• 締切済み
  • すぐに回答を!

(-h^2/2m*d^2/dx^2+mω^2x^2/2)X(x)=εX

(-h^2/2m*d^2/dx^2+mω^2x^2/2)X(x)=εX(x) で X(x)=Cexp(-βx^2) のc言語で書いたプログラムがわかりません。誰か教えてください。1次元調和振動子の定常状態問題です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数82
  • ありがとう数7

みんなの回答

  • 回答No.2

> X(x)=Cexp(-βx^2) C,βを定数、c_c, c_betaとすると #include <math.h> double X(double x) { return(c_c * exp(-c_beta * x * x)); }

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 量子力学の問題で困っています

    量子力学の問題なのですが手元に資料が少なく、またネットで調べてもよくわからないので誰か教えて下さい。 1次元の調和振動子の規定状態の波動関数は一座表表示で次のように書ける Ψ(x,t) = Aexp(-2mωx^2/2h)exp(-iωt/2) これが調和振動子のシュレディンガー方程式の解であることを確かめなさい という問題なのですが調和振動子のシュレディンガー方程式というのは (-h^2/2m)d^2Ψ/dx^2 + mω^2x^2Ψ/2 = EΨ でいいのでしょうか? この方程式では時間の項を考慮していないように見えるのですが また、運動量の固有関数が f(x) = (1/√2πh)exp(ipx/h) であることを用いて、この波動関数Ψ(x,t)の運動量表示Φ(p,t)を求めなさい という問題も計算がうまくいかなくて困っています。教えていただけませんか? 式中のhは全てエイチバーです。よろしくお願いします

  • 非対称なポテンシャル中での固有状態

    量子力学の話です。 3次元の球対称なポテンシャルlの場合にはシュレディンガー方程式を極座標表示して、 球面調和関数Yが角運動量の2乗L^2と角運動量のz成分Lzの固有関数であることが求められます。 では、ポテンシャルが球対称じゃない場合、例えばV(x,y,z)=m/2[ω1x^2+ω2y^2+ω3z^2)]のようなポテンシャルを持ったの調和振動子などの場合に、上の場合と同じように調和振動子の定常状態はL^2とLzの固有状態になれるのでしょうか? なれないのならばその理由を教えてください。 よろしくお願いします。

  • 片調和振動子の問題

    ポテンシャルがV(x)=∞(x<0), v(x)=(1/2)Cx^2(x>0)で与えられるとき、 (a)この系の定常状態のときに許される波動関数と、同じ質量m,定数Cを持った普通の調和振動子と比較するとどうなるか。 (b)片調和振動子の許される量子化されたエネルギーはいくらか。 (c)この量子化された系のマクロな古典的モデルは何か。 どなたか考え方を教えてください。お願いします。

  • 回答No.1
  • f272
  • ベストアンサー率45% (5666/12329)

プログラムも見せないで,単に分からないというだけで,どこが分からないか,何がわからないかも言わない。 これでは適切な回答のしようがありません。 せいぜい,よくプログラムを見てください,ですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • N個の1次元調和振動子の系の構造関数の変数変換

     N個の1次元調和振動子のハミルトニアンHは H=Σ〔i=1~N〕{p〔i〕^2/2m+m(ω^2)(q〔i〕^2)/2} の時、系の構造関数が次式の形に書き表されることを示そうと思っています。 Ω(E)=∫(d^N)q(d^N)pδ(E-H)    ={(2mE)^(N/2)/E}[2E/{m(ω)^2}]∫(d^2N)zδ{1-Σ〔i=1~2N〕(z〔i〕^2)} ですが、  変数変換:(i=1,・・・,N) z〔i〕=p〔i〕^2/{(2mE)^(1/2)}、 z〔i+1〕=q〔i〕/[{m(ω)^2/2mE}^(1/2)] を何処かで用いるとしか分かりません。  誠に恐縮ですがどなたか御回答を宜しく御願い申し上げます。

  • 調和振動子

       D:エイチバー    α:√(mω/D)    q:αx 1次元調和振動子のn=0の場合の固有関数  φ0(x)=(mω/πD)^1/4×exp(-q^2/2)      =(mω/πD)^1/4×exp(-mωx^2/2D) を使って  位置の期待値 <x>=∫x│φ0*│^2 dx  運動量の期待値 <Px>=∫φ0*(-iDd/dx)φ0 dx  位置の二乗の期待値 <x^2>=∫x^2│φ0│^2 dx  運動量の二乗の期待値 <Px^2>=∫φ0*(-iDd/dx)^2φ0 dx の4つを計算したいのですが、ややこしくて出来ません。 どなたか、計算してみてください。 因みに、答えは『0、0、D/2mω、mωD/2』になる筈です。

  • 構造関数の被積分関数の球対称性

     N個の1次元調和振動子のハミルトニアンHは H=Σ〔i=1~N〕{p〔i〕^2/2m+m(ω^2)(q〔i〕^2)/2} の時、被積分関数の球対称性から次式を示そうと思っています。  Ω(E)={(2π/ω)^N}{E^(N-1)/Γ(N)} ですが、等式 (d^2N)z={2π^(N)/Γ(N)}r^(2N-1)dr を何処かで用いるとしか分かりません。  誠に恐縮で御座いますが、どなたか御回答を宜しく御願い申し上げます。

  • 調和振動子の状態数

    自由粒子の状態数の求め方は分かるのですが、調和振動子の場合が解けません。 問1、1個の1次元調和振動子のエネルギーEが0<E<E0である微視的状態数を求めよ。 問2、N個の3次元調和振動子が体積Vの断熱的な箱に閉じ込められている。エネルギーがEが0<E<E0である微視的状態数を求めよ。 問2であれば系のエネルギーEをpで表し、運動量空間におけるそのエネルギーE以下の領域の体積を求める。これに座標空間での体積Vを掛けてh^3Nで割った値が微視的状態数として求まると思います。自由粒子であれば分散関係E=Σ(p)^2/(2m)と表せますが、調和振動子の場合はE=Σ(n+1/2)h'ωと表されるので、これをどうやって運動量空間で考えればいいのでしょうか。 また問1に至っては体積など領域が指定されていないので、状態数が求まらないように思えます。 上の問題は本の章末問題なのに略解すら載っていないのでかなり困っています。解答ではなく問題の具体的な解き方・考え方でもいいのでどなたか解説を頂けると有り難いです。

  • 分かる限りで構わないのでお願いします。

    分かる限りで構わないのでお願いします。 ハミルトニアン H=(p^2/2m)+{(m・ω^2・x^2)/2} で記述される1次元調和振動子を考える。(m、ωは正の定数)対応するシュレーディンガー方程式 (-h^2/2m)・(d^2Ψ/dx^2)+ {(m・ω^2・x^2)/2}Ψ=EΨ を直接解くことによって、エネルギー固有値と規格化された固有関数を全て求めて下さい。 ヒント:座標を無次元化するために ε:=(x/x_0),x_0=√(h/mω)とおき、さらにΨ:=u(ε)exp(-ε^2/2) と未知関数を再定義すると、エルミートの微分方程式に帰着する。

  • 3次元の調和振動子について、

    3次元の調和振動子について、 アインシュタイン模型では、3次元の調和振動子がN個ある系は、独立な3N個の1次元調和振動子を考えればよいと書いてあったのですが、それはなぜですか?

  • 調和振動子の問題

    電場(E)の中に置かれた調和振動子のハミルトニアンが H=(p^2)/2m + (mw^2x^2)/2 + qxE で与えられているとき、これが単調和振動子(simple harmonic oscillator) の問題として表すことができることを証明したいのですが、やり方がわかりません。 x coordinate を変えればいいのかな、と思うのですが、どうすればいいのかわかりません。 アドバイスお願いします。

  • 量子力学の質問です。

    【1】 MKS単位系での以下の単位を教えてください。 1. 三次元デルタ関数系ポテンシャル -Vδ(x) δ(y) δ(z) 2. 基底状態における交換子の期待値 <0|[a†, a]|0> 【2】 一次元調和振動子でハミルトニアンH=p^2/2m + mω^2x^2/2 で与えられてる時、固有状態を|n>として、期待値 <n|x|n>を求める方法はシュレディンガー方程式を解いて、エルミートを含む一般解を導出して、∫dxΦxΦ ってやる他に簡単なやり方はないのでしょうか? <x>ならば0であると計算しなくても分かるのですが、より一般的に例えば<x^4>とかを求めるとなるとどうすればいいのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 1次元調和振動子の正準運動方程式について

    (1)ハミルトニアンHが、H=(p^2)/(2m)+mω(q^2)/2の時、正準運動方程式の一般解が以下のように書けることの示し方を具体的に教えて下さい。 q(t)=Asin(ωt+δ)、p(t)=Aωcos(ωt+δ) (2)1次元調和振動子に対してビリアルの定理が成立することを、(1)の古典解も基にして確かめる方法を教えて下さい。

  • 一次元調和振動子について

    一次元調和振動子の問題を演習して分からない問題がでてきたので質問させていただきます。 ハミルトニアンH=(-h^2/2m)d^2/dx^2+mw^2x^2/2・・・(1) Hψ=Eψのシュレディンガー方程式において (1)のハミルトニアンにポテンシャルV=αx,V=βx^2が加わったときの固有エネルギーをそれぞれ求め、このポテンシャルが加わったことで運動がどのように変化するか簡単に説明しなさい。ただしα、β>0とする。 演算子を使っていろいろ試行錯誤してみましたが、なかなか解答にたどり着けません、よろしくお願いいたします。