• 締切済み
  • すぐに回答を!

以下の設問に答えよ。

以下の設問に答えよ。 ただし、基本定数はc=3×10^8[m/s],h(エイチバ―)=1×10^-34[J・s],G=7×10^-11[N・m^2・kg^-2],e=1.6×10^-19[coulomb]とする。 1、電子の質量はc=1とする単位系で0.511MeVである。これは何kgであるか? 2、c、h(エイチバー),Gの三つの基本定数から長さの次元と時間の次元をもつ量を求めよ。 3、散乱断面積50mbはc=h(エイチバー)=1の自然単位系でGeVを用いて表すとどのような値と単位になるか。b=10^-24[cm^2]である。 この三つがわかりません。。詳しい方よろしくお願いします。切実です。。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数102
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.1

1. E=mc^2(E:エネルギー, m:質量, c:光速) より, c=1の単位系で電子の質量が0.511[MeV]なら, E=0.511[MeV]ということ。 [kg]に換算するなら[eV]を[J]に換算して(1[eV]=1.6×10^-19[J]), (0.511×10^6)×(1.6×10^-19)/(3×10^8)^2=9.1×10^-31[kg] 2. c=3×10^8[m/s] hbar=1×10^-34[kg?m^2?s^-1] G=7×10^-11[m^3?s^-2?kg^-1] から長さの次元と時間の次元([m]と[s])を作る。 [kg]を消去するためにhbarとGは必ず積である必要があって, [m]:(hbar G/c^3)^(1/2) [s]:(hbar G/c^5)^(1/2) 3. 面積はエネルギーと等価ではないんじゃないかな。 何か指定されている換算式がいると思うんだけど。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • コンプトン端

    コンプトン端の計算のときに、 mc~2 m:電子の質量 c:光速 ってでてきますよね。 これの単位を直すと、0.511MeVになるとあります。 このときの直し方がわかりません。

  • 放射線の物理学の基礎

    電子の静止質量をm0とすると2MVで加速された電子のおよその質量は、4.9m0である。 上の文に関してですが、2MVで加速された電子の運動エネルギーは2MeVで、電子の静止質量をエネルギーで表せば0.511MeVですよね。全エネルギーはいくつですか?それがわからないので勉強が進まないのです。参考書には全エネルギーは2.511MeVとなる。とあるのですが、なぜ2.511なのかわかりません。 質問がまとまらなくてすみません。教えて下さい。

  • 可視光における磁場の影響

    【質問1】 電磁気学や光学の教科書で、 「磁場は電場よりも十分小さいのでここでは電場の影響のみを考える。」 といった記述を目にします。 その論拠として教科書によく挙げられている式、 |E|=c|B| について質問です。 これを見る限り、確かに電場の振幅が磁場の振幅のc(光速)倍なので、 大きいというのはわかります。 しかし、これでは|E|と|B|の次元が違うので奇妙に思い、調べた結果、 これは考えている単位系が原因なのだとわかりました。 そこで、改めて、|E|と|B|の次元が同じ単位系(SI自然単位系)で 同じ式をMaxwell方程式から導出したところ、 |E|=|B| という式が得られました。 今度は、次元がそろったものの、「磁場が十分小さい」と言えないことになってしまいました。 取る単位系によって磁場が小さくなったり大きくなったりするものなのでしょうか? そうだとすれば現象を十分に記述していると言い切れるのでしょうか? 【質問2】 光が媒質中を進むときの屈折率は、 n=√(μ_r×ε_r)              μ_r 比透磁率          ε_r 比誘電率 で表せますが、光を扱うときよく、μ_r=1としています。 これは何故でしょうか? 電場は媒質の影響を大きく受けるのに、 磁場は媒質の影響をあまり受けないのでしょうか?

  • ブラックホールの質量公式

    前田恵一著「重力理論講義」によると、 ブラックホールの質量公式は M^2 = ( M_ir + Q^2/(4 M_ir^2) )^2 + J^2/(4 M_ir^2)・・・(a) また、特異点が見えないという条件から a^2+Q^2<=M^2・・・(b) ここで、 M=回転エネルギー等を含めた全質量 M_ir=いったんできたブラックホールからは取り出せない質量 J=角運動量 a=J/M 単位系はG=c=1 が成り立つそうですが、 ・(a)から、MとM_irの次元(単位)は同じ ・また(b)からMとQの次元も同じ ・したがって、質量公式第一項の括弧の中身 M_ir + Q^2/(4 M_ir^2) は、一項目と二項目で次元が異なることになります。 これはどういうことなんでしょうか? 誤植かと思ってずっと放置していたのですが、 最近の「数理科学」でも同じ式が出ていたので 誤植ではないようです。

  • 場の量子論:繰り込みと素粒子の質量

    まず、peskinを読んでる最中です。粒子のmass(プロパゲータのpole)は他の結合定数と同様にエネルギースケール依存する量、つまりrunningするという理解で正しいでしょうか? もしrunningするなら次のような疑問があります。 よく表などに書いてある"mass"(例電子0.511MeV)といった値は、「粒子の静止質量のエネルギースケールにおけるプロパゲータのpole」であるということでしょうか?

  • かなり苦戦しているのですが・・。

    ポテンシャル障壁とトンネル効果について学んでいて、膜の厚さからトンネル確率の式を使って、トンネル確率を出そうという計算をやっているのですが、まったくうまくいきません。 トンネル確率Pの式というのは (4α^2β^2)/(4α^2β^2)+(α^2+β^2)^2sinh^2βL で、Lが膜厚 α^2=2mE/h^2   β^2=2m/h^2(V-E) で、m=0.08×自由電子の質量 h=プランクの定数 V=0.5eV E=0.1eV という事なんですが、実際にプランクの定数だの自由電子の質量などを代入するととんでもないことになってしまい、なんだかよく分からず1日が過ぎてしまいました。単位換算が違うかなんかでおそらくわけがわからないのだと思うのですが。 回答だと、厚さが4Åでトンネル確率0.8くらいになるみたいです。 詳しい計算過程が分かる方、どうかご教授ください。

  • MKSA単位系 SI接頭辞 質量

    MKSA単位系では、SI接頭辞の付いていない単位が基本ですが、質量だけSI接頭辞が付いたものが基本です。 なぜですか? 長さ…m(メートル)が基準。 電流…A(アンペア)が基準。 時…s(秒) 質量…kg(キログラム)が基準であり、g(グラム)基準ではない。

  • 電子の運動について

    静止した質量m[Kg]の電子が100[V]の電位差で加速されるとき、この電子の運動エネルギーを[eV]の単位で示せ。またこの電子の速度を求めよ。    ・・・・という問題を解いてください。

  • 自然単位系と電磁気学

    マックスウェルの方程式に対して光速が1、真空の誘電率が1になるように 自然単位系をとると真空の透磁率が1になります。このとき磁場と磁束密度が同じ形になり(比例定数が1なので)、電磁場の単位体積あたりのエネルギー密度がu=E^2=H^2=B^2となります。しかしこれは磁束密度と磁場がそもそも次元が異なることを考えると矛盾している気がします。どなたかか教えてくれませんか?

  • 量子力学:1次元ポテンシャルの反射率が0となるとき

    量子力学:1次元ポテンシャルの反射率が0となるとき 以下の問題があります。 僕はV0やaを代入すればよいのかと思いましたが、 反射率が0になるには分子が0になるしかない、 Eは分子が0になるためにはなんら関係ないから解けない、 と考えています。 どなたか解放を教えていただけるとうれしいです。 ポテンシャルが V(x)=0(x<0),V0(0≦x≦a),0(x>a) で与えられているものとする。ただしV0>0とする。 エネルギーE(>V0)をもつ電子がx軸に平行にx<0から入射するとき、 量子力学的な反射率Rは下記の式で与えられる。 ここでkは0≦x≦a領域内での電子の波数である。 V0=10.00eVおよびa=1.00*10^(-9)mのときの、 量子力学的な反射率が0となるもっとも小さなEの値はおよそいくらか。 小数点2桁まで答えよ。 ただし、電子の質量を9.11*10^(-31)kgとし、 エイチバー=1.05*10^(-34)J・s、1eV=1.60*10^(-19)Jとする。