• ベストアンサー
  • 困ってます

建築に詳しい方、ゴキブリ対策に詳しい方に質問、床下の空間と外壁と内壁の

建築に詳しい方、ゴキブリ対策に詳しい方に質問、床下の空間と外壁と内壁の間の空間は繋がっているものなんでしょうか? ゴキブリの進入経路を特定したいのです。おねがいします。 床下の空間と外壁と内壁の間の空間は繋がっているものなんでしょうか?一般的な話での回答でも結構なのでどうぞ宜しくお願いいたします。木造2階建ての一戸建てです。 我が家のエアコンホースと内壁の接続部には透き間があります。ちなみに外壁との接続部にはありません。 そこで私はこれが侵入経路ではないかと思っています。 つまり、 床下の通気口(換気口?)→床下→外壁と内壁の間→エアコンホースと内壁の隙間→部屋 という経路です。 でも、エアコンと壁の間が狭すぎて手が入らないのでパテやテープなどで塞ぐ作業ができないのです。作業するにはエアコンを取り外すという大変な作業になり、そうすると業者に頼むしかないのかぁと億劫に思っています。 でも、もし、床下と繋がっていないのならば作業の必要自体ないので、質問させていただいた次第です。どうか宜しくお願いします。 あと、床下の通気口に目が細かい網を張るのは通気性が悪くなるから駄目と言うのは本当ですか?私的には別にそんなに悪くはならないんじゃないかなぁと思ってるんですが。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数3651
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • kei1966
  • ベストアンサー率46% (1033/2245)

これは構造によります。最近の1階も根太のない構造の場合は土台に合板で蓋をするようなもので壁と床がつながりません。しかし、根太がありその上端が大引きの上にのる構造では床下は根太の間の空間で壁の空間とつながります。 通気性はその位置と間隔が適正以上であれば網をはってもよろしいでしょうが住宅の構造は元々密閉式ではありませんのでそこだけ網をかけてもほかのところから小さなアブラムシは容易に入れます。通気口の網はねずみよけ程度の効力でしかありません。なのでわざわざ網を入れても効果的とは思えません。 エアコンの穴をお疑いのようですが、私はむしろ水道設備の排水周りのほうが怪しいと思います。 洗面台もキッチンも台輪の上、つまり収納の底板に蓋をして絶対に入ってこないように見えますが、床板の高さでは配管と床穴には隙間があります。ゴキチャンなどは自由に行き来できる大きさがあるといって過言ではありません。見えないところがツーツーであることは害虫を懲らしめるのには不便ですが構造材を長持ちさせるには風通しがよく好都合です。 ゴキちゃんは見るのがいやな方は餌を持ち帰っていただくタイプ、確保してしっかりやっつけた感を味わいたい方は粘着タイプ、即座にやっつけたい方はスプレータイプと種類を選んでご利用になったほうがよいと思います。 上記のように家には結構穴があるのでわざわざエアコンの高さまで登ってくることなく下のほうの穴から侵入すると私は思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

専門用語を使って詳しく教えていただきありがとうございます! 築23年なら最近ではないですよね?じゃあ、床下と壁の中が繋がっているという事ですね。 補足いたします エアコンは南西の部屋の、南の壁に付けています。エアコンは全く使っていません。エアコンの裏から出てくるのを見ました。 クロゴキブリの糞がエアコンの下の鴨居の上だけに10粒ほど点々とありました。他の鴨居には一粒も無かったです。 このことを含めて考えても、他の所から侵入してきたと考えてよろしいでしょうか? ところで思いついたのですが、エアコンと壁の間に布などを詰めちゃえばいいじゃん全く使わないんだから、と。 ですので解決したのですが、kei1966さんの回答を是非いただければと思っております。 宜しくお願いいたします。

関連するQ&A

  • 床下の湿気対策について・・・

    こんにちは。床下の湿気対策について質問します。 築25年の家に2年前から住んでます。立地条件は山の斜面に建っており、北側が高く杉の木で高く覆われており、風通しも悪くいつも湿っております。この辺は地下に沢が流れていて常に湿気がある場所なんだそうです(隣のおっちゃん談) 最近和室(南側)がカビくさいので畳をめくって床下を見てみたところ、じめじめで土にカビが生えておりました。(土の床で防湿処理はされてないようです)畳にも黄色いカビが生え、床板も湿っています。 床下は通気口が数カ所ありますが、建物が古いからなのか基礎が部屋ごとに床面まで立ち上がっているため上記の南側の部屋の床下と隣(北側)の床下はさえぎられており見えません。(外から見ると通気口は南側も北側も東と西に通気口がありつながっているようです。北側は床下がのぞけないので分かりませんが) 他のQ&Aでいろいろ見て自分なりに考えたところ、防湿シート→コンクリ打設がいいのではと思っておりますが・・・ (1)この作業をプロに頼むとどれくらいの予算でしょう? (2)作業の状況が説明してあるサイトをご存じでしたら、お教えください。 (3)上記の作業の他に方法がありましたらお教えください。 (4)日常の湿気対策で何かできることがありませんでしょうか?炭等の調湿材ではもたないとの意見が多いようですし・・・ (5)(内容は異なりますが)「暗渠工事(あんりょう?)」と出ていましたところがあったのですがどのようなものでしょうか? お分かりになる範囲でかまいませんので、よろしくお願いいたします。

  • 外壁が剥がれ落ちてきてます。

     我が家は,築9年の木造在来工法の家なのですが,一昨年あたりから  所々外壁が剥がれてきました。なぜ,そこの部分だけ剥がれるのだろう?  といろいろ観察した結果,家の中でいうと通気口(レジスター)がある部分  のちょうど外側の外壁という事が判りました。この家は,通気口が直接  外に出ている工法ではなく,外壁と内壁の間の通気層に換気しているようです。 既に,施工したハウスメーカは倒産してクレームでの修理はできなくて,別の 業者に見てもらったところ,「通気口が外と繋がっていないのはおかしいので 通気口の部分に一般的な接続器具をつけて修理したほうがいい」といってました。 剥がれた原因ですが一年中,通気口を開いていて良いと言われていたので北海道の 寒い冬で,内側の暖かい空気が外壁部分で急に冷まされ結露してそれが積み重なり剥がれたと思っています。単純にこのまま外壁の剥がれた部分を修理して冬は通気口を閉める,夏は開けるという事をすれば良いような気もします。でも,また,何年か,何十年か先に同じ事が起きるのでは?と心配です。通気口を外へ繋げるか,それとも,このままで修理だけとするか,どちらが良いのか悩んでます。誰か教えて頂きたく。

  • 家の基礎にある通気口や床下換気口を塞ぐことの幣害

    家の基礎部分に通気口がありますが、本来これは床下内の換気口とされていると思います。 特に夏場の湿気などを逃がす役割をもっていると思いますが、冬場は何かの役割があるのでしょうか。 想像するにこの通気によって、床面下から冷気が入り込んで、せっかくの暖房も少しながら無駄になっているように感じます。 そこでこの通気口を寒い冬場だけ塞ぐことによって、少しは家中を保温しておくことは有効なのでしょうか。 何か幣害はあるのでしょうか。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
  • kei1966
  • ベストアンサー率46% (1033/2245)

ほほう、そうですか。 なら定位置なのかもしれませんね。配管から上がる可能性はあるわけですしね。 別にエアコンからの否定しているつもりではないですよ。その穴を埋めても家には結構穴は空いていますということをお知らせするとともにもっといそうなところのお話をしたのだと思ってください。 ゴキブリの好きな環境は温かさ、餌、水ですのでそうすると南西で温かいのは合っているとして、餌と水を求めてどこかと行ききしてる可能性があります。水周りとその場所と両方にホウ酸だんごやクレンザー等嫌がるものを置き(もちろん人の口や目に入らないような位置で)塞ぐのがとりあえずの対策でしょうかね。詰め込むことができそうということでとりあえずではありますが良かったですね。 そうです。築23年ならほとんど床下と壁体内はみんな繋がっていますね。 床下の通気口から入った風が温度差で壁の中を登ります。それが壁の中に上から下の風を起こして構造体がよい乾燥状態を保てるという作り方なんですが、(その風は軒や屋根換気等から抜けます。)害虫にとっては逃げがたくさんあるという皮肉な状態ですね。仕方ないといえばそうですが。 建築は専門ですが、ゴキは専門ではありませんので、「これでもそうなの」と聞こえるような言葉はやや心外でした。時間を割いたのにつれないなあと。ま、大意はないと思っておきますが。 出てくる時期ではありますが対策が成功してもうお目にかからない夏を過ごされることをお祈りします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答たいへんありがとうがざいます。とても参考になりました。 ところで、心外させてしまってすいません。 初めの質問が悪かったです、投稿前に何度も確認したのですが。 「侵入経路を特定したい」と書いてしまいましたが、実はそうではなくて、エアコンと内壁の隙間は侵入経路になるのかどうかが知りたかっただけなのです。侵入経路が配水管とか他にもたくさん有る事は知っていたんです。 他の回答くださった方に対しても申し訳なく思っています。本当にすいませんでした。 また、もし心外だと伝えてくださらなければ自分の質問が間違っていたことに気がつかなかったと思うので、感謝いたします。 これからはもっと気をつけて投稿します。ありがとうございました。

  • 回答No.4

ゴキブリは飛翔昆虫です。 普通は、窓や玄関の扉を開けたりすると侵入して、あとは暗い湿度のある暖かいところで繁殖します。  ゴキブリがいるということは、人間にも快適なので、あまり気にしなくてよいですが・・・。人類とは長いお付き合いでかわいいものです。  Amazon.co.jp: ゴキブリ3億年のひみつ―台所にいる「生きた化石」 (ブルーバックス): 安富 和男: 本 ( http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B4%E3%82%AD%E3%83%96%E3%83%AA3%E5%84%84%E5%B9%B4%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%BF%E3%81%A4%E2%80%95%E5%8F%B0%E6%89%80%E3%81%AB%E3%81%84%E3%82%8B%E3%80%8C%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%81%9F%E5%8C%96%E7%9F%B3%E3%80%8D-%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E5%AE%89%E5%AF%8C-%E5%92%8C%E7%94%B7/dp/4061329626/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1277980144&sr=8-1 )  それはさておき、床下と壁中は基本的につながってません。  ゴキブリ対策の最善な方法は、上記書籍に詳しく書かれていますが、家の中に水滴を一切残さない事です。  キッチンや台所は作業が終わったら速やかに片づけて、一滴の水滴も残らないように、きれいに拭いて置くこと。  風呂場も必ず蓋をして、浴室内の水滴をふき取って、窓を開けて乾燥させること。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#200484

最近のゴキブリはウイルス(口てい疫)と同じくらいしぶとくなってますよ、家にも梅雨時はデカイ奴を数匹目撃しますけど ホウ酸団子(コンバット)も効かない新種が居るみたいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#200484

まず床下の通気孔についてですが、網を張る事自体は白蟻対策として最低限の事ですが元々から湿気が多い地域だと逆効果ですね。ゴキブリ駆除のため壁等を剥がすなら業者に頼んで調湿シートと床下換気扇を設置したほうがいいです。 ゴキブリは壁の隙間(外壁・内壁の間にある断熱材や電気配線のダクトを伝わって部屋中に出没しますから多分エアコン穴の隙間に巣か女王が潜伏してる可能性大ですね、ちなみにエアコンの室内機の風吹き出し口・フイルター・室外機のドレン穴から成虫を見た事ありましたか? 気になる様でしたら市販の殺虫剤を細いチューブかなにかにつないでエアコン穴に散布して、もしゴキブリが出たら業者に頼んで駆除してもらう事ですね 長文失礼しました

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • miyachi
  • ベストアンサー率27% (219/804)

家は通気口が無い構造です、やはり縁の下と内壁と外壁の空間は外部と空気が流通しています 通気口がある構造は壁内は密閉かも知れません 床と室内が完全に密閉ならば エアコン配管よりか 普通ゴキブリは冷蔵庫とか流し台とかの隙間に生息してしまいます ゴキブリの糞で確認できます ホウ酸団子とかゴキブリホイホイを沢山置く方法しかないと思います

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 寒さ対策の為に床下の通気制限

    真冬の家の中の寒さ対策に床下からの通気制限が効果的だと聞きました。 我が家は基礎と土台の間にあるパッキンから吸気し壁内をとおり天井軒の部分から排気されているようなので、ちょっと大変ですが冬場だけでも家の外周のパッキンをガムテープ等で塞いでみたら暖房効率が良くなるのではと思ってますが、壁内部の換気の必要性などを考えると素人が施工して良いものかどうか迷ってしまいます。 寒さ対策の為パッキンの通気口を塞ぐべきかどうか、また期待ほど効果があるのか、知識のある方に教えて頂けると幸せです。よろしくお願いします。

  • 外壁通気工法と壁内(内部)結露の関係を教えてください。

    外壁通気工法と壁内(内部)結露の関係を教えてください。 新築のため工務店と話を進めているのですが、そこは外壁通気工法を採用しています。壁内結露を防止するためだそうです。外壁材下側の水切り部から空気を入れて、断熱材と外壁の間に設けたすきまを通し、更に屋根裏から通気口に抜けます。これにより壁内結露が防げるとのことでした。 そんなものかと一度は納得したのですが、書籍やインターネットを見ていると「外壁上下(1階壁と、床下や天井や2階との間など)は気流止めすることで内部結露を防ぐ」との意見がありました。これって、外壁通気工法とは逆のことを言っているように思えます。 どっちが正しいのか私には解らなくなってしまいました。そもそも、外壁通気工法で内部結露は防げるのかなど、どなたか教えていただけないでしょうか?

  • 通気口のパネル?

    先ほど、作業服を着た若い男の人が家に来て、「床下の通気口(換気口)のパネルを交換しに近所の家に来たんだけど、工事に来たついでに、お宅のも僕が替えてあげようか」と言ってきました。私が渋っていると、その人いわく、1.替えないと、シロアリやムカデが入りたい放題   2.一枚2,500+工賃のところを、工賃はいらない   3.どうしてもダメなら一枚だけでも(全部で7枚ある)   4.じゃあ、僕とじゃんけんして僕が勝ったら、替えさ   して などと、言うのです。皆な替えてるって言うのですが、本当なのでしょうか?私が「じゃあ、主人がいるときに説明 しにきてください。」と言うと、今持っているパネルは今日のうちに替えないとダメになるから、と言うのです。 現物を見ていないので分かりませんが、蟻も入らないっていうのは、通気をふさぐことにならないのでしょうか? また、工賃もとらず、パネル代だけでいい、一枚だけでも 替えさせて(これは意味がないと思うんだけど)ほしい、 などと、そこまでして替えたがる業者のメリットは何なんでしょう?よく、こういうのが家にくるので分かりません。

  • 新築一戸建ての断熱材欠損について

    木造在来工法で新築、完成間近です。通気基礎パッキン、外壁も通気工法です。断熱材は4センチ厚のポリエチレンフォームですが、高気密高断熱ではなく埋め込み式エアコンの周りや壁と天井の境目、床下点検高の周りなど所々断熱材の小さな隙間はあります。ただ、工事中の写真を見返していたら4ヶ所、玄関床(板張り)、階段下(一坪)、二階の壁の一部(写真添付)に大きな断熱材の欠損があることがわかりました。薪ストーブの床下も入っていないと思います。 内壁も完成後のことなので今更ですし寒いのは諦めるしかないのかなと思いますが、 1、気温差による壁内や床下の結露など一部断熱材の欠損が家の耐久性に問題となることはないでしょうか? 2、階段下は板張りもなくいきなり基礎の床下空間です。そこだけは納戸の壁をくり抜いて入れば今からでも入れることは可能ですが、やってもらったほうがいいでしょうか?そのような要望をすることは可能でしょうか?

  • 家の外側についている通気溝

    家の屋根の合わさっている頂点のところに通気溝が付いていますが内側にはその穴は開いていません。(内側と外側の空気の流れを確保するのが目的なのに)大工さんに聞いたところその通気溝は外壁と内壁の間の通気溝だといいます。壁と壁の間の通気のために通気溝を付けることなんてありえるのでしょうか?それとも手抜き工事?

  • リビングが下水臭い

    木造一戸建てで、リビングは一階です。 しばしば、リビングが下水臭くなります。 なるときは、 1.換気扇を回したとき。 2.エアコンで暖房にしたとき。 です。 確認したのは、 リビングと外気の通気口は、蜘蛛が入ってくるので遮断しています。 流し台、流し台の下は臭ってません。 浄化槽からたまに臭い臭いが漏れているときがありますが、家の外です。 どこからこのような臭いが入ってくるのか? 想像では、換気扇を回した時の負圧が、通気口が遮断されているために隙間から外気が侵入したのか?とか。 臭いの元と、侵入経路がわかれば対策も打てるというものですが、わからず困っています。

  • 2×4の家でのガス栓(ガスコンセント)の増設

    2×4工法で新築して3年目の家に住んでいます。 1階の脱衣所にガス栓を増設しようと思い東京ガスさんに、 脱衣所の内壁にガス栓を増設してほしい旨、相談しました。 すると、家を見に来てくれて、脱衣所の床下収納の収納を外し、床下をのぞいて調査していました。 調査結果は、 『ガス管はそこまできているので、そこからホースを伸ばすだけですが、 この家は2×4工法なので、床下から内壁の中にホースを通すことができません。 2×4は、壁の下に角材が横たわっているので。 そのほかの工法としては、ガスメータから分岐して、外壁に穴をあけ増設するか、 脱衣所の内壁はだめですが、床板なら増設できます』 とのことでした。 ここで質問なのですが、 (1)2×4工法の家は内壁にはガス栓は増設できないのでしょうか? (2)他の業者(東京ガス以外にあるかどうかはまだ調べていませんが)にあたってもだめでしょうか? (3)5×5cmくらいのふたがパカパカ開閉するタイプのガス栓なのですが、   床につけても問題はないでしょうか? ご教示よろしくお願い致します。

  • 柱と土壁と大引きに白蟻の蟻道を見つけました。

    DIYで床下断熱をしようと思い、フローリングをはぎ取って床下を確認したところ、押入れの床下部分の土壁2面と柱1本、それから大引き1本と外壁内壁からなる壁(すみません正式名称がわかりません)の床下部分にも蟻道と思われる穴を発見しました。 柱はよく見ると床上部分まで蟻道の穴がありました。 それぞれの構造物の痛みはさほどでもなさそうなのですが、放っておくとさらに被害が進むのではないかと思っています。 この場合白アリの駆除だけでも大丈夫でしょうか? また、もし食害に遇った部分の交換を行うとすれば、 ・柱だけを途中から切断し交換するということは可能でしょうか?柱は押入れと部屋との間に位置する柱で、押入れ側の土壁と部屋側の内壁外壁からなる壁に挟まれています。 ・土壁は食害に遇った部分からある程度マージンをとって除去しようと考えていますが、壁一面除去したほうがいいでしょうか? ・外壁と内壁からなる壁の床下部分、床下なので外壁だけなのですが、そこもある程度マージンを取って除去し補充しようと考えていますが問題あるでしょうか? 画像1枚しか乗せれないようなので、柱の床上部分の写真をのせました。 よろしくお願いいたします。

  • フラットベット型ベタ基礎って?

    家を建てる予定でハウスメーカー、工務店など何社か絞って検討中です。 お恥ずかしいのですが私は虫が大の苦手で、せっかく建てるのだから少しでも虫の入りにくい家にしたいと思っています。そのことを相談したところ「フラットベット型ベタ基礎なら床下からの虫は通常のベタ基礎より防げるのではないか」と提案されました。 確かに断面図を見るとコンクリートで表面が覆われフラットになっているので、通常のベタ基礎より床下空間が無いため虫(ゴキブリやクモ)が住み着く空間がないように思えます。 ただフラットな表面の上に基礎パッキンを入れてから土台なのでその隙間に虫が住み着きそう。。。と思ってしまいます。 フラットベット型のベタ基礎についてネットで検索しても少ししか出てきません。提案してきた工務店でも以前使っていたが今は通常のベタ基礎を使っているそうです。 理由を聞くと「職人の手間がかかるから」とのことでしたが実際はどうなんでしょう? マイナーと言うことは通常のベタ基礎に比べて欠点があるからでしょうか? 地震に弱い、建物が腐りやすい等の理由があれば採用しないつもりです。 また壁についてもお分かりでしたら教えてください。 外壁通気工法だと壁の隙間に虫が入り込んだりするものでしょうか。室内に入ってきたりする隙間があるとイヤだなと思ってしまいます。。。 外壁通気工法ではなく、外壁や断熱材に工夫を凝らしているメーカーにしようかなとも考えていますが、 セルロースファイバーのような吹き付け式の断熱材の方が虫が入ったりする隙間は出来ないものでしょうか。 ちょっと話がずれてしまいましたが、とにかく家造りの目標(?)のひとつが「虫の入りにくい家」なので基礎の話と共に、なにか良い案がありましたら教えてください。

  • 新築一年ちょいになりました。いたちごっこのように、

    新築一年ちょいになりました。いたちごっこのように、壁の角天井の角など、隙ができて、点検のたびに、コーキング打っていくんですが、普通ってこんなものですかね? あと、幅木がういてきたり、お風呂のサッシの枠に隙ができたりキッチンの、IHの横の壁との角も隙ができたりするんですが。普通ですか? 因みに、外壁から出てる通気口のカバーみたいなのと、外壁の間にコーキング打ってないのも普通ですかね?