• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

障害年金についてお教えください。

障害年金についてお教えください。 私は、現在自営業となり国民年金のみ支払っております。以前は13年ほど勤めに出て、厚生年金の時期もありました。もし現在、病気などで障害を負った場合、障害厚生年金は厚生年金に加入していた時期に応じて支給されるものなのでしょうか。それとも、障害を負った時に厚生年金に加入していなければ、支給されないものなのでしょうか。 よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

障害年金を受給したい障害の原因となった傷病の初診日によって、受けられる障害年金の種類が決まってきます。 初診日が国民年金保険料だけを納めるべき被保険者期間内にある場合は、障害基礎年金だけしか受けられません。 一方、初診日が厚生年金保険の被保険者期間内にある場合は、障害厚生年金を受けることができます。 障害の等級は、重いほうから順に1級から3級まであります。 身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳のそれぞれの障害等級とは全く無関係で、イコールではありませんし、連動もしていません。障害認定基準が全く別々だからです。 したがって、これらの障害者手帳を交付されているからといって、障害年金を受けられるわけではありません。 障害基礎年金には1級と2級があります。3級は存在しません。 一方、障害厚生年金には1級から3級までがあり、3級のときには障害厚生年金だけの支給ですが、1級と2級の場合は、同じ級の障害基礎年金も併せて支給されます(そのため、障害基礎年金だけの人とくらべると、支給額には大変な差が付きます。)。 したがって、もし障害等級が3級の場合、障害基礎年金だけしか受けられない場合には、3級にあたる障害の重さであっても、障害年金は1円も受け取れません。 障害の状態は、初診日から1年6か月経過した時点で認定されます。 この日を障害認定日と言います。 障害認定日の時点で上述のいずれかの級に該当していれば、以降で述べる保険料納付要件を満たしていることを前提として、障害年金の受給権が発生します。 このとき、あくまでも初診日に加入していた年金制度の種類(国民年金、厚生年金保険)の違いによって、障害年金の種類も違ってくることに、くれぐれも留意して下さい。 また、障害認定日の時点では該当していなくとも、その後に悪化していずれかの級に該当したときは、該当した事実によって障害年金を請求した日をもって、障害年金の受給権が発生します(このときは、請求をしなければ、いつまで経っても受給権は発生しません。悪化したら障害年金のことを考えるべき、ということになるでしょう。)。なお、障害年金の種類の違いについて留意すべき点は、先ほどと同じです。 いずれの場合も、初診日の前日の時点で、以下の保険料納付要件のいずれかを満たしていなければいけません。 ただ単に障害を持っているから、というだけではだめです。 1 初診日の前日の時点で、初診日がある月の前々月までの被保険者期間(国民年金・厚生年金保険すべてを足してゆく)を見て、その3分の2超の期間が、保険料納付済又は保険料免除済になっていること。 つまり、未納が、全体の3分の1未満の期間しかないこと。 2 1が満たされていない場合は、平成3年5月1日以降平成28年3月31日までに初診があるときは、特例的に、初診日の前日の時点で、初診日がある月の前々月からさかのぼった1年間に、保険料の未納が全くないこと。 以上のことに気をつけて、障害年金の受給の可能性を探っていっていただきたいと思います。 初診日がいつになるか、というところが最大のポイントです。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅れまことに申し訳ありません。 手違いで、ご回答をお寄せいただいたことに気づきませんでした。丁寧にお教え戴きありがとうございます。 恐縮ですが、さらに疑問点があるのですが・・・・。障害厚生年金は厚生年金に加入していた期間により、支給額が変わるものなのでしょうか。また、等級などの見直しは、何年ごとに行われるものなのでしょう。 もし、お時間がありましたら、お教えいただければ幸いです。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

障害厚生年金は、報酬比例の額として支給額が決まります。 厚生年金保険被保険者期間(障害認定日のある月まで)と、 そこまでの平均標準報酬月額(ないし平均標準報酬額)を掛け合わせた額です。 但し、この被保険者期間が300か月に満たない場合には、 300か月だと見なして計算する、という有利な取り扱いになっています。 障害認定日とは、初診日から1年6か月を経た日のこと。 また、平均標準報酬月額(ないし平均標準報酬額)とは、 社会保険料の算定の基礎となった月々の給与額を平均したものです。 障害厚生年金が支給される場合には、 各障害等級(身体障害者手帳等の障害等級とは全く無関係)ごとに、 以下の構成で支給されます。 (各障害等級は、障害年金独自の障害等級です。) 1級 【計:990,100円/年 以上】  障害厚生年金1級(報酬比例の額×1.25)+ 配偶者がいれば加算  障害基礎年金1級(障害基礎年金2級×1.25)+ 子がいれば加算 2級 【計:792,100円/年 以上】  障害厚生年金2級(報酬比例の額×1.00)+ 配偶者がいれば加算  障害基礎年金2級(障害基礎年金2級×1.00)+ 子がいれば加算 3級 【計:594,200円/年 以上】  障害厚生年金3級(報酬比例の額×1.00) 3級には、1級や2級のような加算はありません。 また、支給額が「障害基礎年金2級×0.75」を下回ってしまうときには、 最低保障額として「障害基礎年金2級×0.75」に相当する額とする、 という取り扱いが行なわれます。 最低保障額は 594,200円/年 です。 障害基礎年金の額は、 1級が990,100円/年、2級が792,100円/年です。 つまり、2級では792,100円/年を下回ることはないので、 この級での額を基準とし、 必ず、1級がこの1.25倍、3級ではこの0.75倍となるように 年金額が設計されています。 なお、物価スライドといって、年金額は毎年度見直されますので、 上がることも下がることもあります(ここ数年間、変わっていませんが。)。 上で記したそれぞれの金額については、平成22年度の額です。 (基準となる2級の額を見直す、という形を採っています。) 障害基礎年金や障害厚生年金の受給が決まると、 通常、3?5年ごと(ひとりひとり異なります)に、 所定の診断書を提出して更新することが、必ず求められるようになります。 この届出を障害状況確認届と言いますが、 障害状況確認届を提出した結果、障害等級が上がったり下がったりして、 支給額が変わることもあります(支給停止になることもあります)。 その他、特例的な取り扱いとして、 20歳よりも前に初診日がある障害(生まれつきの障害など)に対しても、 障害基礎年金1級・2級が支給されますので、 最も早い場合、20歳直後から受給できることになっています。 これを「20歳前初診による障害基礎年金」と言います。 保険料納付要件を満たしている必要はありません。 言い替えると、初診日が20歳前(そのように精査されたときを含む)だと、 選択肢としては、この障害年金しかなくなってしまいます。 20歳前初診による障害基礎年金では、当然、障害厚生年金は支給されませんし、 1年の所得が基準額を超えると、翌年の8月分から翌々年の7月分まで 所得の額に応じて年金の半分または全部が支給停止になる所得制限があり、 この受給者は、毎年、所得状況確認届の提出が求められます。 いずれにしても、初診日が厚生年金保険の被保険者期間中でないときには、 障害基礎年金しか出ることがありません。 質問者さんの場合、今後障害を負ったときにはそうなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

よく理解できました。何度もご丁寧な回答を戴き誠にありがとうございました。

関連するQ&A

  • 障害基礎年金から障害厚生年金変更される可能性??

    初診認定時に国民年金に加入していて障害基礎年金の受給が決定し、 回復し一般就労して厚生年金に加入する仕事で働き 障害基礎年金の支給が停止された場合に、 再び病気が悪化した時に事後重症で診断書を取って認定されれば 障害厚生年金の支給になる場合はあるのでしょうか? それとも、再び悪化した場合に厚生年金に加入していても 障害基礎年金の支給が再開されるだけなのでしょうか? 教えてくださいよろしくお願いします。

  • 障害年金について

    現在、社員として厚生年金に加入しつつ、障害厚生年金、基礎年金を受給しています。 障害を負った後遺症で、常勤として勤務することが難しくなり、パートとして新たに国民年金に切り替えようと思っています。 厚生年金加入の年月は13年ほどですが、厚生年金を脱退した場合に、障害年金は今まで通り支給されるのでしょうか?

  • なぜ、障害基礎年金が2級までで、障害厚生年金が3級までなのか

    二十歳前からのある障害で、 障害年金の申立てをしましたが、当時学生だったので、 国民年金にも、厚生年金にも加入していませんでした。 そのため申立ては、自動的に、障害基礎年金になりました。 そして審査の結果、障害基礎年金は不支給となり、 もし、3級まである障害厚生年金であったら、 審査の結果、もしかしたら支給されたのではないかと思っています。 国民年金の保険料は、変わってはきましたが、 その時々では所得に関係なく一律。 厚生年金は、報酬額?だかによって、 支給額も変わってくるんですよね。それは理解できるのです。 障害基礎年金に障害厚生年金が加算されるというのも、 まぁ、理解できなくはありません。 では、なぜ、 障害基礎年金は2級までで、 障害厚生年金は3級まであるのでしょうか。 しかも、両方の1級2級の審査の基準は同じで、 それに加えて、障害厚生年金の3級があります。 初診日の状態によってどちらか決まると思うのですが、 障害のある人間は、初めて病院などにかかる際には 自営業などの国民年金を払う生き方より、 会社勤めをして厚生年金に加入するべきなのでしょうか。 社会保険事務局にも電話して問い合わせしてもみましたが、 「法律で決まっているから」という感じのお答えしかいただけず、 もうちょっと違った支給の仕方があってもいいような気がするのですが。 「財源の問題」という答えも納得行きません。 基準の級数や幅が今後同じになるという事はあり得ないのでしょうか。 ネットを検索しても、そこまで突っ込んで書かれてある文章は見かけません。 納得の行くお言葉をいただける方がいらっしゃらないかと思っています。 よろしくお願いします。

  • 障害年金・老齢年金について

    40代の厚生年金被保険者が病気で障害1級と判断され 働けなくなった場合の質問です。 1.病気になるまでは標準報酬750以上 2.厚生年金加入は15年程 3.国民年金加入は5年程 この場合、65歳になるまでは障害基礎・障害厚生を 貰えると思うのですが、65歳になった場合、障害年金と老齢年金は どうなるのでしょうか? また、老齢基礎・老齢厚生は障害基礎・障害厚生と 比べどちらが高くなるのでしょうか。

  • 障害年金について

     はじめまして、突然申し訳ないのですが障害年金について教えていただきたく書き込みさせていただきました。質問は私の母についてですが、現在は国民、厚生とも年金に加入しておりません。母は手の付け根付近がリュウマチではないかと思うのですが日常生活に支障をきたしております。厚生年金には25年以上加入しており、加入期間中に病院でリュウマチではないかと言われたそうですが、10年以上前になると思います。そしてここ5年くらいは年金に加入しておらず国民年金への加入を考えております。  このような現状ですが、国民年金にこれから加入したとして障害年金の受給の見込みは有るでしょうか。受給できるとすると厚生年金と国民年金のどちらの障害年金に当るのでしょうか。そして、厚生年金と国民年金の障害年金ではどのような違いがあるのでしょうか。また、受給額については等級等で大きく変ると思いますがだいたいリュウマチ等ではどの程度の支給となるのでしょうか。  社会保険事務所等いろいろと調べましたがいまいち具体的なことは理解できませんでした。ご回答の程よろしくお願いします。

  • 障害年金について教えてください。

    長年パニック障害とうつ病を患っております。休職しています。 初診日は国民年金にはいっていたのですが、会社づとめもしていたのでずっと厚生年金保険料も支払っていました。 3級と診断された場合基礎年金部分はもらえないと思うのですが、 厚生年金部分だけでももらえるものでしょうか?(初診時は国民年金加入ですが)よろしければ教えてください。

  • 年金の基本的なことを質問させてください。

    年金の基本的なことを質問させてください。 20歳から60歳まで厚生年金に加入していた場合、65歳から老齢年金をもらう場合 「老齢基礎年金の満額792,100円(平成22年度額)」+「老齢厚生年金(40年分の保険料などで計算された額)」 をもらうことになりますよね? 【1】20-30歳→厚生年金、31-40歳→国民年金、41-60歳→厚生年金 という場合は30年分の「老齢厚生年金」と40年分の「老齢基礎年金」分をもらうということで良いのでしょうか? 【2】夫が20-50歳まで厚生年金、51-59歳まで国民年金で59歳の時に亡くなった場合 (兎に角厚生年金・国民年金に加入して受給資格を満たしている場合) 亡くなった時国民年金だったから遺族厚生年金は遺族に支払われないと聞いたのですが本当なのでしょうか? 障害厚生年金も障害になったときに国民年金だと障害基礎年金しか支給されないとききました。 また、亡くなった・障害になった最後に加入していたのが国民年金だったから遺族基礎年金しか支給されないのでしょうか? 厚生年金に加入している時期があったとしても、亡くなった時の加入年金で決まるのですか? 言葉足らずで間違っていることが多いかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

  • どちらの障害年金になるのでしょうか?

    精神科に通院している者です。 障害年金の受給を考えているのですが、障害年金って、「障害基礎年金」と「障害厚生年金」がありますよね?自分がどちらに当てはまるかわかりません。 というのも、初診日には会社勤めをしていたので、厚生年金に加入していたのですが、その後、すぐに退職したため、加入期間はたったの1ヶ月のみ。その後は、ずっと国民年金加入中です。 そこで質問なんですが、給付条件で、初診日が厚生年金か国民年金かで、「障害基礎年金」か「障害厚生年金」か、もらえる障害年金が変わってくるとのことですが、たまたま初診日に厚生年金に加入していたので、たった1ヵ月しか厚生年金に加入していないにもかかわらず、もらえる種類は「障害厚生年金」になるのでしょうか?

  • 障害年金の月額

    去年眼の病気を患い退職して、現在傷病手当をもらって生活しています。傷病手当の支給は来年の6月位までです。眼が見えるようになるまで後2年ほどかかるそうなので、支給が終了した後は、仕方ないので障害年金を受けようと思っています。 そこで質問です。障害年金の支給額は月額でどの位になるでしょうか? 高校卒業後18歳から厚生年金に加入して、現在までにおよそ計25、6年は払っています。国民年金は払っていません。現在も生活が厳しく国民年金は払えていない状況で、まだ免除の手続きも行っていません。 概算でけっこうですので教えて頂けたらと思っています。 よろしくお願いします。

  • 障害厚生年金について

    障害厚生年金の支給についてお伺いします。 障害厚生年金の申請が通った場合、2ヶ月に1回の障害年金の支給のほかに、過去に遡って支給されるさ分があると聞きました。 知人曰く、初診日に遡って、厚生年金に加入していない期間のみ、一時金として支給されるとのことでした。 つまり、ちょうど3年前が初診日だとして、その間に、厚生年金に加入していた時期が15ヶ月あった場合、 36ヶ月(3年)-15ヶ月=21ヶ月 という計算で、21ヶ月分が一時金として一括で支給されると聞きました。 しかし、知人もあいまいなところがあり、遡る期間は1年半だけだったかもしれないとのこと。 そこで質問なんですが、過去に遡る期間なんですが、1年半なんでしょうか?それとも、期間に関係なく、初診日(例え10年前でも)なんでしょうか? あと、初診日に遡る場合、厚生年金に加入していた時期は対象外になあるのでしょうか? よろしくお願いします