• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

”はやぶさ” 宇宙から帰還するカプセルや帰還船の姿勢制御

”はやぶさ” 宇宙から帰還するカプセルや帰還船の姿勢制御 今日、はやぶさが帰還します。 http://mainichi.jp/select/science/news/20100609k0000e040021000c.html 宇宙から帰還するカプセルや帰還船の形は、 中華鍋型だったり、三角錐型だったり、御椀型だったりします。 はやぶさは、中華鍋型だそうです。 大気圏突入後の姿勢制御はどのように行われているのですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数418
  • ありがとう数38

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • neko-ten
  • ベストアンサー率55% (1287/2335)

はやぶさ、かえってきましたね。ラストショットも公開されました。 最後の写真が故郷の地球というのも、はやぶさの軌跡を再確認できるようで感動しました。 ということで、再突入体ですが、分離後のスピン安定以外は能動的制御は行っていないようです。 分離時に計算を行った形で投下、大気圏突入時は空力安定を保つように角度をつけています。 たとえば、紙飛行機は形状と手から離れるときの角度や力で、飛行中制御はしなくてもある程度一定の航路をとらせることができます。 このような感じで、地球に帰ってくるかなり前から再突入のための計算を行い、そのための航路をとっているわけです。 本当に遠いイトカワまで行き、そして地球上のピンポイントにカプセルを投下する・・・ と考えると、はやぶさや技術者の方々が行ったことは本当にすごいことなんだなぁ、とさらに思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御回答ありがとうございます。 >最後の写真が故郷の地球 格好の良い去り際でした。 >再突入体ですが、分離後のスピン安定以外は能動的制御は行っていない >再突入のための計算を行い、そのための航路をとっている 自然に安定する形で作られているんですね。 情報ありがとうございました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

想像ですが、空気抵抗で自然に向きが安定するような形に作ってあるのだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

東京から大阪まで45秒だそうです。 自然にそうなるんですね。 御回答ありがとうございます。

  • 回答No.1
noname#132116
noname#132116

はやぶさ、楽しみですね。 (1)カプセルは大気圏突入する前に本体から分離される。 (本体は大気圏突入するときに溶融消滅する。) (2)カプセルは大気圏突入時は、ヒートシールドがついているので溶融せずに無事。 (3)カプセルのヒートシールドが分離される。 (4)パラシュート開傘 (5)ビーコンアンテナ展開。 パラシュートで姿勢を制御するようです。 http://www.isas.jaxa.jp/j/topics/topics/2010/0612.shtml

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 帰ってきたみたいですね。 後は探すのみですね。 姿勢はどのように制御されるのかご存知でしょうか? リンクと情報ありがとうございます。

関連するQ&A

  • はやぶさのカプセルの姿勢制御

    はやぶさのカプセルの姿勢制御 スペースシャトルは翼があるので落下時の摩擦熱は、底面に耐熱タイルで受けるようにありますね。 はやぶさのカプセルには翼がない構造です・・・落下時にクルクル回転しないのでしょうか? (全面が耐熱構造ですか?)

  • 衛星が宇宙空間で姿勢制御ができるのはナゼ ?

    真空状態である宇宙空間でも、火星や土星に向かう探査衛星は自分で軌道修正や姿勢制御ができますよね。 左右方向に少しエンジンを噴射してやれば反対方向へ姿勢が変わるので、本体を正しい方向へ向ける事が可能になるのだと聞いています。 一見なるほどと思ったのですが、若干疑問に感じるものがありました。 というのは、大気中を飛行する航空機の場合は、後ろ向きに空気を強い圧力で吐き出す事で前向きの推力を得ていると思います。 でもこれはエンジンの後ろに空気という見えない壁があり、それからの反発力があって、その結果として前向きの推力が得られると思うのです。  つまり壁にボールをぶつければ跳ね返ってくるのと同じ原理ですね。 これがもし空気が無ければ、いわゆる 「のれんに腕押し」 状態になって、空気を押し出してもスコンと抜けてしまい、推力を得る事ができなくなると思います。 ところが上に挙げたような探査衛星では、横方向に少し噴射してやれば、真空状態にあるのにかかわらず、方向転換や姿勢制御ができるのはナゼでしょうか? いくら噴射してやっても、パワーがスコンと抜けてしまって姿勢制御など出来ないようなイメージがあるのですが ・・・ それとも宇宙空間には、大気に代わって何か反発力が得られる物質に満ち溢れているのでしょうか ?

  • ガンダムの姿勢制御

    前から疑問だったのですが、初期ガンダムや、ザクって宇宙空間での姿勢制御ってどうやってやる設定だったのですか? バーニアの位置を見る限り双方とも地上戦を前提として付いてるように思えるのですが、どうやって制動してるのかずっと疑問でした。 どなたか教えていただけないでしょうか?

  • 大気圏再突入・大気圏突入について

    Wikipediaにて、 大気圏再突入は宇宙船などが真空に近い宇宙空間から地球などの大気圏に進入すること。 大気圏突入と言う場合は隕石など外来の物体も含むのに対し、大気圏再突入は地上から打ち上げた人間や動物や物体の帰還に限って言う。 とありました。 SFなどフィクションにて、主人公が乗った宇宙船が地球から飛び立ち、全く別の惑星に大してはの突入はどちらでしょうか。帰還じゃないし、外来の物体(宇宙船)だから大気圏突入ですか? 同じく、宇宙船に乗った者の中にその惑星出身者が居れば、彼(彼女)にとっては大気圏突入と言って良いのでしょうか?

  • 宇宙船の大気圏突入速度はどのくらいですか?

    宇宙船やスペースシャトルが地球に帰還する時の 大気圏突入速度はどのくらいですか? 耐熱タイルの表面温度は最高何度くらいになるのでしょうか?

  • 大気圏突入のスピード

    ロケットが宇宙から地球に帰る際に、突入角度が浅いと大気圏にはじき返されるとか・・・・、大気圏突入後、ロケットが赤熱するほどのスピードがでるとか・・・・。こういう話を聞きますが、もっと、ゆっくりと宇宙から地球に突入することはできないのでしょうか。飛行機やグライダーのように舞うように飛びながら帰還することはできないのでしょうか。 スペースシャトルの消耗もかなり少なくなるような気もするのですが。 降りるまで時間がかかるから・・・? 飛び回るほどの燃料がないから・・・・? 空気が薄いから飛べない・・・・?

  • 人間だけで、大気圏突入できる?

    スペースシャトル「ディスカバリー」で耐熱タイルが剥がれた問題で、 ニュースでは、帰還に問題なしと言っていました。 そこで、ふと思ったのですが、 最悪、宇宙服を着た人間だけで、大気圏に突入する事はできないのでしょうか? 大きめのパラシュートでもしたら、いけそうな気もするのですが。(^^ゞ やっぱり、燃え尽きてしまいますよね? でも、色々考えてみると、 もし、蟻1匹を同じように大気圏突入させた場合、 燃えないような気もするのですが? うーん、考えれば考えるほど、分かりません。 アホな質問かもしれませんが、どうか教えて下さい。

  • 宇宙での交信についてです。

    2003年5月に打ち上げられた後、2005年11月20日日本時間早朝「はやぶさ」は、小惑星イトカワに降下を開始しました。そして、2010年6月、7年の宇宙の旅を経た「はやぶさ」は。カプセルをオーストラリア砂漠へ帰還させ、自らはその任務を終えて大気圏で燃え尽きました。「はやぶさ」はほぼ地球軌道上、太陽を挟んで地球の反対側に位置していた。授業を受けてて思ったのですが、もし、「はやぶさ」が小惑星イトカワに着陸を試みているときに、地球から指示を受けるとしたら、地球から「はやぶさ」に指示してから、「はやぶさ」からその反応を地球で知るのにかかる時間はどのくらいですか? よろしくお願いします。

  • 大気圏突入時のパラシュートについて

      お世話になります。初めて質問します。   宇宙船が地球に帰還する時、摩擦熱により、  赤くなり、地表に近くなったら減速の為に  パラシュートを開くのが、一般的と思います。   質問ですが、大気圏突入の当初より、  パラシュートを開いて、ゆっくりと、降りては  こられないのでしょうか?  摩擦熱が発生するぐらいですから、パラシュート  への抵抗も発生し、減速できると思うのですが。  

  • コントロールモーメントジャイロ(CMG)について

    宇宙構造物や浮体構造物の姿勢制御や振動制御に使われるコントロールモーメントジャイロ(CMG)についての基本的な構造や原理などを知っている方がいましたら御教え下さい。または,このことが詳しく載っているホームページを知っていれば教えていただきたいです。