• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

副詞の強調における倒置構文について質問です

副詞の強調における倒置構文について質問です 副詞の強調における倒置構文では、(1)否定を表す副詞,(2)場所・方向を表す副詞の2つの用法がありますが、それ以外の副詞も強調できるのでしょうか?ある参考書に以下の副詞強調の倒置構文とし以下の英文が掲載されていましたのでご覧頂いたうえで、質問にご回答くだされば幸いです。 The answer came in 1908,in amachine which Henry Ford called his Model T With it was born a completely different way of life(強調構文) with itは否定も場所・方向もあらわす副詞ではありません。でも何故強調倒置できるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数665
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

基本的に文型に含まれない副詞はどこにでも置けます。どこに置くかは話し手の気持ちによりけりです。 ilike dogs too(客観的に私も) i too like dogs(主観的に私も!!) そして、強調したい副詞を文頭で言うと、気持ちが強く込められており、主語と動詞が感嘆文と同じようにひっくり返ってしまいます。 どの言語でも気持ちがこもれば倒置が起こるのですね☆

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 倒置について質問

    On the ability of individual to learn to live in harmony with others depends the future of mankind and the world. という文なんですけど、 文法書を読むと、 「副詞(句)+助動詞+V+S」になるのは 運動の方向や場所などを表す副詞句 と書いてあって、 その他の(肯定の)副詞や、否定語句は 「副詞(句)+助動詞+S+V」と書いてありました。 なのでこれは例外なのかなと思ったんですが、 dependする場所をonで示しているということで、方向や場所のルールに当てはまって必然的に「副詞(句)+助動詞+V+S」の倒置をしているということなんでしょうか? 例外ならば、こういう倒置はよくあるんでしょうか?

  • 2017年センター英語 強調構文についての質問

    第5問の長文中に以下の文章があります。 It was certainly my bedroom that I was in. 僕がいるのは僕の寝室なのは確かだった。 強調構文で強調するのは 名詞(句)、代名詞、副詞(句)、名詞節、副詞節などあります。 ここではcertainly my bedroom が強調されているみたいですが、 副詞+名詞が強調されている強調構文の例文は調べてみても出てきません。 そもそもこの文は強調構文ではないのか、 強調構文だとしても文法的にどのように説明がつくのか教えて頂きたいです。

  • 強調構文と関係副詞

    「私が訪れたいのはオーストラリアです。」を 強調構文(It is~that…)で It is Australia that I want to visit. と書きますが、 関係副詞(where)を使って It is Australia where I want to visit. と書き換えることはできますか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • trgovec
  • ベストアンサー率52% (2538/4879)

訂正します 誤)O+V+S のような語順を避けるため ↓ 副詞句+V+S+O(特に S+O)のような語順を避けるため 失礼しました

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • trgovec
  • ベストアンサー率52% (2538/4879)

ちょっと整理しますと (1)否定を表す副詞:これは疑問文と同じ語順をとります Never did I dream of such a thing. Not a word did he say. 他動詞も可能です (2)場所・方向を表す副詞:一般動詞でも V+S で疑問文形ではありません Down came the rain. Before my eyes appeared the grandeur of the mountains. There goes my brother. 出現、往来をあらわす自動詞で、ある程度動詞は限られます。O+V+S のような語順を避けるために他動詞は使わないと思われます。cf. From her pocket she took out the ticket.「ポケットから彼女は切符を取り出した」 そしてご質問の場合ですが The answer came in 1908,in a machine which Henry Ford called his Model T. With it was born a completely different way of life. with it は場所・方向ではありませんが、was born は「出現」の一種と考えられます。また was born がまとまって前に来ているため疑問形でもありません。*With it was a completely different way of life born はおそらく不可。 普通に A completely different way of life was born with it とどう違うかと言えば ・a machine... を受ける代名詞 it が初めの方に来るため全文との関係が密になる。忘れたころに it が来るのではなく直後に it があるため。 ・「~がそれとともに生まれた」ではなく「それとともに生まれたのが~だ」という流れ(日本語とほぼ同じ)になり、後ろに来る主語の印象が強くなる。 With it a completely different way of life was born. は文法的に可能かもしれませんが次の難点があります。 ・with it だけが文頭にあると強調したように見えるが it は強勢がないので不自然。with this や with that ならありうる。 ・最も重要な主語が中央に来るので印象が薄い。 以上からごく当たり前の A completely different way of life was born with it.(これは主語が文頭なので目立つことは目立つ)か質問文にある形かになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 強調構文で強調される名詞についての質問です。

    強調構文で強調される名詞についての質問です。 I saw a bear in the forest. で、見たのが熊だということを強調したいと思います。すると、 It was a bear that I saw in the forest. となりますが、これではthatが関係代名詞か強調構文かわからず、文脈判断になります。 今回はこのように元の文を考えてから、強調構文に組み立てたので(英語の本質から離れているかもしれませんが……)この文を強調構文と考えていますが、一般に It is a 名詞 that 名詞の欠落した文 で、これを強調構文と解釈すべき事例は1%程度、 It is the 名詞 that 名詞の欠落した文 で、これを強調構文と解釈すべき事例は99%程度あると習いました。 これはaやtheの特性や強調構文の成り立ちに起因すると思うのですが、何故でしょうか? ご教授お願いします。

  • 強調+倒置構文:名前 it was who 行為!

    こんにちは、皆様もご存知の通り、英語で物事を強調する場合には、倒置構文と、強調構文があります。  では、その二つを合体させれば、さらに強調できますよね? そこで、下記のような英文を考えてみました、 You it was who did it (あなたがやったんですね!) いい感じと、思ったのですが、"You it was who did it"で、検索してみてもあまり引っかかりません。 何故でしょうか? よろしくお願い致します。

  • 倒置について

    副詞や否定辞のあと倒置されますが、あれは「強調」として理解することができます。 so do I hardly had she gone before I arrived など。 仮定法の副詞節で「if」を省略して、倒置形にしますが、あれはどんなニュアンスをもつのでしょうか。 Had it been Should you など で「if」があるのとないのでは……たとえばですが、「ない」ほうが、語を略した分「くだけた」「口語的」となるとみなすべきか、いや、「固い」「気取った」「形式ばった」とみるべきか。

  • 倒置について

    Nowhere in the world farmers can grow such delicious food.私は、この文章が正しいと思っていたのですが、答えはNowhere in the world can farmers grow such delicious food.でした。どうして、can farmersとなるのでしょうか?これは、否定語による倒置と考えるものなのでしょうか?それともNowhereが強調構文として文章の倒置が起こっているのでしょうか?

  • 強調構文について

    "It is ( ) a great deal of pleasure that I accepted this opportunity to speak to you this afternoon." (1)with (2)such (3)quite (4)in 答えは(1)でした。 上の文を強調構文ととらえた場合、(1)が正解だとわかるのですが、Itが形式主語でthat以下が真主語と考えた場合、(3)も良さそうな気がするのですが、なぜ間違いなのでしょうか。

  • 強調構文と形式主語構文について

    接続詞 that の場合は形式主語構文で、関係代名詞、関係副詞の that の場合は強調構文だと思うのですが、以前、「省略できる場合は~、できない場合は~」と教わり納得したことがあります。しかし、どちらの場合も省略できる場合があるような気がして~!どなたかお教えいただけませんでしょうか? It was too bad that you couldn't come.(形式主語構文) Who is it that you see.(強調構文) これらの文章はいずれも that は省略可ですよね!

  • 否定文の強調構文

    否定文を強調構文で書く場合について質問させてください。 It's not your title that counts.(重要なのは、肩書きではない。) という文がありますが、これを通常の否定文にすると・・・ Your title doesn't count. となると思います。 しかし、この文を強調構文にすると It is your title doesn't that count.になりませんか? 文法的な説明をお願いいたします。

  • 強調構文について

    ●I met the man in the park on May 1. という文の (1)The man (2)in the park (3)on May 1 をそれぞれ強調させると (1)It was THE MAN that I met in the park on May 1. (2)It was IN THE PARK that I met the man on May 1. (3)It was ON MAY 1 that I met the man in the park. になるということは理解できます。 しかし、(4)in the park on may 1 を強調させようと思い (4)It was IN THE PARK ON MAY 1 that I met the man. という文を作ったら、この文(4)は意味は通じるが強調構文の理論的にはだめだと言われました。次回までになぜ(4)が理論的にだめなのか、また、(4)にも当てはまるような新しい理論を考えてきなさいと言われたのですが、全く分かりません。 どなたか回答よろしくお願いします。

  • 倒置構文の解釈

    Nothing is fixed in Italian cooking, let alone any other aspect of the culture of Italy, be it art, music, architecture or whatever. この文の主節は"Nothing is…cooking"だという事は分かったのですが、2つ目コンマ以下の"be it art…whatever"の部分がどのような構文となっているのか分かりませんでした。 倒置が行われているのでその前に副詞を補うとして、何を補ったら良いのでしょうか?解答お願い致します。

  • 形式主語構文?強調構文?

    Whether it is a textbook, a business plan, or an article that interests you, don’t let lack of comprehension of one part discourage you from reading the other parts. 以前、質問させていただいた文なんですが、it is~thatこの部分が強調構文だと理解?は出来たのですが、あらためて参考書を見ると、 「本文のように、It is a 物を表す名詞 that 名詞の欠落した文の場合は、強調構文ではありません。ただし、本文ではitの指すものがないので強調構文と考える」 この部分がわかりません。 いつも、強調構文か形式主語構文か見分けるには、it is~thatの~が名詞か形容詞か副詞かで見分けています。 a 物を表す名詞なので、形式主語構文になるとはわかるのですが、本文のitの指すものがないと書いてありますが、interests youを入れて形式主語構文とは考えられないのですか? 教えてください。

専門家に質問してみよう