• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

関係代名詞」

関係代名詞で出てくる二重限定についての解説を下さい。あと、この問題の関係代名詞の修飾する先行詞も教えて下さい。 Can you mention anyone   that we know who is as  gifted as Robert?  すばらしい先生方の知恵でこの迷える子羊をどうかすっくってください。  関係代名詞の限定用法と継続用法の違いを教えてください.宜しくお願いします。  

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数100
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#4734
noname#4734

二重限定とは、一つの先行詞に2つの関係詞節がかかっている文のことです。 この例文だとまず、anyoneに、 that we know who is as gifted as Robert と、2つの関係代名詞節がかかっています。 「話者」が挙げて欲しい人(anyone)が 我々が知っていて、ロバートのように天性の才能がある人 ・・・とか、そんな感じの訳ではないでしょうか。。。 限定用法と継続用法の違いについては、 (1)He has a daughter who is a doctor. (2)He has a daughter,who is a doctor. この2文は見た目は、comma(コンマ)があるかないかだけの違いですが、意味は大きく違ってきます。 限定用法というのは、『たくさんある中の1つ』を、関係詞をかけて説明を加え、限定する場合に、使っています。 (1)の文だと、「医者である娘」以外にも、彼には他にも娘がいるということを表せます。 その逆に継続用法は、最初から1つしかないのだから、わざわざ説明を加えて限定する必要はない、単に補足説明をしたい場合に使ったりしてます。 (2)の文は、彼の娘は1人、或いは1人っ子だ、ということを表せます。医者である娘以外に彼に娘はいない、という文になります。 関係詞節も含む形容詞(節)というのはそもそも、説明を加えることによって、かかる名詞を限定する働きをします。 これは某参考書からのウケウリですが、 いきなり「山の名前を教えて下さい」と言われても、一口に「山」と言ってもたくさんあるのだから、「どの山の名前を知りたいのか教えろ!」と思いますよね。 そこで「あなたの家から見える山」とかって、説明を加えることによって、たくさんある山の中から1つに限定できるわけです。 でも、「富士山はどこにあるのか知ってます?」は、富士山、と言われただけで最初から1つに限定されてますよね。固有名詞だから。 この場合、逆にわざわざ「日本で一番高い富士山」なんて説明を加えると、変です。これだと、じゃあ高くない富士山もあるのか!?ってことになりますよね(笑)。 このように、説明を加えなくても最初から1つに決まってる名詞や、または上の(2)の文のように1つしかないということを暗に示したい場合、継続用法を使ったりします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。迷える子羊は無事に救われました。特に継続用法と限定用法の説明はとても分かりやすい説明で、勉強の出来ない僕にもよく分かりました。今後とも、宜しくお願いします。

関連するQ&A

  • 関係代名詞ってそもそもなんでしょうか。

    関係代名詞ってそもそもなんでしょうか。 今は英語を独学で勉強しています。 そこで関係代名詞というものにぶつかったのですがそもそもなんのことだかわかりません。 辞書を見ても先行詞、限定用法、非限定用法・・・私の知らない用語ばかりで理解ができません。 なのでみなさまに関係代名詞がそもそもどういったものなのか教えて頂きたいです。 また用語を用いる場合は説明も一緒にいただきたいです どうかできるだけ簡単にご説明おねがいします

  • 関係代名詞の非制限用法についての質問です。

    関係代名詞の非制限用法について質問です。 関係代名詞には制限用法と非制限用法があると思います。 非制限用法は、先行詞がすでに特定されていて、 関係詞節は先行詞に対して補足的な説明を付け加える・・・であってますか?(? ?;) そして非制限用法には関係代名詞thatが使えないですよね。 (これは近年のことで、昔は使っていたみたぃですが・・・) それが疑問です。 なぜthatが使えないのでしょう? 制限用法での場合、先行詞が強い限定の意味を持つ修飾語がついていると 関係代名詞ではthatを使うほうが好ましいとされていますよね。   Ex. This woman is the most beautiful that I have ever seen.   この場合、限定される先行詞のときにthatを使うのに それならなぜ非制限用法ではthatは使えないのでしょうか? 非制限用法での先行詞は限定されているんですよね。 変な質問かもしれませんが詳しい方、ぜひ教えてください。

  • 関係代名詞について

    関係代名詞で、先行詞の後にカンマがある場合と無い場合では、意味が変わってくるようですが、イマイチどう違ってくるのか分かりません。 どちらも関係詞が先行詞を修飾してることは同じだと思うのですが・・・ どうカンマがある場合と無い場合はどう違うのでしょうか?

  • 補語(?)の関係代名詞

    関係代名詞についてです。 先行詞を修飾する文中で、主格、目的格、所有格だったかによって、「主格の、目的格の、所有格の関係代名詞」という言い方をすると思います。 ここで分からなくなってしまったのですが、修飾する文中の「補語」が関係代名詞になることはあるのでしょうか。 補語は形容詞と名詞の場合がありますが、名詞の場合にそこが関係代名詞になることはあるのか、というのが質問です。

  • 関係代名詞のthatの特別用法について

     関係代名詞thatの特別用法について、「英文法解説」(江川泰一郎 著)の中に次のような説明があります。  先行詞が「全」または「無」の意味の修飾語を伴うときall,any,every, no及びその合成語がこれに該当する。  しかし、実際、入試問題その他でanyone who~ という感じで関係代名詞whoを用いている文を見かけます。これは(入試英語という観点から)ルール違反ではないのでしょうか。  あと、申し訳ないのですが、anyone以外に、  nobody,  no one,  anybody,  everyone,  everybody が先行詞の時についても、who(which)のthatどちらを使うべきなのかコメントいただければと思います。  基本的な質問で恐縮ですが、よろしくお願い致します。  

  • 関係代名詞について

    英文法の本を読んで疑問に思ったのですが 関係代名詞では先行詞が人でも物でもthatが使えるのに非制限的用法ではほとんどthatを使わないのはなぜですか。 教えてください。

  • 関係代名詞について教えて下さい。

    関係代名詞で、「Which」と「, which」は、 用法として異なります、 一方で、thatを使った関係代名詞の場合には、「that」しか使えないわけですが、 この場合には、「Which」とは同じ用法でしか使えないということなのでしょうか?

  • 関係代名詞とみなしていいのでしょうか

    関係代名詞とみなしていいのでしょうか His being as the aritist he is becomes a problem. という文で「artist」「he」のあいだには「that」が省略されていると思うのですが、 さてどういう用法と考えたものか悩んでいます。また「as」は「芸術家としての存在」というふうに読んでいるのですが、どうも文意がつかめなくて質問しております。 「補語としての関係詞」は可能ですか。 宜しくお願いします。

  • 関係代名詞も関係代名詞節に入りますか?

    よろしくお願いします。 関係代名詞節といった場合、関係代名詞そのものも関係代名詞に含まれますか? 例えば次の文において、 関係代名詞はwhoで先行詞がwho、 peopleにwho live in New Yorkがかかっています。 この場合、関係代名詞節はどこか、と言われた場合、 whoも関係代名詞節にはいりますか?それとも、live in new yorkだけでしょうか。 I know a lot of people who live in New York. 同様にthat節と言った場合、thatそのものもthat節に入りますか? どうぞよろしくお願いします。

  • 関係代名詞についてで、普通、先行詞は関係代名詞の前に来ますが、さっき問

    関係代名詞についてで、普通、先行詞は関係代名詞の前に来ますが、さっき問題を解いている時に、先行詞が関係代名詞の前に来ていませんでした。どうしてですか?

専門家に質問してみよう