• 締切済み
  • 困ってます

途中入社の社員の給与の計算方法について

途中入社した社員の給与の計算方法について教えて下さい。 例えば、20日に入社した場合、計算式は 1.月給÷30×10 2.月給÷30×(10-土日) 3.月給÷30×10×0.8(値は、適当) これらの式が、考えられますが、世間一般の会社では、 どういう風に計算しているのでしょうか?

noname#2178
noname#2178

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数8235
  • ありがとう数9

みんなの回答

  • 回答No.2
  • yosikun
  • ベストアンサー率43% (235/542)

途中入社の賃金については、各会社に定める就業規則の賃金に関する規定によりますが・・・ (1)暦日による方法(2)所定労働日による方法(3)月平均の所定労働日による方法の三つの方法が考えられます。 (1)暦日による方法        勤務した暦日数   月給× -----------------        入社月の暦日数 (2)所定労働日による方法        勤務した所定労働日数   月給× ------------------------        入社月の所定労働日数 (3)月平均の所定労働日         勤務した所定労働日数   月給× ------------------------------        1年間の月平均所定労働日数 いずれの方法にするかは任意ですが、就業規則(給与規程)に定めておくことが必要でしょう。 また、日割計算をする場合、賃金の範囲(家族手当などについての取扱方法)についても定めておくことが必要です。給与計算期間の一部しか勤務しない場合に、諸手当を全額支給するのか、それとも諸手当についても日割計算をするのかということを明確にしておく必要があるというこ とです。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 途中入社の方の給与について

    うちの会社の締め日は、20日締め日の月末支払いなのですが。 今回の給与で、2/17に入社された方の場合。 1月21日から2月16日までに不就労が26日17日から20日までで、労働日数が4日分になる計算で行っていますが、月給が275000円で不就労が238342円、支払い額が36658円と言う計算になりましたが これで良いのかどうかと言う問題と? もう1人のケースの場合 2/1入社で、同じように1月21日から31日までの不就労が11日、2月1日から20日までで労働日数が13日それ以外は、この方の休日も含んでありますがお休みが7日あったのは別物として。 月給255000円で、不就労93500円、支払い額が161500円でした。 日数は、11日+13日で24日です。この方のお休みも これで計算内容は正しいでしょうか? このような場合の給与計算方法を詳しく教えてもらいたいのですが。 よろしくお願いします。

  • 給与の日割り計算の方法と最低賃金について

    先月の中旬から今の会社に入社し、今月にその給与が入るのですが 月の途中からの入社のため、日割り計算して給与が支払われるとのことで その計算方法が 月給÷31日(暦)×実働日数(私の会社は土日祝がお休みです)とのことで 月給を就労日数で割って、それに実働日数かけるのが普通じゃないのか?と不満に思いつつ、色々調べてみましたが、会社がそういう風な規定なら問題ないとのことで、そういうものかと一時は思ったのですが 同じ会社の人が、欠勤をした際は、月給を就労日数で割った方の金額が引かれていたと聞きました。 こういった2種類の日割り計算の方法を使うのって法律的にokなのでしょうか? あと、月給÷31日(暦)×実働日数で計算した場合の給与を時給換算すると私の都道府県の最低賃金以下なのですが、これも法律的に許されるのでしょうか? ちなみに、試用期間はありません、労働時間は9時ー18時です。 また、うちの会社は零細企業で就労規則というようなかっちりしたものはなさそうです・・・

  • 入社時によって残業時間の計算方法が違うのは合法ですか?

    個々の入社時の契約によって残業時間の計算方法が違うのは認められますか? 2ヶ月前に新入社員の残業時間管理を任されることになり、残業単価を確認したところ年俸(月給X12ヶ月+5ヶ月(ボーナス))をベースに計算されていました。 ところが入社7年目の社員2名の残業単価は月給X12ヶ月で計算されておりボーナスとして支給される5ヶ月分は含まれておりません。 上司に聞いた所、本社(海外)などに確認し色々調査してくれたのですが入社時の契約が基本になっているので仕方がない結論でした。 但し来年からは全員年俸制にするので新入社員と同様の計算になると説明されました。社員10名以下の会社なので就業規則はなく、入社時の契約書に残業の計算方法が明記されております。 月給によっては新入社員の方が残業単価が多く支払われる事になり納得出来ないのですが、せめて気がついた時期(2ヶ月前)からの差額分を請求する事は出来ないのでしょうか?

  • 回答No.1
  • eddy
  • ベストアンサー率23% (123/534)

会社によって、給料の締め日が違うので、「20日」というのは、ようするに10日働いたとここでは解釈します。 月給というのは、基本給と各種手当て、交通費(これも、企業では様々です)等をひっくるめた総称です。 これで考えると、10日働いたのですから 基本給÷30(日)×10(日) で算出できると思います。 交通費が含まれるときは、 実費×10(日) が加算されます。 手当等は、日割りできるものではないので、普通に加算されると思いますが…。 でも、これは一般論で、各企業によっていろいろ状況がありますので、あなたの会社の経理に、直接相談した方がよいと思います。

参考URL:
せっかく働いたんだから、正当にもらおう!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 中途社員の給与計算方法

    いつもお世話になっております。 2/1から新規で従業員を雇用致しました、。 法人事業ですが、いままで夫婦二人でやっておりましたので、社内規程などは今のところございません。 労働保険の手続き等も終わったのですが、当社給与20日締めの当月25日払いの形態をとっております。 従業員の給与ですが、今月13日間出勤(土日祝休み)しておりますが、日割り計算せずに一ヶ月分の給与を出しても構わないのでしょうか? 出来れば1ヶ月分の給与をだしてあげたいと思っております。 規定はないですが、規程によるのでしょうか?(今後作成した場合) もし、日割り計算しないといけない場合はどのような計算方法によって出したら良いのか教えていただければ助かります。 それと、労働保険料は概算での金額(2月~3月分)は労働局で計算してもらってこれから収めるのですが、今月の給与から雇用保険料も差し引いてよいのでしょうか?? 社会保険は来月から差し引きます。 どうぞ、よろしくお願いいたします。

  • 給与の支払について

    4/1起業したばかりです。 すべての社員が4/1付け雇用です。 基本給200000です。 求人票には月給と記載されてました。 賃金の計算期間は、当月1日から末日までを一か月として締め切って計算する。 末日締、翌20日支払いが→20日締、末払いに初給料をもらう前に改訂になりました 初給料は4/1日~4/20日勤務ですが(土日休み)で満額出ました。 20日締なら日割ではないのでしょうか? ちらっと確認したら、翌年3月で調整するといわれました。 どういうことなんでしょうか? 初給与は4/21~4/末日の給与は前倒しでもらっているということなんでしょうか? 翌年3月給与で3月21~末日の給与はないよということなんでしょうか? よろしくお願いします

  • 欠勤ありの給与計算について

    欠勤ありの給与計算について いつもお世話になっています。私は4月の半ばから緊急入院したのですが、その結果の給与計算をどうしたものか悩んでいます。小さな会社なので、ある程度こちらから方針を提示しないと後からもめそうなので・・・。社則では欠勤時の減給の記載がなく、1ヶ月欠勤が続くと休職になり、そのときは無給とのことです。また、社員は月給制との記述があります。以上から私の会社は日給・月給制ではなく月給制なのかと判断しています。ところが会社からは日数分でといわれています。ただ、うちの会社は残業の規定があっても残業代をださないし、日給制度で厚生年金に加入している同僚(要は社員扱い)もいるので、あまり就業規則はあてにできません。また、ノーワークノーペイでいいとおもうし、基本的に満額でないのは納得しています。ただ、私の会社は公休を自分で好きなときにとれる制度をとっていて、偶然土曜日に公休をとっていてその日に発症しました。ただ、それを欠勤にするのはかまわないといわれています。そうすると、給与計算方法によってどちらが得か話がちがってきます。 Aプラン 月給÷所定勤務日×(所定勤務日-欠勤)であれば公休にしない方が得だし、Bプラン 月給÷30×(出勤日+公休)なら公休にした方が得です。また、後者であれば欠勤期間の間の日曜日(決められた公休日)も給与計算にいれていいのかなあ、と。(疾病手当の記入例がBプランで欠勤期間中の公休分もでていたので) 今後も入院があるのであまりもめたくはないので、法的に正しいもしくは主張してみてもいいとかあれば教えてください。よろしくお願いします。

  • 月の途中退職での給与の計算方法

    (不当解雇で)即日解雇になったんですが未払い分の給与の計算がわかりません。(今まで、毎月同じ月給でした。) (1)給与は毎月25日締めの30日払いです。 (2)12月25日が最終給与締め切りで26日から翌年1月11日までの給与について(12日の朝に即日解雇) (3)実際の勤務は9日ほどで他の日については正月休みや日曜等で公休日であった。   計算方法として少し調べたのですが、 (1)年間勤務日数(暦での1年の日数-年間休日数)を12ヶ月で割って、 (2)月給をその日にちで割ったものが1日当たりの給与になるので、 (3)実際の勤務日数(9日)*1日当たりの給与=未払い分の支払われる給与  となるそうです。   しかしそれなら年末年始で休日が多い月は、計算すると月給手取りが減りますよね?   (月給ではそういう計算では無いはずですが。。。) 月給算定するのに日数が足らず日割り計算の時だけはそうするのでしょうか? 納得できません。   私は計算上は約半月分の給与があると思うのですが。 (12月26日~1月25日=31日で、 毎月の月給/31日*17日(=社員であった期間)=支払われる給与  おかしいのでしょうか?     尚、解雇予告手当てとは別にです。

  • 入社してからでも給与交渉は可能??

    転職入社して1週間ほどですが、給与に関してご相談させていただきます。 経験四年目の26歳です。 給与交渉時に前職の昇給する前の月給(誤って2万円ほど少ない23才時点での給与)を言ってしまいました。。。ほんとに馬鹿なんですが。。 そしてその金額から2万アップで結局前職と同じ月給になってしまいました(会社側は増やしてると思っています)。減るよりいいかと思って同意しましたが、入ってみると未経験の方でも同じ給与でした。 こんな場合、給与交渉ってできますか?今月からというわけでなく4月が昇給月らしいのでその前に言ってみるだけ言ってもよいのでしょうか。。

  • すぐ退職した社員の給与計算について。

    すぐ退職した社員の給与計算について。 契約社員として入社後、社会保険の手続きをする前に退職してしまいました。 在籍した2日分の給与を支払うのですが 健康保険、厚生年金は控除せず、所得税は控除するのですが 雇用保険は控除するのでしょうか? 雇用保険の資格取得届はしていません。 よろしくお願いします。

  • 震災による派遣社員の給与保証

    派遣社員として勤務しています。 先日の震災で仕事が休みになり自宅待機、派遣会社からは6割保証されて過去3ヵ月の給与の日当の平均を出すから残業をたくさんした人はしてない人より金額が多いとの事でした。 以上の話しを聞けば、日当1万で仕事してれば6割の6千円に少し残業あるから少しプラスかな?と考えるのが普通ですよね!? それがいざ明細見ると6千円どころかかなり少ないんです。 自分なりに計算すると、過去3ヵ月の総支給額の給与を足して3ヵ月の総日数(休みの土日含む)で割った日当の6割を震災で休みになった日数(休みの土日は含まない)の手当ての明細になってました。 これっておかしくないですか? 総日数で割るなら土日も含む手当ても貰えるはずでは? 月給ならわかりますが、派遣社員って日当だからこの計算ではおかしいはずですよね? あと、残業やった人は他より多いと聞いていたのですが、交通費も含んでるから交通費で違う人は2万も差があります。 となると、残業なんか関係ない計算方式になってしまいます。 会社にきちんとした計算方式を教えて欲しいといいましたが教えて貰ってません。 ちなみに勤務先会社から派遣会社へは9割保証されてて日当18000円出てます。 以上を踏まえて法的におかしい事はありますか?もしあるならどちらの期間に問い合わせればいいでしょうか?

  • 退職時の給与に関して

    現在年俸制の会社に所属しているのですが、今月27日付けで退職することになりました。 そこで質問なのですが、経理に確認をしたところ、 通常月の給与は単純に年俸÷12の金額を支払っているが、退職時・無給の欠勤のあった月・及び正社員契約を結んだその月の月給は年俸÷その年の土日祝祭日を抜いた日数(今年は248で計算しているとのこと)×その月の土日祭日を除いた実稼働日数で計算すると契約上謡われているといわれたのですが、その計算で行うと、月稼動は通常通りでていたのに、その月の給与が通常支払われている給与より8万近く低くなってしまいます。そこで会社に詳細な説明を求めたのですが、あくまでそういった規約で給与計算を行っているので、仕方が無いと言われてしまいました。 これは会社に対しては抗議はまったく出来ないのでしょうか?1万・2万の給与の差額であれば仕方ないか・とも思いますが、7・8万となると額が額なので、どうにかしたいと思っています。

  • 月給制の人の日割り給与

    月給20万円の人が、月の途中から入社し、5日だけ働いた場合、その月の賃金計算はどうなりますか? 会社規定の休日は「土日祝日」です。 その月の日数が31日まであり、平日は20日だった場合、 20万円÷31日×5日分(-所得税等)ですか? それとも、 20万円÷20日×5日分(-所得税等)ですか?

  • 給与の計算の仕方

    10月に新しい会社へ転職しまして、給与明細が届いたのですが、見てビックリ! 基本給・各種手当全てが労働契約者で交わしたものと違っていたのです。 給与の計算の仕方について、私が思い違いしてるところがあるのでしょうか? アドバイスを頂けたらと思います。 ●今年10月に入社(10/1,2は土日で休日だったため、10/3付の入社扱い) ●無遅刻・無欠勤のフル出勤 ●給与の締日は月末日締め。 給与明細の疑問点 (1)「所定日数22日/出勤日数21日」と記載されている …つまり1日欠勤扱いになっているのでしょうか?無遅刻・無欠勤で他の社員と同じだけ出勤してるのですが…。今も会社のカレンダーを確認したのですが10月の出勤日はやはり21日しかありませんでした。 (2)皆勤手当が一切支給されていない …上記と件と関係してくるためかもしれません。しかし例え仮に上記のように1日の欠勤ならば皆勤手当は減額はされるが支給されると契約書に記載されていますので、全く無いというものおかしいですよね。 (3)基本給が減額されている …これも上記の欠勤扱いと関係してくるのでしょうか。欠勤して↑のような皆勤手当が削られる…といううは頷ける話ですが、月給制の会社で欠勤したからといってベースとなる基本給(固定給)が変動するものなのでしょうか? またその減額された額も中途半端な額で何を元にしているのかが分かりません。 (4)各種手当が減額されている …これも↑と全く同じ状態です。特に扶養手当などが減額されることがあるのでしょうか? (5)残業手当の額が違う …1時間当たりの残業手当の額が契約書の額と全く違っていました。 つまりは何一つ契約書に書かれた条件と給与明細で合致しているものが無い状態です。 単に会社側の間違いなのでしょうか? それても私がなにかしら勘違いしてる箇所があるのでしょうか?