• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

歴史の課題なのですが

歴史の課題なのですが いろいろな人の意見を聞いてこいとのことなので ご意見をお聞かせください 1 19世紀中ごろから20世紀初頭にかけての 東アジアの国際関係の変容についてそれ以前と比較しつつ答えよ 2 日清戦争の「日朝日台戦争」としての側面について説明せよ 3 義和団事件から韓国併合にかけての時期は東アジアが本格的に 帝国主義的な国際秩序に組み込まれた時期と言われるが 日本の役割に注目しつつなぜこのように言えるのか答えよ 4 近代アジアの認識について「文明」と「野蛮」というキーワードを用いて説明せよ

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数64
  • ありがとう数11

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • Free20
  • ベストアンサー率20% (25/123)

歴史を紐解く際、そこに主観・主義が入って来るのは仕方のないことなのですが、一方のみの主観・主義 だけだと偏ってしまいます。この教授(講師?)は、ずいぶんと偏った設問をしていると感じます。 また、史料は必ず双方の意見に基づいた史料を比較検討しなければならないのに、一方のみしか提示され ないのは、非常にまずいことです。 1と3の回答を見させていただきましたが、普通はそれで(ある程度肉付けすれば)及第すると思うの ですが。 2.日清戦争の「日朝日台戦争」としての側面について説明せよ これについては、「日朝日台戦争」という言葉は初めて聞きました。たしかに、「日清戦争」の主戦場の 一つが朝鮮半島及びその近海というのは事実です。ただ、「日朝間」の戦争であったか?と問われれば、 答えは否でしょう。「朝鮮半島の権益」を巡る日清の戦争であって、当時の李氏朝鮮に対して宣戦布告を したわけではありませんから。ついでに、台湾に関しては、明治の初め「台湾出兵」はありましたが、 そもそも台湾がその当時国家であったのかどうかという点で(事実、日清戦争の日本側の勝利で、台湾は 清から「割譲」となっているはずです)、「日台戦争」とは言えないと思います。 4.は、結構面白いって言えば面白いんですよね。 まあ、屁理屈になってしまいますが、西洋文明社会から見れば未開の東アジアは野蛮な国(日本も込)、 一方清や朝鮮からすれば、武力を用いて攻めてくる連中など「野蛮」以外の何ものでもないわけです。 なので、西洋化をすることで近代化を図る日本は「西洋文明を手本として、アジアを野蛮と考えた。」 だから、野蛮な考え方から解放するために、アジアを侵略した・・・。 他方、清や朝鮮は、「野蛮な西洋を手本とした日本もその一員と思った」という考え方も 可能なわけです。 ただ、所詮こんな回答は言葉遊びになってしまうので、もしその教授がこんな回答を受け入れたら、 笑ってしまいますね。自分が教師なら、こんな回答は「不可」です(笑)。 多分、「西洋文明」を是として、それ以外を「野蛮」と考える欧米列強の風潮は間違っていて、 それに乗っかった日本は愚かだ、という回答をその教授は求めているのでしょうね(失笑)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 朝鮮問題について

    日朝修好条規のあたりから韓国併合のあたりまでの流れと朝鮮問題について教えてください。 壬午軍乱、甲申事変、日清戦争、義和団事件、日英同盟協約、非戦論反戦論、日露戦争、ポーツマス条約、日比谷焼き討ち事件、日韓議定書、韓国併合条約、などのつながりやひとつひとつの説明でもいいので詳しくお願いします!!!

  • 日清戦争について

    最近尖閣諸島関連で歴史問題がクローズアップされるとともに、いかに日本が近現代史を学校で教えないかが明らかになってきている気がします。(日教組のせいなのか、そして歴史を教えないことがいいことかどうか知りませんが) さらに中国の主張として「日本が日清戦争で尖閣諸島を盗み取った」といっています。それはファシズムによるものであるとも。そこで日清戦争を調べて、日清戦争→東学党の乱→天津条約とさかのぼりました。 結果、日清戦争って単純に中国と日本が朝鮮半島の支配権を巡って戦っただけ、つまり両方とも帝国主義国なのであってこんなのお互い様じゃないか、と思えてきます。それこそ日清戦争の結果、尖閣諸島が日本のものになったのを受け入れるべき、としか言いようがない気がします。少なくとも北方領土のような国際法違反ではない様に思います。 当時、日本は議会制の民主主義国で清は封建制だったという違いはありますが、封建制の君主だろうと民主主義の総理大臣だろうと天皇制の天皇だろうと、朝鮮というよその国を武力で支配しようとしているんだから帝国主義に変わりはないし、議会制で攻めていく国だけがファシズムで封建制だからよそを攻めてもいいということにはならないと思います。 ・・・という認識でいいのでしょうか?

  • 日清戦争後の清について

    『東アジア国際政治史』という書籍のP84に「日清戦争は、清が冊封・朝貢など既存の対外関係を維持しつつ、他方で万国公法を利用して「近代的な再編」を行うという外交路線に決定的な打撃を与えることになった。」という記述がありますが、「万国公法を利用して「近代的な再編」を行うという外交路線」というものがどのようなものなのか、また、何故それが日清戦争によって困難に陥ったのかがよくわかりません。 解説をいただけるとありがたいです。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

あくまで個人的な意見なので聞き流していただいて結構です。 一般人として歴史好きなレベルですが、「日朝日台戦争」なんて初めて聞いた言葉です。朝鮮と台湾の併合のことを指していると思うのですが、併合というと平和裏(相手の同意の上での行為)に行われたように聞こえるからそうしているのではないですかね。ある種の意思があるのは間違いないと思います。私は普段はこんなことは書かないのですが、在日の教授で左翼系ということですからチュチェ思想とかそういう系統に行きそうな予感がしないでもないですね。 だから、文明としては朝鮮・台湾より進んでいた日本だが、その併合は帝国主義的なもので、創氏改名などはその国の伝統を踏みにじる野蛮行為であった。とかなんとか書けば「いい点」が取れるんじゃないかと思います。 そのテストは「白いものが黒いといえるかサラリーマンとして長いものに巻かれることができるかどうかを試しているテストである」と認識したほうがいいと思いますよ・笑。「問題から答えにたどり着く問題」ではなく「最初に正解ありきで、それに合わせて問題を作る」であると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

「長いものに巻かれること」 確かにそのようにも感じます。 講義後の自分の主張を書いたリアクションペーパーは一度も発表されませんでした。 ですが単位には代えられないので、大人な対応をしてみようと思います。

  • 回答No.2
noname#138477

質問者様の各設問への回答を記入していただければ、回答に対する意見を記入します。 補足ください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

1)日本を中心として書く。 欧米列強を中心とした国々はアジアを中心に植民地を広げていった。中国、朝鮮、日本も例外ではなく、名だたる大国はその圧倒的なまでの軍事力を使い自らの植民地へ取り込もうとしていた。  1853年に黒船が日本に来航し、翌年日本は開国した。日本はその後、近代化の道を歩んでいくこととなるが、中国及び朝鮮では中華思想が蔓延しており、近代化の道を閉ざしたままであった。1875年に江華島事件が発生し、翌年、日本が朝鮮と日朝修好条規を締結し、開国を要求した。 列強を見習い日本はこれを機に朝鮮の侵略を始めようとするが、宗主国である中国と衝突することとなり、1894年に日清戦争が勃発する。この戦争に勝利した日本は台湾と諸国を植民地とし、朝鮮への支配を本格的なものにしようとするが、ロシアとも衝突をする。この頃には日本の国際的地位というのはとても高まっており、大国イギリスと1902年に日英同盟を結ぶほどである。イギリスの協力もあり日露戦争を辛くも勝利する。これにより朝鮮を本格的に植民地へと開拓していくのである。 その後の第一次世界大戦を戦勝国として迎えた日本は、列強と肩を並べるほどになっていた。 2)に関しては「日朝日台戦争」の意味がよくわからないので、今のところ何とも言えません…。 3)日清戦争後、列強は中国の分割に乗り出した。その領土の大半を植民地化されてしまった中国の国内では義和団と呼ばれる新興宗教が流行りだす。「扶清滅洋」を掲げ、中国の復興を促そうとするものの英米日仏伊蘭の連合軍により鎮圧される。 この時、日本は多国籍軍の中でも目覚ましい働きをし、「極東の憲兵」と評される。 さらに、この戦闘においてイギリスやフランスは自国の植民地の兵士も投入しており、帝国主義が国際秩序に組み込まれた時とみて良いと思われる。 4)朝鮮よりも一足先に文明開化した日本は朝鮮にも開国を促すが、中華思想などを盾に開国を拒否されてしまう。仕方なく江華島事件から日朝修好条規を締結し、清からの独立を促したものの、清は日本の朝鮮進出を良く思っておらず、日清戦争へと発展する。福沢諭吉によれば、この戦いは文明国である日本と野蛮な国である清の戦いであり、欧米列強への文明国としての日本を見せつけるためでもあった。 結果は日本の勝利に終わり、いかに大国であったとしても、西洋文明の前には敵うことはなかった。 4)は近代の範囲がいまいち不明瞭なので、もしかしたら明治~昭和にかけて全般のことかもしれません 配布された参考資料によると、武では日本が勝り、文華では朝鮮が勝っていた、などの偏った資料ばかりであまりあてになりません…。

  • 回答No.1
  • gamajah
  • ベストアンサー率18% (27/143)

あいにく、まともな回答ではありません。 ただ、設問2の「日朝日台戦争」という表現は、 <<<とてもじゃないが捨て置けないかなり偏った代物>>> だという印象を受けましたもので・・・。 「日朝」に関しては、終戦直後から今日に至る日朝関係を考えれば、こじつければ、なんとなく「そうなのかな~」と思えなくもないですが、 「日台」の部分はちょっとじゃないが飛躍しすぎてませんかね。 ちょうど一年頃前のNHKスペシャル「ジャパンデビュー」の第一話に沿ったような設問みたいに感じます。 マスコミではほぼ一切報道されなかったですが、かなりのクレーム(?)があった 問題番組です。  かなりの売国的な内容でした。  講義のデモも起こったようです。 質問者様がどのような方は知る由もありませんが、 この課題を設問した人物は、少なくとも私に言わせれば完全に 危険人物です。 (すくない情報でここまで断定するのも如何なものかとは思いますが、直感的に悪意を感じます。) 加えて設問4の「文明」と「野蛮」という表現も少々気になります。 重ね重ね、おそらく質問者様の意図された回答ではなかったと思います。 あしからず。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大学の課題なのですが、教授は在日3世の人です。 上記のビデオも講義中に見せられました。 また、レポートの課題として出された本は左翼系の作者が書いたものでした。 自分もかなり危険人物のように思っているのですが、何か良い返答例はありませんかね。

関連するQ&A

  • 清朝が近代化に成功していたら今も存続していると思いますか?

    清朝が近代化に成功していたら今も存続していると思いますか? アヘン戦争、アロー号戦争、清仏戦争、日清戦争、義和団事件 数々の諸外国との戦争をこうむりながらも首の皮一枚でしぶとく 生き残り続け、辛亥革命でついに息の根を止められた清朝。 清朝が近代化にもし成功していたらどうなっていたんだろうと ふとおもうことがあります。 おそらく生き残れるチャンスがあったとしたら 百日維新(戊戌の政変)が百日でなく継続できたか だろうと思います。 洋務運動では日清戦争に勝ったにせよ負けたにせよ、 いずれにしても限界が来ていただろうとは思います。 そこで質問です、 清朝が光緒帝の親政によって近代化に成功していたとしたら 存続していたでしょうか?

  • 緊急!国際理解!

    中学の国際理解の宿題で日清戦争のことをレポートにまとめるものがあります。 それに「書くこと」や「レイアウト」などのおすすめを教えてください!! ちなみにプリントは横長の画用紙です。

  • 太平洋戦争に突入していった日本について

    質問を読んでいただきありがとうございます。 第一次大戦後の日本は日清戦争、日露戦争などを経験し、大きい国となり、大日本帝国と名乗りました。 日本が帝国主義に走った理由はなんなのでしょう?? やはり、欧米にたいする危機意識でしょうか?? イデオロギーの違いによる個々の意見はあるとは思いますが、よかったらご意見いただければ幸いです。 よろしくお願い致します。

  • 昔の西洋の中国観

    昔の西洋の中国観を教えて下さい。 日本人の現在の中国観は言うまでもありませんが、 日清戦争前には、まだ日本人は中国や中国人に対して尊敬の念があったという 記載を目にしたことがあり、大変興味深いと感じました。 西洋はどうでしょうか。現状の西洋から見た中国や中国人観は日本人から見たそれと ほぼ変わらないと思いますが、中世や19世紀以前はどのように見られていたのでしょうか。 古代中国が様々なものを開発したのは皆が知る事実ですし、 やはり尊敬の念を集めていたのでしょうか。

  • 韓国と国交断絶したらどうなりますか?世界情勢編

    古来より日本は朝鮮に手を差し伸べる度に痛い目を見てきました。 朝鮮内部の戦争、日清戦争~現在まで、前回の質問で経済面ではさほど問題なしと判断しましたが。 外交面では韓国が赤化(将軍様天下)になるのではないかと思いますがどうでしょう? またそうなることで未来が見えてくるのでは?日台米印欧VS朝中ロの冷戦になるか? 北方領土問題を解決してロと結ぶとかそんな予想もお願いします。

  • 韓国と北朝鮮について質問です。

    韓国と北朝鮮について質問です。 朝鮮半島が現時点で二つの国家に分かれていますが、元々は一つの国として存在していたのですか? 又二つの国に別れた原因は大日本帝国時代の日清戦争、韓国併合なのど影響もありますか? それと朝鮮戦争が勃発した原因は大日本帝国にもあるんでしょうか? 頭の中でごっちゃごっちゃになってしまい、自分ではよくわからなくて困ってます。

  • 脱亜論と大東亜共栄圏

    戦前の日本のアジアに対する外交姿勢についての質問です。 福沢諭吉の脱亜論に従ったわけではないでしょうが、日本は日清戦争・日露戦争を通して一等国への仲間入りをし、脱アジア化を一応実現しますよね。 その後、「大東亜共栄圏」という思想を掲げて(結果はともかく)東アジア解放のために戦うわけですが、「脱アジア化」しておきながら「アジア解放」を志すのは矛盾していないでしょうか? 脱アジア化しているなら「アジア解放」ではなく「アジアの近代化」を目指すでしょうし、「アジア解放」を志すなら「アジアの一国」にとどまることを選ぶはずです。

  • 江華島事件?が良く分かりません・・・

    江華島事件の発生理由(原因)と内容・我が国歴史への影響(結果)は? 1875年9月20日に発生した江華島事件(日本軍艦・雲揚号による江華島砲台への砲撃破壊)の発生理由&原因と内容、その後の我が国の歴史(日朝修好条規・日清戦争・日露戦争)に及ぼした影響について、ご存知の方が居られましたらお教え願えませんでしょうか?

  • 清の朝鮮に対する柵封体制固持<朝鮮の中立独立の理由

    日清戦争は・・・ロシアがシベリア鉄道を着工していて、鉄道がウラジオストクまで全通した時、露は北太平洋に直接出れるが、港は冬には凍り、軍事的に生かせないというジレンマに陥る。軍事的に生かすために露は良港である朝鮮が必要になる。その凍らない港のある朝鮮を占領されてしまっては、日本が危ない!! ↓↓ 朝鮮を中立独立させよう!! ってことで起きた戦争だと習った気がします。 清の弟分であると、イギリスやロシアに占領される可能性が高いのでしょうか(帝国主義の論理や当時の国際法がわからないですが)?? 朝鮮は弟分であっても独立国家ではなかったのですか?? 中立独立の方が安全だという根拠は何なのでしょうか??中立と宣言しても占領されたら意味ないですよね・・・。 ご教授おねがいします☆

  • なぜ米国は門戸開放宣言で他国の進出を止められたのか

    19世紀、日清戦争で敗れた清国は 列強の進出により領土を分割され支配されていましたが 「分割に出遅れたアメリカは国務長官のジョン・ヘイの発した 門戸解放宣言により他の列強に歯止めをかけた」 と高校では学習しました 当時、アメリカは着々と工業力を伸ばしていましたが それでもイギリスに肩を並べるほどにはなっていなかったはずです なぜ、弱小国アメリカがヨーロッパの列強に対して この宣言により歯止めをかけられたのでしょうか?