• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

新たにクレジットカードを作成するために。

  • 質問No.6018875
  • 閲覧数81
  • ありがとう数17
  • 気になる数1
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 32% (197/611)

新たにクレジットカードを作成するために。

新たにクレジットカードを作成しようと思い、
「カード枚数が多いと、与信枠が無くなり審査に落ちる」ということを聞いたことがあるので、
現在所有しているクレジットカード(計3枚)の整理を行いました。

1.利用可能額100万のカードを、50万へ減額(昨日コールセンターへ連絡して依頼)

2.利用可能額10万のカードを解約。(1か月ほど前に実施)


この解約・減額した情報というのはすぐに各クレジット会社へ公開(?)されるのでしょうか?
それとも、新たにカードを申し込むのは少し待った方が良いのでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 43% (7609/17468)

>「カード枚数が多いと、与信枠が無くなり審査に落ちる」ということを聞いたことがあるので、

間違っています。

与信枠が無くなるのは「返済してない残高が多い場合」です。

今年から始まった総量規制により「各社で返済残高データを共有」するようになりました。

>現在所有しているクレジットカード(計3枚)の整理を行いました。

無駄、と言うか、勿体無いです。

総量規制により「1社からキャッシングできる上限」が低くなっている現状で、使えるカードの枚数を減らすのは「イザと言う時の備えを減らすのと一緒」です。

ご参考。
http://www.shinsa-creditcard.com/gyoukai/yoshin.html

>この解約・減額した情報というのはすぐに各クレジット会社へ公開(?)されるのでしょうか?

「各社が独自に設定した与信枠」は他社には一切公開されません。貴重な個人情報ですから、各信販会社は情報を他社に漏らしたりはしません。

専用ネットワーク(FINEとCRIN)を用いて各社で共有している情報は、以下の通りです。

・氏名(カタカナ)
・生年月日
・返済残高(キャッシング分のみ。ショッピング分は含まない)
・事故情報(延滞の有無など)
・同姓同名の情報(銀行が使用)

で、総量規制によりチェックされるのは「返済残高」です。

例えば、年会費無料のカードを10枚持っていて「ショッピングしか利用していないなら、毎月の返済残高は、ほぼゼロ」なので、与信枠に影響を与えません。

そして
>1.利用可能額100万のカードを、50万へ減額(昨日コールセンターへ連絡して依頼)
これは「ただ単に利用限度額が減っただけで、その情報はどこにも出ないし、他社の与信に影響しない」ので完全に無駄。

>2.利用可能額10万のカードを解約。(1か月ほど前に実施)
これも「ただ単に使えるカードが減っただけで、その情報はどこにも出ないし、他社の与信に影響しない」ので完全に無駄。

「与信枠を確保する唯一の方法」は「カード会社のキャッシングや消費者金融の残債をキレイにして借金を消す」のみです。

カードを解約したり限度額を引き下げるのは、何の意味もありません(解約に意味があるとすれば「使ってないカードの年会費を無駄に払わなくて済む」くらい)

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 22% (1067/4682)

カードの解約と新規作成になんの関係もありません。
お好きなときにカード新規作成してください。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 18% (365/2026)

最初の方も書かれていますがカードの解約は全く意味がありません。
借金の返済、月払い案件をゼロにする。全て一括払いにするほうが何よりも優先です。
私はクレジットカードを20枚以上持っています。(申し込み数は30以上、その後解約いろいろ)
銀行のキャッシュカードを入れると40枚に少し足りない数でカードだらけですが、
何も気にしていません。
都市伝説を信用せぬ様。
年会費がタダなら持っていて絶対に損はありません。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ