• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

油の酸化を重曹等で中和できますか?

油の酸化を重曹等で中和できますか? 酸化ということは重曹等アルカリ性で中和できる気がするのですが、 実際には難しいのでしょうか? 味や油に溶けにくいから等ではなくて油の酸化=アルカリで中和できるのかが知りたいです。 もしできるのなら不純物を除けばかなり長い間利用できると思うのですが、 どうでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1646
  • ありがとう数25

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

理屈上は、酸化した油脂を利用するのは可能です。あくまで「理論上」です。 酸化した油脂をアルカリ処理すると、「けん化」反応というのが起き、油脂の中の酸化した成分がいわゆる「石鹸」状になり、分離します。つまり、「中和」にはなりません。 実はこの工程というのは油脂生産プラントでも当たり前のように行われているもので、「精製工程」の中にあります。「脱酸工程」といいます。 ということではありますが、さて、家庭で行うのが可能かというと、事実上「不可能」です。 理屈上は、「アルカリ水」を入れて、撹拌して沈殿する固体と水分を除くということですが、簡単に、きれいにはいきませんよ。 理由は、プラントレベルの処理量がないこと、「石鹸」を分離する遠心分離機がないこと。です。 また、通常、脱酸工程で用いるのは重曹ではなく水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)です。 ちなみに、この苛性ソーダを使った脱酸を行うと、家庭用廃油の場合「けん化」量がおおく、実質的に石鹸になってしまうのが実情です。 近年、「廃油の再利用で、手作り石鹸を」というのはこういうところからきているのですね。 屁理屈を言うなら、「あらかじめ油ポットに苛性ソーダ水を入れておいて、使うたびに撹拌して、酸化油脂を取り除いて使う」なんてことになるのでしょうが。 まあ、やめておいたほうが良いです。万が一強アルカリがもれると、非常に危険ですので。 それよりも、ちゃんと普通に使って、終わったら石鹸に加工して、最後まで使ってあげるのが環境にもやさしくて良いと思います。

参考URL:
http://www.soapbeautifulwoman.com/makes/oil.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧な答えありがとうございました。 最後の部分、PHを測りつつ使えば可能性はあるのですね。 しかし商売としてなんだかおしい気がします。 けん化を防ぎつつPHを測れば商品として売れるような気がするのですがどうなんでしょう。 ちなみに重曹を少量いれたのですがけん化は起こりませんでした、PH測定器を持ってないので どうなってるのかまったくわからないのですけどね。

関連するQ&A

  • 掃除のとき、重曹と酢をあわせると中和するのでは?

    掃除のとき、重曹と酢をあわせると中和するのでは? http://allabout.co.jp/family/ecokaji/closeup/CU20061130B/ こちらのサイトを参考に、換気扇の掃除をしていて思った疑問なのですが。 重曹はアルカリ性なので油汚れに使うのはわかるのですが、そこに酸性の酢を入れては中和してしまうのではないですか? 過去の質問を検索したところ、「中和時に泡が発生しそれで汚れを浮かす」とありました。 確かにそれだと排水口など、手の届きにくいところなら有効でしょう。 しかし、換気扇など頑固な油汚れに対しては、酢を使わず重曹のみに長く浸すほうがよいのでは? どちらがいいのかわかる方いらっしゃいましたらお願いします。

  • 石けん・重曹・クエン酸・洗剤を使用した後の中和の必要性

    ナチュラルクリーニング等のサイトを見ていると『石けん・重曹を使用した後はクエン酸で中和する』・『クエン酸を使用した後はアルカリに戻す』などと書かれていることが多いです。しかし、キッチンの頑固な油汚れを落とす強めのアルカリ洗剤の使用方法を見ても『中和』という言葉は出てきませんが、洗剤の場合には中和は必要ないということなのでしょうか?よろしくお願いいたします。

  • バッテリー液(希硫酸)、重曹で中和した後どうなる?

    鉛蓄電池から液漏れした希硫酸がカーペットに付着してしまいました。 しかし、交換が出来ないので拭き取り、重曹液で中和させました。 その後、水拭きしました。 (リトマス試験紙で確認したところ若干アルカリ寄りでした) ところでほぼ中和した後の希硫酸+重曹は、どのような状態になっているのでしょうか? 危険性は、無いのでしょうか心配です。 アドバイスの程、宜しくお願い申し上げます。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

油の酸化は酸性になるのではなく「長期にわたって保存してことで、空気中の酸素、湿気、熱、光、金属イオン、微生物あるいは酵素などの作用によって、不快な臭いを発し、味が劣化して商品価値を減ずる。油脂成分が変化した食品は栄養価値の低下を伴い、さらに酸化が進むと毒性を示すようになる。これらの油の劣化現象を酸敗あるいは変敗と呼んでいる。」そうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました、 単に酸化するというものではなかったのですね。 確かに古い油は独特のにおいと味がします。 短期間の場合天ぷら油等に重曹を少量加える場合は意味はあるんでしょうかね??

関連するQ&A

  • 酸化還元反応と中和反応の違いは

    酸とアルカリ性のものが中和する場合はあ中和といいますが、酸化還元反応の酸と塩基の反応とはどのように区別できるのでしょうか。

  • 酸化処理の後に中和処理をすべき理由

    食品などの製造工程では、酸化処理をした後は、それを元に戻すようにアルカリ液に漬けたりして中和処理しますね。 何となく感覚では分かりますが、酸化処理の後に中和処理をすべき理由は、何でしょうか?

  • クエン酸と重曹について

    家事・生活ジャンルで質問したのですが一切回答を得られなかったので もしかして化学かと思いこちらで再度質問いたします。 (もしジャンルが違うようであれば申し訳ありません) 重曹とクエン酸を掃除にも使いますがインターネットで色々調べたところ どちらも入浴剤として使うと良いということがわかりました。 重曹は弱アルカリ性なので、酸性の汚れや臭いを中和し油汚れを取る クエン酸は弱酸性でアルカリ性の石鹸カスなどの汚れを取る 片方づつ使う効果はわかりました。 使用目的は掃除がしやすいということをメインにして、せっかくなので入浴剤に使うというような感じです。 あるサイトでは混ぜて使うとバブのように発砲して良いということが書いてありました。 ここで疑問です。 入れ始めはシュワシュワして良いでしょうけれど 混ぜて使うと中和されてしまい効能がなくなりそうなのですが 実際のところどうなのでしょうか? (中和されて重曹での肌の乾燥などを防ぐことができるそうですが・・・) 中和されるから良いという記述も中和されて意味がないという記述もあり困惑しています。 あと、クエン酸はナトリウムになって塩と同じだから配管を痛める 重曹も石灰化して配管を痛めるということも書いてありましたが どうなのでしょうか? 一応毎日は配管に負担かもしれないと3日に1日はさら湯で入っています。 質問がうまくまとめきれないのですが・・・ 重曹とクエン酸別々につかうべきか? 混ぜて使っても掃除や入浴効果はあるのか? 別々にもしくは混ぜて使うことによって配管など浴室を痛めるのか?

  • 油の性状を見極める方法。

    使い古しのてんぷら油の性状を判断したいのです。 酸化度(AV値)や動粘度などは簡易的に測定できますが、油の不純物があるものと無いものをどう評価したらよいかわかりません。 ろ紙やフィルターを通すのにどのくらいの時間がかかるか計るのでは、ちょっと誤差が大きくなってしまって。 なにか良い方法ありませんか?

  • 重曹&クエン酸で手作りしたバスボム(バスフィズ)について

    これまで、重曹のみを入浴剤として使用してきていたのですが、先日友人から『重曹100g・天然塩100g・クエン酸50g』を混ぜるだけの手作りバスボムを教えて貰いました。 何でもアトピー持ちの友人のお肌がすべすべになったとか!? が、使用している内に疑問に思ったことがあります。 Q1 重曹は弱アルカリ性ですよね? クエン酸を入れると重曹のアルカリは中和されますよね?(化学は苦手です。) お風呂のお湯は一体何性になるのでしょうか? Q2 なぜ、それが気になるかと言うと、我が家では風呂の残り湯で洗濯をします。 その残り湯にアルカリを中和するクエン酸が入っていると、洗濯に最適なph9~ph10.5というのが(合成洗剤を使用しています)中和されてしまうのではないかと思いまして…。 Q3 天然塩が入っているわけですが、衣類の汚れ落ち具合や、洗濯槽に影響はありますか? お分かりになる範囲で結構ですので、宜しくお願い致します。

  • 風呂に重曹を入れるとボイラーが痛む?

    はじめまして。 追い炊きつきの給湯器で入浴剤を使用すると給湯器の腐食の原因になると聞き、色々調べてみると、硫黄や酸、アルカリが原因になるということが分かったのですが、重曹はどうなのでしょうか? たしか重曹は水に溶けるとアルカリ性を示したと思うのですが、かなり弱いアルカリ性だったと思うので、大丈夫かと思うのですが。

  • 油ポットの冷えた油

    油ポットに入れた使用済みの油が、上のほうだけ固まってしまいました。 不純物も多いようなので捨てたいのですが、一度油ポットに入れて中途半端に固まってしまった油は どのように処理したらよいでしょうか? フライパンに入った状態の、熱い油を処理するものがあるのは知っているのですが、冷えた状態の油を 処理する方法がわかりません。よろしくお願いします。

  • 中和反応の問題

    「不純物を含む石灰石CaCO3 0.70gを塩酸に融解し、発生する二酸化炭素を0.10mol/lの水酸化バリウム水溶液60mlに通した。生じた沈殿を除き、残った水溶液を0.050mol/lの塩酸で中和滴定したところ、15mlを要した。元の石灰石中の炭酸カルシウムの純度を質量百分率で求めよ。」という問題です。 この問題をどう解き始めればいいのでしょうか? なんだかうまくいきません。一方的な質問で申し訳ありませんが、教えていただけるとありがたいです。 よろしくお願いします

  • 重曹と酢(あるいはクエン酸)を混ぜる掃除法

    最近、エコロジー指向の表れか、市販の洗剤の変わりに、重曹と酢(あるいはクエン酸)を混ぜて掃除する方法がはやっているそうですが、アルカリと酸を混ぜると中和してアルカリ、あるいは酸としての洗浄力が無くなってしまうので、重曹と酢(あるいはクエン酸)は混ぜないで使用した方がいいのではないの?と素人考えには考えてしますのですが、如何でしょうか? 重曹と酢(あるいはクエン酸)を混ぜることは、どのような洗浄効果を期待しているのでしょうか? また、重曹と酢(あるいはクエン酸)で中和すると発熱すると聞いたのですが、このときの発熱量の計算方法を教えてください。 よろしくお願いします。

  • 中和滴定

    不純物として塩化ナトリウムを含む水酸化ナトリウム0.80gを水に溶かして、1.00N塩酸で中和滴定したところ、18.50mlを要した。この水酸化ナトリウム中に含まれているNaOHの重量百分率を求めよ。NaOHの式量は40.0とする。 上の問題がレポートであるのですが、分からないので詳しく教えてください。