• ベストアンサー
  • 困ってます

サバイバル映画の題名を調べています。

サバイバル映画の題名を調べています。 以下のようなシーンがある作品です。わかる方いませんでしょうか。 以下の説明はラストまでネタバレしてるのでご注意ください。 ・外国(おそらくハリウッド)作品 ・少年が飛行機で砂漠に墜落する。操縦士は死ぬ。 ・無線が生きていて、父親と交信する。 ・居場所を突き止めるために、通信をきらないために、九九を暗誦する。 ・犬と一緒にサバイバルする。 ・飛行機のそばで野宿して、蛇に襲われたりする。 ・卵を壊れた飛行機の翼の上に落として、天日で目玉焼きを作る。 ・軍隊が少年を探すが「西の砂漠は死んでいない」として探さない。 ・実際は少年は西の砂漠にいて、親父が直感でそっちに行く。 ・親父が少年を見つける。 ・犬が邪魔だと親父が殺そうとするが、その直前に軍隊が迎えに来てハッピーエンド

noname#138315

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数393
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • hunaskin
  • ベストアンサー率30% (1855/6064)

詳細が私の記憶とちょっと違うけど、もしかしたら「砂漠の冒険」 http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD12171/story.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

うわああああ間違いなくこれです! ありがとうございます!

関連するQ&A

  • 題名がわかりません・・・。

    とても古い映画です。30年くらい前に近所の公民館の鑑賞会で観ました。なのでファミリー向けの作品化と思われます。 覚えているのは・・・ (1)主人公は少年で白人・金髪もしくは栗毛(10歳前後?) (2)少年の乗っている小型飛行機が砂漠で墜落。少年が一人(多分一人)生き残る。 (3)炎天下の砂漠(サバンナ)をさまよう。 (4)毒サソリに脚をさされる。 (5)目に怪我をする。砂漠の原住民(アフリカ系に見える)に助けられる。薬草らしきものを口に含み、噛み砕いたものを少年のまぶたの上にのせる。少年はビックリして払いのけ逃げ出す・・・。 (6)最後は憔悴した少年が捜索せていた父親もしくは親族に見つかる。 というものです。メジャーな作品ではなかったかもしれません。長い間記憶の奥にあり気になっている作品です。どうかご存知のかた宜しくお願いします。

  • この映画のタイトル教えてください

    1970年前後の洋画です。古い上に大ヒットしたとか超大作とか言われる映画でないので恐縮なのですがご存知の方がいらっしゃれば是非教えてください。 ある少年(小学校 低~中学年位)が、何かの都合で犬(小型犬)を連れて飛行機(セスナ)に乗ります。しかし砂漠地帯上空を飛行中パイロットが心臓病?で意識を失い墜落してしまいます。奇跡的に少年と犬だけ助かりますが砂漠のど真ん中。サバイバルがはじまります。途中地下の水場に少年が落ちて負傷するなどアクシデントがありますが、最終的には父親に救助されてENDです。 情報が少なくてすみません。字幕もろくに読めない幼少の頃だったので画面だけで内容を判断しています。 先日他界した父と一番最初に行った洋画です。生前、父にも聞いた事があるのですがタイトルを覚えていませんでした。 存知の方がいらっしゃれば是非教えてください。

  • もう一度見たい映画があります。

    もう一度見たい映画があります。 もし分かる方がおられたら回答宜しくお願いします。 私は20代後半で、見たのは小学校低学年の時なので、20年程前です。 見たのは映画館ではなく、学校行事か何かの時にの体育館で皆で見ました。なので、もっと古い作品の可能性もあります。 映画は洋画でした。 少年が主人公。 少年と家族(?)が乗った小型飛行機が砂漠のような所に墜落します。 少年と飼い犬だけが助かり、助けを求めて旅するストーリーでした。 覚えているエピソードは、確か原住民のような人達に出会い、肉を振る舞われるけど、少年はそれを自分の飼い犬の肉と思い込んで、怒るというような場面があったと思います。 結局、犬は生きていて、しかも出産していたような…。ここはかなりあやふやです。 最後は助けが来てハッピーエンドだったと思います。 一度見ただけでかなりうろ覚えです。 上記の内容にも思い込みや間違いがあるかもしれません。 でも是非もう一度見たいと思っています。 どなたか、これかもという作品に心当たりがある方宜しくお願いします。

  • かなり古い映画のタイトル

    25年以上前にみたもので、少年が自家用飛行機で家に帰る途中に飛行機が墜落し、パイロットが亡くなり、少年と犬だけが砂漠の真ん中で生き残り、いろいろな危機を乗り越えていくのだが、最後に毒蛇に目をつぶされて死んじゃい、犬だけが生き残る映画のタイトルはなんでしょうか?

  • ものすごく昔の映画なんですが。

    ものすごく昔の映画のことなんですがパートを2つに分けて質問させてください。 パート1。今を去ること30年程前のテレビ映画なのですがタイトルは「チューリップ階段」です。製作は日本だったと思います。物凄い恐怖映画で当時小学生だった私のクラスでも放送日の朝からこの話で持ちきりだったのですが、恐怖映画がニガテな家族の反対で見ることが出来ませんでした。パート2。小学校の映画教室で見ました。「赤い手袋」家族の問題で悩んだ小学生が自分で自分の指を切り落としてしまうと言うもの。学校でバレエを踊らなくてはいけなくなつたものの手を見せたくない彼女のためにみんなが赤い手袋をしてステージに立つというのです。「砂漠の冒険」外国のものですが喘息の少年が療養のためセスナ機で田舎に行く途中操縦士が心臓発作で亡くなりセスナは墜落。ペットの犬と少年は砂漠に放り出されるというもの。それともう一つはタイトルを思い出すことが出来ないのですが、日本のもので公害がもとで喘息になった少女の物語。ものすごく印象的な歌が映画の中で何度となく歌われるのですが。もっと詳しく説明したいのですがそれをしてしまうとものすごい長文になってしまうので。ご存知の方よろしくお願いいたします。

  • ■このアニメの詳細を教えて下さい

    昔、「アニメ大好き」というTV番組で放送されたと思われる、とあるOVA作品が今頃になって気になっております。タイトルおよび詳細をご存じの方、どうぞご助力ください。 タイトルですが、おぼろげに「グリーンファイブ(GREEN5)」という名前だったような記憶があります。 ストーリーは記憶している限りでは、以下のような感じです。 世界のほとんどが砂漠化している中、ある少年が銀髪の少女と出会います。 その少女は何やら軍隊に狙われているらしく、執拗に追っ手から襲われます。 少年は少女を救おうと頑張るのですが、軍に少女が捕まってしまいます。 で、とある都市に少女が連れて行かれ、そこで少女は自分が何者かであるかを知らされます。 世界を救う大樹(?)の種子であるとかかんとか・・・(汗) その種子である子どもは、銀髪で特殊な力を備えてるらしいのです。・・・で、少女が大樹に同化(?)されそうになるところに、少年が助けに入って脱出。 その際、大樹から多量の種子が放たれて、世界はやがて緑化していく・・・・ という何とも怪しい記憶ですが、キャラクターが「AKIRA」の大友さんの画に似てるなあというのだけはよく覚えています。 出来ることならもう一度見てみたいと思っているので、どなたか子細をご存じの方はお教え願います。

  • この様な感じの作品

    こんにちは。 下記の作品に、感じが似ている作品を探しています。 読んだことのない方にも、アドバイスを頂けると嬉しいので、あらすじを付けます。 下で紹介するのは、軽い小説ばかりですが(ティーンズ小説に多い話?)何でも読みます。 辞書くらいの厚さのものでも、どんと来いです!(笑) ・サイケデリック・レスキュー 飛行機事故で両親を亡くした少年の話。 主人公が病院に入院し、その病院がテロリストに占拠される。そこに登場する、それぞれ力を持っているレスキュー隊員。そのレスキュー隊に、主人公も参加することに・・・ (現実味のあるところと、ないところがキッチリ分かれています。人に命の大切さ。弱さ、強さ。を感じました。結構グロテスクな表現も・・・) ・ワンダーBOY 主人公は現代に生きる忍者。お館であり、兄である紅雪の命を受け、主人公はアイドルのオーディションに。 (忍びなのにアイドル?!と、最初は「ふざけているのかしら」と思われましたが、結構、本格的な話でした。) ・要人警護 BL小説です。 SPの話。サットの表現とか、なんだか現実味があって好きです(本当かどうかは、先生に分からないハズですが) ・STEP UP かなり前に読んだのですが、宇宙飛行士を養成する話 (?)サバイバル授業の話しが、とても印象にの残っています。 ☆挙げていて気づいた共通点 ・サバイバルや、命をかけて働いている人の話 ・特殊な職業の話し 読んでいて、わくわくする作品良いです。 よろしくお願いします。

  • 災害サバイバル映画?

    地震、台風、その他災害を扱った映画を教えて下さい。 知りたいのは、現実味のある災害対策なのですが、 対策が参考にならなくても良いです。 宜しくお願いします。

  • サバイバル映画でよくあるパターンについて

    ・主人公 ・ヒロイン ・ストイックで人格者の男A(ガイド役だったり、主人公の良き理解者でもある) ・重要性ナシの陽気な黒人 ・キーパーソン(謎が多く食えない男といった印象) ・女性A(セクシーだが精神的に脆い) ・白人チャラ男 まず序盤でチャラ男が殺されます。 その悲しみを引きずっている女性Aが中盤あたりで殺され(クリーチャやゾンビに変化したチャラ男が犯人だったりします)、 中盤で、キーパーソンが事態を作り出した張本人であると発覚。 とにかくパーティから対立した存在に。 クライマックス近くで男Aが大きな解決策をつかむか、パーティ全体を守るのと引き換えに死亡(結構凄惨な死に方をする) ラストでキーパーソンが因果応報といった死に方をし、 エピローグで主人公とヒロインがめでたしめでたしの所に陽気な黒人が野暮なチョッカイを入れてエンディング。 つまるところ「主人公、ヒロイン、陽気な黒人は生き残る」という鉄板の法則が定着しているわけですが、 洋画におけるこのようなパターンは大体いつ頃から始まったのでしょうか。 元となった具体的な作品などがあるのでしょうか?

  • 映画の題名が知りたい、昔の映画です。

    30年くらい前の映画だと思いますが、題名が分かりません。 私の曖昧な記憶では、シャーロット・ランプリングが出ていたと思ってましたが、 調べてみても、どうも分かりません。記憶違いかもしれません。 物語はよく覚えてないのですが、旧い古城のような所で、兄妹の近親相姦に近い内容で、 馬の交尾場面をジッと眺めるシーンがありました。 なんかそう書くと、グロい(エロい)みたいですが、美しい映画でした。。 もし、心当たりの方がいらっしゃったら、教えてください。