• ベストアンサー
  • 困ってます

燃え尽き症候群について

  • 質問No.6109229
  • 閲覧数490
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 98% (50/51)

燃え尽き症候群について

小学校4年の時に家庭教師をつけてもらってからずっと、勉強メインの生活をしてきました。

まだ勉強を始めたころは楽しかったのですが、高校受験の時に、通っていた塾がかなり厳しくて夏休みほぼ毎日13時間塾にいなければならなくて、冬あたりから不登校ならぬ不登塾になりました。(規則的に強制ではないのですが、プレッシャーが強く帰ったりしたら怒られるので、結局私の知る限り塾生全員そうしていました)

高校には受かったのですが達成感もなにもないどころか、やりとげられなかった虚無感で胸がいっぱいです。

「きっとこれは世に言う『燃え尽き症候群』だ。休養をとろう」と思って休むのですが、全然治りません。

というか、休み方がよくわからないんです。


大学受験は、「3年の夏休みから取りかかろう」と決めたんですが、その情熱は1週間でエネルギー切れしてしまいました。実際の話、1・2年の積み上げの分以外それから何の勉強もしていないのに奇跡のように入れた今の大学には、正直心の底から感謝しています。

今私にはやりたいことがあります。「それならやればいいじゃないか」と自分で思って始めるんですが、途中で急に花が枯れるようにやる気を失ってしまいます。とても言葉では表し辛いのですが「どうせまた途中であきらめるだろう」と逃げたような気持ち……というのに近いような気がします


一体私はいつまでズルズルと中3の時のことを引きずってるんだと思うと情けなくなってきます。


やる気がいっぱいで希望に満ち溢れた人なんかを見ると、とても応援したくなります。その半面、応援ばかりして主体的に動けない自分が悲しくなります。

私に足りないのは「うまい休養の仕方」なんじゃないかなぁと自分では何となく考えています。でも実際のところ、よくわかりません。

こんな情けない私ですが、何かアドバイスを頂けないでしょうか。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 26% (22/84)

心療内科にいっても、変な先生にあたると、ろくなことにはならないよ(1さん、ごめんね)

30すぎてちょっとわかってきたんだけど、人生って、運とか環境とか、努力だけじゃなんにもならないことってあるんだよね。

「休養」ってのは、逃げじゃない?
うまくいかなくても、ちょっとずつでもいいから、前に進むこと。


中3の時のコトを引きずっているんだ。
青いね。俺なんか、15年前に告白できなかったことをいまでも引きずっているよ。

高校受験で13時間って、すごいね。
そのころ、ゲーセンいって、補導されそうになったよ。

まぁ、両親に相談するのが、1ばんじゃないかな?
お礼コメント
urus

お礼率 98% (50/51)

「前に進むこと」

休養は逃げだという、私もその意見に激しく同意します。もう、本当はこれ以上逃げたくないんです。

いろいろ後悔するのはやめて、前をみて進むことにします。覚悟が足りなかったんだと思います。

>15年前に告白できなかった……という話はもっと詳しくお聞きしたいと思いましたが、こんな場なので残念です。


回答、本当にありがとうございました!
投稿日時:2010/08/14 22:47

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 8% (2/23)

自分の場合は、「休む」ということすらしただけで罪悪感が生まれ、いてもたってもいられない気持ちになります。
つまり、 自分は「休む」ことでとてつもない不安や恐怖を覚えるので結果的に日々少しも休むことなく働き続けている(頑張り続けている)ような気がします。
それでも疲労も体調不良も積み重なってきますから休んでしまうというとき(落ち込んでしまうとき)はあって、そういうときはひたすら泣きじゃくって、
「もうしません、もう休みませんから!」
という誓約書を書き、この過ちを二度と繰り返さないようにと、休んだことによって味わうことになったひどく苦しい感覚を心に刻んでおくのです。
これでしばらくの精神安定は確保できます。
それでもまた休んでしまう(落ち込んでしまう)ときというのは、万策尽きたときですね。
もうだめだー。ってあきらめていろんなものを失ってみるといいと思います。
安定した地位も生活も、人から見ればもったいないくらい自分は、まるで自らの体の一部を切り落とすようにして失ってきました。
あの時は今とは逆で休むことしかできなかった。何をやっても無気力で鬱で、自分もわりと中学生のころ、似たような家庭環境におかれていたので、
「これはもしや燃え尽き症候群?!」
との思いも抱きました。
でも次第にそんなことはどうでもよくなった。
だって私は、ただ努力がしたかった。
限りない愛情を注ぎ、一心に向き合うことのできる一つの対象が欲しいがために、ここまで私は墜ちてきた。病気や幼きころのとらわれやトラウマの奴隷になるよりは、自分の意志でそれらに立ち向かい、闘ってやるというプライドが私にはあったからだ。

プライド、挫折、傲慢、視野狭窄…など、過剰に持っていれば人から疎まれ、忌避されるような性質のものこそひそかに強く隠しもつべきだと私は思う。
そうでもしないと、本当に強い信念を持って生きたり、行動することなんてできない。
その信念は簡単にかき消されてしまう。
「それもまあ仕方ない」
と簡単に妥協を許せてしまうような寛容で慇懃な真摯さなら、持っていないも同然。
あなたはもう少し下品で、どろどろしたものに、進んで飛び込んで偏屈になるべき。
そしてそれらの良さに気づけない限り、そのようなもの(落ち込みだとか自分の中にまだ隠れてる醜悪なものとか)を自分とは相容れないものと見なすことしかできないはず。
自らの内にも一定量あるはずの悪や、その内に含まれる本質を背負って生きることに価値や意義を見いだせず、外部のちょうどいいスケープゴートに責任転嫁して、あなたはいつまでも
「なぜかすっきりしない」
と言っているんだから。
こっちから言わせてもらえば、そんなのは当然のことなんだよ。
お礼コメント
urus

お礼率 98% (50/51)

目が覚めました。

なんといっていいかよくわかりません。ただ、私は私を少し忘れていたような気がします。どうもおさまらないので書いただけなので、興味があれば、読んでみてください。

 私にとって、回答者様のおっしゃった汚い世界が本当の居場所です。

 でも、私がいるのはいま、そこじゃない。今、私はここにいなければならない。外部的な理由ではありません。自分の意思で、自分の目的のために。

 
 驕りがありました。私はいつまで経ってもそんな自分を見失うことはないという驕りがありました。でも実際ぬるま湯につかって、下から弱火でコトコトと煮込まれている内に、麻薬のように心地よくて逃げ出す気力もやる気も生気も全て絡め取られた腑抜けになってしまっていました。

なかなかどうして信念に沿って生きるというのは難しいものですね。将棋のように簡単じゃない。命令したって駒自体が動かないんですもん。

 まずは自分自身を変えるところからやっていきます。

ありがとうございました。(……でも、お体にだけは気をつけてくださいね。頑張りすぎと頑固は癌になるって祖母が言ってました……すいません最後に)

感謝します。
投稿日時:2010/08/15 00:04
  • 回答No.1
一度心療内科で通院される事です。
診断出来るのは医師です。メンタル系で病んで居ると推察しますけど・・・
お礼コメント
urus

お礼率 98% (50/51)

回答ありがとうございます。

それも手の一つですよね。

メンタル面で病んでるのはずっとずっと前から実は承知でして……でも病院へ行ってしまうと負けたような気がするんです。

もっと辛くなったら考えてみます。ありがとうございました。
投稿日時:2010/08/14 22:33
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ