• 締切済み
  • 暇なときにでも

大東亜戦争期における、大東亜共栄圏や八紘一宇という理念の裏には、日本が

大東亜戦争期における、大東亜共栄圏や八紘一宇という理念の裏には、日本がアジア諸国、特に満州、中国北部、そしてあわよくば中国全土を支配下に入れ、それを以てして同盟国のドイツとともに、東は日本、西はドイツが手に入れ、日本としてはその東洋諸国に無限に続く天皇の系譜を知らしめ、全世界にも天皇の権威を示す、という意図があると立花隆氏が文芸春秋かなにかで書いていたのを記憶しているのですが、当時の日本、といってもおそらく陸軍でしょうが、は本当にそんなことを考えていたのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数530
  • ありがとう数16

みんなの回答

  • 回答No.5

そんな大げさなことは考えていなかったでしょう。 帝国陸軍は、満州を日本の生命線と考え、満州事変を起こし、満州国を成立させた。その時の理念が、王道楽土、五族協和。石原莞爾は、この理想を追求すべき、と考えていた。彼に共鳴する軍人は多かったと思う。 日本の勢力拡大で、既得権益を侵されるのを恐れた欧米列強は、蒋介石を操り、執拗に挑発を繰り返した。国際連盟でも日本はいじめられる。帝国陸軍は、強力な一撃を加えれば、蒋介石など直ぐに降参するだろうと、シナ事変に突入したが、欧米の支援を受ける蒋介石はしぶとかった。泥沼の日中戦争になってしまい戦死傷者も膨大な数字となる。帝国陸軍は引くに引けなくなった。 こんなとき、ドイツがオランダ、フランスを占領し、イギリスを攻撃し始めた。ドイツの必勝を信じた日本は三国同盟を結び、本国が親独政権となった仏印北部に進駐する。翌年には蘭印の資源確保を狙い、南部仏印に進駐する。もう米英との戦争は避けられなくなる。この時の陸軍大臣が東条英機。 北部仏印進駐に先立ち、近衛内閣は、大東亜共栄圏、八紘一宇のスローガンを打ち出した。秀才軍人官僚である東條大臣は、こんなスローガンは一般国民向けの宣伝文句にすぎないと割切り、実務的に国益拡大、資源確保、日米決戦を怜悧に計算していたと思われる。 しかし、この理想追求を心から信じた軍人兵士は、多数いたと思う。彼らが、戦後にインドネシアやベトナムの独立戦争に参加したのだと思う。 欧米列強が好き勝手放題の当時のアジアにおいて、王道楽土、五族協和、大東亜共栄圏、八紘一宇の理念は、当時、アジアの先進民族であるとの自負を持った日本人にとっては、決して好戦的ではなく、平和なアジアを願う正義の理念であったと思う。 実務的官僚たちも、この理念に沿って、日本の国益を最大化できると考えていた。つまり、アジアにおける欧米列強の覇道的植民地主義を、日本の王道的植民地主義で駆逐すべき、と考えていた。第二次大戦前は、帝国主義・植民地主義の時代であり、列強間の戦争は、植民地争奪戦であり、第二次大戦後に定義される侵略戦争ではない。 日中戦争も、その本質は、蒋介石を傀儡とする、主にアメリカと、日本の間で戦われた、シナおよび満州の権益をめぐる争奪戦である。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 大東亜共栄圏

    日本はなぜ、大東亜共栄圏などという構想を立てたのでしょうか。 当時は、日本がそれほどアジアを支配できる見込みがあったからなのでしょうか?

  • 大東亜共栄圏・・・

    大東亜共栄圏での、日本の東南アジア占領のようすはどのようなものだったのでしょうか??

  • 白人と戦う手本を見せた日本の大東亜戦争について

    大東亜戦争について疑問に感じた事があります。 「大東亜戦争は日本人が白人と戦う手本を見せ、戦後アジア各地の植民地は独立し、その戦争理念を達成し本当の意味で勝利したのは日本だ。」と言う見方をする人がいます。 私も概ね同意見です。 しかし疑問に思ったのですが同じ有色人種の中国人とも戦争してましたよね。 厳密には中国共産党と国民党の連合軍と。 八紘一宇の戦争理念と矛盾してると思うのですがどうなんでしょうか? 尚、大東亜戦について否定的な見解を持ってる方のレスは荒れる原因になりそうなのでご遠慮下さい。 私の祖父が中国戦線に行った事もあり自分の中で気持ちの整理が付かないと言うかモヤモヤがあります。 よろしくお願いします。

  • 回答No.4

中には本気でドイツと世界を二分すると考えていた人もいたかも知れませんが、極一部だと思います 大東亜共栄圏や八紘一宇という概念自体が後付けの建前です。本音は植民地の確保、エネルギー問題の解決、ですよ。天皇もそれに利用されたのです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • debukuro
  • ベストアンサー率19% (3635/18948)

江戸末期に中国に足場を築いて兵力を盾にした欧米に開国を迫られ植民地化されました この経験から日本周辺のアジア地域は日本が支配しないと日本の平和はあり得ないと考えたことが大東亜共栄圏構想の基礎にあるのです 天皇云々はそういう考えを国民に植え付けるための口実だと思います

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

それは恐らく「田中上奏文」や「東方会議」を論拠にしていると思われます。 (これらの詳細はWikiなどで調べてください。) ですが、東京裁判においても検察側がこれらを証拠に日本政府が中国大陸や東南アジアへの侵略意図を持っていたことを立証し糾弾ようと試みましたが、結局、田中上奏文は偽書であることが判明し、また東方会議もそういった主旨の会議ではなかったことが明らかとなっています。結果として、日本政府には侵略意図は無く、日中戦争は偶発的に発生したということが逆に立証される結果となっております。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • tanuki4u
  • ベストアンサー率33% (2764/8360)

少なくとも石原莞爾は、最終的に日本とアメリカが東洋的価値観と西洋的価値観で雌雄を決する、そのためには、満州を抑えないとならないとしています。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%80%E7%B5%82%E6%88%A6%E4%BA%89%E8%AB%96

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 大東亜共栄圏、なぜ中国と非共闘?

    戦前、大東亜共栄圏の為に、日本は何故に中国と共闘しなかったのですか?

  • TPPは大東亜共栄圏みたいなもの?

    TPPというのは、かつて夢見た大東亜共栄圏みたいなものを 日本が手に入れたと考えてよいのでしょうか?

  • 大東亜共栄圏万歳、習近平万歳

      かつて日本が構築しようと夢見て果たせなかった大東亜共栄圏を、いま習近平は現実のものとして実現しようとしているに違いない。 そのためにAIIBも立ち上げたのではないか。 大東亜共栄圏万歳、習近平万歳。 日本もアジアの一員として習近平にエールを送るべきではないでしょうか。  

  • 大東亜共栄圏(八紘一宇)は正義の理念

    日中戦争から太平洋戦争にかけての背景を勉強しています。下記の文章を作りましたが、間違いなど有りましたら、ご指摘、ご指導いただきたく、宜しくお願いします。 20世紀初頭、欧米列強(英仏蘭露米)の植民地支配は、アジアを含む全世界に及び、その支配体制は覇道的(恐怖体制)で、ひどい人種差別に根ざしていた。例えば、黄色人種は、猿なみの劣等であり、優等な白人種による支配は、必要かつ正当である。 シナを含むアジア全域は、列強の過酷な支配下にあり、日本が交易を求めても入り込む隙間も無い。民衆は虐げられ家畜以下の扱いであった。やがて、孫文の三民主義や大アジア主義を初めとして、民衆の中に、アジアの解放や祖国の独立を願う運動が、主に日本を足がかりにして広がっていった。 世界恐慌に翻弄されていた日本は、列強の植民地体制を打破し、アジアを解放する以外、帝国としての存立が困難であった。この日本の戦略は、列強からの民族解放と祖国独立を熱望するアジアの指導者たちの戦略と、利害が一致した。このような状況を背景に、大東亜共栄圏(八紘一宇)の理念が、日本、シナ及びアジア各地域の正義を目指す指導者たちの間に形成されていった。 日本は、大東亜共栄圏のモデルとして満州帝国を立ち上げたが、列強の干渉や妨害がひどく、シナでの日本の利権侵害や居留民虐殺などのテロも頻発するようになった。列強の傀儡に堕して挑発を繰返す蒋介石やその手先となりテロを行う共産党を懲らしめるため、日中戦争が始まった。 蒋介石や共産党は、民衆のためと言いつつ、民衆を戦争の楯に利用し、彼らを虫ケラのように犠牲にしてきた。日本は、このような列強の手先である蒋介石と共産党を打倒し、満州帝国の安定存立と、過酷な植民地支配からのシナ民衆の解放を、目指した。 しかしながら、大東亜共栄圏(八紘一宇)の理念は正しかったが、この理念を実践する大日本帝国陸軍がお粗末だった。理念的に、日中戦争の目的は、列強の傀儡である蒋介石と共産党を打倒し、満州帝国を安定存立させると共に、シナ民衆を列強の植民地支配から解放することであった。この大義を、帝国陸軍はその組織内部に十分に浸透させることを怠った。 日中戦争・太平洋戦争を主導した統制派軍人エリートには、惻隠の情を持ち弱者を庇う武士道精神が欠如していた。更には、日本人一般に、シナ人・アジア人蔑視の考えがあったこと、これに初年兵を陰湿に殴り苛める内務班的な陰険体質が加わり、占領地の民衆は牛馬のごとく扱われた。「なんだ、これでは列強の支配下より悪いじゃないか」 兵士や民衆の命を紙切れのように見なす精神主義、統制派的エリート主義、現地調達主義など。これらの主義に犯された無能で危険な参謀たちに、兵士の命や占領地民衆の貧しい生活などは、ほとんど無視された。ましてや、国際世論などは、全く配慮できない。宋美齢やコミンテルンによる国際世論の操作・工作に一方的に利用されるだけだった。 このような帝国陸軍の組織体質は、いくら反省しても反省仕切れない。なぜなら、未だ現代日本の公的組織や民間会社組織にすら、これが色濃く残っているからだ。 しかし、いくら戦争に負けたからと言って、「正義の理念」までも否定してはいけない。 大東亜共栄圏(八紘一宇)は正義の理念だった。1930年頃以降、日本が、この理念を高く掲げ、その実現に邁進したことを、今の日本人は、誇りに思うべきである。 余談だが、汪兆銘を、日本の傀儡・売国奴と評価するのは間違いである。無節操に共産党と合作し、民衆を戦争の楯に利用し続け、列強の手先と成り下がった蒋介石とは、汪兆銘は決別せざるを得なかった。そして、列強からの真のシナ独立と民衆解放を目指し、日本と柔軟かつしたたかに交渉を重ね、1940年、南京国民政府を樹立した。彼こそ真の愛国者である。この正しい評価を今の中国共産党は聞く耳を持たないだろう。しかし、日本は、少なくとも台湾に対しては、正しい評価をするよう働きかける義務が有る。

  • もし大東亜共栄圏が続いていたら世界は…?

    教科書にのっている歴史の意味ではなく、 もっと客観的な歴史を深くご存知の方にだけ、うかがいたく願います。 歴史にもしは禁物なのでしょうけれど、 もし、大東亜共栄圏が今日まで続いていたら 世界はどんな情勢になってしまっていたと思いますか? 日本は、アジアはどんな風になっていたと思えますか? ただ一言でも、当時の各国の情勢を含めた長文でも構いません。 ご想像をお聞かせ頂けますと、幸いです。

  • 大東亜戦争について

    いつもお世話様です。 戦後、62年が経ち日本が列強と戦争していた大事な事実をあまり思い出すことなく暮らしております。 学校では大した歴史は教えてもらえず、自分なりにいろいろ勉強しました。 勉強する前は「あんな大国と戦争して日本は勝てると思てたんやろか」なんて漠然と考えていました。 ハルノートを突きつけられ、生きるか死ぬかの選択であったと理解していますが、ここで疑問が生じます。 大東亜共栄圏の大義名分の下、列強による植民地支配から逃れるために日本は立ち上がります。結果、アジア諸国の独立に繋がったとも考えます。  ですが、敗戦後アメリカは親切でした。GHQは日本を復興させます。  勿論、日本人の努力・朝鮮戦争の恩恵もありますが。 私はよく友人などに「明治維新が少しでも遅れていたらロシアの植民地になっていたんちゃう?」なんて話しますが・・もし、日本がハルノートを突きつけられた時、和平を選択していたら日本の運命はどうなっていたのでしょうか? 実際は大東亜戦争を戦ったのですから考え得る想像になりますが・・どうかご意見お聞かせ下さい!よろしくお願いします。

  • 侵略じゃないという人は大東亜共栄圏をくちにするけど、これについて質問です・・・

    無知な質問ですみませんが、教えてください。 よくTVで議論される「日本は侵略国家じゃなかった」とか「侵略国家だった」というのがあります。侵略国家じゃなかったというひとたちに対して、じゃあ満州?南京?はなんだったんだよ!と 話をぶつけると、きまって 大東亜共栄圏というのがあってー、・・・・ というのをみるんですが、大東亜共栄圏って、チャンドラボースたちと日本やタイ?アジアの代表者たちと会議して、ヨーロッパからの解放を協力し合おう、アジアからヨーロッパやアメリカを追い出そうという目的ですよね? だったらやっぱり侵略じゃないの・・・?と疑問をもちました。 大東亜会議に中国も参加してますが、満州や南京のことがあったのになんで参加したんですか?侵略された側ならそんなの参加しないのでわないのですか? ネットなどみて調べてみたのですが、いまいちわかりません。無知な質問すみませんが分かりやすい言葉で説明してくださる方教えてください サイトなどで教えてくださる方、wikipediaなどはみたのでそれ以外でお願いします。

  • ●もしも大東亜戦争が起きなかったら?

    ・本当は、中国や朝鮮半島の方々の声も聞きたいのですが、、  もしも日本が大東亜戦争を起こさなかったら、中国、朝鮮半島、そして東南アジア諸国は、現在どうなっていたのでしょうかねぇ?  あくまで『もしも、、ならば、、』の架空の論議ですけどねぇ、、現実を変える事はできないからねぇ、、。

  • 大東亜戦争でアメリカと戦わないことはできたでしょうか?

    ルーズベルトは日本と戦争したかったので、ハルノートなどで日本を挑発して日本から開戦させたという話がありますよね。実際に当時の議会は戦争反対で、ヨーロッパでイギリス、フランスが痛めつけられていてもアメリカから開戦していません。 それなら日本がイギリス、オランダ、中国とだけ戦っていれば、アメリカから開戦できなかったのではないかという気がします。ルーズベルトがどんなに開戦したくても議会に反対されたらできないと思うので、状況を見ながら必要ならロビー活動などをしながらアメリカを敵にしないように注意していればよかったのではないかと思うのですが。 イギリス、オランダ、中国相手なら実際に日本は勝っていますから、シンガポールが落ちた所で有利な講和に持ち込めると思っているんですがどうなんでしょうか? それで蒋介石援助のルートを遮断してしまえば、中国との戦争も時間の問題となり、大東亜共栄圏ができて日本が盟主になれたと思うんですが。

  • 日本が大東亜共栄圏を成功させることはできたでしょうか?

    日本が大東亜共栄圏を成功させることはできたでしょうか? 大東亜戦争完敗の呪縛から逃れられず いまだに65年前の負い目をウジウジと 引きずり、なんでもアメリカ様の お伺いをたて、全く自主性のない 外交を日本は一貫して進めています。 中国は今回アフリカ征服がひと段落 ついたので、南沙諸島を強奪するのに 成功したことと、小沢の朝貢外交と 鳩山の琉球政策の失敗に漬け込み 日帝とアメ公の仲間意識を確認するのと 隙があれば一気に種子島まで強奪せんと 企んで挑発行為に出てきました。 ちょっと功をあせりすぎて中共は自滅し、 自国の非道ぶりが却って 世界中に喧伝される形となりました。 また中共の挑発行為に南朝鮮 ロシアも火事場泥棒をしに協調し 南朝鮮は竹島と対馬を ロシアは南樺太、千島列島、北海道を 一挙にその手におさめようとしています。 あまりにも色々な事がしかも よくないことばかりたてつづけに おきたために政権担当経験の浅い 民主党政権はいいように振り回されています。 民主党政権だけでなく 自民党の長期政権も 竹島の実効支配を強制排除せず放置 南樺太、千島列島の不法占拠を黙認と 情けない姿ばかり晒しています。 これではまるで清朝後期の様相と いえなくないでしょうか? アヘン戦争のショックで唯々諾々と 不平等条約を結び、次々要求される 欧米列強の注文にひたすら応じて 最後は自国の官僚たちからも 見捨てられたあの清と同じです。 日本人も政党政治に不信を抱き 官僚支配にも不満を持つ人が かなりの数増えてきました。 いつどこで爆発するかわかりません。 こんな日本に誰がした といわれればいつまでも 絶対謝罪主義、絶対屈服迎合主義を 貫き通すことで経済発展を成功させた 自民党ということになるでしょう。 日本が大東亜戦争で大敗し 完敗したが故に、今の情けない 日本になってしまいました。 日本が真の意味で大東亜共栄圏を 成功させることはあの時代では 無理だったのでしょうか? また万分の1の確率でも成功するとしたら、 どういう対策をとっていれば 成功したでしょうか? 歴史にIFはありませんが 仮定を建てることで未来の 失敗を未然にふせげるのでは ないかと思い質問させて頂きました。 忌憚のないご意見お聞かせ願います。