• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

異動の挨拶メール

  • 質問No.5956695
  • 閲覧数3625
  • ありがとう数10
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 10% (111/1097)

異動の挨拶メール

 タイトルでは、ほぼ100%「異動のご挨拶」と「ご」が付いています。
ご挨拶差し上げる、という言い方であれば「ご」が付いてもいいと思うのですが、
「異動のご挨拶」の「ご」には違和感を覚えます。
いかがでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 56% (68/121)

Samantable氏の回答のとおりだと思います。
ただ、「異同のご挨拶」の「ご」は美化語より謙譲語だと思います。
「異同のご挨拶する」の「挨拶する」は本人の動作ですから、「ご+動詞語幹+する」の形の謙譲語です。さらに謙譲度を高めると「異同のご挨拶をいたします」となります。その前半部分を使った言葉だと思います。なお「ご挨拶をさしあげる」も授受動詞「あげる」を使った謙譲表現になります。しかし謙譲語の元になる「挨拶をあげる」という表現には少し奇異な感じがわたしはしますが。

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 61% (560/916)

かといって、「異同のあいさつ」というタイトルのメールが来たら、変だと思いませんか。

「ごあいさつ」は、「あいさつ」の丁寧語(今だと美化語の部類に入るのかな)だと思えば、違和感は少なくなるのではないかと思います。
「お箸」「お茶碗」などと同じ、「お(ご)」が付かなくても十分に意味は通じますが、付いていないと、ぞんざいに感じられる言葉だと思います。特に、目上の方に送るものであればなおさらです。

私はもう40歳代後半に入りましたが、私が子供のころから、ダイレクトメールやチラシなどにも「○○のごあいさつ」という見出しが使われていましたから、仮に間違った表現であったとしても、もう40年近くはこの表現が使われ続けています。
また、この表現を誰も誤用だとは言っていないように思いますから、「○○のごあいさつ」はそんなに変な表現ではないような気がします。

実際に、文法的にどうなのか、専門家ではないので分からないのですが……。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ