• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

困っています。

  • 質問No.6035641
  • 閲覧数21
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 33% (2/6)

困っています。
昨年の12月より、うつ病とアルコール依存症で、1月から3月まで入院、休養をして4月より会社に
復帰をしたまでは、良かったのですが給料が13万下げられ労働契約を結ぶよう会社側から迫られました。
しかし、労働契約の締結はせずに、納得のいかないまま、今現在まで働いてきましたが、今現在に至るまでには、貯金を全て使いはたし、保険は解約して過ごして来ましたが、底をついてしまいました。
幸いにも、首つなぎではないですが、今月の15日にボーナスが出そうなんですが、その金額も安いよう
だったら、会社を辞めようと考えています。
一応、又、交渉はしてみますが、ダメだったらこの先の事を考えると、辞めざる負えません。1年後には
息子の高校受験も控えてますし・・・。
このような場合、皆さんはどう対処しますか?アドバイスのほど宜しくお願い致します。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 34% (123/361)

うつ病患者の方は、病状が悪いとなかなか考えがまとまらず大変ですね。
気持ちは十分分りますが、ここは少し手抜きをしないで考えなければなりません。

転職は、今の時期よほどの取り柄がないと難しいです。
新卒も転職も就職氷河期です。
月固定の収入無くなりますがいいのですか?
ところで、うつ病でアルコール依存症の人を雇いたがる企業があると思いますか。

いまの時代アルバイトだってしっかりやらないと即クビになります。
仮にアルバイト職につけたとして、日給¥8,000前後程度です。
仮に20日、勤務に入れて貰ったとしても、
¥8,000x20日=¥160,000(税引き前総支給)になります。
よくわからないんですが、いまの会社は、総支給で13万円なんでしょうか、手取りなんでしょうか。
手取りだったら、諸経費が引かれてますのでそちらの方がまだましなはずです。
アルバイトだと、諸経費を全て自分で払わなければならなくなります。

さて、
何が原因で、うつ病、アルコール依存症になったのか良くわかりませんが、
アルコールは病気の時は絶対にご法度です。
抗うつ薬を飲みながらアルコールに手を出すなんて信じられません。
薬とアルコールが反応して、体がフラフラになってコントロール出来なくなるはずです。
うつ病患者が過剰にアルコールを飲み続けると、躁うつ病に病状が悪化しますよ。
躁うつ病になったら生涯闘病しなければならなくなり、仕事どころではなくなります。

何かからアルコールに逃げてませんか?
アルコールは精神・神経をずたずたにします。
何から逃げているのか、精神科の先生と良く話しをしてください。

まともに就業できないくらいアルコール飲んでるのではないでしょうか。
遅刻・欠勤など、勤怠に問題があれば、まともに給料が出ないのは当然のことです。
まだ給料が出るだけましだと思いませんか。

質問者さんには、絶対「断酒」が必要です。
アルコール依存症のゴールは、アルコールに2度と近づかなくなること。
誤解されやすいのですが、飲酒に対するコントロールを取り戻し、
上手にアルコールと付き合えるようになることがゴールではありません。

何があっても2度と飲まない「断酒」をすることがアルコール依存症の方の治療のゴールです。


次に、余談ですが、保険を解約したのは失敗です。
これから先、入院給付金が貰えなくなるではありませんか。
入院経験がある人は、2年間は保険に加入することが出来なくなります。
さらに、2年後でも加入前に発病した病気であると給付金が支給されなくなります。
これは、いまさら言っても手遅れですが。

家計は誰が管理しているのでしょうか。
これからの生活を考えて支出、特に固定費を減らす努力が相当必要です。
「断酒」が絶対に必要です。これ程無駄なものはありません。
家計簿をつけて何にが必要で、何が不必要なのかよく把握してください。
外食は止めて、昼は自宅からお弁当を持っていきましょう。
同僚との付き合いの飲み会は、事情を話して全て断りましょう。
一週間の食費は、¥5,000以内に収めましょう。
などなど、13万円という決められた収入と支出を予算だてて正確にやりくりしてください。
カードなどの借り入れは利息が勿体ないので絶対厳禁です。
金融ローンには間違っても手を出さないことです。後で取り返しがつかなくなります。

息子さんの高校は、奨学金を検討してください。
ネットで検索すればかなりヒットします。

社会保障ですが、障害者手帳、自立支援、障害年金の申請はしておりますでしょうか。
障害者手帳は、地域によりますが色々な税制減額や減免のサービスを受けられます。
自立支援は、通院にかかる費用を一部もしくは全額公費負担になります。
障害年金は、申請が通れば2ヶ月毎に認定のされかたによりますが、11~12万円程給付されます。
いずれも、保健所もしくは役所の福祉課に出向いて説明を聞いてください。

最後に、いまの質問者の様な状態の方は、ちょっとしたきっかけで法律を犯しやすい危険性があります。
間違ったことをすれば、間違った結果しか出ないことをよくお考えになって下さい。

苦しい時期だと思いますが、2、3年先には必ず楽になります。
生計を建て直すことはとても苦労と辛抱が必要なことは分りますが、しっかりやってください。

どうしてもという場合には、役所で「生活保護」を申請してください。
役所も昔よりきめ細かいサービスをしています。
いろいろ相談してみると良い結果がでると思います。

まだまだやれる事、やれる道は多々ありますよ。

また困ったことがあれば、また質問を立ててみてください。

お大事にしてください。

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 31% (5/16)

そもそもなぜ給与が13万円も下がったのでしょうか。貴方の症状から会社が勤務時間を短縮しているのですか?それにより取るべき対応は異なります。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 24% (76/315)

うつ病はやむを得ない病気でしょう。なりたくてなったわけでもないでしょうし。
しかし、アルコール依存ってなんですか。
そんな一朝一夕になる病気ではないですよね。
まだ学生のお子さんがいるのに、アルコール依存ですか。
それってお子さんが小さいうちから飲み続けているってことじゃないですか。
恥を知りなさい。

対処なんか、断酒のみですよ。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ