• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

種を超える進化をなんと呼ぶのでしょうか?

種を超える進化をなんと呼ぶのでしょうか? 遺伝子改良あるいは突然変異などで、その種の限界を超えて進化していくことに対する専門用語、あるいは一般用語で代替可能なワードはあるでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数36
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • suiran2
  • ベストアンサー率55% (1516/2748)

交配可能の生物の進化(種内進化)を「小進化」、交配不可能なほど大きな属や科を生み出す生物の進化(種を超えた進化)を「大進化」といいます。ちなみに現在でも小進化の積み重ねが大進化につながるという説と大進化は天変地異等で飛躍的に進化するのだという説が対立しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

返信遅くなってしまって申し訳ありません。 進化のことを考えるのはとても興味深いですね。 小進化と大進化というキーワード、誠にありがとうございました。 ここからとっかかりにいろいろググることができました。 誠にありがとうございました。ペコ

関連するQ&A

  • 種分化による染色体の数の変化について・・・

    種が異なると、2n=○○という染色体対の数が違いますよね?そこでお聞きしたいのですが、こういった種間における染色体対の数の違いはいかにして生まれるのでしょうか?いわゆる総合説で進化の原動力とされている突然変異というものに、このような染色体対の数の変化をもたらす力があるのですか?ただ、2n=○○の数が違うような変異個体は、元の種と生殖できなくてすぐ滅びると思うのですが?それとも、染色体対の数の変化は進化の原因となるような突然変異とはまた違うプロセスを経てなされるのでしょうか? 遺伝子関係は無知なもので、トンチンカンなことを言っているかもしれませんが、よろしくお願いします。

  • 進化論の流れ

    【ラマルキズム】 ・生物は、下等なものから高等なものに進化した。 ・環境に適した器官を発達させ、そうでない物を退化させた。 【ダーウィ二ズム】 ・ランダムに変化が起き、環境に適したものはセレクトされ、そうでないものはバッシングされて駄目になった。 【ネオ・ダーウィニズム】 ・ダーウィンの言う「ランダムな変化」とは、「遺伝子の突然変異」のことである。突然変異は、偶然に起こり、方向性がない。 【最近の学説】 ・遺伝子の突然変異はランダムには起きない。 ・生命は、異質なものを取り込み、共生する事で進化した。 以上のように、おおざっぱに理解しているのですが、正しいでしょうか。誤解があればご指摘下さい。よろしくお願いします。

  • 進化について

    進化って「突然変異」でなるものと「徐々に」なっていくものとどっちの割合が多いのでしょう? 人間も顎の骨に「突然変異」が起きたから今の形に進化できたのですよね。(最近そう言う結果が出たと何かで見ました。)そうすると「進化」って何かなぁと思ってしまいました。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • psytex
  • ベストアンサー率21% (1065/5004)

一つの考え方として、小進化は一つの 系統の中での進化(多様化)で、それが 種内に広まるのが大進化です。 (もちろん、その結果として種分化の 可能性が生じるのも確かです)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再びありがとうございます。ペコ 小進化が種に広がるというところ、小進化が意志の力によってできるということ、小進化が大進化を産む可能性、あるいはそれを否定する考え方も、とても興味深いです。 これを機にいろいろググって進化の面白さを知りたいと思います。 ありがとうございました。

  • 回答No.2
  • psytex
  • ベストアンサー率21% (1065/5004)

種というのは、交配可能なグループですので、 どのような変化であれ、遺伝的に交配可能なら 通常の進化ですし、その進化によって交配不能 になったのなら種分化です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

返信遅くなってしまって申し訳ありません。 交配と種別化の知識を教えてくださり、ありがとうございました。ペコ

  • 回答No.1
  • prumin
  • ベストアンサー率71% (66/92)

種とは,基本的に自然界での生物を分類する際に使われる単位で, 遺伝的に交流している「集団」(←ここ重要です)を指します。 そのため遺伝子組み換えや突然変異によって形態などが変化した 「個体」を別種と見なすことはありません。 自然界で単一の種集団が,遺伝的に分断された2つの集団, つまり2つの種に分かれる現象は「種分化」と呼びます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

返信遅くなってしまって申し訳ありません。 専門用語をいくつかいただきググりやすくなりました。 ありがとうございました。ペコ

関連するQ&A

  • 大進化について教えてください

    進化論で説明できないところがあります。 遺伝子の変異と自然選択による小進化は大丈夫なんですが、種を超える大進化が説明できません。どう説明すればいいのでしょうか。

  • 人間は猿から進化したのですか?

    宇宙人の遺伝子操作、猿から進化、遺伝子の異常、アフリカのイブの突然変異。可能性の高いのは何ですか?

  • 生物の進化について疑問があります

    そもそもなぜ進化が起こるのかと言うと…。 「突然変異」と「環境への適応」ですよね? 例えば白い色の動物が居たとして、突然変異によって黒い色の個体が生まれたとします。 黒い個体は、白い個体よりも敵に見つかりにくい利点があったので 生き残りやすくて、環境への適応によって黒い個体の遺伝子ばかりが繁栄して行った。 結果的にこのように身体の進化が起こったと考えられるわけですよね? でも中には葉や花に見た目がそっくりな恐らく進化による擬態能力を持った昆虫がいますよね。 どうやって突然変異(つまり偶然)で見た目が葉や花そっくりになるのでしょうか? あたかも外部から再設計が施されたかのように…。 もちろん創造論を信じているわけではありませんけど。

  • 進化論を信じていますか?

    私は昔から進化論はあやしいと思っている者ですが、先日アメリカでは 全く進化論は教えていない地域もあると新聞で読みました、日本では真理のように教育されているようですが、私が疑問としている事は 1 進化論を信ずるのはなぜですか? 2 進化過程のものが皆無だ(突然変異によるとの説明だが) 3 人間は進化しているのか否か(例えば5000年前と現在)? 4 人間が進化して突然変異をすればいかなる動物に進化するか? 皆さんはどのようにお考えですか教えて下さい。

  • 進化と有性生殖

    1・生命の進化とは何か? 2・有性生殖と進化の関係を説明せよ。 この2つの問題を考えています。調べてみたところ、1の答えは、「ある生物の種が何世代にもわたる変化の蓄積の結果、異なる種に分岐・あるいは変化する現象のこと。」 2の答えは「有性生殖では父親由来と母親由来の配偶子が接合するので、組み換えや乗換えが生じ、それによって形成される配偶子の遺伝子型は多様になる。また、突然変異が生じる可能性があるので、さらに多様性が生まれ、それらが進化をもたらす。」 この問題の答えはこれであっているのでしょうか?この問題を解く参考になるページ等がありましたら、是非教えてください。

  • 突然変異進化論とウィルスの関係

    生物の進化のひとつに突然変異論が有りますが、以前こんな事を本で読んだことが有ります。 突然変異による進化のはウィルス感染が原因で発祥する。 これは本当でしょうか。 ウィルスに感染した生物がほとんど絶滅し、極少数の生物がウィルスに耐え免疫が出来 生き伸びる。生き延びた生物の遺伝子はウィルスにより組み替えられ、第2代に突然変異が生まれ、この時大幅な進化を遂げる。人類の進化でも、各猿人の中間のまた中間的な骨の発掘がないのはこの為だ。 と、20年以上前に何かの科学雑誌のような物で読んだ記憶が有ります。何せ20年以上前の記憶ですので間違えや勘違いがあるかもしれませんが。 最近また思い出し半信半疑ですっきりしません。可能性は有るのでしょうか。

  • 種の意思みたいなものは有るのか

    進化とは環境に合わせて生まれた突然変異した個体が 淘汰を生き残ってしていくものだと思います。 しかしながらそれだけでは説明がつかない進化も有ると思うんです。 例えば猛禽類の顔の様な模様を持つ蝶というか蛾とか、 羽の模様が鳥の目を模しているもの。 これはたまたま、そんな模様の個体が生まれて子孫を残せたとは 思えないのです。 虫の個体が、鳥の模様に似せたら食われないんじゃね?と思って 生きているうちに自分や次の世代の遺伝子を進化させるとも思えないし。 また、ぜんぜん違う種なのにそっくりになったことで恩恵をうける種とかも、 どこでそうなったのか、判断した種の意志のようなものが有ったのか。 そして毒を持ったカエル。自身が食われることで種の捕食者を 減らし、種に貢献するカエルとか。 仲間が食われているのを見たストレスで毒を持つに至ったとしても、 そんな知能を持ってるとも思えないし。 答えが出るものだと思って質問はしていないので、 御自身なりの考察を聞かせていただいたら、と思います。

  • 進化論では、命はどうやって始まるんですか?

     進化論では生命はどのように始まったことになっているんですか?  進化論についてちょびっと高校で習っただけでそんなに詳しい知識はないのですが、単細胞生物みたいなのから魚とか虫とか、哺乳類とか鳥類に突然変異のようにして進化していった、というものだと思っています。  これについても間違っていたら教えていただけると嬉しいです。  進化自体はまあ納得はできないけど、わかるんですが、一番最初はどんなやつでどうやって生まれたんでしょうか。特定の何かを指さなくても個人的な想像でもいいです、どうなんでしょうか。  あと、突然変異で好ましい変化が起きた事例はあるのか、も教えていただけるとありがたいです。  カテゴリ選択間違ってたらごめんなさい。

  • 突然変異による進化-本当に起こり得るのか?

    先日、「神の存在を証明できるか?(改)」にて質問した者です。大変参考になりました。 ところで、今回は上の質問への回答の中に「進化論」についての見解が多かったので、その点を改めて質問させていただきます。 つまり、進化論が正しいと言える根拠を挙げてそれを証明できる方がいらっしゃいましたら、ご回答願います。 ところで、上の質問の際、進化論は突然変異によって生じ得るという回答があったので、No.33で私はこう返答しました。以下にそれを抜粋します。 再度のご回答ありがとうございます。 なるほど、研究者の方なのですね。貴重なご意見に感謝します。ご指摘のスーパー男性などの事例は大変興味深いと思いました。確か、食用バナナの染色体は突然変異によって生じた三倍体となっていて種ができなくなったということを本で読んだことがあります。大抵、突然変異体は奇形であまり有用なものが生じないらしいのですが、この種なしの食用バナナの場合は(人間にとって)有用な結果を生み出した事例として挙げることができると思います。 しかし、スーパー人間にしても三倍体のバナナにしても、結局のところ種の範囲内で起きた変異に過ぎず、依然として種と種を隔てる壁を越えるというのは困難であると考えます。例えば、受精する際に、卵子のバリアを破るための「起爆剤」を精子が持っていて、それを使って精子は卵子の中に侵入できると文献で読みました。そして、その「起爆剤」というのは種によって異なっており、種の異なる精子と卵子では結びつかないようになっているとのことでした。これは一例に過ぎませんが、このように種と種を隔てる壁は極めて堅牢にできているように感じます。研究者の方であれば、もっと詳しい知識をお持ちのことでしょう。 そのような超えがたい種の壁を考慮した時、染色体の違う子を生み出すほどの突然変異が生じるという可能性があるとすれば、一体どのような理屈で生じ得るのか、その理論はどうなっているのでしょうか。多分、そのような事例は未だ報告されていないと思うので、せめてその理論が説明されてしかるべきだと考えます。ご研究なさったND5の変異は「染色体の数が違う子(つまり親とは異なる新生物)を産み出す」ほどの突然変異をもたらすことを本当に示していますか。 (以上、抜粋終わり) 具体的な私の疑問としては、「染色体の数が違う子(つまり親とは異なる新生物)を産み出すほどの突然変異」が本当に生じ得るのかということです。それを証明できる方はご回答お願いします。または、単に意見でも結構です。あるいは、逆に「種を隔てる壁を越えることはできない」ことを証明できる方はいませんか。合わせてご回答お願いします。

  • 突然変異と自然淘汰で進化をすべて説明できるのでしょうか

    突然変異と自然淘汰で進化をすべて説明できるのでしょうか 突然変異は複雑な生命になればなるほど、個体にとって不利に働くとききます また、ランカマキリなど植物にみごとに擬態してる生き物は突然変異と自然淘汰では説明できる気がしません 進化論(突然変異と自然淘汰)は正しいのでしょうか 進化論を信じたいので、ID論・創造論の意見は控えてもらって、進化論の立場から解決したいです