは実際ここまでの実力があると思っていません。 前置きが長くなりましたが、質問は次にどのレベルの英語力を目指すべきかということです。 そして、そのために何をしたらいいのかということです。 自分としては英語力はまだまだと思っています。 抽象的な質問で申し訳ありませんが、こういう経験をしてこられた方、ぜひアドバイスをお願いします。...

  • IELTS 6点とは 英語

    大学受験でIELTS最低6点必要なのですが、これはTOEICや英検でたとえるとどれくらいのレベルになりますか? とくにTOEICはジャンルが違うので比べにくいと思いますが大体でいいので教えてください。 あと、IELTSは何について出るのですか? リスニング リーディング スピーキング ライティングがあるのは知っています。 例えばTOEICならビジネス関係TOEFLは学校で習うような内容ですよね?理科などの専門用語とか。 語学学校でIELTS classにいた時はTOEFLに近いような内容だった気がします。 ちなみに今留学中なのですが、2年ほどの留学で正直英語力には自信がありません。 今1年半もいるのに勉強不足で。 後、8点9点はネイティブでも難しいとネイティブの先生から聞きました。 2年ほどの留学の英語力で6点は難しいですか? もちろん人によりますし、頑張り次第だと思うのですが 1年真剣に勉強したとして、6点取れますか?...

  • ただの民間資格になぜみんな熱狂するのか? TOEFL・TOEIC・英語検定

    この前、TOEIC受けました。760点でした。4月前受けました。460点でした。 前回はじいちゃんの発音が不明瞭で、リスニングがほとんど分からなかったです。それが尾を引いて、文法、リーディングもずたずたでした。結構勉強していたのでショックでした。今回はほかの勉強に忙しく、参考書を開く時間もあまりありませんでした。リスニングは多分くらーくさんで聴きやすい英語でまあまあの得点が取れました。文法、リーディングはよくわからないので、参考書に書いてある通り、コーチの助言に従ってマークしていったらまあまあの点は取れてました。けれど前回と今回とで300点もの得点差が生まれるのがおかしい。これがまともなテストなのでしょうか? 本屋に並んでる参考書はいかにして楽をして高得点を取る方法の解説ばかり。本当に日本人の英語力がこんな方法でで上がると思いますか? 私は思いません。私には10年来のオーストラリア人の友人がいますが、彼は今では日本語ぺらぺらですが、来日当初はかなり奇妙な日本語を使っていました。好奇心の塊で徐々に日本語は上達してきましたが、助詞、助動詞、間接詞には苦労していました。いまはスピーキングでは全く不自由がないようですが、いまだにリーディングに苦労しています。漢字、カタカナの使い方がよくわからないようです。貿易の仕事をしていますが、必ず日本人に推敲してもらってから相手の会社に送るそうです。 いま、日本ではTOEIC全盛ですが、TOEICテストで日本人の英語力が上がるのでしょうか?私はそうは思いません。選択肢が少ないため、 ひっかけ問題が多用され、正解できる能力のある人が間違いになり、さっぱりわからない人が正解になる可能性がある。どうでもいい文法用語にこだわりすぎる。(AだろうがANだろうがTHEだろうが、倒置だろうと なん でもええやんか、仮定法過去完了なんて絶対使わないと思う。だから仮定法過去完了のリスニングはできなかったらいけないと思うけど使わないから、外国人が話す仮定法過去完了の文法上の間違いを指摘する必要はないと思う。それに試験の最中メモもとらせてくれない(なんとかスーパーです、いま5番通路ではかんずめを5個買えば20パーセントサービス、肉屋ではスペアリブが通常一個10ドルが5個30ドルです。さて缶詰とスペアリブではどちらのほうが割引率が大きいでしょう、、、おぼえてないっちゅうに。メモとらせてくれんと中年のおっさんは暗算ができんのじゃ と叫びたくなります。 まあ、ながなが書きましたが、TOEICによって日本人の英語能力が高くなったという話は聞きません。勉強している人は勉強してるし、こんなつまらんものに金払えん という人はしていないだろうし。しょせんペーパーテストで英語力は測れないと私は思います。オーストラリアのホテルで働いていたアジア系(おばちゃん)の英語力は大したものでした。何カ国の外人をあいてに あんたはあっち あんたはこっち あんたまだ金はろうてへん(英語です)丁々発止の大活躍をしてましたが、あのひとがTOEICの試験を受けても大した点は取れないと思います(おそらく300点くらい) TOEIC800レベルでも実際の英語は喋れない、聞けない人はたくさんいます。私たちは何でこんな不完全なテストに眼の色変えて挑戦しているのでしょうか?10点上がった、20点下がったなどと一喜一憂しているのでしょうか?やはり英語能力というよりは情報処理能力の高い学生を取りたい企業の戦略でしょうか?とにかく私は日本人の英語能力向上のためにTOEICは百害あって一利なしだと考えています。もっと他にすることがある。 もっと他に方法があると思います。TOEICはTOEICの会社の人のお金儲けのために存在している。それに便乗していろんな出版社や英会話会社が便乗しています。今の状況を誰か変えてください。...

  • リスニングができない。耳がおかしいのでしょうか。 英語

    英語のリスニングに関して努力が実にならないので質問させてください。 2年前から英語を勉強し直しています。当時の英語力は高校卒業程度だったと記憶しています。 good language learner (GLL)の研究によると、学習初期から中期は「深く、細かく聴く」、中期以降は「浅く、広く聴く」とのことだったので、初期はテキストを見ないでリスニングしてからわからなかったところをテキストを見て確認、オーバーラッピングやシャドーイングなどをしていました。その後は、テキストでの確認は特にせずに、comprehensible inputを意識して理解できる音源を1日平均3時間ほど聞いています。 この多聴によって発音とリーディング速度は向上した感覚があるのですが、リスニング能力が向上しません。先月受験したTOEICのリスニングは325点でした。 語彙はある程度ありリーディングはリスニングと比べると得意なので、リスニングで理解できなかったものでもスクリプトを読めば理解できます。リーディング速度は150wpm程度なので文法解析や内容把握よりも音声認識に問題があるのかもしれません。 リーディングとリスニングの差を埋め、読めるレベルのものなら聴いて理解できるようになるにはどうすればよいでしょうか。お知恵を拝借させてください。...

  • 英語初心者は4つの力のうち何の比重を大きくすべき? 英語

    英語初心者です。 英語には基本的に4つの能力があると思います。 読む(リーディング)、書く(ライティング)、聞く(リスニング)、話す(スピーキング)です。 英語の初心者が、これから勉強するにあたっては、 どの能力の勉強の割合を、時間的に多くとるのがよいのでしょうか? すべての能力はお互いに関連しているだろうし、 何か一つがかけても成立しないのは想像できます。 また、自分が何を目指しているかでも違ってくると思います。 例えば翻訳家になりたければ、リーディングやライティングの比重が大きくなるだろうし、 外資系企業で営業マンをやりたければ、スピーキングの比重が大きくなるとは思います。 TOEICやTOEFLなどの点数をあげたい場合や、 留学をしたい場合、英語サイトを理解できるようになって ネットビジネスに生かしたい場合などでも、それぞれ比重は異なってくると推測します。 さらに、どのレベルの翻訳家を目指すか、 どのレベルの営業マンを目指すかなど、 目指すレベルでも変わってくるとは思います。 「目的は何か」「どのくらいのレベルを目指すか」という2つの変数で 最適な勉強法は変わると思うのですが、 それを踏まえたうえでも、あえて、 「初心者(ここでは中学校1、2年レベルの英語は理解している人とします)」が、 とりあえず、中級者~中の上くらいになるのを目指すとした場合、 4つの能力のうち、どの能力の学習に比重を強めるべきだと思われますでしょうか? 繰り返しですが、4つとも必要だろうとは思います。 しかし、100の持ち時間があるとして、 読む(リーディング)…25 書く(ライティング)…25 聞く(リスニング)…25 話す(スピーキング)…25 というふうに均等に学ぶべきなのか、 それとも 読む(リーディング)…60 書く(ライティング)…20 聞く(リスニング)…10 話す(スピーキング)…10 というかんじで、まずはリーディングに比重をおくべきなのか、 このような意味合いのことが知りたいです。 もしかしたら、どの道から登っても たどり着く山頂は同じなのかもしれませんが、 効率の良い勉強法、という意味で、お聞きしたいです。 また、「継続できる勉強法があなたにあった勉強法」という回答は避けてください。 どの方法でも、「私は継続ができる」という前提として、お願いいたします。 何卒ご教授お願いいたします。...

ページ先頭へ