• 締切済み
  • すぐに回答を!

自己所有の田んぼの隣に工場が建てられそうで、何に注意したら良いでしょうか。

親が所有する田んぼの横に工場が建ちそうで、境界の杭の確認立会いを言ってきましたが、拒否した所、市役所の人間に立ち会ってもらうとの回答が来ました。 今後どのように対応し、どんなことに注意したらよいか教えて下さい。 親は、工場の建設に反対しているし、他の田んぼの所有者も反対しています。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数601
  • ありがとう数8

みんなの回答

  • 回答No.2
  • kawakawa
  • ベストアンサー率41% (1452/3497)

kemさんもおっしゃってられますように、立会いの拒否は逆に問題を発生させる可能性がありますね。都会でも田園地帯でも、土地境界線は登記簿と現地で異なっていることが非常に多く、自分の土地であると信じていたところが、実は他人の所有地まで取り込んでいて、訴訟に発展した事例や、隣の家が自分の土地に入り込んでいた事例などいろいろなケースがあります。そのような問題が起こる可能性があるとき、確認立会いを拒否し、役所からの代理人が立ちあった場合、場合によると権利の放棄とも取られかねませんね。 工場の種類がはっきりしないので、特定できませんが、周囲の田んぼ所有者団体と工場の間ではっきりと文書で確認しておくべき問題としては、以下のことが考えられます; 1.日照権 2.夜間操業を行う工場の場合は夜間電照が作物に及ぼす影響 3.し尿処理を含めた工場廃水処理と用水の汚染 4.地下水を利用する工場の場合は、地盤沈下や地下水の枯渇による水涸れ 5.煙突からの排煙による土壌汚染と大気汚染 6.振動や騒音が作物に与える影響 7.工場に出入りするトラックの排気ガスが作物に及ぼす影響 8.工場敷地内に用水路が通っている場合、その水路分担金を工場も負担することと、水路検査や整備のために敷地内に出入りする権利 9.工場敷地内での雑草処理の徹底と害虫発生時の補償 10.何らかの流出事故などが発生した場合の補償 他にもあるかとは思いますが、これらの点について、地域住民グループと工場との間で、十分に冷静な意見交換をし、作物に影響を与えそうな要因については、工場側からの予測資料を入手し、また、それが妥当なものであるという証明をしてもらう。そして、できれば弁護士等を間に立てて、書面で確認文書を交わすようにする。 一個人と自治体を含めた団体とが反発しあったときに、一個人が全面的に勝利をおさめるのは難しいことです。周辺住民が結束して立ち向かうこと。そして、それでも非常に不利な場合はマスコミに訴えてみるという方法もあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • kem
  • ベストアンサー率20% (1/5)

境界の立会いの拒否は基本的には無理だと思います。 なぜなら、自分の敷地にともなう権利は自分しかできないからです。もし、相手側が裁判所に申し立てを行った場合、裁判所から、立会いの要請がきてしまうことになります。ですから、立会いは立会いとして、自分の敷地の境界を確認しなければならないと思います。そして、境界の立会いは必ず、相手側が官民の境界確認を役所に提出していることを確認してください。境界確認を申請しているのであれば、国家資格の土地家屋調査士さんが公正な立場にたって、境界確認を進めてくれると思います。とにかく、自分の敷地の面積が満たされているかどうかを聞いてみてください。 そして、工場の建設反対についてですが、もし、建築が可能な地域区分(都市計画法)であれば、基本的には難しいと思います。一度、役所で聞いてみてください。建築確認申請が単純にできる地域区分であれば、すでに、建築確認通知済が降りているかもしれません。こうなると、工場を建築することを阻止することはできないと思います。 また、市町村によっては工場建築の指導要綱ができていると思います。どのような規模の工場なのか、相手方に図面などをもらうなどして、役所に聞いてみるのもよいでしょう。 とにかく、相手方を無視するのではなく、どのような工場でどんな規模なのか、工場の配置はどのような計画になっているのか、また、廃水処理はどのようにする計画なのか、をきちんと聞いてみるとよいでしょう。廃水処理については、地元の区長さんや総代さんが詳しいと思いますので、相手方の計画している廃水処理でよいか聞いてみてはどうでしょうか。 また、日影の影響など(作物に日があたる時間はどれだけ確保できるのか)を相手方に調査依頼することもできると思います。(多分、事前に調査されていると思いますが・・) その上で、相手方に不明確な点があれば、それを問いただしてみて、たとえば、規模の縮小や、日があたるように工場の配置の変更を要求してみてはどうでしょう。 できれば、まわりの方々と相談しながら、進めたほうがいいと思います。 いずれにしても、相手方がどれだけ工場建築の計画に着手しているかがポイントになると思います。 また、どうしても建設反対というならば、弁護士さんに頼んで、訴えを起こすしかないと思います。 しかし、この場合は和解ということになることがほとんどで、建築計画を阻止できる確率は少ないと思いますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 境界杭。

    所有する田んぼの横を、県道が通ります。現在工事中で、当方の田んぼとその隣の他人の田んぼが、県道左右に分断されています。斜めに突っ切る形でして、道の右側は当方の田んぼの大部分と隣の田んぼの一部、左側は隣の田んぼの大部分と当方の田んぼの一部といった形で残ります。隣は田んぼをヤル気がないのか、荒れ果てていましたが、右の一部分で、近くの方が借りて畑をしておられました。2年ほど前だったか、急に県土木が「境界杭を打ちたい」と言ってきましたので、反対する理由もありませんでしたので、「どうぞ」とは言ったものの、イザ打ち込まれると、杭が地面より30cmか40cm程飛び出ており、これでは見栄えが悪いと思い、「飛び出す部分を少なくして、せめて10cm程度にしてくれ」と頼んだところ、あっさり了解してもらえました。隣で畑をやっておられたところも恐らくそうだったのでしょうが、借り手と所有者が違うため、話がややこしいのか、境界杭は飛び出たままです。そこはほんのわずかな土地なんですが、どういう訳か数本打ち込まれ、とても当方側に打ち込まれた境界杭より、遥かに見栄えは悪く、数も多く悲惨な状況です。それでイヤになられたのか、つい最近まで野菜が植えてあったはずが、今は跡形もありません。おそらく所有者に返還されたと思います。ここから本題なのですが、実は当方、この土地で自動車の販売、修理業を予定しています。このわずかな土地でも、自動車は数台置けますので、駐車場として貸してもらえるなら借りたいのですが、車を搬入するには、先の「境界杭」は非常に邪魔です。一旦打ち込まれた境界杭を抜いて貰う事は出来るのでしょうか?それか、今度も打ち込んでもらう事は、可能でしょうか?今回は10cmでは効かず、地面ギリギリか、それに近い形になりますが?

  • 田んぼの土手改修工事

    当方の所有しています田んぼの横を県道が通る事になり、現在ほぼ完成です。その土地で【沿道サービス】で自動車の修理業と販売店をする予定です。問題は田んぼが基本的に、棚田?と呼ばれる段々畑のようなもので、隣に一軒家があるのですが、その家は当方の田んぼより、約2mほど低い位置にあります。現在、上が田んぼですので、土の畦道に土の土手になっています。緩やかな斜面です。工場建設に伴い、その土手をどうするかで悩んでいます。コンクリートで土手を強化するよりは、石垣積みが価格的にも手頃と聞きました。ただ、土手の強度がどれほどのものかもわかりませんし、ひょっとすると、現状のままで何ら問題無い気もします。このような事は、工場建設の際、行政から指摘はして貰えるのでしょうか?県や市役所から指摘が無ければ、問題は無いと理解したいのですが?

  • 隣りの土地との境界で杭を打ってから、本当の境界のブロックが現われましたが。

    夏に裏の土地の所有者が変わり、隣接する人達と所有者と市の立会いで、 杭を打ちました。 うちは隣りと20メートルほど接しています。 杭を打つとき、自分が境界を主張せず(わからなかったので)、自分の敷地の雨どいの水を流している5センチ幅の溝(雨水はうちの土地に浸透させています)の中央と決まりました。 頭が赤い杭が打たれ、道路の真ん中に黄色い頭の杭が打たれました。 今日、境界の草取りをしていたら、夏には雑草で見えなかった、 境界だろうと思われるブロックが見つかりました。 このブロックが境界とすれば、25センチうちの土地が削られ、 それが20メートルなので、大体1.5坪削られたことになります。 市役所に問い合わせてみたら、決まってしまった杭が正しいとのことで、 それに従うようにいわれました。 そのことは、もう忘れて、今度家を建てなおすとき、 自分が後退するよういわれました。 しかし、現在の北側の25センチは、水道の元栓、下水のマンホールの関係で、大きいです。 境界を決めるとき、私が溝と本当の境界のブロックの間に、草よけに ブロックを寝かせて置いていて、畑の草が生茂っていたので、 まったく埋まっているブロックに気がつかなかったのがいけなかったので、 私の落ち度ですが、まったく知識のない主婦だったので、 もっと事前に調べるべきだったと後悔しています。 こういった場合、あきらめるのが、一番でしょうか?

  • 隣地との境界確定後に隣地所有者が変わった場合

    以前に隣地所有者と民々境界確定書を交わしました。土地家屋調査士作成の測量図面と印鑑証明も添付しています。 その土地は現在空き地になっているのですが、最近隣地の所有者が変わったらしく、境界を確定したいので立ち会いにきてほしいとの連絡がありました。 話を聞くと私が境界確定書を交わした時から何度も所有権移転があったらしく、今の所有者は境界確定書があることは知らなかったとのことです。 このような場合、以前の所有者と交わした民々境界確定書の法的効力はあるのでしょうか? 長文になりましたがご教示頂ければ幸いです。

  • 裁判で土地境界を直すことができるのか?

    土地所有者が公図と現況図面通りにお互い立会いして決めた木杭の境界ポイントを裁判で手直しの判決をだすことがあるのでしょうか?

  •  田舎の兼業農家の小倅です。

     田舎の兼業農家の小倅です。  今年の夏に家の田んぼ(非耕作中)の隣の人(所有者は小作人に貸している状態)が畦道を家の田んぼの方に寄せて来ました。ちょうど60CM位こちらに入り込んでいます。更に家の田んぼには排水用の溝が掘られ、田んぼの端の畦が排水用に削られています。  私の住んでいる所は、古い地区なので、田んぼには、境界の杭もなく、昔からの土の畦道で区切られています。  地区の土木委員の方に相談し、隣の田んぼの所有者に相談するようにアドバイスを受けました。自分の土地だからと言っても勝手に元に戻すのはいけないそうです。  早速、田んぼの所有者にこの事を連絡し、収穫後に元に戻すようにお願いしてもらうことにしました。  さて、11月。田んぼは、以前元に戻らず境界の畦道は変えられたままです。本日2回目のお願いに行ったのですが、田んぼの所有者も、知らぬ存ぜぬを決め込み、小作人も知らんぷりです。  このまま、田んぼは少しですが、取られてしまうのでしょうか?  何か良いアイデアは無いでしょうか?お教えくださいませ。  

  • 土地の所有者について

    今年家を新築することになり、今の家の近くの田んぼだったところを造成しました。もう着工まで二ヶ月というところまできて、30年間実家の所有だと思っていたその土地が、別の人のものだと分かりました。その所有者は亡くなっていて相続された人もどこにいるか分からない状態です。土地の資産価値もないので納税義務もなく、私達も今まで米を作り、車庫建設のときも役場からも何処からもお咎めなしでした。今回役所へ登記簿閲覧に行って、公図などを見てビックリです。役所では所有者の権利放棄の印鑑を貰って、登記しなさいといわれました。住宅ローンの申し込みの際登記証明書がいるらしいのです。どうすればいいんでしょう?この辺の土地ではこんなことが珍しくもないそうで、田んぼや畑をしているだけならなんの問題もないのですが、住宅建設ということでどうしたらいいか教えてください。

  • 田んぼを、宅地に。

    当方所有の田んぼがあります。いずれは自動車の修理工場兼事務所をと、考えています。それも、横に『県道』が通る事になり、田んぼの端、一角を売却しました。今では、アスファルトが敷かれ、来年には開通との事です。田んぼに事務所という事で、宅地なみの地盤の強度は必要ではないか?と思い、質問もさせて頂いておりましたが、よくよく考えると、横に『県道』はあるわけです。と、言う事は、大型のトレーラー等も通る恐れのある『県道』を、そんなに弱い地盤の上に作る訳も無く、それなりに強度を確認しての事ではないのか?当方が心配するよりも、遥かに強度があるのではないのか?と思うのですが?また、以前は崖に面した田んぼでしたが、『市道→田んぼ→崖』が、『市道→田んぼ→県道→崖』になっています。地盤の心配など要らないのでは無いでしょうか?

  • 土地境界の立会いは所有者の家族でもよいと言われた。

    この度、不動産屋さんが隣地を買い、土地家屋調査士さんが境界設定の立会いを依頼して来られました。 こちらの土地は、わたくし所有部分と家族所有部分があり、家族はどうしても立会いの時間が取れないと話したら、あっさりと一人だけでも良いと言われた。 そんな程度の確認に出ればよいのかと思ったら杭も打ちたいと言うのです。 固定資産税もそれぞれに来るわけで、わたくしと家族との間にも境界がある状況なのに、ああ、一人でいいですよ、と簡単に言う調査士さんは本当にきちんとした人でしょうか。 これだと三文判で済みそうな軽さですが、固い事柄だと思っているのは考えすぎでしょうか。

  • 役所の所有地との境界

    役所の所有地との境界 30年近く前に某役所が所有していた土地を2筆に分筆し、その1筆を買いました。 分筆測量した地籍測量図でもって市長と契約書を交わし買いました。境界確定書はありませんが 杭の位置が示されている地籍測量図です。 最近、残りの1筆をそこの借地人が買うというということで土地所有者某市役所がウチに境界確定 を求めてきました。ウチと関係するのは3点です。 1点は、平成13年に地籍測量図通りに、市役所、ウチ、A家で立会して確認書を作成しましたが、 今回正確な位置があると市役所が言うので異動し、Aさんが確認書を作り直しました。 他2点は市役所とウチと2者で立会をして、市役所の承諾書にウチがハンコを押しました。 市役所なので位置は全面信頼し、 相手の手元を見ると現況測量図と書いてありました。 ただ、承諾書はお互い手元に証拠が残せるものと思っていたのが違いまして、戸惑っています。 「官は境界確認書というのは作れない、承諾書は市役所のみが保有、コピー不可。」 だそうで、 市役所側の測量会社も居て官の受注だけの会社だそうですが「確認書?知らない。 官民間では作らない。民民だけ。」と。 しかし承諾書の閲覧は市役所へ行けば出来るそうなのでハンコを押しましたが良く考えると 双方持つべき。位置も書面で示してもらうべきでした。 たとえば今回のケースではウチはもう1筆の借地人がじきに土地を買い取るので民民の境界となります。手元に境界確認書はあった方が良いです。 この部分はウチで費用を持たないと確認書は作成できそうもないので負担になるからです。 「ここが個人所有地になる前に市役所とやっておいた方が良いと思うんですよね。」とも言われ 急ぎましたが、手元に置けない承諾書では将来いつまで通用するか疑問です。 考えると杭の異動もしてしまいましたがここは 上記、平成13年に確定させた点でしたが、この5月にAさんが建物建築中に抜いてしまい、 市役所の測量会社がウチに「お宅の杭が抜かれてますよ。」と言って来たのです。(ウチからは塀で見え ない。)ずっと杭を抜いてて黙っていたAさんに私も腹を立て、もめてAさんに杭の復元を求めました。 そしてAさんの費用で元どおりに復元する事になりました。 が、当日、元通りにするつもりで立会したら市役所が位置を異動したいと物言いを付けてきたので す。 皆驚きましたが、急きょ数分話し合い市役所の言う事なのでその通りに しました。Aさんには実害が無い場所ですがウチはブロック塀が2cmはみ出す形になりました。 地籍測量図の境界を外側にして塀を作ってましたので今後位置異動です。 今日市役所にその異動の根拠の説明を詳しく聞きたく電話したら 「市役所の測量会社が立会前にお宅の塀に異動位置をペンキで印してました。Aさん側に通知してる。 説明は充分した。」 突然言われてみんな数分で相談したのです。 AさんとAさん側の土地家屋調査士さんとは説明は無かったと確認しあってたので、 それを告げるとやっと黙りましたが、嘘を強気で主張された時は怖く今までのやりとりも 不信だけになりました。 ハンコは自分の責です。が、市役所の応対を考えるとおかしい事ばかり。 「一度契約書を交わしたものをあとから文句言われては困る。」 「説明聞きたいならあなたでは無理なのでプロを依頼してその人から話しをしてきて欲しい。」 「希望なら書面を送ろうと思いましたが、全部を破棄にします。 何も無くなりますから見せられません。 私は境界の確認もしなくて良いと思うんですよ。これで良いでしょう。」でした。 素人に説明は難しいでしょうが、プロを依頼すると費用がかかります。 「文句言うなら説明でなく全てを破棄にするから良いでしょう。」も 平成13年確定点に戻すにはこれも復元で費用がかかるんです。 「せっかく書面を送ろうと思ったけどやめます。」については、コピーは渡せないきまりだったはず なのにどうしたんですか?という感じです。 1年以内に市役所は冒頭の借地人と売買をするそうですが、買い手は境界確認はあまり求めてない ようです。しかし逆に今度はこちらで認印取るのも難しいかもしれません。 杭を異動してしまったので私も今までのように地籍測量図を主張できなくなり、これから困ってます。 市長の捺印入りの図面から数値が変化したのですから その根拠の説明や、変化後の図面のコピーをもらいたいです。 承諾書は双方で持つべきです。 との思いでしたが、全てやり直しになりました。 善後策に困っています。