• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

導関数の定義域について

導関数の定義域について 例えば、すべての実数xで微分可能な関数f(x)において、x≧aとするとき、f'(x)の定義域はx≧aですか?それともx>aですか? 導関数の定義域はいつも開区間になっているような気がするんですが、その理由がいまいち理解していません。もとの関数では定義域に入っているが導関数では定義域に入っていないのは、導関数において分母を0にする数だから、絶対値記号の場合分けの分かれ目だから、という理由で合ってますか? もし合ってるとしたら、はじめに質問したf'(x)の定義域はx≧aとなりますよね? とても気になっています。 よろしくお願いします。

noname#137812
noname#137812

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数1484
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • alice_44
  • ベストアンサー率44% (2109/4758)

高校の教わり方だと、左極限・右極限が強調され過ぎているようです。 微分係数の定義 f'(x) = lim[t→x] { f(t) - f(x) } / (t - x) において、 lim[t→x] は、t が『任意の近づき方で』 x へ近づくときを考えています。 左からとか、右からばかりでなく、x を跨いで左右に飛び回りながら 近づいたってよいのです。どのような近づき方をしても、 { f(t) - f(x) } / (t - x) が共通の値へ近づいていくとき、極限が 『収束する』と定義されているのですから。 左極限と右極限が両方存在して、その値が一致するとき、極限が収束する というのは、実開区間を定義域とする関数の重要な性質ですが、 そればかりに囚われてしまうと、定義域が開区間ではない関数の収束性が 見えてきません。閉区間で定義された関数の微分係数などは、その好例です。 lim[t→x] は、t が定義域内を任意の近づき方で x へ近づけばよいのですから、 f(x) が x≧a で定義されているならば、f'(a) は、右極限だけを考えれば よいのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました! とてもわかりやすかったです。 左側微分係数と右側微分係数のいずれかが定義できないなら微分不可能なのでは?と疑問だったので… とても参考になりました。

関連するQ&A

  • 導関数f'(x)の定義

    「微分可能な関数f(x)がf'x=|e^x-1|を満たしf(1)=e のときf(x)を求めよ」 という問題があるのですが、このf'(x)の絶対値の場合分けの時に、解答には x>0 のときと x<0のときで分けられています(等号がない) これをx≧0 とx<0で分けてはいけないのはなぜですか? 「解答には導関数f'(x)はその定義からxを含む開区間で考える」とありますがそこがよく分かりません

  • 定義から導関数を求める

    定義1 I=(a,b) a<b f;I→R(実数),x0∈I に対してfはx0で微分可能 ⇔ ∃α∈R(実数):f(x)=f(x0)+α(x-x0)+o(x-x0) (x→x0) 定義2 fはI上で微分可能 ⇔ f'はIの任意の点で微分可能。このときf';I∈x0→f'(x)∈R(実数)なる函数が定まる。これを導関数と言う。 微分の定義に基づいて、次の導関数を求めよ。 f(x)=exp(ax) (a∈R\{0}) o(g(x))=f(x)⇔lim[x→x0]f(x)/g(x)を用いるのでしょうか?どんな風に解答すればいいのか分かりません。よろしくお願いします。

  • これは導関数の定義式であると聞きました。

    これは導関数の定義式であると聞きました。 いくつか質問があります。 1、導関数を求めることを微分するというのですか? 2、1の質問が真の場合ですが、この定義式は何ですか? 定義式のグラフ的な意味は分かります。

その他の回答 (6)

  • 回答No.7
  • alice_44
  • ベストアンサー率44% (2109/4758)

No.4 には、f(x) (ただし x≧a) の x = a での微分可能性を右微分可能性で考えるのは、 x sin(1/x) の x = 0 での微分可能性を x = 1/(nπ) で考えるのと同じだ …と 書いてあるように読めたので、質問者が誤解しないように No.5 を書きました。 > 右極限だけ存在するのがいいのなら、他の近づき方で微分係数を定義する極限が存在しても微分できるということにしていいだろう > と考えるのは、自然のようにみえます。 > この考え方に基づいてたとえば、f(x)=x(sin(1/x))(x>0),=0(x=0) という関数 f の x=0 での「微分係数」を考えると、 とか、書かれていますからね。 No.3 は、そんな莫迦な話をしているのではありません。lim[x→a] { f(x) - f(a) } / (x - a) の lim[x→a] を右極限で考えるのは、 f(x) の定義域が x≧a に制限されているからで、x = 1/(nπ) のように勝手に設定した訳ではないのです。 > x が「定義域内を」「任意の近づきかたで」 > a に近づいたとき、共通の値へ近づかねばなりません。 と、No.5 に書いたのは、そこを確認するためです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
noname#152421
noname#152421

#4です。 #5で意外なことが書かれているので、少し追加です。 ベクトル解析や多様体論の教科書などで、ストークスの定理などの準備のため閉区間[a,b]で定義された道fの微分可能性を考えたいときに、fの延長g(定義域(a-ε,b+ε))を持ち出すという記述を何度もみたことがあります。 閉区間で微分とは何ぞや?というのは、難しくいうと境界のある多様体に微分構造をどう入れるか?ということです。境界のない多様体に座標系を入れるときに座標近傍とユークリッド空間の開集合との同相写像を考えますが、境界のある多様体の場合、半空間への相対位相で考えます。 境界のあるものもないものもどちらも使うので境界のないものだけ使うというわけではないというのが#4の冒頭部分であって、質問者の「いつも?」の回答。 ちなみに、右極限による定義と関数の延長による定義は一見違うものではありますけれど結果的に同じになります。ただ、それは相対位相が何かというのがわかってないと理解できないものですが、#5の方は理解しているはず。それで#5のような投稿をする意図がよくわからない(こんなこと書くと当局から削除されてしまうかも)。 x*sin(1/x)の例は、「x を跨いで左右に飛び回りながら近づいたってよいのです。」がアリならこの例もアリと誤解をされないかと思い、例示しました。普通の意味ではもちろん明らかにダメなわけです。座標近傍として開集合どころか連結ですらない離散位相が入った点列に限定すれば無理やり個別に値は計算できるけども、値が異なるから定義に意味がない、ということがいいたかったので、#5が間違ってますよと言ってくれたのは、そういいたかったのでその通りです。x*sin(1/x)が0の近傍で微分可能だと主張したのではないです。 高校生の目に触れないようにしていることもあって、高校レベルでは「いつも」である度合いが高いはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • alice_44
  • ベストアンサー率44% (2109/4758)

No.4 の (*) のような定義は、 初等的な微分積分において、 それなりに便利に使えるかもしれません。 しかし、位相解析における一般化された 極限の定義と一致しないので、 広く普及はしていません。 関数値の極限は、その定義域の位相を抜きに 考えることはできません。 閉区間に実数からの相対位相をいれた空間上で 極限を考えれば、定義域を制限された関数の 左端点での極限は、もとの関数の右極限と 収束性を含めて一致する と考えるのが自然です。 No.3 に書いたように、lim[x→a] の極限は、 x が「定義域内を」「任意の近づきかたで」 a に近づいたとき、共通の値へ近づかねばなりません。 No.4 の x sin(1/x) の例は、 定義域を x = 1/(nπ) に制限した関数の話なら、 あれでよいのかもしれないし、 実関数の話としては、間違っています。 「任意の近づきかたで」に反していますから。 そのことと、 x ≧ a で定義された関数の x = a での微分係数は x が「定義域内を」 a へ近づくことから 右極限だけ考えればよいということは、 また別の話です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#152421
noname#152421

質問内容が全部理解できてないので、確認含めての回答です。 > すべての実数xで微分可能 であれば、f'の定義域は実数全体(-∞<x<+∞)になるはずで、「x≧a」でも「x>a」でもありません。このaというのはどこから出てくるのでしょう? それと、 > x≧aとするとき の意味がよくわかりません。 > 導関数の定義域はいつも開区間になっているような気がするんですが 「いつも」というわけでもないです。 高校くらいだと、説明しだすと面倒だから、「x≧aで微分可能」という言い方はアリなんだけれども18禁にして触れないで置こうということかなと思います。 実際、「x≧aで微分可能」とは、aより小さい実数bが存在して「x>bで微分可能」の意味だとして使うという場合があります。ただその定義はそれが書かれている本だけで通用するルールであることに注意。 言い換えると、「x≧aでfと一致する別の関数gが存在して、x≧aを含む開区間で微分可能(このとき、gをfの延長という)」(※)というのと同じです。 右極限だけ存在すればいいことにする方式について、(※)の流儀とは異なりますが、定義としてはそういうのがあってもいいです。でもあとで何かと不都合があるのでそうしていないんでしょう。 右極限だけ存在するのがいいのなら、他の近づき方で微分係数を定義する極限が存在しても微分できるということにしていいだろうと考えるのは、自然のようにみえます。 この考え方に基づいてたとえば、f(x)=x(sin(1/x))(x>0),=0(x=0)をという関数fのx=0での「微分係数」を考えると、f(1/(nπ))=0だから{x=1/(nπ);nは正整数}で考えるとf'(x)=0と思いきや、f(1/((2n+1/2)π))=1/((2n+1/2)π)だから{x=1/((2n+1/2)π);nは正整数}で考えるとf'(x)=1となってしまい、近づき方によって値が異なってしまいます。 このように、自然にみえて実は近づき方に制限を加えると、ある制限の場合に不都合があることがわかる。それは面倒だし、近づき方によって認めたり認めなかったりというのは定義としてよろしくないので、元に戻ってそもそも右極限だけ考えるということはしないようにするのはアリ(というか、多い方法)なんです。その場合は上記のように延長という考え方で閉区間での微分係数を考えたり、開区間だけでしか考えないという方向になります。 だからといって右極限だけ考えるのは間違いというわけではなく、積極的に使うこともあるけれど高校くらいだとあまりみかけないというだけです。多変数だと「ガトー微分」というのがあって、一変数で右極限しか考えないのに相当する概念にあたります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

>すべての実数xで微分可能な関数f(x)において、x≧aとするとき、f'(x)の定義域はx≧aですか?それともx>aですか? すべての実数xに対して微分可能なんだから f'(a)だって存在するでしょう? だったら,f(x)をx>=aに制限しようがなんだろうが f'(x)の定義域だって x>=a です. 導関数の定義域が開区間であることが多いのは 主に理論を構築する上での要請です. その要請は右微分・左微分を考えないですむということです. 定義としては, 閉区間で微分可能というのだってありです. 右微分係数・左微分係数を適宜採用すればいいのです ただこうするとあまりに煩雑だから開区間だけで考えて 実際に必要なときはそのつど処理します. ♯実際に・・・・すごくめんどくさい・・・ >導関数において分母を0にする数だから、絶対値記号の場合分けの分かれ目だから、という理由で合ってますか? これはまったくの間違いです. 導関数では「分母を0」になんてしません. 絶対値はこの議論のどこにもでてきませんし, 微分できない関数はかならず絶対値がでてくるわけでもありません.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

つまり右側微分係数と左側微分係数のいずれかが定義できなくても、開区間で考えたとき微分可能なxについては微分可能となるのですね。 参考になりました。 ただ、 >導関数では「分母を0」になんてしません. のあたりが意味がよくわかりません… そりゃそうですね;としか…

  • 回答No.1

こんにちわ。 x> aになると思います。 というのは、 >導関数の定義域はいつも開区間になっているような気がするんですが この認識で正しいからです。 微分可能というのは、左微分係数と右微分係数が一致するときだったと記憶しています。 これが閉区間になると、どちらか一方の微分係数がとれなくなるので、微分可能とは言えなくなってしまいます。 極限を考えているので、左極限・右極限で定義を考えないといけないということですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 第3次導関数は,何を表していますか? 

    a,b,c,d を 0 でない実数として,y=f(x) を3次以上の多項式、例えば y=f(x)=ax^3+bx^2+cx+d のとき,上式を微分した導関数 y'=f'(x) は,曲線の接線の傾きを表し、更に微分した第2次導関数 y"=f"(x) は,曲線の一部を円と見なした曲率円のほぼ曲率を表していますが、第3次導関数は,曲線の何を表していますか? 

  • f:R^n→R^mの導関数の定義式は?

    n=m=1の時なら lim[h→0]|f(x+h)-f(x)|/|h| が導関数の定義ですがf:R^n→R^mの場合には導関数の定義式はどのように書けるのでしょうか? n Σ(lim[hi→0]|f(x1,x2,…,xi+hi,…,xn)-f(x1,x2,…,xn)|/|hi|) i=1 では間違いでしょうか?

  • 導関数を定義に従って求める問題

    数学の得意な方にとっては基本的な問題なのかもしれませんが、自分で問題を解きながら、以下どのようにしたらよいかわからなくなってしまいました。 問題は -5x^2+4xの導関数を定義に従って求めるというものです。 定義に従って、問題を解いていくと、今までの導関数の問題では分母のhが綺麗に消えて計算が出来たのですが、今回はhが残ってしまいます。 limit[(-5x^2-10xh)/h,h->0] + Limit[4x/h,h->0] までは出来ました。ここからやり方がわかりません。 いろいろ教科書や参考書を見てみたのですが、 どうも、自分が悩んでいる部分の箇所が見つからなくて…。 どうか、宜しくお願いいたします。

  • 公式より導関数を求める

    lim h→0 f(a+h)-f(a)/h の公式より導関数を求めたいと思いますが 計算手順がわからないので、教えてください。宜しくお願いします。 普通に微分したほうが早いのですけど、式を定義にして解こうとすると分かりません。宜しくお願いします。 【問題】 y=1/ x^2 の導関数を求めよ。 

  • 導関数の求め方

    導関数の求め方については、高校で教えてもらい、その意義としては、ある点の接線の傾きだとういうことですよね。 でも、それはf(x)の場合ですよね。 もし、xではなくて、x^2になったとしたら、単純に2xが掛け算された導関数ということになるという理解でいいのでしょうか。 例えば、f(x)/g(x)の導関数は、微分の商の定理から、f'g-fg'/g^2になりますよね、ということは、f(x^2)/g(x^2)の導関数は、-2x(f'g-fg')/g(x^2)^2になるのではないかと思っています。 教えてください。よろしくお願いします。

  • 導関数の定義と微分係数の定義の公式の違いが分かりません(T_T)

    導関数の定義と微分係数の定義の公式の違いが分かりません(T_T) χとaの違いしか理解できません。 χ(導関数)のときは 計算の途中でf(χ)~ってしなくていいってことですか?

  • いたる所微分可能で、導関数が連続でない関数は?

    ある開区間Iで微分可能な関数fでfの導関数がIで連続でないようなfはあるのでしょうか? 微積の教科書で、C(m)級関数の定義を言う時に、 「m回微分可能で、m次導関数が連続な関数」 という言い回しがあるのですが、 m回微分可能なのに、m次導関数が連続でないような例を発見できないので、 質問しました。

  • f(x)=0^x の定義域

    関数f(x)=0^x (ゼロのx乗) の定義域はどこまでなら広げられるのでしょう. 妥当な範囲,また病理的であっても一応定義可能な範囲について,理由とともにお教えいただければ幸いです. ちなみに, 予想は以下の通りです. xが正の実数...f(x)=0でよさそう. xが負の実数...f(x)=1/0^(-|x|)と思うと分母が0でまずそう. x=0...「aが定数のとき, a^x:=1*(a^x)」 という要請(解釈)が可能ならば,f(0)=0^0=1*(0^0)=1 (1に0を1回も掛けないならば1)と定めて困らない(のでは)? xが虚数...x=a+bi(a,b:実数;b≠0)とすると0^aは上のように定まったとしても,0^(bi)=0?1? それとも...

  • 導関数の定義を求める

    この関数の導関数を定義式より求めよとのこと。 もしよかったらこれの解き方をおしえてほしいです よろしくおねがいします!

  • 導関数の計算

    f(x)=x-1(マイナス一乗の意)の導関数を定義に従って求める問題なんですが、どうしてよいかわかりません(計算の仕方)。 どなたか教えて下さい。

専門家に質問してみよう