• 締切済み
  • すぐに回答を!

翻訳者を目指しており、現在通信講座で翻訳力をつけながら専門分野をどれに

翻訳者を目指しており、現在通信講座で翻訳力をつけながら専門分野をどれにしようか模索しています。 通信講座終了後受ける予定の翻訳学校のコースで「情報技術翻訳コース」というのがあります。 パソコンやパソコンの説明書などを扱うというのはわかりますが、具体的にはどういうものですか? 一般人に販売されているパソコンについている説明書レベルの翻訳と考えていいですか? それともパソコン開発会社にいるような人が持っている専門知識が必要なほどのレベルでしょうか? カリキュラム一覧にWebページの翻訳(タグ付き翻訳の習得)とありますが、タグとはHTMLタグのようなものですか?(でもHTMLって英語でしたっけ?) もう少し専門的なものですか? 一般的に受注されているIT翻訳のレベルで教えてください。 よろしくお願いします。

noname#116007
noname#116007

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数223
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.5
noname#125540
noname#125540

No.4ですが、講座の中身についてはその学校にお尋ねになるのが良いと思います。 相談窓口はありませんか? よく、学習者の相談窓口や、受講に関する質問窓口などがあると思いますけれど・・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

探してみましたが、無いようです。

  • 回答No.4
noname#125540
noname#125540

翻訳学校の上級コースを受けたことがないので、分野別にコースが分かれるとどうなるのかは分かりません。 でも一般的には(もし今翻訳コースを取ってらっしゃるなら分かると思いますが)、翻訳学校というのは英語力を上げたり、背景知識を身に着ける場所ではなくて、翻訳技術を学ぶ場所です。 翻訳の仕方とかコツとか、基本的なお約束事とか。 ゆえに、「こうした方面の文書の訳し方」をやるんじゃないでしょうか? それをやるためには、テキストの中身が最新技術情報でなくても問題ないと思います。やり方や傾向がわかればいいので。背景知識のほうは日々自分でキャッチアップしなければならないのでしょう。 >パソコンやパソコンの説明書などを扱うというのはわかりますが ネットワークやデータベースなんかは出て来ないんでしょうか。 講座でなくて単発の練習問題なら見たことがありますが、PCの話ではなかったですよ。自分が見たのはマニュアルや技術文書でなく一般的な読み物でしたけど、IT業界向けの雑誌に載るようなタイプの話でした。Lotus Notesの開発の歴史みたいなのだったかな。あとはTCP/IPがどうたらとか。練習問題ですから実際の仕事とは違うでしょうけどね。また、私も技術者ではないので詳細は分かりません。 もちろん、講座の内容は講座によるでしょう。 もしカリキュラムの内容にPCやWeb翻訳とあるなら、そちらの分野なのでしょう。ITと言ってもその中で分野が様々です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

念のため、補足しておきますが、 企業秘密に属する、現場で発注されるIT翻訳の文書が、翻訳学校の教材として公開されているわけがありません! 常識で考えればわかることです。 教材として公開されているのは、賞味期限が切れた「公開しても支障がない」数年前以前の文書です。現場で発注されるIT翻訳のレベルからは数年遅れたものです。 それゆえ、言語の勉強だけに熱心にならず、教材と並行して、最先端のIT技術を自己研鑽することをお勧めします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

そりゃすべては公表されないでしょう。 ただ、個人の免許証が一部公表できるように、「こんな感じ」とのイメージぐらいは作れると思います。 見たことは無いけどこういう感じと。

  • 回答No.2

> 一般人に販売されているパソコンについている > 説明書レベルの翻訳と考えていいですか? おそらくそうでしょう。ただし、実際の現場では、一般人向けのマニュアルがアウトソーシングで社外翻訳スタッフに流れてくることはあまりありません。そうゆうやさしい仕事は社内でこなします。 > カリキュラム一覧にWebページの翻訳(タグ付き翻訳の習得) > とありますが、タグとはHTMLタグのようなものですか #1さんお書きの通りです。最近はHTMLよりXMLが主流なので、そのタグのことも習得するかもしれません。Tradosのタグエディタなどを使えば、タグを意識する必要もありませんが、タグエディタを使っても、誤ってタグを消してしまう可能性は常にあります。また、TradosはIT翻訳業界の事実上の業界標準で、非常に高価なソフトです(11~12万円ほどします)。これがないと零細翻訳者はIT翻訳業界に参入さえできないという、悲しい状況になってます。 > 一般的に受注されているIT翻訳のレベルで教えてください。 一般的に受注されているIT翻訳が、教材になることはありません! 現場で発注されているIT翻訳は、いわば最先端の企業秘密に属することです。一般的に受注されているIT翻訳のうち、社外スタッフに流れてくるのは、社内スタッフでこなせない高度で専門的、かつ難しい急ぎの仕事ばかりとお考えください。 平易な翻訳なら、社内スタッフでまかないます。そうゆうものは基本的に外に出ません。たまーにですが、やさしい仕事でも人数の関係で社内スタッフのキャパシティを超えた場合だけ、アウトソーシングで社外スタッフに流れてきます。 要するに、教材を勉強すれば、基本的なポイントは身に付きますが、現場で発注されているIT翻訳の専門性にはとうてい太刀打ちできないと言うことです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

想像するに「情報技術翻訳コース」というのは、翻訳業務を行う上で必要なパソコンのスキルの話だと思います。 翻訳業務はほとんどの場合パソコンで作業を行うことになりますし、取り扱う翻訳対象のデータ形式も様々です。 翻訳業務では、単純にテキストファイルを受け取って翻訳するわけではなく、翻訳対象のデータがWordファイルであったりExecelファイルであったり、PDFであったり、Webページであったり様々です。 そのようなファイルを翻訳するにはどうしたらよいか、そういったことを勉強するクラスだと思います。 例えば書いているようにWebページの翻訳の場合は、HTMLファイルそのものを翻訳する必要があります。 これには、HTMLのタグ部分と実際に画面上に表示される文字部分との見分け、文字部分のみを翻訳する必要があります。 翻訳業務と言っても、そういった翻訳対象のデータをどのように扱って作業をすればよいかという基本知識が必要になるわけです。 また、翻訳業界ではTRADOSというソフトを使って翻訳するのが主流です。 そういったソフトの使い方の勉強も含まれているのではと思います。 (TRADOSを使うと、Webページなどもタグを意識することなく翻訳対象の文字のみを翻訳したりすることができますから) ご参考まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 翻訳者の専門知識

    もしかしたら、カテが違っているかもしれませんが、ここのカテで質問させて頂きます。 以前から語学に関心があり、日本語教師を目指していましたが、内気で、おとなしい性格なためなのか、なかなかなることが出来ず、翻訳者を志すようになりました。 翻訳者にもいろいろ種類があるようで、実務翻訳を志そうと思っています。そのためには、専門知識が必要になってくるそうです。 しかし、大学では社会学を学んでいましたが、大学を卒業してからはアルバイトのかたわら、日本語教師を目指していたので、これと言った専門分野も持ち合わせていません。 いろいろなサイトや過去の質問を見た限りでは、実務経験を通じて専門知識を蓄積していく方が良いようなことが書いてありますが、実務経験だけで自分のカバーする専門知識が全てまかなえるのかということにも疑問をいささか感じます。 つまり、例えば法律から始まって、経済や金融、更には環境分野にまで幅広く手をかけている翻訳者もいるようです。しかも、その翻訳が英語のみならず、フランス語やイタリア語など、数カ国語も手掛けているようなので、驚かずにはいられません。 このような広範な専門知識は、どこで、どうやって学んできたのでしょうか。また、どこで、どうやって学んでいくべきなのでしょうか。ご存知でしたならば、お教え頂ければ幸いに存じます。 因みに、私は専門分野は法律と経済に関連するような分野にしようと思っています。また、英語とタイ語の翻訳者を目指しています。 なお、質問に不備がございましたならば、後ほど補足させて頂きます。

  • 専門職に就かずに翻訳者になるには

    現在大学三年の女です。 学部は文学部で日本文化を学んでいます。 将来、産業翻訳をしたいと思っています。 しかし、文学部出身のため専門知識がないので 独学しつつ、翻訳学校を利用して専門知識を身につけたいのですが、 ・その分野の業務経験がなければ、仕事は依頼してもらえないのでしょうか? ・翻訳学校や翻訳セミナー等に積極的に参加し、 人脈を広げていけば、業務経験がなくても 仕事を貰える可能性はあるのでしょうか? できれば、専門職で業務経験を積んでから 翻訳者になるのではなく、最初から翻訳者を目指したいのです。 私は発達障害の傾向があると診断されていて 不注意のミスが多く、想像力と柔軟性に欠け、 プレッシャーを感じると思い通りに動けなくなり、ミスが増えたり、酷いときは記憶が飛ぶこともあります。 医薬翻訳かバイオ・環境分野の翻訳がしたいのですが、上記のような性質から、 その分野の専門職につくべきではないと思うからです。 唯一、体を動かさずに一点集中できるものは得意です。 勉強や知能検査では良い結果を出すことができます。 このような理由から、冒頭の二つの質問をさせていただきました。 よろしくお願い致します。

  • 翻訳者になるには、まず何から始めたらいいですか?

    最近、漠然となんですが「翻訳者」という仕事に惹かれています。しかしながら学校を卒業して以後、現在まで全く英語というものに触れてもいなければ、勉強もしたことがなく完璧な「シロウト」です。 翻訳者の通信講座の資料を取り寄せると受講開始の最低ラインが英検3級以上とのこと。この英検3球を取得するためにどういった学習をすればいいんでしょうか?書店などに行くとズラーっと本が立ち並んで迷うだけで帰ってきてしまいました。 まずは、取っ掛かりを教えていただきたいです。 どうぞよろしくおねがいします。

  • 良い翻訳通信講座はありますか?

    翻訳の通信講座で良いところ知っている方がいたら教えてください。 仕事として使えるスキルを身に付けられるレベルのものです。 英語です。 宜しくお願いします。

  • 中国語、通信講座(翻訳コース)の経験者のかた

    私は中国語の勉強をしはじめてから翻訳の仕事をしたいと 思うようになりました。 そこで英語の翻訳をやっている友人から、翻訳をやるのなら 専門の学校かコースを受けたほうがいいと言われ、探して います。が、今会社に行っている状態で日常会話のコース が有るスクール(そこには翻訳の専門コースはありません) に行っているため、時間的に不規則なのも有りもう一つ学校 にいくというのも辛い状況です。 そこで通信講座の翻訳コースをいくつか見つけたのですが、 はじめて通信教育をするので、どの会社のがいいのか (というか、どんな特徴があるのか)などが解りません。 経験者の方いらっしゃったら、おすすめのところ等教えて もらえないでしょうか。

  • 初心者からはじめる翻訳の通信講座

    いろいろ考えて、きちんと翻訳を勉強したいと思っています。 そこで、通学ですと、学費、通学の面からも考えて今現在は ちょっと無理なようですので、まずは通信講座からはじめて、ある程度学んでから、通学に、と考えています。 調べたら、いっぱいでてきて、どこがいいのやら・・・ 初心者コースから実施できて、いい講座があれば教えてください お願いします(>_<)

  • ドイツ語の翻訳講座について

    僕は、日本の漫画をドイツ人に紹介するために翻訳者になることを夢見て日々がんばってます。  そこでお伺いしたいのですが、通信教育で翻訳者育成講座はありますか。また、受講終了後、検定資格などを取得して、プロとして仕事を回してもらえるような制度はあるのでしょうか。 ずっっと、以前学生時代の後輩の女の子がそのような資格を取り、アルバイトをしていたことを聞いたことがあったのですが…

  • 翻訳者・通訳者の専門知識

    翻訳者または通訳者になりたいと、漠然と考えています。 英語に関しては、留学経験あり、TOEIC920ですが、強みになるような専門分野は特にありません。 大学では教育を専攻し、現在は電気業界で貿易関係や、海外営業の補佐的な仕事をしています。 語学を勉強するのがとても好きで全く苦にならず、英語を使って何かをするよりも 英語自体を中心にプロとして仕事ができないかと思い、翻訳、通訳の道を考えます。 また、文章を書くことも好きで、日本語を書くことも得意です。 しかし、調べるうちに翻訳・通訳の場合、例えば医療関係などの深い専門知識が必要とされる、と知りました。 翻訳・通訳の勉強や仕事をしていく中で、その際に必要な他の専門分野の知識を得ていくことも勿論できるとは思うのですが、実際のところ、どうなのでしょうか。語学が好きという理由で、翻訳・通訳の道を目指すのは甘いでしょうか。 また、英語以外で(得に少数言語で)これから需要が高まる言語はありますか。 中国語、韓国語が重要視されているようですが、堪能な方がたくさんおられると思います。 少数言語で翻訳者・通訳者が少ないが、これから重宝されるだろうという言語があれば教えてください。 宜しくお願い致します。

  • 翻訳者になるためのキャリアプランについて

    29歳女性、外国語学部卒、海外経験1年、TOEIC915点です。これまでの職務経験は、英文事務が3年と、自動車メーカーで社内通訳・翻訳(派遣社員)の経験が1年です。将来は40歳くらいまでに月収35万程度安定して得られるような実力のある在宅産業翻訳者になるのが夢です。(これまでに翻訳会社のトライアルに合格して翻訳者として登録したこともありますが、これといった専門分野もなく、翻訳者として専門分野を持つことの必要性をひしひしと感じています。)そこでこの目標を達成するためのキャリアプランについて相談したいのですが(とくに自動車、特許の分野に興味があります)、現在2つのプランの間で迷っています。 1.国際特許事務所に就職し、特許の知識と経験を得る。 理系大卒ではないので、最初は事務かもしれないが外国事務として就職→数年働きながら、興味もあるし知識を得たいので理系大の夜間二部に通う(分野は機械に興味があります)→、その後所内で翻訳の仕事に転向願いを出して機械分野の特許翻訳の仕事をさせてもらい、数年間特許翻訳者としての経験を得る→在宅特許翻訳者として独立 2.英文テクニカルライターとして就職する。 (1年間働いていた自動車メーカーではマニュアルの翻訳や編集もしていたので、英文テクニカルライターにも興味があります。)自動車や機械の英文テクニカルライターとして数年勤務→自動車や機械関連の翻訳者として独立。 自分のこれまでのキャリアを考えると2が自然に思いますが、特許分野に比べると、自動車や機械分野の翻訳の仕事は需要が少ないようですし、英文テクニカルライターの求人をみるとTOEIC700点程度とあり(それほど高い英語力が求めらていない?)、文系大卒でもできることから専門知識をそれほど深く要求されない=翻訳者としての実力につながらないのではないかとも心配に思います。1については、二部に通うのは大変と思いますが、知識をつけるため、専門分野を得られるためなら数年は頑張れそうにも思います。自分の目標を達成するためにはどうしたらよいでしょうか?知り合いにこのような業界で働いている人がおらず、本やネットからの情報だけしかないので、上記業界についてご存知の方、経験者の方、いらっしゃいましたら宜しくお願いします。

  • IT(コンピュータ)翻訳者になるには

    海外で英訳翻訳者をしております。 とはいえ専門分野がないので、以前から興味があった IT分野を勉強したいと思っているのですが 自分の生活スタイルにあった学校と言うのが System Administrationのコースしかありません。 二年フルタイムのコースなので内容は濃いようなのですが IT関連の翻訳者となるのに、シスアドを勉強して実際仕事に 役立つのでしょうか。 漠然としてる質問で申し訳ございません。 また効率のいい勉強法もあれば教えていただければ幸いです。 独学ではどこから手をつけていいものか、漠然としすぎてて 迷っています。 よろしくお願いします。