締切済み

B型肝炎は院内感染しやすい?

  • 困ってます
  • 質問No.603476
  • 閲覧数2762
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 25% (3/12)

先日、私の友人が骨折で入院したのですが、入院中の検査でB型肝炎と判定されました。友人は2年前、5年前にもバイクで転んで骨折して入院しており、その時の検査ではまったく問題がなかったようです。
病院側からは「母子感染の疑いがあります」との説明を受けており、そうなると2年前、5年前に入院した際の検査で、なぜ引っ掛からないの?っという話になります。
友人は、かなり落ち込んでいて、絶対院内感染だっと言い張っております。
B型肝炎を調べてみますと、母子感染以外に性交渉、体液や血液、注射針等でも感染する可能性があるようですが、友人は感染するような行為をずっと長年やってないし、他人の血液や体液にも触れた覚えはないと言っています。

原因の一つとして院内で感染したのでは・・と思うのですが、B型肝炎は院内感染することが割かし多いでしょうか?

また院内で感染したという証拠になる手がかりは見つける事ができるのでしょうか?

また患者さんと接する機会の多い医療従事者でB型肝炎の方っていらっしゃるんでしょうか(私個人的に偏見はありませんが気になるもので)?

なお、友人は55歳男性です。もし赤ちゃんからのキャリアとしたらかなりのキャリアですかね(^^;)・・・
ちなみに友人は、困ったことに酒飲みです。。

よろしくお願いします。

回答 (全3件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 0% (0/6)

B型肝炎の入院患者の場合は、病院によって方針は変わりますが食器すら使い捨ての場所やその患者さん専用の食器の場所もあります、またB型肝炎の患者さんが出したごみも医療廃棄物として処理されますし、個室の場合もあります、B型肝炎ウイルスは消毒薬(エチルアルコール)で簡単に殺すことも出来ますので5年ぐらい前に入院されたのであればほとんど院内感染の可能性は低いと思います、そこまでしなくても体液、血液にさえ触れなければ通常は感染しませんが病院は念のために実施しています。
血液検査をしても分らない場合もあります、通常の血液検査はすべての項目を検査はしませんので、通常の検査ですと肝機能の数値に異常が無ければ肝炎の検査はしません。
母子感染の場合(母子感染でなくてもあります)潜伏期間と言うのもありますし、母子感染の場合は成人後でもいきなり発症することもあります。
ですので院内感染より母子感染などの可能性のほうが残念ながら高いと思います。
感謝経済、優待交換9月20日スタート
  • 回答No.2

ベストアンサー率 45% (243/534)

こんにちは。元医療従事者です。
ご友人がB型肝炎に罹患されたとのことで、落ち込んでいらっしゃるそうで・・・
そうなると感染経路を追及されたくなるというのは、ごもっとものお気持ちだと思います。
まず院内感染との考えですが、100%否定はできませんが
#1の方もおっしゃっているとおり、近年病院では、
院内感染にたいしては、かなり気を使い、針の使いまわしや、体液の着いたものの処理は、念密に行っていると
思いますので、あまり考えられないように思います。
医療従事者が感染するケースはまれにありますが、
患者さんが入院したことによって、輸血以外でウイルス
感染することは、あまりないと思います。

前回の入院で指摘されなかったとのことですが、もしかしたら、HB抗原の感染症の検査をしなかったとも
考えられます。大学病院や総合病院規模の病院でしたら
入院時は、ひととおりの感染症の検査を行うと
思いますが、小規模の病院ですと行わない場合もあります。ですから前回指摘されなかったといって、そのとき
感染していなかったという見解は、否定的かもしれません。そうなると、過去の性行為の有無や輸血の有無なども
からんできますが、それでもそれら身に覚えがないので
あれば、歯科にかかったときなども考えられます。

歯科では、ある程度消毒などにも気を使っていますが
患者さんが感染症があるかないかまでは調べてない
ことがほとんどですので、感染症対策には疑問を感じることが多いです。最近はだいぶ消毒方法も徹底化されつつ
ありますが、それでもある程度簡略しているように
感じます。

B型肝炎ウイルスは、C型肝炎ウイルスよりも
感染能力の強いウイルスです。ウイルスに感染された
血液などが触れると感染する可能性がかなり
高くなります。性行為などでもかなりの高い確立で感染すると言われております。
感染経路を究明されたくなるお気持ちもわかりますが
きちんと治療をうけ、健康管理をなさればさほど
支障をきたすことなく日常生活もおくれると思いますので
お力落としのないように。
定期的な血液検査をうけ、お酒もほどほどになさいます
ように。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 30% (3827/12654)

セカンドで他でも検査して診断を受けることをお勧めします。

医療関係では大変気を使っており、例えばICUだと日本では分かりませんが、某国ではベットの枕もとに大きく、その旨が直ぐに分かる様にしてあります(医療関係者・家族以外は入れない場所です)し、そこで使い終わった針の処理や血液、欧吐物・排泄物には凄く気を使い処理します。

他の入院でも、チャートにしっかり関係者には分かる様に記載します。

それでも疲れていると(特にICU、ERや当直など)、分かっているのに、特に破棄時に自分に刺してしまう事が有りますし、血液を扱うことでも、医療従事者の感染は起こり、健康者の場合は抗体はそこでプラスに成ります。

又、病院には其の手の微生物が充満しており、更に入院するような人はそれに対する抵抗力(免疫機能)が落ちているので、ちょっとした傷から分からない間に入り感染する事が有るとも言われます。
これで抗原が侵入し、抗体プラスになる医療従事者人もいます。

ただ入院して、治療中に使い古しの針で感染したとかの、医療事故としての感染は・・・・日本の現状では考えられないのですが・・・・多分。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ