• ベストアンサー
  • 困ってます

境界杭(コンクリート製)が設置されているにも関わらず、隣家住人は境界線

境界杭(コンクリート製)が設置されているにも関わらず、隣家住人は境界線の確定を拒否しています。土地家屋調査士に任せてはありますが進展しません。筆界特定制度も強制力はないように聞いています。杭があっても隣家住人が拒否し続けた場合、訴訟ということになるのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • hktouki
  • ベストアンサー率47% (22/46)

土地家屋調査士をしている者です。 まずお聞きしたいのですが、 コンクリート杭まで設置されていながら、 境界線を確定しなければならない理由は何でしょう。 境界線上に塀を造りたいとか、面積が違っていそうなので地積更正をしたいとか、 土地の一部を分筆して他人に売りたいとか 何らかの理由があるはずですよね? それが分からないと適切なアドバイスはできないと思います。 現時点では境界線に異議を唱えているわけではなさそうですし・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

隣家住人がどうして拒否しているのか、理由があるはずです。隣人にとって、その境界線部分の使用収益が必要なため、境界杭どおりに仕切られてしまうと都合が悪いといった事とか、単に相隣関係が悪いだけで嫌がらせのつもりで拒否しているのか、その辺に関して相手側の真意を確認したことはありますか。No.1の回答者の言われるとおり、土地家屋調査士が間に入ったとしても無理です。だって双方合意のもとで業務を請け負うだけしか彼にはできません。それよりも弁護士の方が話が早いと思います。いずれにしても最終的には訴訟によって調停、裁判という強制力をもって決着をつける事になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。私の祖父との間にトラブルがあったようなことは聞いています(50年以上前のことのようです)。単純な嫌がらせなのかも知れません。できる限り関係の修復に向けて努力してみます。できれば避けたいのですが、最終的には裁判ということも頭に入れておきます。

  • 回答No.1
  • masa-u
  • ベストアンサー率25% (1146/4411)

 土地の境界線でトラブルになって第三者(土地家屋調査士や弁護士など)が間に入っても解決しない場合は訴訟となって裁判で決着をすることになると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。境界杭があっても最終的には裁判で、ということは考えておきます。

関連するQ&A

  • 隣家に勝手に境界杭を増やされたり取り替えられたりして困っています。

    隣家は東証一部上場企業のグループ会社所有の元社宅です。 自宅と隣家との間には隣家が建てた塀が有りました。 自宅と隣家は袋小路の奥にあり道路に面しているのはその塀がある ところだけです。塀の道路に面した部分にコンクリートの境界杭 (十字)があり、隣家側と我が家の道路面を分けていました。 隣家の入り口はは車一台が入るぎりぎり程度の狭さなので その塀を壊したいと言って来ました。 隣家の土地にある構造物なので、勝手にどうぞと答えたのですが、 先週2mほど塀を壊して、そこ(2M奥)に勝手に十字の境界杭を 設置しました。 今週勝手に境界を設置するのはどういうつもりだと抗議した所、 昨日勝手に設置した十字の境界杭を抜いて-型の杭を設置して有り ました。また、元から有った十字の杭も引き抜かれており、 代わりに赤い矢印が道路を指している小さな金属杭に差し替えられ ていました。 これらの杭は境界を示していると思うのですが、勝手に数を増や したり、取り替えるなどの行為は法律に抵触すると思うのですが どうしたら改めさせられますでしょうか? 隣家はすでに売りに出ており、この状態だと買った人とも揉めそう で困っています。

  • 境界杭を勝手に設置された。

    山林です。市が公園用地で当方所有の隣地の山林を買いました。 隣接する山林の境界に当方にまったく連絡もなく境界杭3本(コンクリート杭)とプレート盤1枚設置されていました。 立会いもない勝手に市の境界杭を入れるのは不当だと市に抗議しました。 最初は民民の杭に沿って杭を入れただけ。と説明されました。 でも以前からの杭は一部折れたり抜けた状態のものもあり、どうも納得いかないので再度確認しました。 平成22年2月、市の担当職員から関係のない第三者が立会い、確定していることを知りました。 市が依頼した土地家屋調査士が土地所有者を間違えたのが原因だそうです。 一度確定してしまったものはどうしようもないものでしょうか? 裁判とかは費用のこともあるので避けたいです。 何かいい知恵を教えてください。 尚、市が隣接地を購入したのは平成17年、当方が杭の存在に気がついたのは平成22年6月です。よろしくお願いします

  • 隣家との境界と越境に関して

    隣家の境界に関して教えて頂ければ幸いです。 現状、隣家と自宅との境界に父が業者に依頼して設置したコンクリートブロックが積んであります。 最近になってその父が亡くなり、自宅土地を相続いたしました。 その際に気がついたのですが、隣家と土地の境界を示す杭がブロックの内側に打たれていました。 コンクリートブロックは、亡父が積んだものなので、当方に所有権があると思われますが、その杭の矢印を信じるならば、コンクリートブロック分がお隣の土地に越境占有している事になってしまいます。 しかし実のところは、隣家でこれもつい最近土地の売買があり、そのドサクサで杭を打ち込んでいったらしいのです。 コンクリートブロックを積んだ際には、その容積分は当方側が所有している土地だったはずなのですが、ドサクサに紛れて杭を打つような事をされたので、非常に不愉快です。 とは言うものの、隣家との事なので妙なもめ事にはしたくないのも事実です。 こういう状況の場合、法律的にはどのような判断が下されるものなのでしょうか?

  • 境界杭について

    お隣の土地が売りに出されることになりました。 私家と隣家の境にはAとBの位置に境界杭があり、県道とBまでの間が30cmほどあいているため、 AとBの延長線と県道の交差したところに、境界杭Cをいれることになりました。           A +    隣           私家           B +           C * -------------------------------- 県道 不動産屋と土地家屋調査士が言うには、 この場合、境界杭Cを正式な境界杭とする訳ではなく、境界の目安とするそうです。 作業をする時は、前もって連絡してくださいとお願いしているのに、 不動産屋や測量士さんがアポイント無しで突然来たり、 声もかけずにいきなり穴を掘りはじめたり・・・と 境界線にかかわる作業をしているのに、説明が少なくいい加減な感じを受けるのですが 私もなにぶん初めてのことなので困惑しています。 境界杭をいれるときに立会いをして下さいと言われましたが、 本来は杭を入れる前に、位置の説明、位置の決め方、測量器機を覗いてお互いに確認するといった 手順は必要ではないのでしょうか? また、立会う際にはどのようなことに注意をしたらよいのでしょうか?

  • 隣家が立ち会いを拒否ても境界を決められますか?

    土地を分筆したいのですが境界線を測量により確定する事が必須と聞きました。しかし隣家とは先代からのトラブルで境界確定の測量には立ち会って貰えません。その対処法として筆界特定制度があるそうですが、かなり法律に詳しい人にアドバイスを受けましたが、「立会いを拒否されたらダメ」「拒否されてもかまわない」と意見は真っ二つです。過去に同じケースを経験された方がおられましたらアドバイスをお願い致します。

  • 境界杭の設置

    宅地造成前に隣接者と役場職員の立ち会いの下で境界杭の設置し、地積測量を行いましたが、公簿面積と差がありましたが土地地積更正登記を行わないまま、この杭を抜き造成工事を完了し、既に建物や構築物が建設されました。 地権者から地積更正登記をするように話をうけましたが、地積更正登記をする場合には、登記申請後に法務局職員が現地調査を行うと聞いたことがありますが、境界杭を打とうと思っても、建物があり困難な状況にあります。 境界杭を打たなくても、地積更正登記はできるのでしょうか。

  • 境界線杭

    現在自宅を売却中ですが、契約手付金を受理して最終契約の期間中に、隣家の土地に穴を掘って境界杭を確認して測量を行うとのことですが、法令順守(コンプライアンス)の観点からぜひ了解して欲しいと説得されております。これは売却にあたり必須事項でしょうか?拒否は出来ますか?法的罰則はないようですが~。当方としては隣家の住人が偏屈人で必ずもめると確信してますので、絶対測量拒否を貫く積りです。 因みに以前自宅を購入した際の測量図は不動産屋に渡してあります。 どなたか詳しい方がおりましたらよろしくお願い申し上げます。

  • 境界杭の上にブロックを設置するのは普通ですか?

    荒れ地だった、うちの隣地が、整備をして新築住宅として売り出されることになりました。 それで、境界杭(コンクリート杭・頭に十字の溝がある)を隣地負担で設置し、我が家も立ち会い、確認の書類を交わしました。 その後、コンクリートブロックを二段積んだ塀をつくる、とは聞いていたのですが、そのブロックはなんと、境界杭の上に積まれてつくられていたので驚きました。境界杭の頭の、半分を覆うような形で積まれています。 境界杭の、頭の面の半分、その上にブロックが積まれている状態です。ですから、土地の境界としては、たしかに向こうの土地であり、そこにブロックを置くのは自由なのかもしれませんが、私としては、境界杭の上にブロックを置く、という発想がなかったので驚きました。ブロックと境界杭が接触するところは、ブロックの方を削って設置すると思っていたので・・・・。 これは普通のことなのでしょうか。境界杭は大切なものですし、杭の頭は全面的に見えているべきではないかと思ったのですが、こうした工法は通常、よく行われるものなのでしょうか。仮に我が家もブロック塀を作ったとして、隣地と同じやり方をしたら、結局、境界杭は完全にブロックに埋まって見えなくなってしまうことになりますよね・・・・。 できれば先方に申し入れて、ブロックを境界杭の上に置くのではなく、その部分を削って、境界杭自体にはブロックがかからないようにするよう、お願いしたいのですが、これはわがままになってしまいますか? ぜひ教えてください。よろしくお願いいたします。

  • 土地の境界杭がなくなっていた・・・

    以前購入した土地に家を建て替えるために、解体作業をしているのですが・・・・ 門の下にあるはずの境界杭がありませんでした。 実は前の土地の持ち主と隣の住人で境界について揉めたようです。(30年以上前) そのときに隣が裁判(簡易か家庭か良くわかりませんが・・・確かどこかに資料があります)を起こして、境界線をもう一度決めてそこに境界杭を埋めて、その上にこちらの土地に門を設置して20年ほどしてから不動産屋経由で私が購入しました。それから10年ほど経過しています。そのときの裁判記録に図面が書かれており、お互いの4隅の長さを明記されていました。 実は、解体業者さんから聞いたのですが、門を撤去している最中に地中に境界杭のようなものを見つけたのですが、そのまま作業は翌日に繰り越して、朝来てみたらその杭らしきものが見当たりませんでした。 その後、隣人に境界杭を打つので立ち会ってもらいたいと伝えたら拒否されてしまいました。 こういった場合境界杭は打ち込んでもいいのでしょうか? 一応裁判の図面の長さの位置と同じ位置に門が設置されていたので問題ないような気もするんですが・・・

  • 土地売却時の測量と境界確定

    近々土地の売却を行います。そこで不動産屋に相談したところ、土地の測量と隣家との境界確定が必要と言われました。販売しようとしている土地は昭和63年に購入しましたが、四隅に測量杭(標識)が残っており、地積図・測量図共にあります。また購入したときから隣家の住人に変更はなく、前所有者が売却時に当然隣家との間で境界確定を行っていうものと思います。このような状況でも測量や教会確定作業を土地家屋調査士に依頼しなければならないのでしょうか。