• ベストアンサー
  • 困ってます

弁護士法72条

弁護士法72条 弁護士法72条は、弁護士以外の者が報酬を得る目的で非弁行為をしてはならないとありますが、たとえば保険会社職員が、通常間に入らない100:0の事故に対して相手保険会社と何らかの交渉などをした場合も違反に入りますか? 顧客から直接の報酬は得ていませんが、保険会社から給料が出ている場合。 もしくは、100:0事故で、過失0の保険会社が顧客に代わり示談交渉を行うことは、弁護士法72条違反には当たらないのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数544
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

弁護士法の範囲外のコトだと思います、 保険会社には顧問がついており、その紺が指示した内容外の 法律に関わるモノに付いてはお咎めがあるとは思いますが、 内容が不確定で、何より何を示して法的違反となるのか解りません。 保険会社は、その手の事に付いては研修や社員教育が徹底されているので、 範囲を脱したコトは保険屋同志では「しない・させない」と言う暗黙もあり、 絶対とは言えませんが、大概はしません。 それに、業務内容に弁護士法を適用すると、警察官も消防士も車やさんも 少しの法的な説明等も含まれかねません。 業務として見るか? 法的な根拠として見るかは貴方の自由ですが、 一般的に業務で行う事に一々疑いを掛けると、様々な職種が違反をしている 事になり、法的な根拠も崩壊していきます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 ちょっとしたメッセンジャー業務ならば、示談交渉に関わったことにならないんでしょうけど、ちょっと微妙なことを頼まれることも多く、困っています。 弁護士特約に切り替えるタイミングが難しいところです。

関連するQ&A

  • 立ち退きと弁護士法について

    教えて下さい。 法人で古い賃貸住宅を購入し入居者に立ち退いてもらって賃貸マンションを建設しようと思っています。 そこで立ち退きを不動産屋に依頼しようと思いますが、記事で「弁護士資格がないのに、報酬を得て立ち退き交渉などをしていたとして、弁護士法違反(非弁行為)の疑いで逮捕した。」とありました。 立ち退きを不動産屋に依頼することはできないのでしょうか。それともなにか条件があるのでしょうか。 よろしくお願い致します。

  • 弁護士法について

    例えば、弁護士の資格はないけれども特定の分野で交渉力gあるとします。それで成功した場合に報酬をもらったら違反になるのでしょうか? 例えば、今問題のなっている耐震構造や欠陥住宅の場合に修理させるように建設会社に交渉する方法を教えて、成功したら報酬をもらうことを副業にした場合は弁護士法違反ですか? また、そういうサイトを立ち上げた場合はどうなりますか? 弁護士の知らない方法を一般の人が知っている場合は結構多いと考えます。違法な解決方法は考えていません。

  • 弁護士法について

     例えば示談の席で、(弁護士でない人間が、さも弁護士と相談したように装って)「弁護士案」なるものを相手側に提示したら、これは、完全に弁護士法違反でしょうか?  また、弁護士法違反したときの、相手側の法律的な手順とは、どのようなものになるのでしょうか?(告訴? その場合はどこへ?)  素人で申し訳ありません。どなたかご教示下さい。お願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

コレって最終的に、保険会社の顧問弁護士或いは 保険会社から委託を受けた弁護士が 示談交渉を行うから、違反にはならないんじゃないの?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

さっそくありがとうございます。 顧問弁護士まで話がいくことは稀で、多くはしょうもない示談交渉などの場合です。 過失0の交渉まで職員がやっていたら、弁護士特約が意味なきものになってしまいますよね・・・。

関連するQ&A

  • 弁護士法72条

    株式会社Aが100万円の機械をBさんに売りました。 Bさんはお金を払うのはやだと言うようになりました。 ちなみにBさんは、売買契約を結んだ事実自体は認めています。 有効に成立した売買契約であることは認めています。 そこで株式会社Aは当然Bさんの家に電話をして債権回収の交渉をします。 こうなってくるとこの事案は事件性を帯びてきますので この交渉は弁護士法72条でいう「法律事務」にあたることになります。 そこで、Bさんと交渉してもいいのは誰なのか? というのが疑問なのです。 普通に考えると、株式会社Aの「従業員」が電話をするのかと思うのですが、 Bさんは法人Aと契約したのであり、従業員とは契約をしていないので これは非弁行為になるのでは?と疑問に思うのです。 従業員は72条でいうところの「報酬」、言い換えれば「給料」をもらっています。 そして従業員はこの売買契約の「当事者」ではなく「第三者」です。 それでは代表権を与えられた「代表取締役」が交渉すればいいのかとも思えるのですが 代取は弁護士ではないですから法律事務はやってはいけないことになります。 代取も72条でいうところの「報酬」をもらっています。 代取もこの売買契約の「当事者」ではなく「第三者」です。 そうするとBさんと債権回収の交渉をやってもいいのは「株主」ということになると思うのです。 株主は所有者ですから「当事者」です。 しかし株主はそんなことしないのが現実です。 としますと、この問題の結論はどうなるのでしょうか? よろしくお願いします

  • 保険会社の代理行為

    以前、ネット上の法律家のサイトのMLで、保険会社が事故の示談交渉その他を行う事は、弁護士法違反にならないと、というのは、弁護士会と保険会社との間で話(契約なのかどうか??)が出来ているからとことのように聞いた事があります。 1、これは間違いはないでしょうか?? 2、最近、保険会社の従業員が非弁活動で、弁護士法違反で逮捕された報道を見たように思います。 以上、どんなことでも結構ですので、保険会社の非弁活動と法律適用について、ご存知の方あれば、教えていただければありがたいのですが。

  • 保険会社社員は、法的に示談交渉できるか?

    車同士の物損事故を起こしました。 明らかに相手が悪いのに、相手の保険会社は、過失割合は5分5分であり、示談の交渉相手は保険会社がなるといい、相手の住所も教えず、相手の車の損傷状態も見せてくれませんでした。 弁護士法72条では、営利に関与して弁護士以外が示談交渉してはならないとされています。 過去に日本弁護士会と日本損害保険会社で弁護士法違反で争ったことがあるそうです。しかしながら、日本弁護士会は、弁護士の指導の下に保険会社社員の示談交渉を容認するとの覚書を日本損害保険センターと交わしました。 その背景には、当時交通事故が多く弁護士の人手が足りなかったこと、損保会社から弁護士の顧問料やはんこ代の収入がみこまれるため、利害関係が一致したことが背景にあるみたいです。 保険会社社員間で示談交渉するのは、現在では慣例のようになっていますが、真に法律から見れば保険会社社員が示談交渉するのは違法だと思います。そのことを相手保険会社に伝えると、契約しゃとの契約に乗っているからとの返答だけで、踏み込んだ弁護士法まで踏み込んだ法的解釈の返答は曖昧で、答えてくれませんでした。 ちなみに、医師会が容認したからと言って臨床検査技師や薬剤師などが医療行為をすると医師法違反になるのに、どうして保険会社社員が示談交渉するのは社会的に容認されているのですか? このことを問題提起して訴えるにはどうしたらいいですか?

  • どちらの弁護士がいいの??

    交通事故で、過失割合が10:0で完全に相手が悪く私は被害者です。 ですが、弁護士をたてて示談交渉するようにと勧められました。 それは、相手の保険会社が安い金額で示談を進めるからです。 自分の保険証券に弁護士特約が有るので、弁護士に依頼するようにと言われたのですが、 質問、弁護士は自分の保険会社の専属の弁護士の先生が良いのか? それとも、ネットとかで探して交通事故専門にしてらっしゃる弁護士の先生が良いのか? どちらが良いのでしょう??

  • 弁護士法72条について

    弁護士法72条で、弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。 とありますが、報酬をもらう場合の代理行為などはこの法律に抵触するのでしょうか?

  • 交通事故保険会がの示談交渉をしない

    後部からの追突事故をされて、保険会社に連絡し、示談交渉を依頼しましたが、追突事故で、相手側過失のみなので、保険会社では非弁行為になるので、自身で相手の保険会社と話すように言われました。  保険会社のホームページにも保険金を使用しないものは交渉しないと書いてありましたが、過失割合も本当に相手のみになるかもわからない時点でこのようなことを言われることはあるのでしょうか。教えてください。 保険はネット型保険会社のSAPで車両保険なしです。

  • 交通事故 示談交渉 代理人について

    別のQ&Aサイトで質問をみて気になったのですが、相手のいる交通事故で(双方過失あり) 任意保険未加入の人の、示談交渉の代理が出来るのは「弁護士」と「家族(親、兄弟)」だと思 ったのですが、友人、知人でも問題ないのでしょうか? ネットで調べてみると友人、知人が代理で交渉を行うと弁護士法に違反する、とありました。 一方で過失割合について話し合う程度の交渉は可能、ただし示談は出来ない。との回答もあります。 (1)無報酬であれば友人、知人でも示談まで交渉可能(法的に問題ない?)なのでしょうか? ※報酬の有無が確認しようがないので問題がある(違法)ような気がします。 (2)現在は「行政書士」の方も示談交渉の代理が可能になっているのでしょうか?

  • 自動車保険 弁護士特約等について

    双方に過失がある事故において、交渉が難航して、保険会社が自分で弁護士対応に切り替え、結果的に保険不使用により自腹で支払いをした場合、弁護士費用を請求されたりするのでしょうか。それとも示談代行の一環として請求されないのでしょうか。 また過失割合で交渉が揉めて、相手が弁護士対応してきた場合も保険会社が自分で弁護士対応に変えた場合、上記のような対応になるのでしょうか。それとも弁護士特約を使用して対応するのでしょうか。 無過失でしか、弁護士特約を使えないと聞いたこともありますが、そうなのでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 交通事故の弁護士特約について

    昨年交通事故にあい、現在弁護士特約を利用しています。 先日保険会社から示談金のことについて直接連絡がありました。 弁護士からは何の連絡もありません。 示談交渉などこちらから弁護士に言わないと、何もしてくれないのでしょうか?

  • 弁護士ぼろ儲け?

    お世話になります。 ちょっと愚痴っぽくなりますがよろしくお願いします。 後遺症が認定された交通事故について弁護士に交渉を依頼しました。 ・当初保険会社から提示された慰謝料の計算書には後遺症等級が記載されておりその等級について当方の不満はない。→争いにならない。 ・過失割合は10:0で間違いない。→争いにならない。 要は逸失利益や慰謝料の金額だけが問題となっています。 交渉を依頼した弁護士は、裁判基準の慰謝料を逸失利益を計算した計算書だけを、FAXヘッドと一緒に保険会社担当者に送ったそうです。(つまり2枚ペラ) 保険会社からはこちらの請求した金額の7割ほどでの示談の回等が合ったため示談に応じようかと思っています。 交渉による増額は400万円ほどで、弁護士手数料は80万円ほどになる予定です。 しかし、簡単な計算書を送りつけるだけで80万円の手数料って・・・ まー弁護士との契約で報酬割合は決めてあったので文句は言えないのですが・・・ 争点があまりない交渉での手続きってこんなもんなんでしょうかね? どう思われますか?