• 締切済み
  • すぐに回答を!

日本の保守層にもなじみやすいキリスト教の宗派・教会は?

日本の保守層にもなじみやすいキリスト教の宗派・教会は? キリスト教に入信しようと思っています。 しかし、過去ほんの少しキリスト教を勉強した自分の理解では、日本の国体文化、例えば皇室への敬意や神社参拝は一般的なキリスト教では偶像崇拝にあたるものとして禁じられており、初詣などもどことなく後ろめたい気持ちで参拝しなければならないような印象があります。 また、中には反日的な団体との結び付きがある教会もある気がします。 ここで質問です。 私自身の思想的な立ち位置でいえば、いわゆる保守層もしくは中道右派にカテゴライズされると思います。 決して極右ではないと思いますが、日の丸や君が代も普通に認めます。 こんな自分にとって一番なじみやすい日本のキリスト教の宗派・教会はどこでしょうか? しらべたところキリストの幕屋がそれに近い感じがしましたが、それよりもメジャーな(というと失礼ですが)ところだとどこですか? 皇室の中にはカトリックの方もおられますよね?また、保守論客の富岡幸一郎氏はバプテスト?ですよね・・・

noname#124598
noname#124598

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数966
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.2

宗教に興味があって私もいろいろ調べたことがありますが、bluesloverさんに一番ぴったりなのは、日本ではやはり「キリストの幕屋」以外にはないと思います。日本国内のキリスト信者は全人口の1割にも満たないですが、その教派の大半は外国から日本に輸入されたもの。2000年前にユダヤに発生した福音が世界各地に広がるうちに、土着の文化や考え方と結びついて変質したものが明治期以降に日本にもたらされました。だから、日本独自の文化と適合しない部分があり、ときには日本人の救いのための宗教であるべきなのに日本的なもの(皇室の伝統や愛国心)を粗末にしてはばからない、中には積極的に愛国心を押しつぶそうと自己否定的になり、逆に欧米の文化をもてはやして、偽善的平和主義者を装っているようなキリスト教派もあるように見受けられます。自己否定から善いものは何も生まれてきません。 「キリストの幕屋」は日本の戦後の荒廃と精神的混乱の中で、神様が1人の普通の日本人をたてて予言を与え、日本人の魂の救いのための御用に与らせようとなさった神様ご自身の運動であると私は理解しております。輸入もののキリスト教ではなく、日本人が本来もつ善き精神に、他文化によって歪められていない聖書の純精神(原始福音)を引き継ごうというものらしいです。実は私の親しい友人が「キリストの幕屋」に入っているのですが、真実で情熱的で深い愛に富み、一緒にいると何故か元気が与えられます。新約聖書の中から飛び出してきたキリストの直弟子のような感じで、難しいことはわかりませんが、「教義や神学は人を救わない。ありありとした聖霊体験が人を救うのだ。」と口癖のようによく言っています。 これは私の考えですが、メジャーなグループかどうか、大きな立派な教会堂があるかどうか、人数が多いかどうか、ということは「本ものの宗教」を判断する基準にはならないと思います。宗教組織は、大きくなればなるほど純粋性から遠ざかっていくような気がするのですが、どう思われますか。キリストの時代には、御自身の教会の建物があったわけではなく、野山の自然や家々で伝道し、立派な服装をしているわけではなく、神学理論の勉強をしたわけではなく、弟子の人数も名もない12人から始まりました。それでも、そこに働いた神の霊は間違いなく本ものであり絶大でした。宗教を求めるとき、外側に見える物質的繁栄や人の噂に惑わされるのではなく、「これこそ本もの」と見極める霊眼力をもつこと、自分自身の深い直感を信頼することが一番大事ではないかと思います。キリストの信者を目指しておられるのでしたら、「どうか神様、私の行くべきところを教えてください。」とお祈りされれば、神様が応えて行くべき道を示してくださるかもしれませんよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

んーーーーー、決局何が言いたい、、何を質問してる、、

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

日本のキリスト教会は左翼的な思想をもつところが多く、神社参拝などについても否定的な印象を受けます。 自分はクリスチャンだけれども、堂々と神社に参拝できる、天皇を崇拝する、日の丸、君が代についてもきちんと敬意を表すことに、何の後ろめたさもなく行える宗派は何かということです。 比較的寛容という意味で

関連するQ&A

  • キリスト教各宗派の違いで際立つ部分を簡単にお教えください

    キリスト教各宗派の大きな違いを、簡単な文章でお教えください。 カトリック、プロテスタント、ペンテコステ、正教会、新興宗教のキリスト教系など… 特に偶像崇拝(像、絵画など)や、イエスが預言者ではなく神である理由、処女懐妊について解説に差があるか、教会トップの権限や扱いの違いなど、そのあたりを知りたいです。

  • キリスト教信者が持っている、十字架やマリア像、キリスト像などはどこでかうのですか?

    私はキリスト教信者ではないのですが、あるキリスト教(バプテスト)信者の人のために(自宅で祈りたいので)十字架かマリア像かキリスト像がほしいのです。 よく信者の方が壁に、十字架を掛けていたりするのを映画などで見ますが、これは自分が通う教会から買うものなのでしょうか? それとも自分で買って、教会で清めてもらうのでしょうか? ただ、自分のフィーリングで買って飾ったり持っていたりするだけなのでしょうか? キリスト教は偶像崇拝を禁じているのに、それらのものを信者さんたちがもっているのもなぞです。 キリスト教のそこらへんの考えもご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください!!! よろしくお願いいたします。

  • キリスト教と宗派について

    米国のあるキリスト教のテレビコマーシャルが少し前に話題になりましたが、お覚えていらっしゃる方も多いと思います。 そこに登場していた方の検索をしたら、ある方のキリスト教信仰歴のことで少々興味を持ちました。 子供の頃通っていた教会は近所の日本基督教団で、大学時代は大学の近くで福音ルーテル教会で、その後は教会や宗派の名前は書いてありませんでしたが、家の近くの教会に通われたそうです。 そして、そのコマーシャルに出られたわけですが、そこの団体はキリスト教右派と言われているそうで、上に書いた日本基督教団とは考え方が違うと思います。 キリスト教のことはよくはわかりませんが、とりあえずキリスト教であれば、細かな宗派や考え方は問わずにいろんな教会に通うというのはありなんですか? 一つの宗派で洗礼を受けて、そことのつながりの教会で一生信仰をもつのかと思っていましたが、別にそんなことはないのでしょうか? そのコマーシャルに出演した方も、キリスト教信者ということだけで特にその団体を信じているというわけでもなさそうにも思えますし、どうなんでしょうか? 宗教のカテゴリーがないのでとりあえず歴史カテゴリに置いておきます。よろしくお願いいたします。

  • キリスト教はどうして偶像崇拝をするのでしょう?

    教会にはキリストの磔像や絵がたくさんあります。 あれに祈っているようですが、どうしてキリスト教は、偶像崇拝をするようになったのでしょうか? 偶像崇拝をしてはいけないと聖書に書いてないのでしょうか? イスラム教では厳格に禁止されているそうです。 キリスト経の歴史において偶像崇拝を推し進めたのはだれで、いつの時代でしょうか。 よろしくお願いします。

  • キリスト教の偶像崇拝について

    キリスト教では偶像崇拝は禁止しているとのことですが、教会の祭壇にキリストが十字架にかけられた像がある写真をよく見ます。 また、絵画でもキリストを描いたものがたくさんあると思うのですが、キリストの像を拝むことやキリストを描くことは、偶像崇拝とは異なるのでしょうか? キリスト教のことをよく知らないので、その区別があまりよくわかりません。 すみませんがお教えいただけましたら助かります。 よろしくお願いいたします。

  • 教会に行きたい

    キリスト教に興味があり、また、信仰する心を得たいと思い、教会を探しています。 近所の教会はプロテスタント、数駅は離れた所は大きなカトリック。 どちらにいくべきか悩んでいます。 個人的にはやはり、偶像崇拝が許されているカトリックなのかな、と。雰囲気目好みでありますが、こういった理由で、赴くのは不順でしょうか? 今までなんとなく生きてきました。ただ、何にも祈らずです。自己肯定感が低いから、自分より劣っている人を見つけたり、自分が小さく思えて、悲しくなっていた時に、キリスト教を調べたら、神はそんな私でも認めてくださる、と知りました。 話がずれましたが、どちらの教会にもおもむいてみて、自分に合う場所をさがすものでしょうか?プロテスタントとカトリックを梯子しても大丈夫でしょうか?

  • 韓国キリスト教(プロテスタント)の宗派について

    こんにちわ。 私は、無宗教ですのであまりキリスト教について知らないので教えてください。 主人が、韓国系の教会に通っています。 キリスト教のプロテスタントには、色々な宗派があると思いますが。 どのような宗派が存在するのでしょうか? どの宗派が、日本で言うまともなのでしょうか? お答えにくい質問かもしれないですが教えてくださ い。もちろん、どの宗教を信仰されてる方も、自分の信仰が一番と思うのは当たり前だと思います。韓国系の教会は、日本の教会よりも熱心な気がします。 その為になんかおかしな宗派なのかしら?って不安に思うこともあるので教えてください。

  • 仏教は偶像崇拝を認めているのですか?

    仏教は偶像崇拝を認めているのですか? キリスト教は偶像崇拝を認めていないのに教会を作ってるのはなぜ? イスラム教も偶像崇拝したらダメなのにモスクを作ってるのはなぜ? 全て神様の教えを守っていない信者たちなので地獄に落ちるのでは? 仏教は認めているから仏像があり、寺があるんですよね。

  • キリスト教と韓国について

    私の家庭では妹がキリスト教系の幼稚園に行き、その流れで母が洗礼を受けました。 そして私も教会からの推薦があり、バプテストの女子校に入学しました。 ここで私は1年くらい普通に過ごしていましたが、 夏休みの研究で戦争、また集団的自衛権について調べることになりました。 そのことを母に伝えると、 「日本は戦争でとても酷いことをした、しかもまだ反省はしていない。 靖国神社などの参拝なんてもってのほか、謝罪をするべきだ。 そりゃアメリカが全て正しいとは言わないけれど原爆を落とされてしょうがない。」 というような内容を口にしました。 私の家庭では朝日新聞をとっているためその影響もあるかもしれません。 私は当時今にも増して無知でしたし特に気にしていませんでした。 しかし後になってネットなどを見ると、 日本は慰安婦について謝罪や賠償をしているそうですし、 韓国側の対応もやりすぎだと思います。 私の行っている礼拝では、ちょくちょく韓国などの肩を持つ言い方をしている気がします。 これはただ神経過敏になっているだけかもしれませんが。 ここで質問なのですが、 ・キリスト教(バプテスト)は韓国側なのでしょうか? ・朝日新聞は中立の報道をしているのですか? よろしければ答えていただきたいです。

  • キリスト教で最も戒律の厳しい(あるいは信仰の篤い)宗派はどこでしょうか?

    キリスト教で最も戒律が厳しい(あるいは信仰の篤い)宗派はどこでしょうか?(クリスチャンの方に質問です) 私は20代前半の男です。これまでの二十余年、無宗教(厳密に言えば家系は父母ともに浄土真宗です)を貫いてきましたが、今現在クリスチャンになること(=洗礼を受けること)を検討しています。 聖書を学生時代に読んで大きな衝撃を受け、また実際にクリスチャンの知己を得た体験がきっかけなのですが、私の現在のスタンスとしては、日本語で聖書を読み、あれこれと自分の頭をたよりに思索にふけるという、いわば無信仰の自由主義神学派の様な曖昧なものです。 私としてはそろそろ聖書を「読む」ことから「生きる」ことにシフトしなければ、これ以上安らかな心境で生きてゆけないという危機的な情況に対峙しており(精神が弱いのです)、教会に通うことも検討しているのですが、その際にどの宗派を選ぶのかという点で迷いが生じています。 もちろん、細かな教義を一つ一つ検討するのが良い方法だとは思うのですが、これまでさんざんエセ自由主義神学の方法で自分勝手に聖書を解釈してきた私にとって、そうした出口のない教義問答に明け暮れていたらいつまでも洗礼に辿り着けない気がするのです。 そこで至ってシンプルに、己を律するという意味合いも含め、最も戒律の厳しい宗派に身を投じてみたいと考える様になりました。 もちろんパウロが云う様に「律法よりも信仰が先立つのだから、戒律の厳しさを尺度にするのは本末転倒」というご批判があるかもしれませんが、自分にはやはり、その信仰を他者に対し裏付ける律法の遵守がとても重要なのです。これは勝手な意見ですが、やはり上の言葉を隠れ蓑に、多少戒律に違反したって構わないじゃないかと言って過度の飲酒や姦淫を平気で行う「なんちゃってクリスチャン」だって少なからずいると聞きますし、そういう信仰の薄い信者の多い宗派に入って幻滅する位なら、いっそ自己のマキシムに厳格に生きる無信仰者でいるほうがよっぽどマシだと本気で思うのです。 モルモン教などの新興派閥も含め、この宗派は戒律が厳しい、といわれるキリスト教宗派があれば、あるいは実際に信仰されていれば、その内実を教えてください。カトリックやバプテスト、エホバの証人などは厳しいと聞きますが、実際の所をお聞かせ頂ければ幸いです。