• 締切済み
  • 困ってます

修士1年で院試を受けなおす

修士1年で院試を受けなおす 国公立大学理系学部4年の者です。 まず、結論(?)の質問から。 「修士1年の身分で他大学院を受けなおす、というのは可能(正しい選択肢)でしょうか?」 今夏、他大学院を受験し、失敗しました。 ・浪人して来年院試を再び受ける ・大学4年をもう一度(実質的に5年生)して、来年院試を再び受ける この二つの選択肢は、経済的な条件などから困難です。 なので、現在所属している大学の院の二次募集(来年2月頃にある)を受けようと思っています。 大学院生の身分でしたら奨学金がありますから、大学生5年目になるよりも経済的側面を考えると良いと考えています。また、浪人して院試を来年受けなおすよりも、修士一年の身分で院試を再び受けたほうが、再び失敗したときを考えると、リスク管理面からは得策だと思うのです。 修士一年で受験した場合、 ・研究等で勉強に十分に専念できない(可能性がある) ・失敗しても修士一年という身分はあるから、という甘えが生じる(可能性がある) というのは考慮の上です。。。 修士一年の身分で受験可能どうかという"原理的な問題"は大学院の募集要項に依るものだと思います。今年の募集要項で確認すると、修士一年の身分での受験がない、ということは書いていませんでした。 心配なのは、面接時などに、 「修士一年だから落としても良い」 などの、現役生と比べてフリになるものなのでしょうか? (これも大学によりけりなのかもしれませんが……) (それなりの"妥当な"理由があれば大丈夫なものなのでしょうか……) 修士一年の身分を持ちながら、再び他大学院を受験するというのは、正しい選択肢でしょうか? 人それぞれの状況があり、どれか一つの選択肢が正しいというのは、ないと思いますが…… インターネットで色いろ調べてみたら、大学院浪人などは見つかるのですが、修士一年で再び大学院を受験する、というものが見つかりませんでした(単に探し方が悪かったのかもしれませんが)。 「周囲の人がそのようなことをしていないから、その選択肢は正しくない」という理由から、「修士一年の身分で他大学院を受けなおすことは正しくない」と考える理由はありませんが、やはり修士一年で他大学院を受けなおした例が見当たらないというのは不安です。修士一年で他大学院の受験を受けなおした経験やそのような人を知っているという方は、アドバイスなどをいただければ幸いです。 あるいは、(浪人や大学五年目、という選択肢が良いなど)根本から考え直したほうが良いという意見もありましたら、そちらの意見もお伺いしてみたいです。 今後、ある程度具体的に決めたら研究室の先生などとも相談しようと思っているので、まず取っ掛かりとして、この場で質問させていただきました。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数2354
  • ありがとう数11

みんなの回答

  • 回答No.5

うちの息子の状況と似ています。 息子は公立大学理系4年生で、 今夏、京都大学院を受験し失敗しました。 東京大学院は結果待ちですが、今年は倍率が跳ね上がり、 本人も思うように点数をとれず落ちたと思われます。 なので、自分の大学の院の二次募集(来年2月)を受ける予定です。 と、ここまでは同じ状況です。 うちの場合は、夏に他大学院を受けることを担当教授に相談しており、 教授も頑張りなさい、もし落ちたら2月にうちの大学院を受けなさい、 と言ってくださいました。 本人も、2月に合格出来たら有難く通うつもりです。 他の大学院は学部入試のころからの憧れがあったのか、 どうしても受験したかったのでしょう。 受けて落ちたらスッキリ納得して、来年も受けるつもりは無い、 自分には実力が不足していた、 自大院に入れてもらえるなら嬉しいと思っているようです。 他の冬入試の大学院は受けないのか聞いたら、 研究したいテーマのゼミが無いので、興味の無い分野では受験しないとのこと。 親としては、卒業して無職よりは、体面の良い進学を希望してますが、 息子の言うことを納得しました。 2月の自大入試を落ちたら、 留年するか、卒業して自大を再受験するかのどちらかです。 教授は留年より卒業を勧めているそうです。 その時は、教授に相談してその後の進路を決めるそうです。 金銭的な問題はあるでしょうが、修士でまた受けなおすのは 時間的にも精神的にも大変そうに思います。 自大に合格できたら、そこで研究に邁進されては如何でしょうか。 もっとも、まだ先の話です。 今は勉強に頑張って、合格してから考えてもいい事ですよね。 うちの息子も頑張って欲しいですし、貴方も頑張って下さいね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり申し訳御座いません。 回答者様の言うように、確かに、2月にある自大院を受験し受かれば、自大院で研究に励むのが良いような気もします。他の回答者様も仰っている通り、二次募集で受かった場合、人を蹴り落としている可能性もあるわけですから。。。未だはっきり決まらず、悩んでいます。 結果が出て時間があまり経っていないこともあり、自分の中でスッキリ納得できていない部分もあるのだと思います。二次募集の公募までまだ時間があるので、しっかり周りと話し合い、自分も納得した進路を選びたいと思います。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 院試に不合格だった場合のその後について

    今日工学系大学院の修士課程を受験したのですが、全く手がつかなかった科目が複数あり、恐らく不合格になったものと思われます。 研究室のメンバー内では私の成績は最上位クラスであり、過去問の出来もよく、指導教官も含めて周囲からは「ほぼ間違いなく合格する、あとはどれだけ上位を目指せるか」というような扱いを受けていたため、まさか院試に落ちるなど夢にも思っていませんでした。 まさにそれが敗因でもあるのですが、これから先どうすればいいのか当惑しています。 一般的に院試に不合格だった場合、その後はどのように行動するものなのでしょうか。 昨年の研究室の卒業生で院試に落ちた方は全員学科推薦で地元の企業へ就職、または公務員試験受験にシフトされたようです。 しかし、院試に落ちた身でこんなことを言うのは贅沢かもしれませんが、私はできれば修士で就職して研究開発系の部署で働きたい、地方公務員は絶対に嫌だ、と考えているため、これらの選択肢はできれば選択したくないです。 今考えているのは ・4回後期から休学して半年分の学費を稼ぎ、来春から再度卒論に着手、来夏大学院受験。 →指導教官と話し合う必要があるが、恐らく無理。書類上では「院試に落ちた」という事実が見えてこない、ということだけがメリット。(院落ちは留年より印象が悪いと聞いたため) ・卒業後研究生になり、半年は院試の準備にあてさせてもらったうえで来夏大学院受験。 →一番現実的だが、学費がかかる。 ・卒業後院試浪人をして半年バイトと勉強に費やす。残り半年は完全にバイトに費やし学費を稼ぐ。 →これも比較的現実的と考えている。学費もかからないので負担は少ない。 の3つなのですが、この考えは甘いでしょうか? それから、当然のことだと思いますが、院試に落ちた経歴があればやはり就職は不利ですよね? 来夏院試を受けるとして、それまでに専門科目は完璧にし、合格できて院に入学するまでの半年は英語の勉強などで自分を鍛えたい、とは考えているのですが… 最後に、次に大学院を受験する際は他大の院も選択肢に入れたいと考えているのですが、これも院試に落ちた経歴があればやはり不利ですよね? ここまでとんとん拍子に来ていたのに、一番肝心なところで躓いてしまい、泣くに泣けない状況です。 色々アドバイスを頂ければ幸いです。 よろしくお願いします。

  • 院試出願の際の提出物について

    私は今春に大学を卒業して、他大学院文学科(学部と同じ研究分野)を受験しようとしている者です。 希望大学の募集要項に、『出身大学に提出した卒業論文または、志望する研究分野に関する論文』(口述試験で使用するようです)を提出するようにとありました。 研究テーマは学部のときと同じ(方向性が同じ)です。しかし、扱おうと考えている文献が学部時代と異なる場合、新たに論文を書いたほうが良いのでしょうか? 『志望する研究分野に関する論文』というのは他の分野からの受験生を念頭においての記述なのか、それとも…?と、悩んでいます。 どなたかご回答くださるとありがたいです。

  • 大学院入試

     大学院入試で、その募集要項を見ると研究室ごとではなく、系ごとに定員が決めてあります。これが疑問なんですが、例えば、分析化学系の研究室の希望者が10人いたとします。この10人がとても優秀で院試でも上位の成績なら、10人全員合格するのでしょうか。それとも、その研究室は5人しか採らないというような理由で、のこりの5人は落ち、そのかわり、成績がもっと低かった他の研究室希望の5人が合格するのでしょうか。院試では問題などの選抜方法は研究室ごとではなく、みな同じ試験を受けるはずですよね。  さらに、もし後者のようになるなら他大学の大学院を受験する場合、その研究室の学部生から院生になる人で研究室の定員をみたしていれば、その人たちを押しのけて合格しないとならないはずです。そのあたりは、本当に公正な判定をされるのでしょうか。この手の話ではうわさなどが多いような気がしますが、できれば、うわさではなく事実として知っている方、おしえてください。

  • 回答No.4
noname#232424

なんだか理屈っぽいことが書き並べてありますが,要するに,行くところはいまの大学の院しかないんでしょ? じゃあ,おとなしく身の丈にあった貝殻におさまるヤドカリになったらどうですか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり申し訳御座いません。 確かに、他大学院を落ちたということを自覚し、自分の身の丈のあった場所に進むというのも正しい一つの方法だと思っています。 確かに、質問文の中では他大学に行く(行きたい)理由を並べ立てています。それと同時に、質問文には書いていない、身の丈にあった場所へ進む理由も同じくらいあると思っています。最終的は、「感情」などで決めることかもしれませんが、それを決めるまでの段階では、多少理屈っぽくなっても、しっかりと、"そこ"に進む「理由」を考えたいと思い、他大学へ進むという希望を前提とした質問をさせて頂きました。 ありがとうございました。

  • 回答No.3
  • academ
  • ベストアンサー率30% (7/23)

どうしても入りたい研究室があるのに院試に落ちた場合には、入りたい研究室で研究生をしながら1年間試験勉強と研究を続ける、というのが一般的だと思います。 研究生にも審査はありますが、普通は、指導教員が引き受けると言えば通るものですから、落ちる心配はありませんし、一般的な大学では高額な入学金は必要なく、授業料(と大学によっては施設・設備利用料)だけで済みます。 修士であれば奨学金を申請できるということを二次募集を受ける理由の一つとして書いていらっしゃいますが、奨学金は、1年で退学した場合に返還しなければならなくなる可能性がありますし、返還しなくて済んだとしても、次に入学した大学院で奨学金を申請しても審査が通らなくなくなる可能性があります。 そもそも、今いる研究室の指導教員は、質問者さまが他の大学院を受けて落ちたことをご存知なのでしょうか? 他の方が書いていらっしゃるように、他の大学院を受けるための腰かけとして使われて喜ぶ教員はいないと思いますので、最初に入る大学院と後で試験を受けるつもりの大学院で研究室の研究分野が同じなのであれば、研究室を移った後に相当気まずい思いをすることを覚悟しなければいけません。最初と次の指導教員同士の関係にも影響するかもしれません。それぞれの大学院の研究室の教員同士が知り合いで、1年で修士をやめて次の研究室に入り直すことを了承していれば問題ないと思いますが、一般的な大学教員であれば、このような相談をされたら、1年間入りたい大学院で研究生をして院試を受け直しなさい、と言うと思います。 >(それなりの"妥当な"理由があれば大丈夫なものなのでしょうか……) 妥当な理由とは、「今の指導教員と不仲なので、他の大学院に移りたい」、「今いる研究室では、自分が研究したいテーマの研究はできないので、他の大学院に移りたい」、「研究分野を変えたいので、他の大学院に移りたい」くらいしかないと思います。ただし、理由として最初の二つを言った場合、「この人は人間性に問題があるので、入学した後うちの研究室でも問題を起こすかもしれない」と思われる可能性があります。 あと一点、気になったことですが、質問者さまが二次募集で受験して受かるということは、他の受験生が落ちるということです。二次募集は若干名しか合格しないと思いますが(定員割れしているようなところは別として)、他の人を蹴落としておいて、最初から退学する気である、というのは、人間として問題がある行為だと思います。自分の都合しか考えていないのですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり申し訳御座いません。 研究生になるという選択肢を全く考えていなかったので(そのシステムをよく知らなかったので)、研究生について詳しく調べてみようと思います。 今所属する研究室の先生としっかり話し合い、希望する研究室の先生にきちんと連絡をとるなどし、自分と教授との不和が生じたり、最初と次の指導教員同士の関係が悪くならないように、気をつけます。 ありがとうございました。

  • 回答No.2
  • k_kota
  • ベストアンサー率19% (434/2186)

何で受け直すかによります。 どうしてもそこで勉強したいと言うならいいですけど。 2年の為に1年使うのはいいのでしょうか。 研究者として考えているなら、ドクターになってからでもいいかなと思います。 就職を考えるなら、悪影響です。 年次が遅れますが、学歴は学部の大学を参考にするみたいですので。 したければすればいいですけど、意味ありますか? あるならすればいいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり申し訳御座いません。 なるほど、就職を考えた場合は悪影響なのですね。 ドクターまで進もうと現時点では考えているので、就職するという視点から考えたことはありませんでした。 もしかしたらマスターを終え、就職する可能性もあるので、本当に他大学院を受験しなおす必要があるのかを、自問し直したいと思います。 ありがとうございました。

  • 回答No.1

大学教員です。 まず、大学院1年に在籍した場合のことを考えると。 (1)所属する教授と不和にならないか考えておくほうが無難です。腰掛にされたと不快に思って露骨にする教授もいるからです。 (2)在籍して、他大学を受けた場合ですが、はっきりいって不利になることはまずないです。どこの大学を受験するのかは存じませんが、実は、大学入試や大学院入試は、受験生が考える以上に公平なものです。圧倒的に、試験で大勢は決まり、その後の面接(口頭試問)で相当ひどいことをしないかぎり、試験の順位をひっくり返すのは厳しいものです。多くの場合、大学院の出願前に、希望する担当教授に連絡をとることも多いでしょうし、研究テーマ等にも事前の確認はできているでしょうし、プレゼンがあるとしても準備は普通念入りにするでしょう。それを考えると面接で大減点になる要因があまりありません。 (3)それよりも、在籍していながら、なぜ受験しなおしたのか。ということが問われます。そこが曖昧だと厳しいかもしれないです。誰もがなるほどと妥当な理由をつっこまれても返せるようにしておきましょう。 でも、入学金も再度払うことになるし、授業料ももう一年多く払うことを考えると経済的にはなかなかかも。免除枠に入ればよいけれど。 指導教授が大きなグラントとかもっているなら、研究補助員とか、非常勤研究員で給料をもらいながら、再受験を目指すというのが、一番の理想かも。本来希望していた大学院の先生にまず相談したほうがいいのかなと私は思います。「先生の研究室でどうしても学びたいのですが。。。」って。 今の研究室の先生にも相談するのもいいですが、自分がそこに進学したい意向を先に相手に伝えておくほうが大事だと思いますよ。 それと、確かに保険をかけるのはよいのですが、私は日本の大学院修士は、東大であっても、がんばって、合格できないほどの難関試験ではないと考えています。 英語等が苦手であれば、試験対策に苦労するかもしれないですが、もし失敗した時の保険なら、浪人したときの再受験時にしたらどうかなと思いますが。第一希望から少しだけレベルを落として納得いきそうな大学も次は複数出願しておいたらどうでしょう。。。(まぁ、これも認められるかは教授次第でしょうが。。。倍率が高くリスクのある大学院受験なら掛け持ち受験も大丈夫だと思いますが。) ご健闘を祈ります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり申し訳御座いません。 大学教員という立場の方からの回答ということで、とても参考になります。 口頭試問など入試についての情報はとても勉強になりました。 所属する研究室の先生としっかりと話し合いたいと思います。 在籍しながら他大学院を受験することに対して、教授がどのような考えを持っているかもしっかり考慮し、今後の進路を考えたいと思います。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 獣医系の大学院について。

     獣医を目指して浪人一年生です。いろんな大学の案内や募集要項を見ていると、獣医学科の大学院は、獣医学科以外の学部の修士課程を卒業しても入れるみたいなのですが、その場合、獣医師の国家試験はうけられるのでしょうか??獣医師にはなれるのでしょうか??

  • 他大学院受験について

    現在、薬科大学4年で、他大学の大学院受験を考えています。先日、第一志望の研究室の教授にお会いして話をしてきました。その大学は、第二志望の教室まで選ばなくてはいけないのですが、その研究室への挨拶は募集要項配布されてからでも大丈夫なのでしょうか。また、第二志望の研究室のHPにはアクセスできず、連絡しようがないのですが・・・。

  • 外部大学院入試の志願理由書について

    外部理系大学院を受験します。募集要項に中に「志望理由書」があり数百字で書かないといけません。書こうと思えば書けるのですがやはり誰か(自分の研究室の教授)に添削をしてもらったほうがいいのでしょうか? また「志望理由書」の合否への影響などあれば教えてください。

  • 院試失敗後について

    現在国立大学4年生理系です。 学部で配属された研究室での研究テーマに興味を持ち、院生になっても研究を続けたいと思ったため大学院を受けましたが落ちてしまいました。二次募集もなく、就活も全く考えていないため、来年再び受験し直そうと考えています。 自分の今後について調べてみると、基本的に留年か研究生のどちらかを選ぶのが一般的であるが、留年はあまり得策ではないとあったため、このまま卒業したあと研究生になろうと考えていました。しかしそのことを担当教員に相談すると、所属している研究室の教授が退職される関係もあり、今年は研究生を受け入れることはできないと言われました。 そこで質問なのですが、このまま留年をするか、休学をしたり卒業してフリーターとなる、似たような研究を行っており二次募集を行っている他大学大学院を受験するなど他の選択肢を選ぶか、どれが自分にとって良いと思われるでしょうか? 将来の就職活動にも影響してくるであろうことなので、もちろん不利になることは分かっていますが、慎重に決めたいと思っています。 無駄になってしまう一年間は勉強や研究に熱心に取り組もうと思っています。 よろしくお願いします。

  • 今さら聞けない・・院試の勉強法について

    私は8月末に他大学の大学院入試を受けます。過去問、募集要項はあります。今年の4月からたまに、6月からだいたい毎日数時間勉強を始めました。今もやっているのですが、本当に身になっているのかわかりません。 生物系で入試は分子生物が出るので教科書を読んでいます。今後は問題も解いていこうと思います。英語は単語を覚えています。過去問はやったりやらなかったりです。あまりやれる時間もないし、毎日少しずつなので身についているのかがとても不安です。 何かアドバイスがあれば下さい。

  • 院試まであと3ヶ月・・・ちょっと焦る

    他大学の大学院試験まであと3ヶ月ちょいですが、過去問があまりにも解けなさすぎて焦ってます。過去問の傾向を調べ、英語試験はなんとかいけそうですが、専門が難しいです。 京大工学研究科志望なのですが、その研究室は内部進学でも三分の一近く落ちるらしいです。そんな研究室に立ち向かっていかなければならないのですが、どうも勉強方法が悪いのか思うように点数が伸びません。というか自分の大学の院試は講義でやったような問題ばかりですが、京大は全然問題のレベルが違うというか、「こんな問題誰が解ける?」という問題ばかりです。 他大学院試経験者の方はこの時期に過去問は何割ぐらい解けていましたか?どんな勉強方法でしたか?教えてください

  • 理系の研究生です。院浪しています。

    こんばんは。私は去年の院試で失敗し、研究生として籍を置きながら院試の勉強をしています。出身大学とは違う外部の大学院を目指しています。工学系です。 去年私の大学に研究生が2人いたのですが、2人ともまた落ちたんです。受験する大学院のほうにも、研究生とわざと留年して再受験した人がいたらしいんですが、その人たちもだめでした。現役の4回生よりも明らかに優位なはずなのに、なぜでしょう? やはり油断からでしょうか。 再受験仲間が身近に一人もいないので非常に不安です。 それで、院試で浪人した経験のある方がいらっしゃれば、体験談やアドバイスなど、なんでもいいのでお伺いしたいです。 身近(研究室内など)に再受験者がいた方、今実際に研究生している方のお話なども大歓迎です! よろしくお願いします。

  • 医学系の博士課程について

    医学系の博士課程には、 「医学部出身者(医師免許取得者)しか進学できないコース」 がありますか? No.545040(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=545040) にも参考になる回答がありますが、ここでは 「医学部の大学院博士課程でも、他学部の修士から進学できます。 (ただし、臨床系でなく、基礎医学に限られると思いますが。)」 というふうに書かれています。 つまり、臨床系の博士課程の全部あるいは一部は、 医学部出身者にのみ開かれたコースとなっていて、 他学部出身者では進学できないようになっているのでしょうか? 東京大学大学院医学系研究科・医学部のホームページ (http://www.m.u-tokyo.ac.jp/) で大学院入試案内の項から募集要項を見ると、 「博士後期課程学生募集要項」では 出身学部を問わず、修士課程修了者を募集しているのに対して、 「医学博士課程学生募集要項」では 医学部卒業者に準ずる者を募集しているようです。 こちらには、他学部卒で修士課程を修了していても 進学できませんよね? いろいろ見てもよくわからなかったので、教えてください。 どうぞよろしくお願いします。

  • 大学受験にも添え状(?)はいる?

    私は現在社会人ですが、大学の受験を考えております。 大学の募集要項を請求したり、願書を出すときって、手紙みたいなのをそえましたっけ?「私は貴校を受験したく、募集要項を送っていただきたい」みたいなの。添え状?送付状?ていうなかな。 就職のときはそんな手紙を添えた気がします。 募集要項請求するときも、封筒に返信用封筒だけをいれて送ればいいのですか?それだけだと失礼になりません? どなたか教えてください。

  • 【大学院進学】 研究生から修士に進んだ場合

    【大学院進学】 研究生から修士に進んだ場合 こんにちは。 現在、大学院進学を考えています。 そこで、先日、行きたいと思っている大学院の教授とお話しました。 その際、教授から、2月の院試を受験する前に、 まず研究生としてゼミに入り、学部授業を受けたりして、 本当にその大学で思った研究ができるかどうかを見極めてみては? というご提案を頂いたのです。 そこで、質問なのですが、研究生として院に入る際、 ・入学料 ・検定料(受験のため) ・授業料 を支払います。 で、教授との話の中で、もし、研究生を半年やった後、そのまま院に進学した場合、 入学料は再び支払わなくてよい、といわれました。 つまり、 修士をその大学で続ける場合、 ・検定料(受験のため) ・授業料 になるということだと思うのですが、 これは一般的にこういうものなのでしょうか? 私の考えでは、たとえ研究生であっても、身分は実際のところ「院生」とは 異なりますから、また、院生として修士を続ける場合は、 「再度、院に入る」ということで、再び入学料がかかるのではないのだろうか、 と思うのですが・・・ 実際に、大学の教務課に確かめようとも思ったのですが、 なんとなく聞きづらいことなので・・・ まずは、ここで経験者の方から一般的にどうなのかをお聞きしたく、 質問をさせていただきました。 経済的にあまり裕福ではないので、 教授のご提案はかなり魅力的なのですが、 二重に入学料がかかると、ちょっと苦しい状況です。 どうぞよろしくお願いいたします。