• ベストアンサー
  • 困ってます

目的語がthanの中に含まれるってどういう事ですか?

目的語がthanの中に含まれるってどういう事ですか? there will be more people than the earth can support. この英文は 1.There will be many people. 2.The earth can support many people. の比較で、第二文のsupportの目的語になっているmany peopleがthanの中に含まれてるらしいです。 ・2のmany peopleが書略されていると考えるのでは無くて、1と2の文の形が違うから省略と考えるのは不可能だと言う理解でいいでしょうか? ・この英文の載っている参考書には書いてなかったのですが、関係詞のthanと考えていいのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数69
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

than を関係代名詞とする立場もあります。 more people という先行詞に対して than the earth can support が目的格の関係代名詞のごとくかかり、 「地球が維持できる以上の人々」となる。 実際には、more が特殊なんです。 many は比較級 more があり、後に名詞がくることから日本では形容詞とされています。 しかし、通常の形容詞の比較級とは違っていて、 There will be many people. The earth can support many people. のように、文の要素としては主語となる many people、目的語となる many people を比較して more people than とつなげることが可能です。 通常の形容詞は The tall boy came. I know the tall boy. ここで taller という比較級にして than でつなぐことなどできません。 関係代名詞の than という考え方は文法家が無理やり考えたもので、実は論理に破綻をきたしています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>関係代名詞の than という考え方は文法家が無理やり考えたもので 初めてしりました。ありがとうございます。説明が詳しかったのでベストアンサーとさせていただきます。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (15269/32941)

 「(将来)地球が食わせるられる以上の人間が居る(ことになる)」  than は下記のように「~よりも」という接続詞ではないのでしょうか。  http://eow.alc.co.jp/than/UTF-8/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

接続詞と言う考えもあるんですね。勉強になりました。ありがとうございます

  • 回答No.1

この英文のpeopleは後ろの英文の目的語ですが、同時に関係代名詞で繋がっていると思うほうが良いと思います。more thanを除いたらわかりやすいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

more thanを除いてみる考えが発見でした。ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 目的語の省略?

    that's more than I can stand. (それは私には我慢できない) He has much more money than he can spend. (彼は、使い切れないほどの金を持っている) これらの文には、than以下のstand,spendの目的語が欠けているように思います。 このmore than...can...の表現の時だけ、慣用的に目的語が省略されるのでしょうか?

  • 不定詞(名詞的用法)の目的語の区切り方について

    中学英文法の参考書をやっています。 不定詞の名詞的用法を学習しているのですが、目的語として使う場合の区切り方がわかりません。 I want to visit many countries. (わたしはたくさんの国を訪れたいです) I    ⇒ 主語 want ⇒ 動詞 私は/欲しい/訪れること/たくさんの国を。 私は/欲しい/たくさんの国を訪れること。 目的語は、(to visit)なのでしょうか?それとも、(to visit many countries)なのでしょうか? I want to be a teacher in the future. (私は将来、教師になりたいです) I    ⇒ 主語 want ⇒ 動詞 私は/欲しい/状態を/先生 私は/欲しい/先生状態を 目的語は、(to be)なのでしょうか?それとも、(to be a teacher)なのでしょうか? もしよければ教えてください。

  • asが目的語となる場合

    以下の文章を文法的に理解する場合について教えて下さい。 She will be taking over as manager of company... will be taking は未来進行形であり、take over は「を引き継ぐ」という目的語をとるかと 思いますが、as の「・・・として」という前置詞を目的語にとる場合もあるのでしょうか。 regard A as B 「A を B とみなす」というのも、as 以下を目的語としているかと思いますが 文法としての捉え方としては同じでしょうか。

  • 意味上の目的語について

    意味上の目的語について 次の文の意味上の目的語はどこでしょうか? Selecting a school in America is not easy because there are so many to choose from.

  • is there+ 目的語 とbe +目的語

    is there+ 目的語 とbe +目的語 の違いを分かりやすく説明して頂けますか? Is there~は~が存在するですよね? O is here~oが存在するですよね? 一緒ですよね? THERE はサポート的な役目ですか?? 分かり図らい質問ですみません。

  • 英文の目的語について

    英文の目的語について If you watch a bug as it goes along its business, you can find out what a bug’s world is like. (虫が仕事をしているときに観察していれば、虫の世界がどんなものかを知ることが出来る) what節全体はfind outの目的語であると解説にありました。 虫の世界がどんなものであるか(what a bug’s world is like)を知る(find out)ことができるということだというのは分かります。 問題は、whatは疑問詞としても働いていて、節中ではlikeの目的語でもあると書いてあったことです。ここがよくわかりません。 what a bug’s world is likeの訳「虫の世界が、どういうものであるか」の「虫の世界が」の部分は主語になっているように思うのですが…。 きちんと解釈できていないと思うのですが、whatがlikeの目的語であるというのがどうことなのか教えて下さい。

  • 受動態の目的語

    Some GM crops can be sprayed with weed killers and remain unharmed. という文があります。 spray withを辞書で引くと,他動詞の用法しか載っていませんでした。 しかし、sprayed の後には、目的語がありません。 意味的にsome GM crops がここに入るものだと思いますが、受動態になると目的語なしに他動詞を使って良いのでしょうか。 本当に初歩の初歩だと思いますが、気になったので。。 よろしくお願いします。

  • 動名詞やto不定詞が目的語になることに関して

    You can’t avoid doing it by yourself. という文がありました この文の~ingは動名詞で目的語になっています。 ここで思ったのですが、今まで見てきた文で動詞の後に~ingとか、動詞の後にto不定詞とかはほとんど動名詞やto不定詞が目的語になっているのですが、動詞の後にto不定詞とか動名詞がきたら目的語になるのでしょうか? わかりにくくてすみません

  • 以下の文の不定詞の意味上の主語と前置詞の目的語について。

    以下の文の不定詞の意味上の主語と前置詞の目的語について。 「彼の性格を考えたら、彼が友達を裏切ったことは全く驚くには当たらない。」 "Considering his character, his having betrayed his friends is nothing to be surprised about." 上記の文の不定詞の意味上の主語と前置詞の目的語について、自分なりに考えたのですが、自信がないので教えてもらえないでしょうか。 私は、 to be surprised about は不定詞の形容詞的用法として nothing を修飾し、 be surprised の意味上の主語は we 、 about の目的語は nothing 。 と考えました。 あっておりますでしょうか。

  • 目的語駆動力と言う考え方について(1)

    こんにちは。taked4700 です。 英語文法について、普段からいろいろ考えてきましたが、高校段階でやる動詞の語法について、それを説明するのにとても便利な考え方として、目的語駆動力と言うものがあると思います。 それについて、幾つか、説明を考えてみました。この考え方が正しいか、または、これと同じような考え方が、以前、誰かによって言われていたか、それを知りたいと思います。 1.request とか、recommend と言う動詞の使い方を覚える時に一番問題になるのは、これが第4文型で使えないと言うことです。つまり、I recommend him that he go there at once. のような文は間違えになるのです。これは、request もrecommend も、提案、推奨しているだけで、一体性、既遂性のようなものが無いからです。逆から言うと、第4文型と言う表現形式は、二つの目的語が直接並ぶことによって、一体性、普遍性のようなものが強調され、たとえば、He taught me English. と言う文は、「私が英語を身につけた」度合いが、He taught English to me. よりも高いと言うニュアンスが生まれます。また、He gave me that book. は、同様な行為が結構日常的にあると言う前提があります。He gave that book to me. なら、与えると言う行為があまり無いことを暗示するか、または、その時の一回きりの「本を与える」と言う行為に注目した言い方です。つまり、recommend, request, suggestのような動詞は、提案、示唆しているだけで、行動が決定されるわけではないので、request + 目的語(人)+薦める内容 と言う語順を取りえないのです。 動詞 + 目的語(人)+薦める内容 と言う語順は、I wish you a Merry Chistmas. のように、目的語(人)と薦める内容とが一体感のある文で使われると言うことになります。 2.なぜ、I request to him とは言わずに、I recommend to him は、ある程度使われることがあるかと言うと、request には一種の目的語駆動力というか、目的語に対する働きかけの力のようなものがrecommend よりも強く感じられ、それが、request to him のようにしてしまうと、to him の持つ距離感と言うか、目的語が離れていると言う感覚と矛盾してしまうからでしょう。この目的語駆動力と言う感覚は、実を言うと、とても大切な感覚で、使役動詞などの使い方を理解するうえで、とても役に立つものです。 3.目的語駆動力と言う考え方と、名詞節の独立性、目的語+to不定詞(または原形不定詞)の被駆動性(つまり、動詞によって駆動されやすいその度合いの意味)の組み合わせにより、ほとんどの動詞の動詞パターンを説明することが出来ます。なぜ、hope+目的語+to do の形が取れないのか、などその説明が非常にきれいに出来ます。 たとえば、want は、「望む、要求する」のような意味で、目的語駆動力が非常に高いのです。その結果、I want him to go there. のような形が出来ます。しかし、hope は、「現実的な訳、実現可能性を証明する根拠のようなものが無いまま、希望する」と言う意味なので、当然、目的語駆動力がほとんど無いのです。その結果、I hope him to go there. のような文型は取れないのです。しかし、目的語+to do ではなくて、that節なら、駆動すると言う意味は無くなり、単にある情景を望んでいるだけなので、hopeの目的語として成立できるわけです。つまり、反面から言えば、だれでも、どんなことでも願うことは出来るわけで、その「願う」という意味を表現する言葉がhopeということです。 反対に、駆動力の高いwantは、that節を取ることが出来ません。I want that he go there. のような文章は、駆動力の対象となる目的語が無いわけで、駆動力が空回りする印象になるからです。that節は、一種の文章であり、駆動する対象ではないのです。 want と hope を駆動力と言う視点でもっと強いものと弱いものの両極端とすると、advise は、その中間と言えます。つまり、目的語に何かをしてもらいたいと言う圧力を与えるイメージがwantほどではなくても、かなりあるのです。「忠告する」というのは、単に、何かを解決する方法を述べているのではなくて、友人関係とかで相手と何か関係性があり、「こうしてほしい」という気持ちがもともとあるはずですから、目的語駆動力がある程度あるとイメージするわけです。その結果、I advised him that he go there. も、I advise him to go there. も、I advised that he go there. も I advised going there. も許容されるわけです。