-PR-
解決済み

とことん

  • 暇なときにでも
  • 質問No.60962
  • 閲覧数741
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 95% (404/421)

「とことん」が、どうしてとことんなのか知りたいです。
語源は、明治元年に官軍の士気を高めるためにつくられた俗謡で、「とことんやれな」というのですが、じゃあ、その「とことん」はどこから来たのか、またその歌詞全体がわかれば嬉しいです。
ちなみに、品川弥次郎作詞、大村益次郎らの作曲によるものらしいです。
よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 49% (1127/2292)

「最後の最後まで」という意味に「とことん」が転用されるようになった確かな例は「トコトンヤレ節」からと言われていますが、
囃し言葉、擬音語としての「とことん」の語源は江戸時代までさかのぼれるようです。
なぜ意味の転化が起こったかについては、参考URLの1998年9月17日の項でくわしく考察されています。
が、諸説あって定説を見ないようです。

また、「トコトンヤレ節」の歌詞全文は下記のURLに載っています。
http://www.konan-wu.ac.jp/~kikuchi/kayo/meiryu.html
お礼コメント
nabayosh

お礼率 95% (404/421)

そうですか。やはり諸説ですか。
いいHPを教えてくださり、ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-04-08 00:25:22
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2

下記のページの中ほどに「とことん」についての記述があります。
参考にしてください。

http://user.komazawa.com/hagi/ko_tame12.html


なお、広辞苑には次のように書かれています。
とことんやれ‐ぶし【とことんやれ節】
明治初年の流行歌。1868年(明治1)、官軍東征の際に歌われた。「とことんやれとんやれな」という囃子詞ハヤシコトバを添える。一説に品川弥二郎作詞、大村益次郎作曲という。


このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ