• 締切済み
  • 暇なときにでも

空気抵抗について

 空気抵抗について教えて下さい。  高校の物理の教科書に、空気抵抗は速度に比例すると書いてあったのですが、本当でしょうか。音速を超えた場合も当てはまるのでしょうか。係数についても,空気の密度、つまり高度と関係しているのではないでしょうか。  やはり、流体力学を履修してこいと言われるのがオチでしょうか。

noname#377
noname#377

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数987
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.5
noname#3309
noname#3309

流体力学に関わるの過去の質問を調べていて少し気になったので投稿します。 ちなみに私は流体力学については素人で会社の新人研修で少し勉強した程度です。 まず空気抵抗は速度の“2乗”(LastStationさん、ここは単なる書き落としですよね?)に比例するというのは、厳密には誤りです。 理由は#3の方の回答が最も正しいと思います。 (回答者同士での討論は禁止事項ですが大変素晴らしい回答なので引用させていただきました。) ただし、現実には“空気抵抗は速度の2乗に比例する”と近似して構わないことが多いようです。 例えば建物からボールを落としたときの軌跡を見る時などです。 では、“厳密に”計算しなければならないときとは? ご質問にもあるように超音速の物体が速度と高度を大きく変化させるようなとき、つまり大砲の弾の軌跡を追う場合などまさしくこれにあてはまります。 (世界初?といわれたコンピュータENIACが取り組んだ課題もこれだそうです) ウソかほんとか大和クラスの大砲になると60度位の角度で撃つと砲弾が空気の薄いところを飛ぶので最も遠くに飛ぶらしいです。(実際には大和の砲身はそんな角度には上がらないのであくまで計算上の話。)面白いですね

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 空気抵抗の計算

    物を投げたり飛ばしたりしたときの、空気抵抗の大きさについて考えているのですが、僕は高校の物理IIくらいまでの知識しかなくてなかなか理解できません。 wikipediaの「抗力」の項目には、 (抗力)=(1/2)×(空気の密度)×(物体の速さの二乗)×(物体の代表面積)×(抗力係数) というような内容書かれていて、 抗力係数は、レイノルズ数、マッハ数、迎え角によって変化するそうです。 そこで疑問に思ったこがあるので質問をさせてください。 流体力学の教科書によるとレイノルズ数には流体の密度や流体の速度が含まれているのですが  空気抵抗は結局どういった式であらわされるのでしょうか。(レイノルズ数などをわかりやすい形になるようにした式でお願いします) また、物体の速度は何とかわかっても、流体の速度はとても計測できそうにないのですが現実で計算することはできないのでしょうか。 最後に、抗力とよく似た式で揚力というものがあるそうです。抗力が小さくなれば揚力も小さくなってしまうと思うのですが、できるだけ遠くに物を投げたかったらどのように計算すればよいのでしょうか。 流体力学については全くと言っていいほど知識がないため、もし意味の分からないことを言っていたらすみません。

  • 空気抵抗と流体力学

    流体力学を学ぶと途端に空気抵抗という言葉が使われなく気がします。 そのため、当方のようなものには理解しがたいですが、流体力学では 空気抵抗をどのように扱っているのでしょうか? 空気抵抗とナビエストークスの関係なども教えてください

  • 音速前後の空気圧迫について

    流体力学に関しては素人なのでおかしな文かもしれませんが、ご理解ください。 物体が音速に達すると衝撃波と共に大きな音がしますよね? ちなみに、ここで聞きたいのは音速の時ではなく、その前後の速度です。 例えばですが、音速が340m/sであったときに、物体が300m/sであったならば、 衝撃波は出ないと思います。しかし、音速に近いので、空気の圧迫は当然大きくなるわけで、 音速でなくとも音(風を切る音?)が大きくなると思うのですが、 その時の空気の圧迫による音の大きさはどのように変わるのでしょうか? 音や圧力に関しての公式ってあるのでしょうか? あったなら教えていただけると幸いです。

  • 回答No.4

空気抵抗は速度の二乗に比例します。。。 空力抵抗Rは R=1/2*μkSv^2 (みたいな感じの式) であらわされます。ここで μ:空気の粘度 k:翼の形状による係数 S :翼面積 v :速度 です。(これは経験則) ここでμに注目すると、平温だと0.125(1/8)ぐらいの数値が使われますが、音速に近づくにつれ、空気がもっと粘っこくなります。ですから、音速の場合にはμを大き目に計算します。 ちなみに、音速での空気抵抗は翼だけでなく機体形状に左右されるため上記の式は参考値程度にしか使われないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • TCM
  • ベストアンサー率44% (81/181)

 流体力学の教科書を調べましたが難しいです。私には?でしたが、回答が少ないようなので玉砕覚悟で打って出ます。どなたか骨を拾ってください。  さて、流体中の物体が受ける抗力は、物体の形状と大きさ、流体の速度によって大きく変化します。これらをまとめて流体の挙動を分析するためにレイノルズ数R=ρva/ηなるパラメータが考案されました。ここで、ρ、v、aおよびηはそれぞれ流体の密度、流体の速度、物体の特徴的寸法および流体の粘性です。ちなみに流体の密度や粘性には温度依存性があります。  物体が受ける抗力(本質問における空気抵抗)をFとすると、Fは下記のようになります。 1.Rが十分に小さい場合、F∝ηv  レイノルズ数Rが十分に小さい場合、流体は物体に沿う層流を形成し、剥離や渦が発生しません。抗力は層流境界層の摩擦力に支配されるため、流体の粘性を考慮する必要があります。高校の教科書に書いてあったのはこの場合の話でしょう。 2.Rが大きい場合、F∝ρv^2  レイノルズ数Rが大きい場合、空気は物体から剥離し乱流、渦が発生します。抗力は乱流境界層の摩擦力に支配され、流体の密度を考慮する必要があります。 3.Rが非常に大きい(超音速)場合、F∝ρv^2  流体速度vが音速より十分に大きい場合、物体の前面で衝撃波が発生します。抗力の大部分はこの衝撃波を生成するときに生じ、これを造波抗力といいます。造波抗力は2の場合と同じくρv^2に比例しますが、それを与える式は異なるものです。  理解できた範囲は以上ですが、あるレイノルズ数の範囲で抗力の急減が起こったり、遷音速域や相対論的速度での議論など話はつきません。これは、流体の従う運動方程式が複雑な非線形方程式であるために、場合分けして近似式をたてるしかないからのようです。だからやたらに「~の法則」や「~の式」がありますよね。流体力学は特殊で難しい学問分野ですが、ぜひアタックしてLastStationさんが専門家になって我々に解説してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • frank
  • ベストアンサー率15% (15/94)

ある十分小さな質量を持った質点が空間を速度 v で移動しているとします このときの運動量はmvですよね この質点を静止した壁に当てます 壁に衝突して速度がv'になったとします この質点が壁に与える力の総量(力積)は、mv-mv'=mVです この質点がいくつも壁にぶつかると、ぶつかった数が単位面積に単位時間当たりn個だったら力積は nmV となります 一つの質点にとって壁の抵抗は mV です n個ならnmVです ここで質量は十分小さいので v-v'=2vとでき(衝突係数がほぼ1である)、vとVは比例関係になっていることに注目してください これを空気中を等速運動しているボールにかかる空気抵抗の問題にすりかえてみます ですが、まずさきほどの例と見比べやすくするために ボールを壁とし、ボールは静止しているものとします 質点を空気の粒としてこの粒が速度 v で移動しています この空気の粒は一粒 m の質量を持っています 粒(空気)がボール(壁)に当たりました n個の粒がボールに与える力積は 2nmv=nmV どうですか?わかっていただけたでしょうか これを慣性基準系を静止したボールでなく、動いている空気にすれば 空気が静止してボールが動いていることになります もちろん現象は変わりません すると空気抵抗は面積Sをかけた 2nmSv となります この2nmSを比例定数 k にすると kv と、速度に比例した関数がでてきます

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • nag3
  • ベストアンサー率28% (103/361)

流体力学素人で狩猟者のnag3と申します。 ライフル弾の弾道の解説に同様の事が書かれています。 つまり平地で100M正照準のライフルが高地では上に着弾する理由として。 空気の密度が関与しているという話です。 この場合、高度以外にも気温差や低気圧の発生も関係するらしいのです。 なので、憶測ですが係数については1気圧とか基準があるのでしょう(この件は自信無し)と思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 空気抵抗の式について

    空気抵抗は次式で求められるそうですが、なぜ2で除すのか理解できません。       F=P*C*S*V^2/2 F:空気抵抗、P:空気密度、C:空気抵抗係数 S:投影面積、V:速度 私なりに考えますと、投影面積(S)に速度(V)をかけてさらに空気密度をかけることで移動した空気の質量が求られ(S*V*P)、その空気は毎秒静止状態から速度Vまで加速されるので加速度がVとなり、力は質量と加速度の積より空気の密度*加速度となり(P*S*V^2)、結局Fは空気抵抗係数を式に加えることで、       F=P*C*S*V^2 となり、2で除する必要がない気がするのですが・・・ 宜しくお願い致します。

  • ジャバラ管の中を流れる空気の抵抗は・・・

    ジャバラ状の管の中に空気を通すと、ジャバラ部分に空気がぶつかり、 乱流(渦?)が発生して流れを遮る抵抗(流動抵抗?)となると思うのですが、 その乱流の発生は、流速が速いほど強くなる(大きくなる?)のですか?流速が速いほど抵抗が強くなり、遅いほど弱くなるというのは、 あっていますか? 流体力学などぜんぜん理解できていない初心者で、 考え方がぜんぜん違うかもしれませんが、わかる方、 よろしくお願いします。

  • 空気力学?流体力学?

    空気力学?流体力学? こんばんは。 装置内のガスの流れ方を真面目に考えようと思い、 流れなのだから流体力学を勉強しようと思いました。 知人からガスの場合は流体力学よりも、空気力学の方では?と言われました。 そこで空気力学に関しての本を探したのですが、"空気力学"で探すと どうも航空機に特化した航空力学や、レーシングカーのウィングなどを 扱うような本が出てきてしまいます。 装置内のガス流(層流、乱流、チャンバー内でガスはどこをどのくらいの流速で流れるのか)を 考えたい場合、どのような本を探せばよいのでしょうか? 流体力学は空気力学を含む幅広い学問のようなので、まずは流体力学の本を読むべきでしょうか? よろしくお願いします。

  • 圧力抵抗係数について

     流体力学についてなのですが、円柱を使った時の圧力抵抗係数の理論値は積分して出すと0になりますが、測定結果は0になりません。これはいったいどのような原理のもとでこのようになるのでしょうか?教えてください。

  • 空気抵抗について

    空気抵抗について、自分なりに調べたのですが分からない所があるので教えてください。 空気抵抗 Fair=CD*A*(pU^2/2) で表せるそうですが 質問1:この式から得られる値の次元は何になるのでしょうか。 CD=抗力係数、A[m^2]=前面投影面積、p[kg/m^3]=空気密度、U[m/s]=速度 空気密度は28度C、一気圧下では1.17kg/m^3くらいみたいです。 質問:2 時速100km/hで走っている車が受ける空気抵抗の値を上の式で求められたとして この車が慣性走行(空気抵抗以外の抵抗、摩擦を無視)をする時に、空気抵抗によって落ちる速度の求め方を教えてください。 CD値は0.3と設定します。 ちなみに学校の宿題ではありません。宜しくお願いします。

  • 深海魚は海水との大きな摩擦抵抗でも泳げる理由

    船を前進させるには断面積に比例する抗力と摩擦抵抗と造波抵抗に打ち勝って進むと考えています。水中では造波抵抗は無視しても抗力と摩擦抵抗が残ります。 抗力は粘性と密度と形状と速度の2乗で決まることも理解できます。 わからないのは摩擦抵抗です。表面面積に摩擦係数と圧力をかけて速度をかければ、前進するための出力(電力W、馬力)が計算できるように思うのですが、魚のことを考えるとふと不思議な気持ちになります。 浅い海に泳いでいる魚は船や私たちが泳いで居るときと同じような感覚で考えることができます。つまり水の摩擦抵抗でなかなか前へ進めないこともわかります。 しかし何千mという深海にいる魚がもし船と同じ摩擦係数を持つとすれば圧力が何百気圧と大きいので前進するための摩擦抵抗力は大きく桁違いの大きな力が出せる体力が必要だと思います。しかし映像で見ると結構スイスイ泳ぐように見えます。 いったいどうやって抵抗力に逆らって泳ぐことができるのでしょうか。 よろしくお願いします。 ちなみに私は流体力学は素人です。

  • 速度圧の計算式

    速度圧[mmH2O]=(v[m/s]/4.04)^2と参考書にあったのですが、流体力学の教科書では、 速度圧=ρv^2/2とあります。 この場合、√(ρ/2)=1/4.04となれば整合はとれると思うのですが、密度を代入して計算してみても両辺が合いません。どこがおかしいのか教えて下さい。 あと、mmH2OはmmAqと同じ意味ですよね?

  • ジェットエンジンにおける推進効率と排気速度の関係

    私は今ターボファンエンジンについて調べているのですが、ジェットエンジンの推進効率というものは、空気抵抗の関係で「排気の速度を飛行速度より若干速い程度まで落とした時」が一番よいらしいですね。 ではなぜこのときが一番効率がよくなるのでしょうか?また空気抵抗はどのように関係してくるのでしょうか? 流体力学を絡めて説明してくれるとうれしいのです

  • 空気の抵抗力

    空気中を落下する物体は、速さvまたはvの2乗に比例する抵抗力 を受ける。物体の速度が増加して、空気の抵抗力と重力の大きさ が等しくなった後は物体の速さは一定である。このときの速さを 終端速度と言う。比較的小さな物体がゆっくり落下する場合は 速さvの二乗に比例する抵抗力を受ける。このときは f=kv   Vt(終端速度)=mg/k 私の国語力がないためか、上の文章を理解できません。 空気の抵抗力と重力の大きさが等しくなるというイメージが沸きません 。また、そうなったらどうして速度は一定なのでしょうか。重力加速度 はどんどん増加しますよね。 さらに、終端速度とは比較的"速いスピード"で落下している物体の 「空気の抵抗力と重力の大きさが等しくなった後の一定の速度」の 事を言うのですよね。なのにどうして、 「比較的小さな物体がゆっくり落下する物体」の終端速度が存在する のでしょうか。 P.S. Vt(終端速度)=mg/kもどうしてこれが導き出されるのか分かりません。

  • 空気抵抗ありの斜方投射

    空気抵抗がある場合の斜方投射の解き方がわかりません!教えてほしいです!! 問題としては、地上から水平面に対してαの角度、初速度Vで質量Mの物体を投げ上げた場合の物体の軌跡を求めよ、という問題なんです。 空気抵抗が無い場合は解けるのですが、ある場合がわかりません。。。 ちなみに空気抵抗が速度の一次に比例する場合なんですが。。 お願いします(__)