-PR-
締切済み

潜水艦のデコイと魚雷について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.59333
  • 閲覧数2775
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 0% (0/4)

細かい質問で申し訳ないのですが、潜水艦で使用するデコイと魚雷に
ついて質問があります。

デコイはスクリューを追尾するという魚雷の性質を利用して、こ
れから自艦を守るために同じくスクリュー音をはなちかく乱する
魚雷みたいなものと理解しています。(間違ってたらごめんなさい)

このとき、デコイを放った自艦(魚雷のターゲットになっている艦)
は、その射出とともに自分のスクリューをやはり止めるのでしょうか?
回避運動は惰性だけなのでしょうか?
それとも、スクリューは回しつづけているのでしょうか?

もう一つ、魚雷が追尾するスクリュー音というのは、単なる音レベル
のものなのでしょうか、それとも固有の音紋レベルまで詳しく解析し
ているのでしょうか?
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 35% (28/79)

うろ覚えで申し訳ありませんが、確かデコイを射出後、エンジン停止をしたと思います。 また、デコイの出す音は本体の潜水艦の音の録音したものだったと記憶しています。 よって音紋も一緒だと思います。 
うろ覚えで申し訳ありませんが、確かデコイを射出後、エンジン停止をしたと思います。 また、デコイの出す音は本体の潜水艦の音の録音したものだったと記憶しています。 よって音紋も一緒だと思います。 
関連するQ&A


  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 22% (214/970)

おそらくの域を出ないのですが、デコイって気泡を出しながら沈降するのでは。この気泡により、魚雷が潜水艦のキャビテーションノイズを見失ってデコイへと方向を変えるものと思います。 これは、映画「クリムゾンタイド」や「レッドオクトーバーを追え」でも使われています。 また、魚雷がデコイに命中した場合でも、衝撃波が来ますので、少しでもデコイからはなれる必要があります。 デコイを発射した後にプロペラを停止させると ...続きを読む
おそらくの域を出ないのですが、デコイって気泡を出しながら沈降するのでは。この気泡により、魚雷が潜水艦のキャビテーションノイズを見失ってデコイへと方向を変えるものと思います。
これは、映画「クリムゾンタイド」や「レッドオクトーバーを追え」でも使われています。
また、魚雷がデコイに命中した場合でも、衝撃波が来ますので、少しでもデコイからはなれる必要があります。
デコイを発射した後にプロペラを停止させると惰性で船は進みます。
そうなると方向転換ができなくなります。たとえ方向舵や水平舵の向きを変えても直進します。
真後ろから魚雷がきた場合、そのまま命中することになるでしょうし、デコイに命中した時の衝撃波から逃れるため、デコイを発射した後でもプロペラを回して推力を保ち、上下左右の方向転換、更にメインタンクの注水または排水によって魚雷を回避すると思います。
  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 25% (37/146)

魚雷は、音紋追尾設定と時限設定が出来ます。 デコイを使う場合、音紋追尾(ホーミング)設定に対して有効です、ホーミングは、魚雷の性能によりますが、各艦固有の船体の傷等から出る(主にスクリューの製造過程での個体差音)音を便りに追尾します、ですから、デコイは自艦の音を出しながら射出され、それに追尾させるわけです、発射後の操艦ですが、知る限りでは、スクリューの回転を止めて転舵するようです、これは、ホーミングタイ ...続きを読む
魚雷は、音紋追尾設定と時限設定が出来ます。
デコイを使う場合、音紋追尾(ホーミング)設定に対して有効です、ホーミングは、魚雷の性能によりますが、各艦固有の船体の傷等から出る(主にスクリューの製造過程での個体差音)音を便りに追尾します、ですから、デコイは自艦の音を出しながら射出され、それに追尾させるわけです、発射後の操艦ですが、知る限りでは、スクリューの回転を止めて転舵するようです、これは、ホーミングタイプではない、時限設定(あらかじめ進路や起爆地点を設定して発射するタイプ)の魚雷だった場合、そのまま直進しての直撃または、近接信管による被害を避ける為です。それと最近の潜水艦は高速な為、惰性といってもかなりの推進力がありますし、水中での抵抗は恐ろしく低いので、十分回避できます。ロシア等の潜水艦は、アクラ級などを中心に艦隊行動をとりますので、音紋入力しないと、友軍の艦やへたすると自艦に向かってくることも考えられるので、あらかじめ設定した音紋を見失うと自爆します。アメリカや日本の潜水艦の行動パターンは、極秘ですが、日本の潜水艦は、ディーゼル機関な為、単艦での待ち伏せ攻撃(エンジンを止めて海峡などの要所で待つ)魚雷も無音スイムアウトして、自艦の位置を一切悟られず、相手を瞬殺するようです、アメリカは、昔は、2艦のペアーでの行動が多かったですが、最近の運用は単艦行動のようです、原潜ですので、スクリューを止めてもある程度音が出ますので、その分、デコイや気泡を使った撹乱などいろいろ用意されているようです。北朝鮮や中国などは、キロ級等の小型艦が多く、魚雷も旧式なものが多いので音紋追尾するタイプなのか不明です。単純な音響追尾かもしれません、なんせUボートの設計図のまんまなんて船も現役ですからねぇ。
  • 回答No.4
レベル4

ベストアンサー率 0% (0/1)

気泡や単なる音を出すのはノイズメーカーというものでこの場合多くはスクリューを動かしたまま転舵します。自艦の音紋を録音しているのがデコイです。この場合多くはスクリューを止めます。ついでにホーミング魚雷といってもアクティブホーミングとパッシブホーミングがあります。通常は命中率のいいアクティブホーミングを使用します。アクティブホーミングとは音を追跡するもので、パッシブホーミングは指定された目標位置まで行ってから ...続きを読む
気泡や単なる音を出すのはノイズメーカーというものでこの場合多くはスクリューを動かしたまま転舵します。自艦の音紋を録音しているのがデコイです。この場合多くはスクリューを止めます。ついでにホーミング魚雷といってもアクティブホーミングとパッシブホーミングがあります。通常は命中率のいいアクティブホーミングを使用します。アクティブホーミングとは音を追跡するもので、パッシブホーミングは指定された目標位置まで行ってからアクティブホーミングに切り替えます。
あと有線誘導方式の魚雷もありまして有線のため距離は短くなりますが方向や深度を調整できます。回避方法はできるだけ急激にもぐる事です。深く潜ればいいというわけではなく急にもぐるんです。もうひとつ敵がこっちの場所がわからないようにポリマー(艦の周りに空気の泡を出して音の伝わるのを防ぐ)をだして何とか逃げるしかありません。後先ほども行ったように距離が短いので全速で遠くに逃げる
ぐらいです。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ