• 締切済み
  • すぐに回答を!

はやぶさのカプセルの姿勢制御

はやぶさのカプセルの姿勢制御 スペースシャトルは翼があるので落下時の摩擦熱は、底面に耐熱タイルで受けるようにありますね。 はやぶさのカプセルには翼がない構造です・・・落下時にクルクル回転しないのでしょうか? (全面が耐熱構造ですか?)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数193
  • ありがとう数41

みんなの回答

  • 回答No.3

回転するような、しくみがありません、カーボン繊維強化プラスチック樹脂のアブレーターが大気との圧縮熱で溶けて熱を奪い、ガス化して剥離していきます、これで内部が50度を越えないようにしています

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

http://www.jspf.or.jp/Journal/PDF_JSPF/jspf2006_06/jspf2006_06-368.pdf に写真があります。 写真の下側の「中華鍋のように丸いの」が「前面ヒートシールド」、上側の台形が「背面ヒートシールド」になっていて、この上下の形状の違いにより「前面が空気抵抗で勝手に前を向く」ように作ってあります。 >はやぶさのカプセルには翼がない構造です スペースシャトルの翼は「再突入した後の滑空のためにある」のであって、再突入の際には「邪魔物」なので、パラシュートで中身を軟着陸させる場合には翼など要りません。 アポロやソユーズの帰還船も翼は無いですしね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

よく理解できました。 ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • ponman
  • ベストアンサー率18% (214/1127)

円錐形の先端から突っ込むので、空力学的には安定していると思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

理解できました。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • ”はやぶさ” 宇宙から帰還するカプセルや帰還船の姿勢制御

    ”はやぶさ” 宇宙から帰還するカプセルや帰還船の姿勢制御 今日、はやぶさが帰還します。 http://mainichi.jp/select/science/news/20100609k0000e040021000c.html 宇宙から帰還するカプセルや帰還船の形は、 中華鍋型だったり、三角錐型だったり、御椀型だったりします。 はやぶさは、中華鍋型だそうです。 大気圏突入後の姿勢制御はどのように行われているのですか?

  • 隼の回収カプセルきれいで 焼けた後も無いし

    隼の回収カプセルきれいで 焼けた後も無いし 耐熱シールド耐熱タイルみたいな物?をパラシュート降下前に分離するそうで スペースシャトルの耐熱パネルなら簡単にはげないようにするが 簡単に分離できるなんてどんな技術 秘密ですか  

  • 姿勢を保つジャイロについて教えてください。

    姿勢を保つジャイロについて教えてください。 数年前、小惑星探査を行ったJAXAの「はやぶさ」という探査機があったと思いますが、そのはやぶさ等の探査機に搭載されているリアクションホイールの姿勢制御について素朴な疑問があります。 3軸のリアクションホイール(ジャイロ)が姿勢を一定に保つとされていますが、何に対して(何を基準にして)保っているということなのでしょうか。「地球?」それとも「太陽?」、もしくは「重力線?」、はたまた「絶対座標???」なのでしょうか。・・・ 具体例で教えて頂ければ分かりやすいので次の2つの事例を考えてみました。 例1:地球を周回する人工衛星にジャイロを搭載した場合、そのジャイロは地球を1週する間にどの様な挙動をするのでしょうか。 例2:スペースコロニー(遠心力で仮想的な重力を生み出すガンダムに出てくるタイプ)内ではスペースコロニーが一周する間にジャイロはどの様な挙動をするのでしょうか。 どなたか見識のある方、ご教示ください。 (小生、知識不足の為、的外れな面があるかも知れませんがその点はご容赦ください。)

  • 磁気トルカについて

    閲覧ありがとうございます。 小型衛星における磁気トルカによる姿勢制御の原理について質問です。 小型衛星について調べていると’磁気トルカを使っての姿勢制御’というのを見つけました。 「衛星内に搭載しているコイルに電流を流して電磁石を作り、地球磁場との作用で磁気モーメントを発生させ 、その衛星を回転させるトルクを利用して姿勢制御を行う」というのは分かるのですが、地球の磁場は一定方向にしか向いていないので衛星にXYZの三軸を置くとすると一つの軸についてしか制御出来ない気がします。 他の姿勢制御の機構を組み込んでおいて、それとの組み合わせで制御をするというのなら納得がいくような気もしますが、どうやら磁気トルカのみで姿勢制御しているようです。 専門的な知識が無いのでいくら考えても答えが出せません。 私が調べた衛星は果たしてどういった原理で姿勢制御を行っているのでしょうか? どうか易しい回答よろしくお願いします。

  • 交差反転型ヘリの「サーボフラップ制御」とは?

    カマンK-MAXなどのヘリコプタに搭載されていて、 確か回転翼を捻って姿勢制御する技術(?)と聞いた 気がしたのですが、殆ど記憶に残っていません。 「サーボフラップ」とはどんな技術ですか? マニアックな方や専門家、或いは高校物理・ 数学以上の知見がある方にお願いします。 参考文献 https://ja.wikipedia.org/wiki/カマン_K-MAX https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=200902232774812547

  • スペースシャトルの再利用法

    スペースシャトルは2010年で退役という話ですが、そのまま3機のオービターを使わないのももったいないような気がします。 何かいい利用法はないでしょうか。 私はオービター自体を最後に打ち上げてしまって、ISSの一部にしちゃうとか、翼や耐熱タイルを全部はずして月へ向かう宇宙船にするとか考えたのですが…

  • コントロールモーメントジャイロ(CMG)について

    宇宙構造物や浮体構造物の姿勢制御や振動制御に使われるコントロールモーメントジャイロ(CMG)についての基本的な構造や原理などを知っている方がいましたら御教え下さい。または,このことが詳しく載っているホームページを知っていれば教えていただきたいです。

  • 足のアーチ構造の機能について

    日本語を勉強している外国人です。 「片足に大きく3箇所のアーチ構造があります。それぞれ、前後方向、左右方向、水平回転方向の姿勢制御を容易にしています。」 本の内容の一部ですが、どういう意味か、さっぱり分かりません。 もっとやさしく説明できる方、お願いします!

  • アポロの司令船の大気圏突入

    エアフォースミュージアム(旧名)で実物見てきました。 あの円錐状の形ですが、丸い部分を常に進行方向に向けて落下できるのでしょうか。融解熱で船内への影響を防ぐ部分は丸い部分だけだと思います。 これには姿勢制御がついていたのでしょうか。それともアポロチョコのあの形なら自然に姿勢が安定するのでしょうか。

  • マルチコプター(ドローン)の大型化

    こんにちは。 最近ドローン、特にマルチコプター型のドローンが流行りですが、あれはヘリ並みに大型化できないものでしょうか? マルチコプターは各ローターの回転数のみで姿勢制御できるので、ヘリより制御は簡単な気がしますが、どうでしょうか? マルチコプターを大型化する問題点があれば教えてください。