• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

「参詣」と「 参拝」の違いはなんでしょう?

  • 質問No.6115772
  • 閲覧数15550
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 40% (27/67)

「参詣」と「 参拝」の違いはなんでしょう?
どちらも「神社やお寺にお参りすること。」の意味ですが、はっきりとした使い分けがわかりません。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー
参拝は拝むこと(身体的な動作)に主眼があるのに対し、参詣は寺社へ詣でること(地理的な移動)に主眼がある。ただし、寺社に参拝するためにはそこへ詣でることになるので、一般には両者は同義の言葉とみなされている。特定の複数の社寺教会を続けて参拝することを巡礼・巡拝という。
お礼コメント
hum548118

お礼率 40% (27/67)

ご回答ありがとうございました。たしかに違いがわかりました。
尚、他の方のたいへん参考になるご回答もありましたが、一番早かったことでBAとさせていただきました。
投稿日時:2010/08/20 10:09

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.5

ベストアンサー率 48% (5664/11798)

こんにちは。

「詣」
字の意味は「至る」「行き着く」。(「参」も似たようなものですが)
ですから、「参詣」の「詣」は、神社・お寺に行き着くことです。
また、何かの分野に特に詳しい人(深い所まで至った人)のことを「造詣が深い」と表現します。

「拝」
当然ですが、拝む行為です。

靖国神社について「参詣・参拝」とのご回答がありますが、そのとおりと思います。
ただし、どちらか一方を選ぶならば「参拝」です。
テレビのニュースでは「靖国神社参拝」と言いますよね。
靖国神社に行くことよりは、靖国神社で拝むことが問題になるのでしょう。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 22% (98/431)

受験合格のお願いにいくとか、戦争で亡くなった人にお祈りをささげたいなど
最初からおがむ理由があって行くのは
さんぱい

有名な神社だから行ってみたいな、何の神様がいるのかしらないけど、富士山に登って、神社も行ったよは
さんけい
  • 回答No.3

ベストアンサー率 22% (98/431)

受験合格のお願いにいくとか、戦争で亡くなった人にお祈りをささげたいなど
おがむ理由があって行くのは
さんぱい

有名な神社だから行ってみたいな、何の神様がいるのかしらないけど、富士山に登って、神社も行ったよは
さんけい
  • 回答No.2
参詣・参拝は確かに同じ意味です。

・参詣の「詣」は「詣でる」という事。解かり易い使い方は「初詣」がありますね。

・参拝の「拝」は「拝む」という事。手の平を合わせて礼をする事を指します。


ここでポイントになるのが「でる」と「む」です。「詣でる」はあくまでも神社・寺院にお参りに行く為に足を運ぶ行為を指します。例えば、昔ばなしに出てくる「お伊勢参り」は、その旅の道中であっても、「お伊勢様へ詣でる」と言います。そして「拝む」は実際に神社・寺院の御神体・仏像・お墓に対し「合掌」して初めて「拝む」となるのです。ですから、8月15日、毎回問題になっている「靖国神社」の記事を読んでみてください。大体が「○○が靖国神社に参詣・参拝した」という書き方をしている筈です。厳密に言葉を変えれば、「○○が靖国神社に詣で、そして拝んだ」となるのです。

意味は同じでも「微妙に違う」わけです。だから国語でも使い分けているんですね、これが。

あ~、日本語は難しい~
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ