• ベストアンサー
  • 困ってます

抗原・抗体の購入方法について

抗原・抗体の購入方法について はじめまして、バイオの機器の要素研究を始めようと思っている会社員です。 バイオ自体は疎く、もっぱらネットサーフィンで調べているのでみ、 色々わからないことがあり質問させてください 抗原抗体反応を液中で起こしそれを蛍光法で検出する系を検討しています。 装置のほうは本職なので必要なものを購入できるのですが、テストをするための 抗原・抗体をどこから買っていいのか?悩みながら色々調べています。 やりたいことは、蛍光偏光法の実験です。 抗原=0のときの偏光度 と 抗原=あり の時の偏光度 を比較する実験です。 分子量ができるだけ大きいタンパクをという理由から 抗原は、サイログロブリン に決めました。 それと結合する抗体をネットで調べてるのですが、 どこで抗原は買うのか?抗体は色々売っているがどれを買えばいいのか?悩んでいます (1)抗原:サイログロブリン  分子量マーカーの一部として 以下で売られているようです    http://www.shoko-sc.co.jp/pc/application/application18.html      Thyroglobulin,(Bovine) とあります (2)一次抗体:   何社かあったのですが、   ・http://www.scbt.com/ja/table-thyroglobulin.html   ・シグマ T5405 http://www.sigma-aldrich.co.jp/Search/Kotai/        species reactivity bovine, pig, human, goat, guinea pig とあります   なので扱っているようです 質問は   (1)抗原は、分子量マーカー以外にどこか入手先はありますか?   (2)(1)にBovine とあるので、シグマのT5405と結合すると考えてもよいのでしょうか?   (3)蛍光標識について       一次抗体 T5405に蛍光色素を直接標識する方法もあるようですが       標識2次抗体を1次抗体にあとでつけようと思っています       一次抗体がT5405の場合、2次抗体は何由来?の抗体を買えばよいのでしょうか? 宿主や由来とかの関係がよくわかっていません よろしくおねがいします

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数742
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • negigi
  • ベストアンサー率60% (86/142)

#1です。 >>実際に使えるかどうかは、そちらで検討してください。 と書いたのは、単純に実験の目的に合っているかどうか判断がつかなかったためです。 混乱させてしまい、申し訳ありません。 もう少しつっこんだ内容であれば、メーカーに直接問い合わせるか、 参考URLの掲示板が専門家も多いため、よりよい回答が得られるかもしれません。

参考URL:
http://www.kenkyuu.net/cgi-biotech3/biotechforum.cgi

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

しつこくすいません。 どうもありがとうございました。

関連するQ&A

  • 二次抗体の認識部位について

    二次抗体は、還元型の一次抗体も認識してしまうのでしょうか? 過去のQ&Aに、「この二次抗体に色々な標識物質(酵素抗体法では主にビオチン、その他、色々な蛍光物質、RI等)を結合させ、これを反応させ、抗原に結合した一次抗体のFc部分に結合させます。(抗原に結合する抗体の部分はFab)」という回答がありましたが、これからすると、還元型一次抗体も認識するように考えられるのですが。 ご存知の方、教えて下さい。

  • 抗原抗体反応のモデル系

    これから研究室で新たにタンパク質の検出実験を行いたいと考えています。(バイオ系は素人です) まずはモデル系を用いて、ELIZAが正常に行えるか試してみたいのですが、カタログをみても山のように種類があり、どれを選んでよいのかわかりません。 ELIZAについてモデル系といわれるような系があれば教えてください。 また、ELIZAのキットも様々な種類があり、よくわかりませんでした。 マイクロプレートではなく、自作の基板上でELIZAを行いたいのですが、抗原・抗体・酵素標識抗体が液体の試薬としてセットになっているようなものはあるのでしょうか。 曖昧な質問で恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

  • 間接蛍光抗体法の利点

    間接法が好まれる理由として ・二回抗原抗体反応を行うことで反応特異性があがる ・二次抗体の調製が安価ですむ といったことがあると聞いたのですが、 なぜ特異性があがるのでしょうか。一次抗体は他の余計な抗原とも結合してしまう可能性がありますが、その余計な抗原と結合した一次抗体にも標識二次抗体は結合してしまいますよね。それとも目的抗原に結合した一次抗体だけに選択的に結合させるということが可能なのでしょうか?もしそうならばどういう理屈でそういうことが可能なのかも教えてもらえるとありがたいです。 あとどうして二次抗体の方が簡単に用意できるのでしょうか。 理系の学部生です。よろしければ教えてください。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • negigi
  • ベストアンサー率60% (86/142)

(1) 抗原・抗体の探索は、このデータベースが有用です。     http://www.biocompare.com/   ページ上部にある検索窓のAntibodies、Biomoleculesでそれぞれ   抗体、抗原の探索が可能です。   例えば抗原であれば、ウシ由来のチログロブリンとして   シグマ T9145 チログロブリン ウシ甲状腺由来 が引っ掛かってきます   実際に使えるかどうかは、そちらで検討してください。   抗体についても同様です。 (2) T5405の特異性にウシチログロブリンがあるので、結合するとは思います。 (3) T5405はIg鎖:マウスIgG1と書いてあるように、抗マウスIgGを使えばよいです   in vitroでの実験のようですので、由来は特に問題にならないかと思いますが   ちょっと自信ないです。 宿主、由来については、モノクローナル抗体の作り方を調べれば、 だいたいは理解できると思いますよ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

negigiさん、回答ありがとうございます。 抗体を検索できるサイトはたくさん見つかったのですが biomolecularの検索ができるサイトが見当たらず困っていたので サイトを教えていただき本当に助かりました。 やはり、タンパク質単品で売っているんですね。 さっそく検索しT9145を確認しました。 もうひとつ教えていただけないでしょうか? >実際に使えるかどうかは、そちらで検討してください。 とありますが、 ・あたりはずれがあるので、実際に購入して試してみるしかない という意味でしょうか? それとも、 ・ウエブ上のスペックをさらに詳しく見れば相性がわかるという意味でしょうか? もし後者なら、すいませんがさらに教えていただけないでしょうか? よろしくおねがいします

関連するQ&A

  • 間接蛍光抗体法について

    初めて間接蛍光抗体法を行います。 一次抗体に、抗人モノクローナル抗体(免疫動物マウス)は50mg/200μLを購入しました。 二次抗体は、次の二つがあります。 抗マウスIgG(全分子)抗体, F(ab′)2フラグメント-FITC標識 ヤギ宿主抗体。 抗マウスIgG抗体(全分子)抗体–FITC標識 ヤギ宿主抗体。 1.製品の違いをお教ください。 2.一次抗体の液量からして、二次抗体はどの程度の量を購入すれば十分でしょうか。 ご教示よろしくお願いいたします。

  • ラットのみ認識の一次抗体

     蛍光抗体初心者ですので、宜しくお願いします。  現在ラットのみ認識するビオチン化抗her2抗体(マウス)を使用して、ビオチン-ストレプタビジン系で蛍光交代法を行っております。この一次抗体がなくなり、注文しようとしたところ、どこの会社も同様の抗体が生産中止になっていました。ratとhumanを両方認識する抗体はあります。またビオチン化されていない抗体はありました。  今後の方法として、ラットのみ認識の抗Her2抗体を1次交代として、ビオチン化二次抗体、そして蛍光標識ストレプタビジンという方法を考えてはいますが、他に何か方法はありますでしょうか?何でもかまいません。お知恵を貸してください。

  • 西洋わさびペルオキシダーゼって

    抗体や抗原の標識に使うペルオキシダーゼは、ほとんどが西洋わさび由来ですが、なぜ他の生物種由来のペルオキシダーゼは使われないのでしょうか?安定性が良かったり、非活性が高かったりするのでしょうか? もうひとつ、微生物を使った大量生産されてる例などは聞いたことがないのですが、西洋わさびからはそんなに効率よく取れるのでしょうか? どなたかご存知でしたら教えてください。

  • 【免疫組織化学】同じ一次抗体、組織について複数の検出法を用いましたが結果が統一されません

     はじめまして。  現在、私はマウス小腸の神経内分泌細胞に発現する【とある神経伝達物質(以後SやGと略)】を検出するべく、免疫組織化学的実験法(IHC)を複数種類検討しています。  そして、この実験中に問題が発生しました。  検体、一次抗体が同一であれば、どのような検出法を用いても染まり方は同じですよね??  しかし検体、一次抗体等の条件が統一されているのにも関わらず、染まる細胞数や染まる細胞の部位が統一されません。  検出法には、  (1)【Alexa488標識二次抗体を用いた蛍光抗体法】  (2)【SABC法を用いたCy3による蛍光抗体法】  (3)【LSAB法によるDAB染色】  をそれぞれ用いています。  一次抗体を添加しないといったようなネガティブコントロールを確認してみても、内因性ペルオキシダーゼやビオチンによる非特異的な染色は見られません。  私自身のIHCの技術獲得の為にも、それぞれの結果が統一できなければ、実験が先に進みません。  IHCにお詳しい方、どうか御知恵を拝借させて下さい。  どうかよろしくお願いいたします。  以下、備考 ・パラフィン切片 ・賦活化にマイクロウェーブ ・一次抗体の濃度は一定(濃度条件検討済)

  • ウエスタンブロットについて

    始めまして。 現在、ウエスタンブロットにより蛋白の検出を行っているのですが、うまくいきません。どなたかアドバイスをいただけませんか。。 human由来の抗体で、私のサンプルは違う動物種なのですが、抗原認識部位の相同性は97%でした。 内部標準の検出はうまくいくのですが、目的の蛋白の検出は何度条件を変えてやってみてもうまくいきません。 目的の分子量の部分には、非特異が多いのもあり、なかなかバンドが確認できません。しかし、一度だけ、非特異はあったものの発現量の比較も出来るほどのバンドが出たこともあります。 しかし、同じ条件で行ってもきれいなバンドはその一度だけしか見られていません。 非特異が多いので、二次抗体の希釈を変え、何度もやってみてはいるのですが、目的の蛋白は検出できていません。 現在、違う抗体を購入しようか検討中なのですが・・・。 まだ、同じ抗体でやってみる価値があるのかどうか、どなたかご助言いただけたらなと思います。よろしく願いいたします。

  • 免疫組織染色とDAPI について

     現在、核に局在すると推定しているタンパク質について免疫組織染色解析を行なっています。そこで、あわよくば細胞内局在まで見てやろうと思い、発色後の組織をDAPIで染色して観察しているのですが、どうも免疫染色のシグナルが強い切片ほどDAPIの蛍光が弱いのです。(DAPIは、ネガコンのpreabsorbedで最も良く染まり、次に抗体希釈条件によって免疫染色シグナルが弱いものが染まりやすいです。強く発色させたものでは、前二者で染まっていた細胞でも全くDAPI蛍光が観察できなかったりします。)  そこで、質問なのですが、核にあるタンパク質に結合した一次・二次抗体および標識タンパク質や発色物質によってDAPIの浸透が阻害されるようなことはありえるのでしょうか?  必要そうな諸条件を以下に書きます。 ・ブロッキング:10%(w/v) BlockAce, 10%(v/v)ヤギ正常血清 in PBS ・一次抗体希釈液:0.3% PBS-BSAまたはCan get signal solutionA(TOYOBO) ・二次抗体:ビオチン化抗ウサギIgGヤギ抗体 ・ABCキット:VECTASTAIN Elite ・発色試薬:DAB(Niは使用しない) ・DAPI染色:1 ug/mlで5 min(遮光) ・封入:余分なDAPI溶液を軽く除いてから、水溶性封入剤VectaMount AQ (VECTOR)、 ・遮光して乾燥後観察

  • 抗原抗体反応について…

    抗原抗体反応について、遺伝的に同じ系統の2匹のウサギで、片方の血清アルブミンをとり、もう1匹へ注射。15日後にその血液の血清を試験管にとって、注射したのと同じ血清アルブミンを加えるとどうなるか?なんですが、私は遺伝的に同じだと、そのアルブミンは抗原にならず、ウサギの免疫系は働かないと考え、試験管の沈殿は生じないと思いました。これは正しいですか?

  • 抗原抗体反応についてです

    B細胞が抗体産出される時、抗原提示細胞、及びヘルパーT細胞の働きってなんでしょう? 自分でも調べてみたのですが、どうもシックリこなくて・・・ 力を貸してください!

  • 抗原抗体反応が起きません

    はじめまして。32歳男性。今、一番不安なことを相談させてください。 慢性肝炎(B型肝炎のキャリア)です。20歳のときに判明しました。 その際に、医者に、20代で「抗原抗体反応」が起こらないとガンになって死ぬ・・・と言われたのがずっと気になって(町医者。いまは大学病院)。その後、勉強してB型肝炎からかならずしも肝臓ガンになるとはいえないとわかってはいるのですが。不安です。もう10年以上毎月通院しています。  現在ずっと安定していて、GOT 18 、GPT 24程度です。まったく正常ですよね。ずっとそんなです。でも、ウイルス量は「振り切れちゃうほど多い」らしいので、血液とかの処理は気をつけるよう言われます。 月1回病院に通い、採血、年数回エコーやCTしてます。肝生検もしました。 いやな安定だなー。ガッと悪くなって、抗原抗体反応が起きてくれれば、うつしにくくなるし。先日、肝臓に血腫が4つ見つかりました。それと、胆石(6mm)。そうやって、徐々に蝕んでいくのかな。健康なのに不安です。 そんな状態ですと、仕事をしていても不安なんですよね。 医学的なこと、身体の心配もあるのですが、生活についての心配がございます。いぜんは、助成金が出ていましたがそれもなくなり。 それから、両親がこの病気にまったく理解していなく、なんどもお願いしてやっと血検してくれてマイナスで「ほらあたしじゃないわよ、あんたが勝手になったんだから」と発言。病院にも1度も来ず。食事・食器も別に。食器では移らないし、予防接種してくださいとお願いしても拒否。思い出したくもないのですが、不仲になり家を出て断絶。だれに頼ることもできず。職場や友人にもビクビクします。月に1度以上、病院のため会社を休むし。また、抗原抗体反応や、肝臓の不調がいつ起きるかと怯えています。 ・抗原抗体反応って一気に起きますか?ちょっとおしっこの色がかわったりするだけで肝臓か?と思います。32歳で起きない場合、経過観察しインターフェロンなどの機会をうかがうくらいしかないのでしょうか ・親からも、行政からも見離され、会社や友人にも差別が怖くて隠し。誰に相談できますか。もし女性とお付き合いするときうまい説明は・・。 ・肝機能は正常ですが、肝臓にいい暮らしをしたほうがいいでしょうか?お酒はめったに飲みません。

  • 抗原に抗体がくっつく機構について

    B細胞が出す抗体は(例えば蛋白質を抗原として)抗原を構成しているアミノ酸の一次配列によって結合する場所が、核酸のように相補的にただ単純に決まるわけではなく、立体的なアミノ酸の位置による親和性でくっつく場所が決まるんですよね? だから一定の(ヌクレオチドやペプチド結合を持つアミノ酸の繋がりのような)決まりきった形を持つ物質だけでなく、いろいろな物質に結合することができるんですよね?どうもはっきりとこう言っている資料が見つからないので質問してみました。質問をするということは納得できてないからです。どうか誰か私を納得させてください。