• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

昔の映画「冒険者達」の情報とゴダールの映画の情報

昔の洋画「冒険者達」のタイトルの英語名、監督、主演俳優などを教えて下さい。 またフランスのゴダール監督の映画で「きちがいピエロ」という作品がありますが、その英語名も教えて下さい。そのほかのゴダールのタイトルとその英語名も教えて下さい。 アメリカに留学中の娘が昔のヒッピーに興味を持ち、英語版の映画ビデオを買いたいらしいのですが、タイトルやその英語名がわからなくて、困っています。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 洋画
  • 回答数1
  • 閲覧数315
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#1806
noname#1806

「冒険者たち」 英語タイトル:The Last Adventure 監督:Robert Enrico 主演:Lino Ventura,Alain Delon,Joanna Shimkus ※現在アメリカでのビデオ発売なし http://us.imdb.com/Title?0061376 「気狂いピエロ」 英語タイトル:Crazy Pete とか Pierrot Goes Wild というのが当時使われたようですが、原題の"Pierrot le fou"でビデオは流通しているのではないでしょうか。 http://us.imdb.com/Title?0059592 その他では 「勝手にしやがれ」→"Breathless"※リチャード・ギアのと間違えないように。 「女は女である」→"A Woman Is a Woman" 「軽蔑」→"Contempt" 「女と男のいる舗道」→"My Life to Live" 「彼女について私が知っている二、三の事柄」  →"Two or Three Things I Know About Her" 「恋人のいる時間」→"A MARRIED WOMAN"等々 以下のURLでも確認できます。 http://us.imdb.com/Name?Godard,+Jean-Luc

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

benjamin様 早速回答を頂きまして、本当にありがとうございます。 すぐアメリカにいる娘におしえてあげるつもりです。 きっとびっくりするでしょう。 本当にありがとうございました。 kilico

関連するQ&A

  • ゴダール映画について

    ゴダールの「気狂いピエロ」と「ゴダールの決別」を見たのですが、 さっぱり理解できませんでした。 まず、物語のすじがわからない。 そしてテーマがわからない。 (「決別」の場合はパッケージの裏に、ギリシャ神話のゼウスの話を元にした・・・と書いてありましたが、一体どのへんが?!と思いました。) 極めつけは、誰が誰だか区別がつかない!! ゴダールの作品は一体どこが面白くて評価されているのでしょうか? こういう類の映画は感覚でみる映画なのかな、とも思いますが、 解説をしていただけると嬉しいです。 よろしくお願いします。

  • ゴダール映画のおすすめをお願いします!

    ジャン=リュック・ゴダールの映画をたくさん観ていこうと思います。 いっぱいあって、どういう順序で観ようか迷っています。 とりあえず「気狂いピエロ」を観ようかなと思っているところです。 ゴダール入門に適している作品、 また「これだけは観ておけ」という作品、教えて下さい。 主観で構いませんので、おすすめポイントなども ひとこといただけると嬉しいです。 よろしくお願いします。m(_ _)m

  • ゴダール映画、初心者入門作は?

    ジャン・リュック・ゴダールの映画は難解と言われていますが、初心者はどの作品から手を着ければいいのでしょうか? 私はもともと映像美、構成美な映画が好きなので、楽しめる自信はそれなりにあるのですが、初心者にはこれがオススメ!っていうのがありましたら教えてください。 今のところ一番有名な(私の中で)「気狂いピエロ」から入ろうと思っているのですが… どうでしょう?よろしくお願いします! それにしても、どの作品もタイトル素敵ですよね。。。

  • 僕にお勧めのゴダール映画は?

    現在、公開されているジャン・リュック・ゴダール監督の『ソシアリスム』をみる前にゴダール作品の予習をしています。 現在、『気狂いピエロ』『勝手にしやがれ』の順で見ましたが、どうもしっくり来ませんでした。 『勝手にしやがれ』の途中から、『あっ、これはスタイリッシュでお洒落な娯楽映画なんだ』と気づいて、鑑賞態度は変わりましたが… しかしもともとの趣味指向が、人間存在や世界存在の本質をえぐり取り内面の刺激になるような作品を求めています(特に2011年3月11日の震災以降)。 このため、上記2作品はどうも現在の僕にはミスマッチだったかもしれません。 そこで「本質をえぐり取り内面の刺激になるような」ゴダール作品はないでしょうか。 (出来ればオンラインレンタルで視聴可能なものを挙げて頂けると助かります) 参考までに、僕の好きな映画等を挙げておきます。 <一番好きな映画> ヴェンダース『ベルリン天使の詩』 是枝裕和『DISTANCE』 <映画に興味を持ちだした作品> リドリー・スコット『ブレードランナー』 <しっくりこなかったので昨日レンタルした映画> マーティン・スコセッシ『タクシードライバー』 是枝裕和『歩いても歩いても』 <未見だけど気になる映画> クストリッツァ『アンダーグラウンド』 タルコフスキー『ノスタルジア』『サクリファイス』 今村昌平『復讐するは我にあり』 <その他好きな映画> ヴェンダース『アメリカの友人』 キアロスタミ『そして人生は続く』 小津安二郎『秋刀魚の味』 シュワちゃん主演『プレデター』 どうぞ、よろしくお願いします。

  • ゴダールの人気について

    はじめまして。 私は今フランスの映画監督ジャン=リュック・ゴダールについての論文を書いています。そこで気になることがありまして、ゴダールの作品はフランス人でもあまり観ていないという話を聞きました。(「世界で1万人しか観ていない」とよく言われてるらしいです) で、質問です。 ゴダールは特にどの国で支持されているのでしょうか? イメージですがあまりアメリカでは人気なさそうです・・・(笑) 「この地域で人気がある」とか「日本では結構人気がある」、「主に〇〇の層に支持者が多い」など、もしご存知の方がいらっしゃったら教えていただきたいです。できれば情報源もあったら教えてほしいです。 お願いします。

  • 気狂いピエロに出てくる言葉

    ゴダールの「気狂いピエロ」に出てきたセリフ ユニプリ モノプリ というのは、何語で何という意味なのでしょう。 字幕には「ユニプリ」「モノプリ」としか出てませんでした。 アランジ アロンゾ は一体何語なのでしょう。字幕には「さあ、行こう」と ありました。(なんだかフランス語のような気がしないので) そして、最後に 失われたときを求めて という字幕が出てきたのですが、ストーリーとの関連性が よくわかりませんでした。 ゴダールの映画を見ていると、すべてにおいて笑いが隠されて いるような気がして、気になってしょうがありません。 (大きく映し出されたオイル缶の文字とか) ゴダール映画の解説書みたいなのがあれば教えてください!

  • 邦題の読み方

    下記の「邦題の読み方」なんて読むんですか? 長い間、間違って呼んでいたかも・・・・ 「81/2」 監督:フェデリコ・フェリーニ :「はっかにぶんのいち」で正解? 「気狂いピエロ」 監督:ジャン・リュック・ゴダール :「き○がいピエロ」で正解? :「き○るいピエロ」?? 「汚れた血」 監督:レオス・カラックス :「よごれたち」で正解? :「けがれたち」? 正確な呼び方教えてください!

  • この昔の映画のタイトル教えて下さい。

    昔(20~25年前)に、テレビで見た映画のタイトルが解りません。 内容もおぼろげにしか覚えていなく、また主演俳優も監督も解りません。 なので、記憶に残っている内容を、全て書きます。 1、映像はカラーで外国の映画でした。 2、家畜小屋の片隅から白い液体が湧き出ていて、それを飲んだ家畜などが   巨大化してしまう。(にわとり、ぶた、ねずみなど・・) 3、洪水が起きたような、起きなかったような・・・?? 4、その巨大家畜たちが民家の屋根の上を連なって歩いていたと思います。 5、民家の外壁は、レンガだったと思います。 6、見ていて怖かったのを覚えているのでホラー映画かな? 以上です。 私がまだ4才位だったので、この映画を見た後、あまりの恐怖とショックで夜 眠れなかったのを覚えています。 この映画の事を、ふとした事で思い出して以来、色々調べたりしましたが 10年位経った今でも解りません。 どなたか知っている方、いらっしゃいますでしょうか? いましたら教えて下さい!宜しくお願いします。

  • アランドロン主演の「かごの鳥」の洋画版のタイトル

    上記のとおり、アランドロン主演の邦画タイトル「かごの鳥」という映画の洋画版のタイトルが知りたいです。 他の俳優、監督等いっさい分からなくて困っています。 宜しくお願いいたします。

  • こんな内容の洋画を探してます

    米国(または、カナダ?)で知り合った米国人とフランス人の恋人同士が知り合ってしばらくの後、フランスへ行き、そこで米国人がフランス人の恋人の米国では全く見せない顔を知り、文化の違いに戸惑いながらも、最後はハッピーエンドになる、という洋画が数年前にあったと思います。この映画のタイトル、映画監督名、出演していた俳優名など、何かの情報を思い当たる方、教えてください。