• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

灯油の発火温度は何度ですか?

灯油の発火温度は何度ですか? うちはボイラーを使ってますが夏場灯油タンクが一時的に直射日光にさらされるためかなりタンク内は高温になってるんじゃないかと心配してます! 爆発の危険とかありますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数32273
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

他の方の回答にあるように、灯油タンクに直射日光が当たるくらいでは、自然発火する温度にはなりません。ただし、灯油の引火点規格が40℃となっていますので、これ以上の温度になると、自然発火はしませんが何らかの着火源があれば引火する可能性はあります。 灯油の温度が高く、灯油蒸気の濃度が十分高ければ、爆発濃度を超えて着火しませんが、灯油の引火点付近では密閉されたタンク内でも爆発混合気を作ります。灯油をつぎ足したときに静電気が発生したり、誤って金属部品を落として発生した火花などで着火、爆発する可能性があります。実際に事故の例があります。 灯油タンク内の温度は引火点を超えない範囲で管理することが基本です。 他の方の回答を一部修正する内容で申し訳ありませんが、安全に関することなので。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 残った灯油について

    お世話になります。 昨年の冬に購入した灯油が約10リットル程度ポリタンクに残っています。 ガソリンスタンドでは処分してくれず、やむなく自宅に置いてあります。 質問ですが、保管場所として次の何れが好適でしょうか? 一長一短をしまします。 アドバイスを宜しくお願い致します。 <保管方法案1> 南向きのベランダに置き、銀色のカバーで覆う。 (直射日光が当たるので自然発火しないか不安です。一方で大気開放につき仮にタンクのキャップが緩み、ガス漏れた場合は拡散し安全と考えても大丈夫でしょうか?) <保管方法案2> 屋内の北側の部屋に置く。タンクはむき出し。 (直射日光は当たらない。クーラーが無い部屋につき今夏は特に暑く、33℃程度になっています。就寝時以外は窓を開け且つ扇風機を回しています。一方で仮にタンクのキャップが緩み、ガスが漏れた場合、照明スイッチが着火スイッチにならないか懸念しています。)

  • 灯油の保存

    私の家では、4月上旬に買った灯油が12リットルほど余っています。直射日光の当たらない玄関に、タンクのふたもきちんと閉めて保存しています。さて、これを数ヶ月保存して次の冬に使っても大丈夫なのでしょうか。教えてください。

  • 持ち越し灯油について

    昨シーズン残った灯油をポリタンクに10Lほど残したままにしていました。 直射日光は当たらない場所に置いてました。 でも、ポンプを差したままキャップを開けてました。 石油ファンヒーターに使うと、気化器が壊れるので止めようと思います。ポット式だったら壊れにくいと書いてあるのですが・・・どこのメーカーのものかな?家には、ダイニチ、トヨトミ、コロナの3台ありますが。。。。 捨てるのももったいないので、ノーリツの給湯器の灯油タンク(200L)に少しずつ薄めて使おうかと思いますが、やっぱりまずいですかね? 分かる方教えてください。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • epsz30
  • ベストアンサー率50% (1514/2977)

灯油の引火点は40℃、発火点は220℃です。 素人でも解る様に簡単に説明しますと、 灯油というのは液体が燃えるというイメージがありますが 実際は灯油の液体が直接燃えるのではなく、 灯油から発した気体が燃えるという事を覚えておいてください。 ※ ガソリンの引火点は-43℃、灯油は40℃ですが これは、ガソリンは-43℃という低温から気化し、 灯油は40℃から気化するという事を指しています。 灯油は40℃以下では気化しないので常温で火を近づけても火が付かない訳です。 そして、灯油の気化した気体があるだけでも火は付かず、空気(酸素)と 灯油の気体が一定の濃度になった時だけ火が付くという法則があるので 灯油の気体濃度が濃すぎても火が付きませんし、 逆に酸素濃度が多すぎても火が付きません。 つまり、灯油の気体と酸素の濃度が一定条件の範囲内でなければ 火種があっても火が付かない訳です。 したがって、密封されたタンクであれば いくら灯油の温度が高くなろうが、そのタンク内では灯油の気化したガス濃度が濃すぎて 酸素割合が低くなってしまう為、火が付かないという現象を起こします。 ※ 燃える物があっても酸素が無い&少なければ火が付かないので。 ですから、密封されたタンク内ではどんなに高温になっても 灯油の濃度が濃すぎる状態になってしまうだけなので火が付く心配はほぼ要りません。 ※ ただし、密封されていない状態では灯油の気体が外に漏れ出すので 漏れ出した先で酸素と灯油の気体との混合率が燃焼可能な濃度に達すると そこで火が付き、見た感じではタンクから火が噴出しているような状態になります。 その様な状態になると火の火力により益々灯油の温度が高くなるので タンク内ではどんどん灯油の気化が激しくなり、灯油タンクの内部圧力限界に達すると そこでタンク爆発が起こります。 もし、密封状態のタンク内の灯油が熱せられ気化が激しくなると タンクの膨張・場合によっては爆発、という事も考えられますが まともな商品内部圧力が一定以上になると圧力が開放される仕組みになっているので 日光の熱程度の温度では爆発まで起こる危険は非常に少ないと考えて良いです。 先に言った様に灯油の引火点は40℃発火温度は220℃と比較的高温なので 灯油が40℃以上にならなければ気化する事も無いですし 40℃以上になって灯油の気化が始まっても、灯油タンクは内部圧力も想定して 設計されているので直火で直接タンクを熱するという無謀でもしない限り 爆発の心配は要らないと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい回答ありがとうございます。 とりあえず安心しました

  • 回答No.1

灯油は、自然発火いたしません。 また引火点は、摂氏40度以上ですので 常温で引火する可能性は、極めて低いそうです。 以下URLを、参照して下さい。 灯油 by Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%81%AF%E6%B2%B9

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました

関連するQ&A

  • 物置への直射日光

    物置に直射日光が当たります。 わずかですが、物置にガソリンを保管しようと思っています。 夏場に物置に直射日光があたると高温になりますよね? となるとガソリンの保管は危険かなと思っています。 直射日光が当たらないようにするにはどうしたら良いでしょうか?

  • ディスプレイの耐熱温度は

    2年ほど前からカーナビを使用しています。 この季節、ダッシュボード上にあるディスプレイは 直射日光に照らされて、触れないほどの高温になります。 あの液晶ディスプレイって、どのくらいの温度まで 絶えることができるのでしょうか? まあ、実際に使っていて不具合は出ていないので、 それなりの高温には耐えられるとは思うのですが、 ちょっと心配なのも事実です。 やはり、駐車するときにはディスプレイカバーを 付けておいた方が良いのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 真夏での電動自転車の駐輪について

    初めて電動自転車を購入したのですが、高温の場所での駐輪について質問があります。 居住するアパートの駐輪場は、簡易的な屋根があるだけの屋外で、直射日光が当たる場所です。 最近の猛暑で、日中は駐輪している自転車がとても熱くなり、バッテリーもかなり熱くなります(触れないほどではないです) よくスマホのモバイルバッテリーが、高温下で破裂や発火するニュースを聞きますが、電動自転車のバッテリーは、真夏の直射日光に当たっても破裂や発火はしないのでしょうか? 購入した自転車は国内有名メーカーで、バッテリーはリチウムイオンです。 メーカーの説明書には、「高温の場所ではバッテリーの劣化が早まる」「火気に近づけない」ぐらいしか書いてないのですが、直射日光では発火などの心配はしなくても大丈夫ですか? よく行く駅やスーパーの駐輪場も日光が当たる場所で、そこで電動自転車を長時間置くのも不安になっているのですが、バッテリーをわざわざ外して持ち歩く人はいないと思うので、考え過ぎているのでしょうか。 バッテリーの劣化が早まるだけならあまり気にならないので、発火の心配がないなら、通常は取り外さず自転車に付けたままで良いですか? とても心配性なので、教えて頂けると幸いです。 よろしくお願いします。

  • 今年の5月までヒーターをつけていました。

    今年の5月までヒーターをつけていました。 その際また冬も使うから少しの間だしと思ってすべてを使い切らずに また箱に納めて今残った灯油で使っています。 ここで本題なのですがポリタンクに残っていたやつは使えるのでしょうか? というのがおばぉあちゃんが家に来た時に ベランダで直射日光に当たっているタンクを持ち上げて 「これはもう使ったらだめだよ。灯油は直射日光に当てちゃだめなんだよ」と 教えてくれたのですがたったの5カ月程度のことです。 そんなすぐにダメになるのでしょうか??だめになるって何がダメになるのでしょうか?? だめになっていたとしたら見わけなどありますか? 処分になった場合は購入先でお願いしたら料金は発生するのでしょうか? よろしくお願いします。

  • ストーブの中に残った灯油は?

    以前の質問をチェックして、ポリタンクに残った半端な灯油はキッチリと蓋をしめて、ビニール袋などでくるんで直射日光の当たらない日陰で保管すれば、事実上はOKと分りました。 ところがストーブの中に残った少量の灯油なんですが、そのままストーブ内部に残したままビニール袋にくるんで押入れに仕舞いこんで大丈夫でしょうか? それともポリタンクの中にまた移した方がいいのでしょうか (邪魔くさいんですけど ・・・)?

  • ロフトの暑さ対策何かありますか?

    今は寒い時期なので良いのですが、ロフトが我が家にあるのですが、夏場はとても暑くなります。ロフトから直射日光が入ってくるので何とか工夫して直射日光対策をして今年の夏場は去年よりも暑くならないようにしたいのですがアドバイスありましたら宜しくお願いします。

  • 灯油ボイラーを取り付けようと思うのですが。

    台風23号の被害で灯油ボイラーが水没してしまいました。とりあえずLPガスの給湯器を付けたのですが、ランニングコストが高いので、灯油ボイラーを考えております。ボイラーとタンクは何mまで離せるのでしょうか。ちなみに壊れたボイラーはボイラーとタンクを約10m話しておりました。23mぐらいは無理でしょうか。

  • コンテナ内の温度について

    コンテナ内の温度について 荷物をコンテナで輸送したいのですが、直射日光によっても変わるかもしれませんが、夏場のコンテナ内の温度は、外気温に対してどれくらいになるのでしょうか? また、船便で赤道を越えるとなると、相当な温度になると思いますが、実際にはどれほどになるのでしょうか? わかる方、教えて頂きたいです。宜しくお願いいたします。

  • 発火について

    すみません、いくつか質問させて下さい。 水よりも発火温度が低い物質は存在するのでしょうか? 水中で発火する場合は水の中の酸素を助燃剤として、または水素に着火してしまうと、とんでもないこと(爆発)になりますか? また、リンなどは発火温度が低いと言いますが、その低い温度で燃えている炎に、たとえば紙などを近付けたら燃えるのでしょうか? 発火点が低いということはそれで発火した場合、その炎自体の温度も低いとしたら紙を近付けても燃えないんじゃないかなぁと思いまして。。。 いくつも質問をしてしまって申し訳ありません! どうかよろしくお願いします!!

  • 灯油式ボイラーで灯油代節約したい

    最近、中古物件を購入しました。 そこの給湯機は灯油式ボイラーでした。(前回はLPガス) この間、灯油の請求が来たので見てみると高い・・・。 嫁いだ姉にも「高すぎるんじゃないの?」と言われました。 お風呂と朝の洗顔の時間以外は必ずボイラーの電源を切るようにしてましたが、予想以上に灯油を使っていたのでびっくりしました。 それで質問です。 冬場は凍結防止の為に一番低い温度で付けっぱなしにするつもりでいますが、夏場は灯油ボイラーというのは小まめに電源を消しても良いのでしょうか? それと、お風呂を入れる時は「高い温度のお湯を3分の2位まで入れて あとは水を足す」方法と、「最初からお風呂の適温で全量入れる」のではどちらが灯油代の節約になるでしょうか? 前回住んでいた人が高めの温度を常に設定していたようで、 ガス屋さんにも「お風呂を入れる時は前回の人がつけた印の所にスイッチ入れてくださいね」と言われていたので、その通りにしてたのですが・・・。 よろしくお願いします。