締切済み

昨年7月セレクトセールで。

  • 暇なときにでも
  • 質問No.60230
  • 閲覧数43
  • ありがとう数9
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 40% (9/22)

例えば

サンデーサイレンス/フランクアーギュメント 牡 当歳
3億2000万

サンデーサイレンス/エアグルーヴ 牝 当歳
2億3000万

エルコンドルパサー 700万 不受胎時600万返還

こんな情報って役にたつでしょうか?
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 45% (32/70)

あのー、いったい何を質問したいのか判りかねますが。
ちなみに、このセレクトセールはたまたまグリーンチャンネルで生中継していたのを見ました。
お礼コメント
ika3

お礼率 40% (9/22)

そうなんですか。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-04-07 07:15:48

  • 回答No.2
レベル7

ベストアンサー率 37% (3/8)

確かに馬券としてだけの競馬という事で考えるとあまり意味のない情報ですね。ただ高馬を扱う厩舎サイドとしては最初から無理な使い方はしないでしょうね。連闘とか・・・。多くの普通の馬は、まず最初にダートの短距離を使ってレースを覚えさせ、それから徐々に適正を探っていくという方法が主流ですが質問にあった馬などはデビューから2000m芝を結構仕上げた状態で使ってきたりするわけです。目標がはっきりしているわけですね。(そうでない場合もありますよ)
そういった事まで考えると全く意味がないとも言えませんが高馬だからといって必ずしも走るとは限りませんから、あまり深く考えない方が良いでしょう。
セールの結果は「馬券」だけの競馬ファンにとって意味のないものかもしれませんが一競馬ファンとしては大変な意味があるのです。競馬300年の血の歴史は数々の淘汰を繰り返しながら現在にいたっています。そこには馬券とはかけ離れた所での生産者の努力があります。良血と良血の配合。そこには夢とロマンがあります。良血でなければロマンが無いのかということではなく良血ゆえの期待渦巻くロマンです。それは関係者ならずとも我々にも共有できるものではないでしょうか?種付け料については本質的には生産者に対する広告ですね。ただオグリキャップの時なんかは最初史上最高のシンジケートと騒がれ広告も多く載せられていましたが年を追うごとに種付け料は下がり今では広告はおろかシンジケートも解散し細々と種牡馬を続けているというありさまです。そのようなことを知る機会としてもこのような広告記事が紙面に載るということは嬉しい事ではないでしょうか?そういった惨状を知ることによって出馬表でオグリの子を見つけると、つい応援したくなったりします。馬券から離れたそういう一面も他のギャンブルとは違う競馬の面白さではないでしょうか?まあ、人それぞれだとは思いますが・・・(長くなってすみません。)
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


専門家があなたの悩みに回答!

ピックアップ

ページ先頭へ